ありのままのスポーツ見聞録~羽生結弦選手中心ブログ~

羽生結弦選手を中心に観戦記録や情報など写真も交えて紹介します♪

今日はまたBSNHKさんの「羽生結弦 10年間の軌跡」の再放送を見てしまいました。もちろん、前回録画はしておいたのですが、やはりテレビで放映されているとなると見てしまいます。いいものは何度見てもいいですね。火曜日に見たばかりなのに、また引き込まれて、結局最後まで見入ってしまいました。家に閉じこもっている時に、例え過去の演技でも、動いていらっしゃるゆづくんを見ると癒されます。

連日コロナウイルス陽性の方が増加してきている現状、個人的に医療崩壊の危機を感じて心配しています。医療従事者でない私は、治療面については何も語ることができません。でも、今も定期的に通院している身としては、患者の立場から見えてくる恐怖が少なからずあるのです。

私が通っている病院は、地域の中核病院であり、地域の人々にとっては、言わば最後の砦のような病院で、コロナウイルス以外の重篤な状態の患者さんたちが入院されています。また、免疫力の落ちた患者さんたちが日々、治療のため通院もされています。万が一、この病院で院内感染が広がったりしたら、大変なことになります(もちろん、どの病院でも大変なのですが…)。そんなこともあり、ドクターの許可がない限り家族でも入院患者さんへの面会禁止、そして、一部検査や手術も延期になる場合があるようです。入院患者さんや医療従事者の皆さんを守るためには当然の措置だと理解しつつ、このままの状況が続けば、いったいどうなってしまうのだろう…という不安がつきまといます。私自身も、2か月後には大掛かりな検査が控えていますので、ちゃんとしてもらえるのだろうか、という心配があります。もちろん、私の場合、検査日を延ばしたところでそんなに影響はないかもしれませんが、先行き不透明なだけに、どうしても気になってしまいます。そういう意味では、他人より少し敏感になっているかもしれません。

コロナウイルスは感染していても自覚がない場合が多々あるようですので、自分が知らぬ間に感染し、他人にうつしてしまう可能性すらあります。よそ様に迷惑をかけないためにも、個人でできうる限りの予防は続けていかないと、と思っています。

そんな中、私のブログを読んでくれた友人から、ちょっと明るい話題の提供がありました。前回の記事中のお写真に、凄いのがあるよ~、とのこと。自分で撮った写真ながら、あまり深く見ていなかったので、友人に言われて初めて気付きました。

「Hope & Legacy」の恐らくフィニッシュポーズのところのお写真です。ゆづくんの影が氷に映って金色に輝いていて、神々しくさえ感じるのですが、よく見ると…。
20200209_g12
ゆづくんの影ですが、金色に輝く左手に、眩く発光する剣を掲げていらっしゃるような、そんな風に見えます。またこれは私の全くのこじつけなのですが、その形が、剣というより、ギリシャ神話に出てくるアレに見えるのです。コレ、です。
h
「アスクレピオスの杖」です。元々はギリシャ神話に登場する名医、アスクレピオスが持っていた杖だそうですが、現在では医療、医術の象徴のシンボルマークとして、世界中で広く用いられているそうです。(※ Wikipedia参照)

もちろん、ライティングによってもたらされた光の綾とは判っちゃ
いるものの、この時期だからこそ、何かメルヘンに見えてくるものがあるなぁ…素晴らしいわ、と、ちょっとこのお写真を撮った自分を自画自賛してみたり。タブレットやスマホでこれを見ていらっしゃる方、是非、逆さにして見てください。よりそれっぽく見えてくる不思議。

そういえば、他の方でもゆづくんの、ちょっと不思議なお写真を撮っておられるのを見たことがあります。そんな写真ばっかり集めて、下手くそ写真選手権じゃありませんが、不思議写真選手権もできそうですね。

最近、お休みはほぼ、引きこもり生活をしておりますので、雑誌の発売ありがたいです。

まだ買えていなかった、都築先生の本も読んでみようと思います。
ゆづくんが元気にトレーニングややりたいこと、できていらっしゃいますように…。はやくこの混乱が収束しますように…。


人気ブログランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日のBSNHKさんのゆづくんスペシャル番組は神番組でした。シニアに上がられてからの10年間、しかもNHK杯のみであの濃い内容。それこそテレビ局の垣根を越え、ノービス時代からの映像で同じような番組が製作されるとしたら、感動長編大作ができそうです。ゆづくんのこれまでのスケート人生は、本当にドラマチック。山あり谷あり、それを何度も繰り返しながら、今、まだ尚、限界が見えないし挑戦を続けていらっしゃるという事実に震えます。

「その物語は、これからも続きます」

これからも、続きを見せて頂けることに感謝し、応援していきたいと思います。

今日は四大陸観戦記、最後になる(やっとここまできた)エキシビションについてお写真中心に綴っていきたいと思います。

幸せな表彰式終了後も、余韻に浸りつつ、天井席ということもあり人の流れを見ていました。その為、実は少し退場が遅くなってしまったのです。すると、会場外は想像以上の人で溢れかえっていて、とにかく慌てて入場列の最後尾を探して並びました。係りの方が列に出張してチケットの確認をしてくださいましたので、なんとか私たちはエキシビション開始前に席につくことができました。

並んでいる間、友人と「エキシビション、何を見せてもらえるのかな?」と、想像を巡らせていたのですが、全く予想が外れてしまいました。一部、ネタバレしていたという話を聞きましたが、前方に並んでいらっしゃる方たちがどっと沸く場面があったので、音漏れでもしていたのでしょうか?

会場入り後、すぐにエキシビションが始まりました。他の選手の演技を観ながらも、ゆづくん、何を滑って下さるのだろう、とワクワクしながらその時を待っていました。私たちの席はちょうど選手入場口の正面あたりでしたので、ゆづくんが幕内から出てこられた瞬間、お衣装で今日の演目は「Hope & Legacy」だと判りました。
20200209_g1
20200209_g2
今シーズンのゆづくんのエキシビションナンバーは過去プロの中から選ばれていましたが、「Hope & Legacy」については予想外、でした。でも、この時期にこのナンバーをゆづくんが選択された理由、今だとなんとなく判る気がします…。
20200209_g3
20200209_g4
20200209_g6
20200209_g8
20200209_g9
20200209_g12
この日の演技は、天に祈りを捧げるような、本当に気高く崇高な演技でした…。魂が浄化される、そんな演技でした。

で、その後エンディングでは皆さんご存知の通り、はっちゃけたゆづくんの姿を観ることができました。この邪気の無さもゆづくんの魅力のひとつですよね。
20200209_g13
20200209_g14
20200209_g16
集合写真撮影後は金メダリストの仲間たちともパチリ。
20200209_g18
20200209_g21
最後はコアラのパペットと無邪気に遊ぶ姿を見せてもらえました。
20200209_g22
20200209_g23

朝から忙しい一日でしたが、最後まで、選手の皆様は疲れた様子を見せることなく、観客を楽しませようと、心を込めた演技で魅せて下さいました。本当に、ありがとうございました。

今から思うと、これがシーズン最後の試合となってしまいました。理不尽なジャッジなど、思うところがたくさんあったシーズンでしたが、ゆづくんのシーズン最後の演技が「Hope & Legacy」だったことに、何か意味があるように思えてなりません。何より、この後、ゆづくんが現役続行とも言える意思表示をして下さったこと。私にとって、このことが今シーズン、一番のサプライズであり幸せなことでした。しかも、今日はあの奇跡のヘルシンキワールドから、ちょうど3年なんですよね。あの「Hope & Legacy」から後も、ずっとずっと成長する過程を見せ続けて下さるゆづくんに感謝しかありません。
(※もの凄い間違いをしておりましたので、訂正しました。ヘルシンキワールドから1年じゃなく、3年です。既にご覧になった皆様、本当にごめんなさい。)

来シーズンもゆづくんを応援できる、応援させてもらえるという幸せを噛みしめて、どうか平穏な日常が早く訪れ新たなシーズンを迎えられますように…と祈りながら、静かに、その時を待ちたいと思います。私の四大陸観戦記も、これが最後になります。なんとも間延びしてしまった観戦記になりましたが、最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。


花は咲く on ICE ~荒川静香 羽生結弦~ [DVD]
羽生結弦
NHKエンタープライズ
2015-12-18




人気ブログランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はやっと四大陸、男子フリーの日の観戦記を綴っていきたいと思います。最近暗い話題が多いので、できるだけポジティブに、お写真多めにして振り返っていきたいと思います。

この日は男子シングルの選手の皆様にとって、きっと大変な一日だったと思います。早朝からの公式練習、午後からのフリーの演技、そしてエキシビションに出演される選手の方たちは休む間もなく夕方からエキシビションのお披露目と、かなりハードなスケジュールが組まれていました。

私たち観客も、それに合わせて早朝から会場入りしました。公式練習、フリー演技が終わるたびに会場から退場させられましたので、時間の使い方が難しかったです。男子フリー終了後、表彰式まで見届けて一旦会場から退場し、そのあとすぐに並びなおして再度会場入り、という形だったのですが、その間の時間があまりありませんでした。またエキシビションだけ観に来られたお客様も多かったので、会場外はまさにカオス。通常でしたら入場口でチケットチェック、問診票提出があるのですが、係員の方が待機列にまでわざわざ来られて対応されていました。それでもエキシビション開始に間に合わない方が結構おられたようで、そこはちょっと残念なところでした。このタイトなスケジュールになったのにはそれなりの理由があってのことだと思いますので、ファンがあれこれ文句を言うところではないとは思います。ただ観るだけのファンと違い、エキシビションまで出演される一部男子選手の方たちにとっては、本当に大変だったと思われますので、もう少し余裕のあるスケジュールを組んであげて欲しかったです。
202002093
202002094
公式練習のお写真ですが、今見返すと、関係者の皆さんのマスク姿が異様といいますか、よくぞ開催できたと思います。この時はまだ、日本もですがソウルもそんなに感染が広がっていませんでした。

実はこの午前の公式練習、ゆづくんは僅か10分ほどで練習を切り上げられたのです。「SEIMEI」の曲かけ前でしたので、会場でも心配されるファンの声も聞こえてきました。それともうひとつ心配だったのが、音響の悪さでした。SPの時はあまり気にならなかったのですが、この日は音割れしているような感じで、耳の良いゆづくんにとっては結構キツイんじゃないかなぁと、心配になりました。

この日初めて通しで聞く、主がいないリンクに響く「SEIMEI」でしたが、短縮された違和感は全くなくて、編曲しなおしされた方がどなたかは存じませんが、プロの仕事にただただ、感心するばかりでした。

公式練習終了後、一旦退場しお昼を食べてからまたすぐに会場へ。新「SEIMEI」への期待感高まる中、最終グループの6分間練習が始まりました。そこで、ゆづくんの素晴らしい4回転ルッツを観ることができました。教科書通りの、本当に美しいルッツジャンプ。眼福。
202002091
20200209_f1
ゆづくんの前の演技者はクリケット仲間のジュンファン選手でしたが、地元のファンの方たちの前で素晴らしい演技を披露され、会場は大いに盛り上がりました。そして、いよいよゆづくんの番に。

まず目に飛び込んできたのは、鮮やかな萌黄色になった新しいお衣装。前の高貴な紫も良かったですが、この色もゆづくんに似合っていて、伊藤さんグッジョブ、と思いました。

新「SEIMEI」に対する期待感で胸が高鳴る中、水を差されるような出来事が。ゆづくんが何かを発見されたみたいで、ジャッジに訴えていらっしゃる様子。私は天井席だったため、いったい何が起こっているのかよく判りませんでしたが、後から見たお写真によると、底が見えるくらいの穴が開いていたんですよね。いや、これ、マジ危険すぎます。万が一穴に嵌ってしまったら…。転倒して大怪我をしてしまう可能性すらあった訳で、よくぞゆづくん、気が付かれたなぁ…と。とりあえず応急措置がなされましたが、演技終了後集中力が途切れてしまったとおっしゃっていたゆづくんの気持ち、判ります。さすがにあの大穴では普通、動揺しますよね…。

そんな中始まったゆづくんの演技。天井席から撮っているのにこの足の長さ(普通上から撮ると短く見えますよね)。驚異的です
20200209_f3
20200209_f4
20200209_f5
20200209_f2
20200209_f11
20200209_f13
20200209_f14
20200209_f15
ジャンプのミスはありましたが、ゆづくんのこのプログラムに対する熱い想い、気持ちが伝わってくるような、素晴らしい新「SEIMEI」でした。オリンピック2連覇された伝説のプログラムを、その時と同じ韓国の地で見せていただいて、感無量。その時は、きっと3月の世界選手権で、このプログラムの完成形を見せてもらえるに違いない、と確信したのでした…。
20200209_h2
20200209_h1
20200209_h5
20200209_h7
20200209_h9
20200209_h10
表彰式のゆづくんは、本当に嬉しそうで晴れやかで、見ているこちらまで笑顔になる、本当に幸せな時間でした。何度でも言いたい。男子シングル史上初の「スーパースラム」達成、本当におめでとう。その場に立ちあえて、私もとっても幸せです。
20200209_h8
会場中が祝福の嵐に包まれていました。

エキシビションへ続く…。







人気ブログランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ