2006年06月06日

ブログが移転しました。

626f9374.JPG

ブログ大手のライブドアさんには、たいへんお世話になりました。今日から、スポーツサイト大手の「スポーツナビ」に新設された「スポナビ+」に、ブログを完全移転します。お気に入りの変更をよろしくお願いいたします。

新しいブログはこちら

新しいブログはこちら

新しいブログはこちら

  
Posted by sportsagency at 13:35Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年06月05日

ウォーキングと健康

先日、厚生労働省の研究班が、ウォーキングの励行で医療費の大幅削減ができないかどうかという調査を開始したという新聞記事を見つけた。

具体的的方法は、製薬会社のエーザイの社員1000人を対象に、万歩計をつけさせ、ウォーキングをするグループとしないグループで、一年後にどれくらい健康状態に差がでたかを調べるというというものです。「万歩計」を義務付けられれば、自然と歩く習慣もつきそうなものですが、億劫な人は億劫でしょうから・・

厚生労働省はこの調査結果を元に、将来「ウォーキングマイレージ」というキャンペーン事業を考えているらしいのです。つまり、たくさん歩いた分だけ医療費が減らせるので、その分を、旅行券やスポーツクラブのチケットなどに変えて還元しようというもの。う〜ん、航空会社のマイレージを倣ったものでしょうが、歩きもしないのに、万歩計をひたすら揺さぶってマイレージを稼ぐ輩もでてきそうですね。

ウォーキングは、もちろん健康維持に大きな効果をもたらしますが、ランニングは、更に心肺機能や筋力のお強化に役立ちます。どうせやるなら「ウォーキング&ランニングマイレージ」にして欲しいですね。

  
Posted by sportsagency at 08:20Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年06月03日

システムトラブルでした

このブログが一時アクセス不能になっていたことをお詫び申し上げます。アクセスが全くできない状態だったので、更新も遅れていました。ライブドア側のシステムトラブルだったようです。

ライブドアは、堀江社長の逮捕以来、社内が相当にゴタゴタしているようですが、トラブルクレームに対するレスポンスは、割と早かったように思えます。社長逮捕という最大の危機から、トップも変わり、モチベーションも下がり勝ちな状況の中、社員のみなさんも頑張っているのでしょう。

このブログは、今月または来月から、スポーツナビの方に移行する予定です。スポナビは、前回の日韓共催ワールドカップに向けて、スポーツ専門のサイトとして、いち早く立ち上がり、スポーツ界で注目を集めた会社です。その後、ソフトバンクの子会社として、今でも、スポーツニュースサイトでは、PVが日本で2位の地位にあります。

移行してからは、更に盛りだくさんの内容にしていきますので、どうぞお楽しみに!!

  
Posted by sportsagency at 12:57Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年05月26日

iPod+ランニングシューズ

ついに出ました!スポーツ用品メーカー大手N社が、アップルのiPodとランニングシューズに内臓したセンサーをリンクさせ、ランニングの距離や速度などを記録するシステムを発売するとのこと。

これまでこの手のものは、フィンランドのSUUNTO社や、心拍系老舗のPOLAR社から、腕時計とシューズに装着するタイプのものは出ていました。しかし今回は、今や世界の携帯音楽プレイヤー市場で、巨大なシェアを築きつつあるiPodです。この事実は非常にインパクトが強い。

日経新聞によると、アメリカ国内でのジョギング人口は、3000万人弱、その内8割近くの人が音楽を聴きながら走っているとのこと。確かに巨大な市場ですね。

日本の場合、そこまでマーケットは大きくないと思いますが、アメリカで流行ったものは、いずれ輸入されるでしょう。

ちなみに私も、初代からのiPodユーザー。時々音楽を聴きながら走っています。そして最近、音楽のリズムと走るリズムの相関関係を研究しています。いずれ、どこかで発表することになると思うので、どうぞお楽しみに!

  
Posted by sportsagency at 07:48Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年05月21日

はらちゃん!富士登山申し込んだよ。

さっき、RUNNETから富士登山競走にエントリーしました。

一昨年、低酸素に苦しみ、4時間37分もかかってしまい・・・制限時間内完走できなかったこのレース。今年こそ!と気合は入っているのですが・・・果たしてどうなることやら。ニッポンランナーズの特別プログラムで、大学の後輩であり、富士登山のベテラン小林修氏がレクチャーをやってくれるとのことなので、ここは、入門してみるのもいいかも、と思っています。

「山登りの木下」は過去の話。しかも、箱根の5区と富士山では、山のレベルが違います!富士登山競走は、トレーニングを積んで、さらに実際に富士山に何度か行って低酸素に慣れておかなければ難しいと痛感しました。

3年前から、フルマラソン以外のチャレンジ種目として、サロマ湖の100kと富士登山競走を交互に毎年やっています。昨年は、100kを途中でリタイアしてしまったり、なかなかうまくいかないものです。でも、そんなこんなの失敗が、妙に楽しかったりもするのです。次は、富士登山の理想的なフォームでも研究しようかな

  
Posted by sportsagency at 09:42Comments(4)TrackBack(0)コメント

2006年05月19日

雨ですねぇ

0a6367fa.jpg沖縄の方から、徐々に梅雨入りしているみたいですが、千葉でも雨が続いています。少しだけブルーな天候です。雨が降ってしまうと、外に走りに行くのも躊躇(ためら)いがちですが、やっぱり走った方が気持ちがいい。今週末は、めずらしく出張がありません。
ところで、写真は先日の仙台ハーフマラソンの福士選手。彼女はこのように、時々腕を大きく前に振り出し、後ろに強く引く動作をします。リラックス、そして肩甲骨を意識した動作です。レース中にフォームを修正するやり方はたくさんありますが、この方法も、なかなか良いやり方だと思います。  
Posted by sportsagency at 14:07Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年05月14日

そして、京都から仙台ハーフ

e20b8f97.JPG

 福士選手にとって、わずか2回目のハーフマラソン。しかしながら、世界レベルのヌデレバを相手に、みごとな実力勝ちでした。スタートからゴールまで、本部車両に同乗させていただき、一部始終を観戦しました。5mを越す強風の中、ヌデレバも、決して体調不良なわけでもなく、手を抜いていたわけでもありません。彼女の走りと粘りも見事でした。特に、下りの巧みな走りは天下一品。しかし、福士の走力は、一枚上。ヌデレバは内心「彼女にマラソンをやられたら、高橋や野口のように怖い存在になる」と思っていたでしょう。それと感心したのが、福士選手の給水の取り方のうまさ!フルマラソンの経験がなく、トラックレースでは、ほとんど経験することがない給水を、これまた見事にさばいていました(この表現がぴったりなのです・・)。

仙台のファンから、惜しみない声援を送られた福士選手。駅伝以外のロードレースが好きになったかもしれません。(*^_^*)

  
Posted by sportsagency at 18:36Comments(1)TrackBack(0)コメント

ニッポンランナーズ中川真希コーチの結婚式

7a245092.jpg

元、リクルートランニングクラブのマラソン選手で、ニッポンランナーズの人気コーチである中川真希さんがめでたく結婚されました。このブログの中にある「ナカマキのひとりごと」で、リンクを張っている彼女です。真希ちゃんの旦那さんは、京都出身で現在中学校の体育の教員をやっているナイスガイです。両家族とも、本当にアットホームな雰囲気で、素敵な結婚式でした!

  
Posted by sportsagency at 18:23Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年05月09日

池田久美子選手の幅跳び日本新記録の瞬間

7600c536.jpg助走のスピード感、力強い踏みきり、それでいて空中の動作では”りきみ”のない、本当にすばらしい跳躍でした。踏切り動作がもっと洗練されると、7mも夢ではないとのコメント(石塚跳躍部長)もありました。大阪グランプリで最も評価され、注目された種目です。  
Posted by sportsagency at 17:53Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年05月06日

小林祐梨子、1500mで日本新記録!!

8c4b7fcb.JPG「国際グランプリ大会大阪」大会女子1500mで、スーパー高校生の小林祐梨子(須磨学園)が、4分07秒87の日本新記録を達成しました。従来の日本記録は、中距離の女王杉森美保(京セラ)が昨年マークした4分09秒30。今日は、風速2m近いホームストレートでの風があったものの、実力者のサラ・ジェミソン(オーストラリア)にうまく引っ張られ、最後の200mも30秒くらいでカバーした、積極的で見事なレース展開でした。小林さんおめでとう!  
Posted by sportsagency at 15:42Comments(2)TrackBack(0)

2006年05月01日

織田記念陸上に行きました

6982afea.jpg5月、ゴールデンウィークへ突入!という感じですが、いつものことながらランニング三昧です。
さて週末、陸連の派遣役員として織田記念陸上に行ってきました。女子棒高跳びで日本記録がでたりと、盛り上がった今大会。ここで、記念すべきレースがありました。それは、写真の女子3000M障害です。昨年のヘルシンキ世界陸上から女子長距離の正式種目となったこの種目。これまで、国内のレディース陸上などでは開催されてはいたのですが、サーキットなどの正式な大会で採用されたのは初めてのこと。日本記録保持者の早狩選手をはじめ、5名の選手たちがチャレンジしました。初レースの選手もいて、周囲はハラハラドキドキの連続。しかし、3名が10分台、残り2名も11分をちょっと超える程度で立派に完走し、日本選手権の標準記録(11.59)を突破しました。さすがに水壕には慣れていないせいか、膝上まで深くはまっていたのがたいへんそうでした。  
Posted by sportsagency at 11:34Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年04月26日

志摩ロードパーティーは最高!

4c4851f1.jpgダイナミックスポーツの土井さん&千葉ちゃんとの初コラボレーション!大会前日に開催されたトークショーの写真です。ハーフマラソン当日は、あいにくの雨でしたが、4000名を超えるランナーたちは、志摩のすばらしい自然を満喫しながら走っていました。雨の中応援してくれた、子供たち、地元のおじいちゃんやおばあちゃん、ありがとうございます。  
Posted by sportsagency at 13:36Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年04月21日

ロンドンマラソン

ロンドンマラソンのレース予想をしてほしいとの”コメント”要望がありました。ん〜難しいですね。とりあえず世界記録保持者のテルガト(ケニア)は棄権です。また、このレースに向けてかなりのトレーニングを積んできたという王者ハイレ・ゲブレセラシエ(エチオピア)は、過去の失敗から学んだとのコメントをしています(ゲブレセラシエの記事はここです)。しかし、今回はオリンピックチャンピオン、世界陸上チャンピオンなど、勝負師たちが勢ぞろいしましたので、そう簡単には勝たせてくれないでしょう。ワールドマラソンメジャーズが正式にスタートし、選手たちのモチベーションも更に高まっているでしょう。

勝敗もそうですが、記録達成には、天候とペースメーカーの良し悪しがかなりの部分を左右します。すべてが合致したときは、世界記録更新も夢ではないと思いますが・・・個人的には、尾方、油谷の中国電力コンビも、記録に絡んでほしいです。

  
Posted by sportsagency at 13:03Comments(4)TrackBack(0)コメント

2006年04月17日

長野マラソン

bb47cc15.JPG

いやぁ、前日の天気予報が雨だと聞いて、合羽やら、防水スプレーやら大量に買い込んだのですが・・・とんでもなくいい天気でした。サブスリー達成の八田さん、怪我を押しながら完走した本仮屋さん、そしてニッポンランナーズの会員のみなさん、6千人近いランナーのみなさま!ボランティアのみさなん、NHKの放送スタッフのみなさま、本当にお疲れ様でした!42キロの自転車完走は初めてでしたが、とってもいい大会でした。

写真は、谷川真理さんと、愛車”金ちゃん号”に乗る前の私です。実は今日、お尻が痛い・・・

  
Posted by sportsagency at 10:09Comments(5)TrackBack(0)コメント

2006年04月14日

スタッフの方々

cce6f9e1.JPGランニングスタイルの、編集長、編集部員、モデル(蒲生麻由さん)、メイクさん、カメラマン、技術さん、現地コーディネーターさん、アシスタントさん・・・DVD制作オールスタッフの面々です。  
Posted by sportsagency at 06:22Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年04月10日

撮影風景です。

fb9e8961.JPGここは、ハワイ大学のトラック。トラックの色は、なんとレインボーカラーなのです。風がちょっと強いのですが・・・  
Posted by sportsagency at 13:05Comments(0)TrackBack(0)コメント

ホノルルです

8f6f26db.JPG

『ランニングスタイルVol.4』の撮影で、ホノルルに来ています。ホノルルマラソン以外で、こちらに来るのは珍しく・・・特に先月から、一ヶ月以上も雨が降り続ける異常気象だったとのことで、心配していたのですが。何とか晴天続きで安心しました。体調は上場、蒲生麻由さんとの撮影も着々と進行しています。

  
Posted by sportsagency at 13:01Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年04月04日

新刊をだします。

3f400d0f.jpgMCプレスから新しいランニングの本を出版します。
タイトルは、『タイプ別 ランニング診断』。一流マラソンランナーのエピソード話にはじまり、市民ランナーの走りを”出身スポーツ別”、”職業別”、”動物タイプ別”に分類しました。イラストがとってもユニークで、今までとちょっと違った路線の本に仕上がっています。4月10日頃に書店に並ぶ予定です。どうぞお楽しみに。  
Posted by sportsagency at 17:09Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年04月03日

大健闘の日本チームでした

793815d5.JPG日本チームの集合写真です。  
Posted by sportsagency at 07:56Comments(0)TrackBack(0)コメント

世界クロカン福岡大会

f5ca0302.JPG福士加代子選手(ワコール)がいみじくも表現した「世界の運動会」。世界トップレベルのレースでありながら、道なき道を走る風景や、裸足のランナーがいたり、どこか牧歌的な雰囲気があるとても楽しい大会でした。それにしても、ケネニサ・ベケレは強い!他の選手との力の差が、一枚も二枚も上手でした。昨年訪問したエチオピア式の練習、そしてベケレを筆頭にしたエチオピア勢の強さ。新しいトレーニングのヒントをたくさんもらいました。  
Posted by sportsagency at 07:49Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年03月27日

第25回記念佐倉朝日健康マラソン

29bc9ed6.jpg今年も、大会のMCを引き受けました。小中高校生の3k、10k、フルマラソンの3種目に分かれ、総勢5000名近くのランナーが、佐倉の田園地帯を走り抜けました。  
Posted by sportsagency at 16:13Comments(3)TrackBack(0)コメント

2006年03月24日

長野マラソンサブスリー企画挑戦者決定!!

aad6614a.jpg2006年の「長野マラソン」は、当日の夕方NHK総合テレビで放送されます。今回も昨年に引き続き、初めてサブスリーに挑戦する市民ランナーを応援する企画があります。今年は、八田さんと本仮屋さんの男女お二人が選ばれました。今週水曜日の早朝、NHKホール前で私がお二人に、フォームなどのアドバイスする収録がありました。ちょっと緊張気味でしたが、サブスリーに対する思いは二人とも強いものがあります。本当に頑張ってほしいです。  
Posted by sportsagency at 09:39Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年03月20日

大雨のハワイ島ヒロ!

0c80e4dd.JPG

Big Island Marathonが、先ほど終了しました。
ヒロは今朝から大雨と強い風。ちょっとめげそうになるくらいの天候でしたが、そこは元気なアメリカ人。悪天候になればなるほど、彼らのテンションは上昇する一方でした。さすがです。
これまで数十回走ったフルマラソンの中で、一番の大雨でした。途中、道路が川になっていたり、池になっていたり・・・水を吸って重くなったランニングシューズをとられながら、懸命に走りました。
また、道路が陥没したところは、”落とし穴”状態。池の中をバシャバシャと勢いづいて走っていたら、いきなりはまってしまいました。辛かったけど、アドベンチャーレースのようで、これもまた楽しいのかな?と・・・
ところで、私の今回のタイムは3時間51分01秒。フルマラソン208人中28位です。そして、40〜44歳の年代別カテゴリーでは、なんと3位です!メダルまで貰ってしまいました。練習不足なので、後半は脚が辛かったのですが、なんとか最後まで持ちこたえました。今はとにかく腹筋全体が筋肉痛で、激しく痛いです。
アットホームなこのレースのエイドステーションボランティアは、ほとんどが中学生と高校生。大雨の中、5時間以上も立ち続け、ランナーを励ましてくれました。本当に感謝です。
明日、帰国します。

  
Posted by sportsagency at 12:15Comments(2)TrackBack(0)コメント

2006年03月14日

野口みずきはやっぱり強い!

1e81dffe.JPG

山口で行われた実業団ハーフマラソンの解説に行ってきました。男子は、割とスローペースで最後のスプリント勝負を、神奈川大学出、実業団2年目の下里選手(日産自動車)が制しました。かなりの接戦でしたね。

そして女子は、アテネ五輪女子マラソンの金メダリスト、野口みずき(シスメックス)が圧勝(写真は、中継者から撮影したものです)。当然といえば当然ですが、他の選手との力の差が歴然としていました。あいにくの強風(帰りに向かい風が5m近く吹きました)で、大会記録更新はなりませんでしたが、積極走法は野口らしいものでした。先日の丸亀ハーフでも、福士加代子(ワコール)が作ったハイペースにも果敢にチャレンジしましたし、スピード面でも更に進化した感じです。シスメックスという臨床検査機器を扱う会社に所属先も決まり、記録を狙う次のマラソンが楽しみです。ひょっとすると、2時間17分台のレコードがでるかもしれません。

ところで、名古屋女子マラソンも、すごいレースでしたね。東京に帰る山口宇部空港の待合室で、弘山と渋井の激戦を、手に汗を握る思いで観戦していました。

  
Posted by sportsagency at 19:51Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年03月10日

ランニングスタイルVol.3が完成!

53937453.JPGエイ出版で発売している『ランニングスタイル』の第3号が完成しました。今回のテーマは「美しく走る」です。ランニングフォームを修正する補強運動などを、DVDと本誌の両方で紹介しています。どうぞお見逃しなく!  
Posted by sportsagency at 14:42Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年03月07日

びわ湖・・・

びわ湖毎日マラソン。スペインのスピードランナー、ホセ・リオスの貫録勝ちとなりましたが、日本人選手にとっては、いささか課題の残るレースとなりました。

前半、心配された風の影響も少なく、五キロ15分05秒の設定されたペースでレースは運ばれました(わずかながら予定より速かったかもしれませんが、そこはエクスキューズできない範囲だったと思います)。さらに、競技場に近づいた残りの5キロは、向かい風がきつかったみたいです。実際、先頭争いをしていたホセ・リオスと松宮隆行(コニカミノルタ)のタイムは急激に落ち、風がきつそうな走りでした。

確かに、速いペース設定ではありました、しかしながら、勝負せずしてレースが終わった感じには、心から応援している者として、悔しさが残りました。頑張れ!日本男児!苦しい練習に耐え、頑張っている君たちなんだから、あと一歩の前進で、必ず世界と闘えるようになる。その”あと一歩”を掴み取ろう!そう信じています。

佐藤敦史(中国電力)の途中棄権も、もちろん残念ではありますが、必ずや、悔しさをばねに、より一層成長してくれることを信じます。

  
Posted by sportsagency at 21:03Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年03月04日

びわ湖毎日マラソン記者会見

719f8ec2.JPG

明日12時30分の号砲に向けて、国内外招待選手の記者会見が開かれました。

外国勢では、昨年優勝のリリ(ケニア)や実力者のリオス(スペイン)が、トレーニングも調整もよく、”優勝”を狙う宣言をしています。天候にもよりますが、2時間8分前後のタイムがでる可能性が高いと思います。ちなみにペースメーカーは15分05秒で30キロまで、ペースメイクをする予定。

日本選手の注目は、佐藤(中国電力)と松宮(コニカミノルタ)。佐藤は昆明での高地トレーニングを1月から2回に分けて行い、3月1日に帰国(下山)したばかり。後半は、高地でも平地並みのタイムで走れたようで、自信ありの様子でした。松宮も、40キロ走こそ4回のみだったそうですが、休養日のジョギングを増やし、全体的な走りこみは過去最高。これまでトラック、駅伝、ロードレースで作ってきた身体を、念願のマラソンで開花させたいそうです。、また、高塚(小森コーポレーション)小島(旭化成)大崎(NTT西日本)らの選手も、好調そうです。

それぞれの選手に乞うご期待。

  
Posted by sportsagency at 17:15Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年03月02日

アジア大会、マラソン代表選考

今年の12月、カタールのドーハで開催されるアジア大会。日本代表のマラソン代表は2人(プラス補欠1人)。残す選考レースは、男子のびわ湖と女子の名古屋。

男女それぞれに有力な選手がエントリーしていますので、きっと白熱したレースが展開されることでしょう。びわ湖には、佐藤(中国電力)と松宮隆(コニカミノルタ)。女子の名古屋には、渋井(三井住友海上)と大南博(トヨタ車体)などそうそうたる顔ぶれです。

ドーハのアジア大会は、中東国特有の暑さ、そして、日本の駅伝シーズンと重なるため、出場を回避する選手もでてきそうな気配ですが、マラソンの金メダリストには、大阪世界陸上の切符が確約されています。金メダルをとれる可能性のある選手にとっては、チャンスがあるレースだと思うのですが・・・

  
Posted by sportsagency at 18:26Comments(0)TrackBack(0)コメント

2006年02月27日

雨の女子駅伝

2人のスーパー高校生が注目された大会でしたが、その2人がやってくれました。1区小林の5キロ15分10秒という区間新記録。そして、アンカー新谷の最後10メートルでのエチオピア大逆転。身体的に優れているだけでなく、精神の強さやしたたかさも感じさせてくれました。素晴らしいのひとこと。

また、他の日本代表選手も若い力を思う存分発揮してくれたと思います。夕方、日本選手団の解散式を行ったあと、新谷選手が誕生日だということで、日本テレビのプロデューサーが誕生ケーキを準備してくれました。

まだあどけない表情・・・日ごろ我慢している甘いものをほおばる時、走っているときの凛々しさとはまったく違う、ひとりの高校生に戻っていたのがとても印象的です。

  
Posted by sportsagency at 08:51Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年02月25日

横浜国際女子駅伝記者会見

ab6764b8.JPG海外からは、ヌデレバ(ケニア)とトメスク(ルーマニア)の両選手。また日本代表からは、スーパー高校生の新谷(興譲館高校)と小林(須磨学園高校)、そして今回、最年長者として(といってもまだ24歳・・)日本代表チームのキャプテンとなった尾崎(第一生命)が出席しました。  
Posted by sportsagency at 05:46Comments(1)TrackBack(0)コメント

2006年02月21日

佐倉へお越しの際は、新事務所へ・・・

私ごとですが、自宅のSOHOから、このたび新しく事務所をオープンしました。場所は京成佐倉駅前のビルの3階。1階が整形外科、2階がグッドウィルグループ、3階の隣の部屋が学習塾という立地です。佐倉の練習場所である岩名運動公園へも2キロくらいで、練習に行くにももってこい!

4月にはニッポンランナーズの事務所とも統合し、かねてからの念願であったクラブハウスの役割も持たせたいと思っています。人が集い語り合う、憩いの場所にしたいと思います。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りを!でも、相変わらずの出張続きで、事務所にはあまりいないかもしれません・・・週末は横浜に3泊。そして来週も流浪の民・・

  
Posted by sportsagency at 17:46Comments(6)TrackBack(0)コメント

2006年02月17日

志摩ロードパーティーのお知らせ

43b16cd3.gif

長野マラソンが終了した一週間後の4月23日(日)。三重県志摩市で「志摩ロードパーティー」という大会が開かれます。「志摩スペイン村」というテーマパークを中心に、テーマパークの中を走ったりする、とても楽しい大会です。実は、この大会のハーフマラソンコースは、私が監修しました。地元スタッフの方々と、現地まで行ってバイク乗りながら、景気のよいコースを探したのです。

当日は、千葉ちゃん(千葉真子)とゲスト出演します。お近くのランナーの方々、面白い大会に興味のある方々は、ぜひ参加してください。

ここからホームページに入り、オンラインで参加申し込みができますよ。

  
Posted by sportsagency at 22:41Comments(2)TrackBack(0)コメント

2006年02月16日

横浜国際女子駅伝記者会見

一昨日、「2006横浜国際女子駅伝」の記者会見が、麹町の日本テレビで開かれました。今回の駅伝では、日本陸連女子長距離部門の強化責任者として日本代表チームの編成を担当しています。

記者会見の会場に、取材する側としてはよく出席しますが、取材される側は、ちょっと緊張します。あらかじめ考えておいたコメントだけでなく、記者たちからの即興の質問もあるからです。

ところで、今回の記者会見には、選手代表として日本を代表する2人の高校生が駆けつけてくれました。新谷仁美(興譲館高校)と小林祐梨子(須磨学園)です。

2人とも、まだ純粋であどけなさが残る高校生。華やかな記者会見に出席するのは初めてらしく、メイクさんから少しばかりお化粧をしてもらう時も、しきりに照れていました。しかし、記者たちの質問には2人とも堂々と答えていました。さすがです。

ところが、”ある”出来事で、彼女たちの態度が一変しました。「2006横浜国際女子駅伝」のテーマソングを歌うグループ「175R」(いなごらいだー)が、いきなり登場したのです。彼女たち曰く、いわゆる”芸能人”と生で会うのは初めてらしく、それ以降、顔を赤らめた2人は、ほとんど言葉を発することができませんでした。そんな初々しい仕草に、会場のマスコミ陣からは、「好感度バツグン」「カワイイ」という声がたくさん聞かれました。

華々しい記者会見のように、2月26日駅伝本番の走りも、大きく羽ばたくよう期待したいです。

日本テレビで生中継、私も移動一号車から解説者として登場します。

  
Posted by sportsagency at 05:46Comments(1)TrackBack(0)コメント