ここのところ超多忙につき、なかなかゆっくりネットしている時間もなく、ちょっと浦島太郎状態です。ゆづくんに関しては、何も大きな動きはないようで、とりあえずホッとしました。クリケットの集合写真は見ました。元気に練習できているようで何よりです。今年は公開練習が無いそうなので、今のところリンクメイトがあげて下さるこうしたお写真でしかゆづくんの無事を確認できる術がありません。なので、ここはあまり深く考えずに、ゆづくんは元気にリンクで日々、練習に励んでおられるのだな、と思っておきます。

ゆづくん不足で日照り気味の今日この頃…。ちょっと普段は行かないデパートに用事で行った時、「Otonal」の素敵なゆづくんにバッタリと出会いました。予期せぬところで出会うと嬉しいものです。こんな些細なことですら喜びに浸れるくらいのゆづくん不足。なかなかに重症です

ファイテンさんの商品はいくつか持っていますが、いつもネットで購入しています。こんな素敵なゆづくんが出迎えて下さるのなら、直接ショップに出向いて買った方がいいのかなぁ~と思ったり。ファイテンさんに限らず、手軽さに負けて雑誌もほとんどネット購入しています。サイズがあるものなんかは実際、実物を試着してみないと合わないこともあるので一応ショップで購入してはいますが、ポチッとするだけで何でも買えてしまう時代。便利な世の中になったもんだと思う反面、何か大事なことを見落としていやしないかと、ふと、思うことがあります…。
729
暑さを和らげるような、素敵なディスプレイですね。さすがです。

話は変わりますが、過去の新聞を整理していたら、なんと2011年1月1日の新聞が出てきました。元旦ということで、スポーツ特集の記事が折り込まれています。まだ、震災前の新聞なんですよね…。

この時はゴルフの石川遼選手がスポーツ界の話題を攫っておられたこともあり、記事はゴルフ中心です。で、最後に「平成7人衆、遼に負けるな」という記事があり、若手選手(当時の)7人を推す内容となっています。サッカーの香川真司選手(当時21歳)やテニスの錦織圭選手(当時21歳)など、錚々たる顔ぶれの中、フィギュアからは村上佳菜子さんが取り上げられています。そっかぁ~、当時はゆづくんより、村上さんの方が世間の注目を集めてたんやなぁ…。フィギュアと言えば女子、の時代ですもんね…。

で、この数か月後に大震災があって、ゆづくんの、小説や漫画を超えた伝説的ストーリーが始まったんやなぁ…と思うと感慨深いというか、何というか…。勝手に色々と想い出し泣けてきました

それともうひとつ、思ったこと。この記事で取り上げられている7名の選手の方たちは、村上さん以外、今も現役を続けておられるんですよね。しかも、記事の予想通り、世界で活躍されている方ばかりです(プロ野球選手除く)。7名の中で当時、一番若かったのが村上さんです。女性選手は卓球の石川佳純選手と村上さんだけなのですが、それにしても、フィギュア選手の選手寿命の短いこと…。特に女子選手。フィギュアスケートの、表面上の華やかさばかりが取り上げられたりしますが、その裏での過酷な状況、怪我との闘いだったり、資金的な問題だったり、フィギュアの選手が現役を続けていくには様々な問題をクリアしないと難しいという現実。才能がありながら、志半ばで引退されていった選手もいらっしゃるでしょう。もちろん、どのスポーツも怪我との闘いはあると思います。ただ、やはり資金的な面では、フィギュアはちょっと、特殊だなぁ、と…。

そんなこんなを思うと、オリンピック連覇したにも関わらず、しかもフィギュア選手にとって大切な足首の故障を抱えつつも、現役選手として、更に向上心を持ちつつ闘いの場に挑むという選択をされたゆづくん。ファンとしては感謝、感謝、それだけです。プログラムがどうとかこうとか、私はもう別に何でもかまいません。とにかく、今シーズン、どうか、怪我なく、最後まで走り通せますように。そして、ゆづくんが望まれる結果を得られますように、それだけをひたすら祈りたいと思います。








人気ブログランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村