2007年06月24日

夏のような天気の下で

遅れましたが、全三河大会決勝戦のレポです。

成章 502|000|100|8
豊川工001|001|000|2

成章 大西 9回 被安打9 奪三振9 無四球 失点2
1年秋から見ているが、学年が上がるごとに真っ直ぐのスピードが上がっているように見える。無四球という点からも分かるようにコントロールの良さは抜群。特にストライクが欲しい時に変化球で簡単にストライクが取れる点は素晴らしい。ヒットは浴びるものの冷静に要所を締めるあたりもさすが。今年の愛知を代表するサウスポーの一人。持ち球は真っ直ぐ、スライダー、カーブにチェンジUP系?のボールも放っていた。

豊川工 森田 4回 被安打6 奪三振3 四球3 失点7
スライダー、カーブを駆使しながら打たせて取る。追い込んだ後の変化球の切れはなかなかなものがあるが、変化球でカウントを整えられれば投球が楽になる。

伊東(9) 5回 被安打4 奪三振4 死球1 失点1
一旦キャッチャーに背を向ける独特なフォームから真っ直ぐ、スライダー、やや沈むボールも投げる左腕。高めのつり球で空振りを取れるほど真っ直ぐに力がある。変化球でも空振りが取れるがややコントロールにバラつきがある。

成章は1回、先頭間瀬君がショートのエラーで出塁すると2番服部君は初球バスターを決めて1,2塁。さらに初球にダブルスチールを決めて2,3塁とした後3番村田君がカウント1−3からの内角真っ直ぐをとらえ、左中間を破る2点タイムリー2ベース。4番坂本君はサードゴロに倒れますが、5番市川君は初球をセンターへタイムリーヒット。(センターが後逸する間に2塁へ)

その後、6番生田君三振の後7番花本君、8番大西君連続四球で満塁となると9番小川君の当たりはセカンド後方へのフライ。打ち取った当たりでしたが、この当たりを追っていたセカンドとライトが衝突。セカンドがボールをこぼし、2点タイムリーエラーとなります。

3回には先頭の6番生田君がショートへの内野安打で出塁すると、2死2塁となり9番小川君が初球の内角真っ直ぐを見事にとらえ、レフトへ2ラン。7−0と成章の一方的な展開になってしまいます。

差を詰めたい豊川工は3回、2死から3番森田君が左中間を破る2ベースで出塁すると、4番山田君が外角スライダーを上手く合わせてセカンドの頭上を越えるライト前タイムリーヒット。

6回にも先頭4番山田君がショートのエラーで出塁、その後のボールの処理にややもたつく間に2塁を陥れる好走塁を見せると、2死3塁となった後7番徳升君が外角高めの真っ直ぐをとらえて左中間を破るタイムリー3ベース。7−2と差を縮めます。

しかし、成章は7回、先頭の5番市川君がライト前ヒットで出塁し、6番生田君が送りバント、7番花本君が一、二塁間を破るヒットでつなぎ、1,3塁とします。このチャンスに8番大西君はカウント0−2からスクイズを決め、8−2となり成章が全三河大会の優勝を決めました。

成章は初回、相手のミスに持ち前の機動力を絡めて相手を揺さぶり、大量得点につなげました。初回以外でもバスターを仕掛けたり、初球を打っていく場面が多く見られ、打撃面での積極性が目立ちました。エース大西君(殊勲賞受賞)は8回以外、毎回ランナーを背負いましたが、抜群の安定感で相手打線に的を絞らせず、9奪三振2失点。無四球完投の投球を見せました。

豊川工は初回3つのエラーが絡んで5点を失い、試合の流れをつかむことが出来ませんでした。2番手伊東君が好投していただけに序盤の失点がなければ、勝機があったように思います。打線は大西君の前にあと一本が出ませんでした。ですが、7番徳升君の打撃2位(.471)の活躍と伊東君(敢闘賞受賞)の今大会通してのピッチングは夏への収穫だったのではないでしょうか。

これで夏までの公式戦が全て終了しました。秋から県大会を見てきましたが、「ここは夏に期待できるぞ!」というチームがいくつかあります。今日は「ここは注目!」という学校を公立校に絞ってちょっと紹介したいと思います。

大府・・言わずと知れた公立の雄。監督交代後力を発揮できていないが、ショート高野君を中心に内野陣に経験豊富なメンバーが揃う。2年生今村君ら投手陣の奮起に期待。

成章・・エース大西君のクレバーな投球と機動力野球が持ち味。強豪相手でも互角以上の試合が出来る。

新城東・・エース真田君、4番堂地君の投打の軸がしっかりしている。昨夏を経験している選手が多いのも強み。

津島北・・2年生エース伊佐治君は力みの無いフォームからの真っ直ぐに伸びがある。打線がどこまで援護できるかが勝ち進むカギ。

刈谷・・秋の全三河大会優勝校。県内屈指の進学校ながら毎年夏は結果を残してくる。今年もエース野田君を中心に投打のバランスが良い。

豊川工・・エース森田君から伊東君の継投でリードを守りきる。つながりのある打線にも注目。

東海南・・春の全尾張大会優勝校。左腕エース原田君は小柄ながらも小気味良い投球。その他にも小柄な選手が多い。

この他豊田西、西尾東、一宮、丹羽といったあたりも力は十分にあると思いますが、見ていないので良く分かりません。(><)

各校の対戦校が決まる抽選会は今度の土曜日。結果が待ち遠しいところです。


sportsda at 01:57│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハッピーアイランド   2007年06月27日 00:54
一宮高校について

Takaさん、ハッピーアイランドと申します。失礼します。

一宮高校は、春の県大会2回戦、成章高校と対戦した試合を見ましたが、序盤の3点差を中盤追いつくなど善戦してました。
終盤成章の地力に屈した形にはなりましたが、エース長谷川君の右スリークウォーターから繰り出すクロスファイアーが結構効いてました。
組合せ次第では夏、いいところまで行く可能性はあると思います。
2. Posted by taka   2007年06月28日 01:44
こんばんは。初めまして。

わざわざ詳細まで送っていただけるとは・・。ありがとうございます。

僕自身、公立校でしっかり文武両道を実践してる学校に注目しているので、一宮高校は一回見てみたかったんですが・・。夏はぜひ見てみたいと思ってます。

長谷川君に注目しておきますね。
3. Posted by 球   2007年07月17日 23:50
丹羽がやってくれると思いますよ。
4. Posted by taka   2007年07月18日 22:17
球さん初めまして。

丹羽高校は秋の県大会で春日丘に勝ったり、大府と凄い接戦を演じたり、本当に力のあるチームですね。

投手も2人力のある投手がいるようですから、打線次第では良いところまで行くような気がします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Categories