2006年06月16日

サッカーボールの蹴り方

ワールドカップが始まりましたね。

 

前回のワールドカップが日本と韓国で共催されて以降、サッカーがグッと身近に感じられるようになってきた結果なのか、最近は、野球をするお子さんよりもサッカーをするお子さんが増えて来たように思います。

 

しかし、いざボールを蹴ってみようとすると、あっちへ飛んだりこっちへ飛んだり、あるいは飛ばなかったり・・・・。

 

意外とどうやって蹴ったら良いのかわからないお子さんが多いようです。

 

さて、今週はサッカーボールの基本的な蹴り方のお話しをして行きたいと思います。

 

まず、ボールが上手に蹴れない子は概ね次のような流れでボールを蹴ってしまいます。

 

■ボールが蹴れない子の蹴り方。

サッカーボールの蹴り方


.棔璽襪紡个靴得橘未ら入ってしまう。

これでは腰の回転を使って蹴る事ができないので、力強くボールが蹴れません。

 

 

 


サッカーボールの蹴り方
▲肇ァ璽ック(つま先蹴り)になる。

つま先が地面にぶつからない様にするために反射的につま先を上げることで、トゥーキックになってしまいます。

また、この時ヒザが伸びていることが多いため、足のふり幅はが小さくなり、インパクトの瞬間に大きい力が伝わりません。

 


 

サッカーボールの蹴り方
蹴り上げることが出来ない。

ひざが伸びているためにこうなってしまうのですが、これではボールを蹴った後の足の蹴り上げが出来ず、ポールを押し出すことが出来ません。

 

 

それでは、基本的なボールの蹴り方を説明します。

■基本的なボールの蹴り方

サッカーボールの蹴り方


,泙此▲棔璽襪紡个靴銅个瓠45度くらい)から助走をつけて入ります。

斜めから入ることによって腰の回転が生まれますので、力強くボールが蹴れます。

 

 

 

サッカーボールの蹴り方サッカーボールの蹴り方

 

 

 

 

 



⊆澗のつま先を蹴る方向に向けます。

そして、ヒザを曲げることで足のふり幅が大きくなりますので、インパクトの瞬間が力強くなります。

ヒザを曲げる利点はもう1つあります。

それは、つま先が地面にぶつりにくくなるということです
地面にぶつかれば、当然伝わる力が弱まります。


サッカーボールの蹴り方
ぅぅ鵐僖トの瞬間は、両膝をボールよりも前に出します。

 

 

 

 



サッカーボールの蹴り方
※基本的にボールを蹴る場所は赤い丸で囲った部分です。

この部分で確実に捉えることができるようにさせて下さい。

 

 

 




サッカーボールの蹴り方
ズ埜紊縫棔璽襪鮟海蠑紊欧泙后

右足は自分の左肩のラインまで蹴り上げられるようにして下さい。(左利きの人は反対)

そして、軸足である左足が地面から離れ、跳び上がれる位に蹴り上げることが理想です。




 

※補足レッスン

【1】ボールを的確に捉えるレッスン。

いくら勢い良く蹴ることが出来たとしてもボールを的確に捉えることができなければ、ボールはイメージした方向には飛んでくれません。

そこで、ボールを的確捉えることが出来ないお子さんには、次のレッスンをさせて下さい。

サッカーボールの蹴り方


―走はつけずにそのままの位置からけります。

このときに意識するポイントは
<1>・ヒザを曲げる
<2>・軸足のつま先を蹴る方向に向ける
です。

 

 


サッカーボールの蹴り方
▲棔璽襪鬚靴辰りと見て、先ほどの赤い円の部分で捉えられるようにします。

 

 

 




サッカーボールの蹴り方
そして、軽く蹴り上げます。

このレッスンはボールを的確に捉えるためのレッスンですので、軽く蹴り上げる程度で構いません。

 

 

 

 

【2】ボールを蹴り上げるレッスン

トゥーキック(つま先蹴り)でなれてしまった子は「蹴り上げる」という感覚がわかりません。

助走と腰の回転、さらに足のふり幅から得られたエネルギーをインパクトの瞬間に伝えて、それを押し出す役割をするのがこの「蹴り上げ」ですので、これが最後に決まらないと力強いボールが蹴られません。

このレッスンは最初から高い位置に設定するのではなく、腰の位置から初めて、お腹→胸→肩と徐々に「蹴り上げ」の高さを設定して下さい。

サッカーボールの蹴り方
,泙困蝋の位置くらいまで蹴り上げる感覚を身につけさせます。

 

 

 





サッカーボールの蹴り方

∈能的には肩の高さまで蹴り上げられるようにゆっくり段階を上げて行って下さい。

 

 

 

 

サッカーボールの蹴り肩はケースバイケースで変わってくるのですが、まずは基本的な蹴り方を押さえて、しっかり身につけさせることが大切です。

 

この基本がしっかり体に身につけられれば、色々なパターンの蹴り方ができるようになりますので、今は基本に忠実に練習あるのみです。

 

ブログランキングに参加中です。

クリック!クリック!

 



sportshiroba at 10:00│Comments(11)TrackBack(0)clip!サッカー編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kkkkkkk   2006年11月22日 19:22
5
2. Posted by へらへら   2007年04月11日 01:02
4 うーーん、なるほどと思いました。 明日のサッカーに向けイメージトレーニングします。 分かりやすい解説でとても参考になりました。
3. Posted by s・t   2008年05月07日 18:18
わかりやすかったっす!
4. Posted by うんちょ   2009年07月27日 19:14
よいアドバイスになりました。
これから、これを意識してがんばろうと思います。
5. Posted by おっぱい   2009年08月07日 19:46
マジ言い値こんどラブ穂でも伊湖

6. Posted by あ   2010年07月27日 20:23
おお〜
よくわかった
7. Posted by saccer man   2010年09月05日 09:58
arigato
8. Posted by ブラック★スター   2010年09月07日 23:08
4 ご丁寧で分かりやすい解説ありがとうございましたっ!
9. Posted by 中一 テツ   2010年10月15日 21:06
ありがとうございます

よく分かりました


ぼく、サッカー部なんですけど

ショボショボコロコロボールしか打てなくて。。。
10. Posted by カズ   2011年08月16日 17:02
3 すごく参考になりました!       トゥーキックなおりました✌  
11. Posted by テリー   2011年10月12日 13:01
今日早速、小二の子供を教えようと思います。よくトーキックになってしまうので凄く勉強になりました。ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
スポーツ広場HP
スポーツ・体育の家庭教師 スポーツ広場
最新記事
フリースペース