病気に負けないカラダづくり読本

病気のつらさよ、さようなら。病気を克服するための工夫や知識を書いていきます。

【ノロウイルス】の流行

【ノロウイルス】の流行が懸念されています。

このノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤が
今のところないんだそうです。

ノロウイルスの主症状は、嘔気、嘔吐、下痢。
乳児期から成人まで幅広く感染するそうです。


ノロウイルスは、一般に症状は軽症とされますが、
老人や免疫力の低下した乳児では重症化して
ひどい時は死にもいたるという恐ろしい病気。


さて、寒くなるにつれて恋しいのが「鍋料理」。
牡蠣などの貝などの貝類が入るとおいしいし、豪華になりますよね。


・・・ところが、この牡蠣をはじめアサリやシジミなどの二枚貝も、
ノロウイルス感染の原因になるんだそうですよ。


このような貝類を食べる際は、
85℃以上の温度で1分以上の加熱を心がけましょう。


そして厄介なことにこのノロウイルス、
手を介した二次感染をするのです。


なので、日頃からのうがい・手洗いも大切になってきます。


では、手洗い法をひとくさり。
爪は短く切っておく方がいいです。
手洗いの時は、時計や指輪などのアクセサリーは外しましょう。

洗い忘れがちな指の間や、手首などもしっかり洗い、
手を洗う前に触れた蛇口もキレイに洗い流しましょう。

共用タオルの使用は避け、
集団生活の場ではペーパータオルの使用が有効です。


また、家族など身近な人が感染した場合。
ほかの家族が飛沫感染をすることもあります。


もし、吐物があれば処理には気をつけたいもの。


できれば使い捨てのマスクや手袋を使い、
ウイルスが飛び散ることも考えて、めがね(ゴーグルなど)をしたり、
作業する服にはビニールをかぶるか、捨てられるようなものにしましょう。



汚染された床などをふき取った後は、
次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)でふき取り、
その後、水拭きをします。

この処理に使った雑巾などは、
ビニール袋に入れて密閉して捨てましょう。


なんだか読んでいるだけで寒気がしてきますよね。

どうぞ、ご家族がこんなことにならぬよう。


【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム
豊胸でより魅力的な女性に
カタログギフトと仲良くなろう

美容の大敵「便秘」

美容の大敵は「便秘」ですよね。
もち、ダイエットの障害でもあるわけです。


便秘は男性よりも女性に多く見られるとか。
なんと、女性44割近い人が便秘に悩んでいるというデータが!


便秘と一言に言っても、ただ排便がないと言うことだけでなく、
その原因となるものも種類別に分けられます。

便秘は、次の2つのタイプに分けることが出来るのです。


一つ目が器質性便秘、そして、もう一つが機能性便秘です。


★器質性便秘
これは腸の病気が原因となって、便秘が起きている状態です。
なので、ちゃんと腸の検査を受けて治療しましょうね。


★機能性便秘
これは、排便機能に障害が起きているということです。

そして、機能性便秘は、一過性便秘、習慣性便秘に分類されます。
例えば、あなたにも経験があるでしょうが、
いつもと違う場所にいる時など、排便がしづらくなりますよね?

トイレが違うと排便しにくくなるとか、
旅行先では排便しづらいとか、
周囲の環境が変わることによって一時的に起こってしま
う便秘のことを、一過性便秘と呼びます。


環境が変わったことで便秘になるのですが、
直接の原因は、ストレスや緊張などです。


ストレスや緊張に加え、
更に食物繊維が足りなかったり、
水分が足りなかったりすることから、
一時的に便秘になります。


ちなみに私は、就寝前と起床直後には、
コップ1杯の水を飲むようししています。

何かの本で読んだものですから。


ドクタースタイルキャリア 転職サポート
金運アップの方法大研究
不動産投資で明るい未来を!

血糖値が高いってことは?

私は毎年、市が実施する「健康診査」に行っているのですが、
ここ3年ばかり、「血糖値」が高いと言われ続けてきました。


審査の結果には「要精査」と言われ、医療機関で再検査を
受けています。


今年は糖尿病を専門とする医院へ行きました。
検査の結果は、「境界」にあるとのこと。


つまり、糖尿病ではないけれど正常でもなく、
糖尿病予備軍だそう。


そこで、「血糖値」について少し調べました。
ご用のない方はすっ飛ばしてくださいね。



健康で長生きをしたいと考えているのであれば、
血糖値コントロールが重要となります。


血糖値が高くなると糖尿病にかかってしまうのです。

糖尿病に一度かかってしまうと、
それを改善することは容易ではありません。

そのために血糖値コントロールによって、
正常な範囲に抑えておくのです。


糖尿病の疑いのある人は、日本全国で約800万人も
いるそうです。

また、その予備軍を加えますと1,500万人を越えています。
(私もこのうちの1人)
もはや糖尿病は国民病と言ってもいいのです。

40歳以上の人では10人に1人が
糖尿病またはその予備軍であると言われています。


糖尿病に深い関係のあるものが血糖値です。


血糖値のことを少し説明しましょう。

食べ物として体の中に入る糖分はブドウ糖となって、
血液中に入ります。

血液中の糖分の状態を血糖というのですね。


もちろん、この血糖は欠かせないものです。
なぜって、体を動かすためのエネルギーですから。


しかし、この血糖が多すぎると様々な弊害をもたらすのです。

血糖は、日常生活で消費される分については
エネルギーとなっていきます。

しかし、余分な糖は脂肪となって肝臓などに蓄えられるのです。


血糖値は
健康な人で7〜130と言われています。
が、これは時間によって変動するんですね。


また、年齢が高くなるにしたがって高くなる傾向にあります。

血糖値は、
空腹時と食後では大きく数字が違います。

空腹時は70〜100、
食後1時間では160以下となっています。

日本人は糖尿病になりやすいだそうです。
また、遺伝によっても糖尿病になりやすいと言うことです。


もちろん、高血糖だから糖尿病とは限らないようですが。



こんなのもあります↓
血糖値降下法

猫背はこまりもの


猫背の人を時々見ます。
猫背は単に老けて見えるだけでなく、
実は体の様々なところに影響が出くるものなのです。


猫背は背骨が曲がっているわけですから、
内臓などにも負担をかけていることになるのですね。



でも、猫背は矯正できるんですよ。

猫背を矯正するポイントは、腰と肩と顎です。

ストレッチなどで猫背は改善していきますすが、
その時にポイントを押さえておくことが大事です。

何となくストレッチをやっても、
大きな効果を得ることはできません。

つまり、「猫背を直すんだ」との強い意志をもって
実施することが求められるわけです。

椅子に座る時の腰の位置や椅子の形にも注意が必要でしょう。

猫背の矯正と言うのは短期間で行えることではないのです。
また、猫背と言っても個人差があります。
すべての人に同じように効果があるわけではありません。

いろいろな方法を試してみて、
自分に合ったもの見つけていくしかないのが現実です。


やずや 雪待にんにく卵黄
腹筋の鍛え方
若々しくいられるために

昨今の野菜不足は深刻


日本人の食生活はかなり変わってきました。
食事の欧米化やファストフードの浸透によることが大きいですね。

特に大きく変化したのは、脂肪の摂取量ではないでしょうか。

昔、日本では魚がたくさん摂取されたし、野菜も食卓に欠かさず用意されました。
ご飯についても同様です。

しかし、現代の食事において必ずしもお米を必須としなくなったし、
魚は年々摂取量が減少し、
野菜の摂取もあまり重要視されなくなってきています。

代わりに増えたのが脂分。

特に、ファストフードや弁当が、その原因となっています。
ファストフードに関しては、
言うまでもなく脂を使ったものが多いですが、
弁当に関しても調理が簡単で日持ちもしやすい揚げ物類が
多数を占めるようになっています。

それによって、特に若年層ではかなり脂を余分に摂取してしまう
ようになりました。

野菜不足は深刻な現象ですね。


在宅チャットレディー  PYU
若々しくいられるために
副収入を得たい!

低体温には食生活の改善を

現代人は、低体温の人が多くなってきているようです。

どうして低体温の人が増えてしまったのでしょうか?
それは、なんと言っても、食生活の乱れが一番の原因と言えるでしょうね。

昔とは違って、食生活が豊かになり、
外食のメニューも本当に沢山ありますよね。
コンビニでも何処でも、簡単に色々な食べ物を買うことが出来る時代です。

これら、食生活が豊かになったことが原因だと言われています。
インスタント食品などが豊富に存在すること、
加工食品が沢山存在することが、低体温の原因と言われています。

ですから、改善するには、食生活から改善して行かなければなりませんね。

食生活の乱れは、外食が多かったり加工食品を多く食べることがあげられます。

このような物ばかり食べていては、
バランスの取れた食事はなかなか出来ませんよね。


ドクターズキャリアコンペ 医師転職
シミなんて怖くない
過払い請求ABC

「プロテイン」とは

「プロテイン」とは、「タンパク質」のことをあらわし、
「protein」と表記されます。

日本語の「タンパク質」の語源は、「卵白」を意味しています。

タンパク質は、生物を構成する成分の一つで、
重要な働きを持っています。

しかしながら、私たちが日常「プロテイン」という言葉を使う場合は、
生体を構成する物質を示す意味としてではなく、
ほとんどの場合がプロテイン・サプリメントのことを指しています。

そして、プロテイン・サプリメントとは、
高タンパク食品のことで、栄養補助食品の一つです。


メディカルワン 看護師専門求人
芸能界こぼれ話
認知症にはなるまいぞ!

「パワーバランス」って?

「パワーバランス」って、ご存知でしたか?

最近、テレビや雑誌などのメディアで話題となっている人気商品
なんだそうです。

パワーバランスとは、
シリコン素材で作られているリストバンドのことなんだそう。

シリコンで作られたブレスレットの中にはホログラムが2つ入っています。

このパワーバランス、おしゃれでいい感じなんだそうです。
なので、サッカーやゴルフなど多くのプロスポーツプレイヤーが
愛用して、話題になっている商品だとか。(見たことないので)


さらにさらに・・・。
うれしい効果があるんだそうですよ。


このパワーバランスは腕につけているだけで、
体のバランスがよくなります。


人の体にはイオンのバランスがうまく取れるようになっていて、
最適な周波数によってエネルギー回路が調和された状態のときに
ベストなパフォーマンスができるとされています。


そのためパワーバランスによって
人間の潜在能力を引き出すことができるのです。


もともとは体のバランス観念を活かした治療方法だったんですね。

パワーバランスを使うことで、
体のバランスを整えて調和平衡を正すことができます。


長い間研究の結果、
体内の磁気バランスを瞬間的に修復できるシステムを開発して
作られたのがこの「パワーバランス」なのです。


デザインがスタイリッシュでおしゃれです。

引き伸ばしても簡単にはちぎれませんし、
汗をかいても大丈夫なようにスポーツ向けに作られています。
医療用としても使われている丈夫なシリコンです。


スポーツのときだけではなく、
日常生活においてもおしゃれに身につけることができるデザインです。


値段もそう高くないので、私も一度、入手したいです。


ココにたくさんありました!!
   ↓↓
ないものはない!
お買い物なら楽天市場


すっぽん小町は上質コラーゲンがいっぱい!
副収入を得たい!
食生活で人生が変わる!!

アミノ酸って大切なのね


人間の身体は三大栄養素によって機能しています。
1つは「タンパク質」。「炭水化物」。最後は「脂質」。

この三大栄養素の中のタンパク質を作り出しているのがアミノ酸です。

アミノ酸によってタンパク質が作り出され、
その作り出されたアミノ酸が身体の組織を作り出しているのです。

それほど、アミノ酸は私達の身体にとっては大切なものなのです。

アミノ酸は20種類程しか有りませんが
その組み合わせによって10万種類以上のタンパク質を
作り出しています。

アミノ酸は、私たちの身体にとって無くてはならない物質なのです。


中川式【首痛・肩こり】治療法

美肌を極める

美人道まっしぐら

耳鳴りと補聴器

難聴の人のための補助具としの補聴器。

これが耳鳴りと関係していることがあるようです。

インターネットで調べてみると、
耳鳴りの原因として補聴器があるという意見があるかと思えば、
逆に補聴器で耳鳴りが解消したと言う人もいるようです。
実際にはどうなのでしょうか。


耳鳴りには急性のものと慢性のものがあるます。


急性であれば明らかに何らかの体の異変があると考えるべきでしょう。
そのような時には早めに耳鼻科を受診しましょう。
耳鳴り単独の病気と言うことはなく、他の病気で現れた症状かも知れませんから。


耳鳴りの原因として
内耳や鼓膜周辺に異常がある場合もありますが、
脳梗塞、高血圧などによっても耳鳴りが発生すると言われています。



耳鳴りの症状は本人にしかわかりません。
検査では耳鳴りがしているかどうかを知ることさえできないのです。


したがって、耳鳴りのひどさは本人の考え方によるところが多いようです。
耳鳴りが難聴の人に多いことから、
音が聞こえないということが
耳鳴りの一つの原因ではないかと考えられています。


一度気になりだしたならば、夜も寝られないくらいなのです。
多くの人が耳鳴りに悩んでいるのですが、
全く気にならないと言う人も多いのです。


そこで、聞こえにくい音を聞こえやすくする補聴器で
耳鳴りが改善されるとこともあるのでしょう。




耳鳴り自体がストレスの原因ともなりかねません。
気にせずに済むのであれば、それが一番です。

耳鳴りを雑音と感じてしまうとダメなのでしょうね。



これは有名です。

Profile













































































  • ライブドアブログ