2018年07月20日

18−19長野県共通リフトシーズン券

来シーズンも長野県共通リフトシーズン券が発売されますね!
申込期間は7/26〜8/23までで、いつも通りSNOWLOVENETのHPより行います。
発行枚数・値段も例年通り、大人券(30,000円)が200枚、小人券(15,000円)が100枚となります。

毎年毎年申し込み続けていますが、未だに当たった事がありません(;´Д`)
今度こそ初当選!となりたいものです。


【ソース】
SNOWLOVENET



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ



spreadeg at 21:07|PermalinkComments(0) ニュース | スキー場

2018年07月19日

8月まで猛暑が続く!?(;´Д`)

今日も朝から蒸し暑い一日になりました。
湿度が高いとより暑く感じられますね('A`|||)
いい加減うんざりなのですが、この暑さはまだまだ続くようです。

気象庁は今日、向こう1か月の予報を発表しています。
これによると、東・西日本は太平洋高気圧に覆われ、向こう1か月の気温は高い見込み。
特に7月後半は、平年よりかなり高くなりそうだ。
北日本も暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高い予想となっている。

週別の気温予報によると、1週目(7月21日〜27日)から2週目(7月28日〜8月3日)にかけては北日本〜西日本の広い範囲で太平洋高気圧に覆われて、気温が平年より高くなる見通し。
高温傾向が特に顕著な東北や東日本、近畿、中国、四国、九州北部に対し、気象庁は「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、体調管理や農作物の管理に注意するよう呼びかけている。
 
なお、この暑さは3週目以降(8月4日〜17日)落ち着いて、平年並みに近づく見込み。
また、沖縄・奄美では台風や湿った空気の影響で2週目にかけて気温は平年より低くなる予想だ。


この猛烈な暑さがまだ続くのはかなり辛いです。
これは秋の訪れも遅くなりそうですね('д` ;)


【ソース】
8月の初め頃にかけて猛暑続く 気象庁1か月予報



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ



spreadeg at 20:57|PermalinkComments(0) ニュース | 天候・気象

2018年07月18日

長野県内スキー場利用者数0・6%減

長野県観光部は17−18シーズンの長野県内83スキー場の利用者数統計を発表しました。
これによると、今シーズンのスキー場延べ利用者数は657万1千人で、昨シーズンから4万3千人(0.6%)の減少となりました。

シーズン当初の昨年11、12月にまとまった降雪があり、順調な滑り出しとなり、2月まで順調に推移したものの、3月以降の気温上昇による雪解けと雪質悪化で利用者が減少。
特に4月以降は前季比8万人(31・3%)の大幅な減少となった。

最も利用者が多かったのは志賀高原で前季比6・7%減の91万4千人。
北志賀高原が0・5%減の48万6千人、エイブル白馬五竜・Hakuba47が4・1%増の44万1千人、次いで野沢温泉、八方尾根の順となった。

エリア別で見ると、昨年比増加しているのは佐久、上伊那、北アルプス、長野エリアで、逆に減少しているのは、上田、諏訪、南信州、木曽、松本、北信でした。
利用者数が増加したスキー場28か所に対し、減少したのが55か所となっているのも気になりますね。

やはり3月以降の異常な暖かさが非常に大きな影響をもたらしているのが分かります。
4月の8万人減少が前年並みなら、増加しててもおかしくなかったのですが。
天候なので仕方ありませんが、今の猛烈な暑さも冬から続いているのかと思ってしまいます。
来シーズンはずっと冬らしい気候が続けば良いのですが。



【ソース】
長野県観光部 統計(PDF)

県内スキー場利用者数0・6%減 17〜18年シーズン



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ







spreadeg at 20:36|PermalinkComments(1) ニュース | スキー場

2018年07月16日

暑さで滑走路閉鎖!?

今日も各地で40℃近くまで気温が上がり、猛烈な暑さになっています('д` ;)
熱中症で病院に搬送される方も多いようなので、こまめに水分を摂って休むようにして下さいね。


ところで、羽田空港のB滑走路では今日午後0時45分ごろ、アスファルトがはがれているのを点検中の空港職員が見つけたそうです。

羽田空港事務所によると、大きさは縦20センチ、横30センチ、深さ10センチ。
B滑走路は閉鎖中で復旧の見込みは立っていない。
原因は分かっていないが、気温の高さが影響している可能性もあるという。

確かにアスファルトはすごく暑くなりますし、空港の滑走路だと日差しを遮るものが無いので、温度もすごいでしょうね。
早く涼しくなってほしいものです。

さて、今現在の交通情報を見ると、各地の高速道路は渋滞していますね。
3連休でお出かけされていた方が多いんだと思います。
気を付けてお帰り下さいね。

【ソース】
羽田B滑走路が一時閉鎖 暑さで?アスファルトはがれる



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ



spreadeg at 17:24|PermalinkComments(0) ニュース | 天候・気象

2018年07月15日

上信越道の4車線化の完成ずれ込む

今日も融けるような暑さになりました('д` ;)
岐阜では今年最高の38.8℃まで上昇したそうで、明日の40℃予報もホントになりそうな感じですね。


さて、話は変わって、東日本高速道路新潟支社は、上信越道で唯一、暫定2車線(片側1車線)がある信濃町インターチェンジ―上越ジャンクション間の完全4車線化完成が2019年度になると発表した。
当初は18年度に完成予定だったが、地滑り対策が必要な箇所などがあり、遅れることになった。
18年内に同区間の約8割は4車線化が完了するともした。

同区間は37・5キロあり、このうち24・7キロが2車線となっている。
2車線区間を中心に年間約60回の交通渋滞が発生。
対向車線への飛び出し事故もこれまでに70件起きており、渋滞解消と安全確保から4車線化への要望は強い。

同区間の4車線化工事は12年4月に国交省が事業許可し、総事業費は約620億円。
18年度中の完成を目指していたが、同支社によると、10カ所で地滑り対策が必要になったり、降雪による工事の遅れが出たりして19年度にずれ込むことになった。

18年内に28・7キロの4車線化を完了させ、残りの信濃町IC―妙高高原IC間など3カ所の計8・8キロは19年度に4車線化する予定。

4車線化工事に伴い、8月21〜24日と27、28日の午後8時から翌日午前6時まで、妙高高原IC―上越JCT間が通行止めとなる。


上信越道の2車線の区間が4車線化されると便利になりますよね。
特に妙高方面に行く時の2車線区間が早く4車線化されると良いのですが。


【ソース】
上信越道信濃町IC―上越JCT 4車線化完成ずれ込む



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ



spreadeg at 16:59|PermalinkComments(0) ニュース | 雑談

2018年07月14日

酷暑の三連休('A`|||)

今日から3連休(・∀・)
天気も良く、真夏を楽しむには最高!なのかもしれませんが・・・暑すぎです('д` ;)

ホントは外出したくなかったのですが、止む無く出かけなければならない用事があったので、外出したのですがあまりの暑さに参りました。
少し車を離れて戻って来ると、灼熱地獄が待ち受けています('A`)
歩いても地面からの照り返しで溶けそうになりました。

予報によると、明日は今日より気温が上がるとか。
家から出ないのが賢明なようです。


spreadeg at 20:23|PermalinkComments(0) 雑談 

2018年07月13日

明日は危険な暑さ!?Σ(´д`;)

今日はずいぶんと暑く感じましたが、明日からの3連休は「危険な」レベルの基音になるようです('A`)


明日は夏の高気圧に覆われ、西日本、東日本で夏空が広がります。
猛烈な暑さで熱中症対策が欠かせません。

夏の高気圧が勢力を強め、西日本、東日本は朝から夏空が広がります。
強い日差しが照りつけて、気温はグングン上昇。
35℃を超える猛暑日の所が続出し、体温を上回る37〜38℃くらいまで上がる所がありそうです。

危険な暑さとなるため、熱中症対策は必須。特に豪雨被害が大きかったエリアで復旧活動をや避難をされている方は出来る限りの対策を行ってください。


天気予報を見ると、東京で35℃、甲府は37℃(月曜日は39℃Σ(゚д゚;))、長野でも日曜日に36℃となっていて、かなりの暑さになりそうです。
こうなると外に出る気がしませんね・・・('д` ;)


さらに、気象庁が今日発表した7月上旬の統計では、全国の総降水量が約19・6万ミリとなり、比較できる統計が残る1982年以降で最も多くなったと発表した。

気象庁は各月を上旬、中旬、下旬に3分割し、全国に902点ある観測点の総降水量を合計した。
今回の豪雨では高知県馬路村で1800ミリ超、岐阜県郡上市で1200ミリ超の降水量を記録するなどし、7月上旬の降水量は観測点1地点あたり216・8ミリに達した。
全国の降水量は、過去37年間の平均値(約4・3万ミリ)の4・5倍となった。

2番目に多かったのは、今回と同じく梅雨前線で豪雨となった1985年6月下旬(約18・6万ミリ)で、3番目は台風が秋雨前線を刺激した1990年9月中旬(約17・9万ミリ)だった。


本当に豪雨の被害がすごかった事が分かりますね。
被災地では片付け等、復旧作業が続いていますが、明日以降の暑さは現地の方には辛いと思います。
一日も早い復興を再度お祈り申し上げます。



【ソース】
明日14日(土)の天気 三連休初日は体温超えの危険な暑さに

7月上旬の降水量、統計上最多…平均の4・5倍


★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ



spreadeg at 22:31|PermalinkComments(0) ニュース | 天候・気象

2018年07月12日

中部横断道の八千穂高原以南ルート案

今日も暑い一日でしたね。
朝は雨が降ったあとだったので、とても蒸し暑く感じました。
大雨の被災地も厳しい暑さだったようです。


ところで、以前お伝えした中部横断自動車道で、未開通区間のルート案の話が出て来ています。

国土交通省は昨日、事業化されていない中部横断道の八千穂高原インターチェンジ ― 長坂ジャンクションのうち、県内区間20キロ余について、1キロ幅のルート帯案を明らかにした。

同省長野国道事務所や県、南佐久郡6町村でつくる計画調整会議で同日、案を示して同意された。今後、環境影響評価の手続きに入る。
事業化の時期は未定。

これまで同事務所が示していたのは3キロ幅のルート帯。会
議では、同郡小海町内、南牧村海ノ口付近、同村野辺山付近の3カ所で設置するとしていたICについても、おおまかな位置を示し、同意を得た。

会議は非公開で、同事務所や6町村の担当者らが出席。
同事務所によると、1キロ幅のルート帯とICの位置について、同事務所、県、沿線町村が連携して地元説明会を開くことを確認。
出席者からは早期にアセスメントの手続きに入るよう要望があったという。

計画調整会議は、中部横断道整備に地元の意見を反映させるため、昨年9月に発足。
同月の初会合で、同事務所は1キロ幅のルート帯について、農協の集荷所、病院へのアクセスや、災害時の迂回などを考慮し、できる限り国道141号と並走させる方針を示していた。
今年4月には南牧村が、優良農地や国道141号沿いの保育園、小学校、集落に配慮することを求めた。

同村の村長は「一部のルート帯案が優良農地に掛かってしまい、苦渋の決断。一方、人家を避けるなど、村の要望は理解してもらえたとも感じている」と話した。

中部横断道は佐久地方と静岡市を結び、延長約132キロ。
八千穂高原IC―長坂JCT間(約34キロ)が唯一の未事業化区間。
このうち山梨県側の区間は、2015年に1キロ幅のルート帯が示されている。


ルート案もなかなか難しいですが、だいぶ具体化して来ましたね。
早く開通すると便利になるのですが、まだまだ先の話になりそうです。


【ソース】
中部横断道 八千穂高原以南の1キロ幅ルート帯案



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ




spreadeg at 18:52|PermalinkComments(0) ニュース | 観光

2018年07月10日

霧ヶ峰でニッコウキスゲが見ごろ

先日の豪雨の被害が拡大していて非常に心配ですね。
きょうは特に暑くなったので大変だと思います。

東京でも今日は暑かったので、特に熱中症に注意しないといけませんね。

さて、本格的な夏に入り、諏訪市・茅野市などに広がる霧ケ峰高原の夏を代表する花ニッコウキスゲが最盛期を迎えています。
長尾県霧ケ峰保護センターによると、群生地では4割ほどが開花し、今週末にかけて見頃が続きそう。

ビーナスライン沿いの富士見台駐車場(標高約1700メートル)近くの群落ではラッパのような形の花が咲き乱れ、遠目には黄色いじゅうたんを広げたかのよう。

同センターによると、ニッコウキスゲは鹿の食害を防ぐ電気柵がある富士見台や車山肩などに多く咲いている。


ニッコウキスゲが多く咲いているといかにも真夏って感じがしますよね。
霧ヶ峰は鹿の食害も問題になっていますが、なんとか守れているようで良かったです。


【ソース】
一面のニッコウキスゲ 霧ケ峰で見頃



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ






spreadeg at 20:38|PermalinkComments(1) ニュース | 観光

2018年07月09日

豪雨被害、平成で最悪

西日本を襲った記録的な豪雨は、今日も各地で捜索活動が続き、人的被害が次々に判明した。
今日午後6時現在、12府県で114人が死亡、8府県で59人が行方不明になっている。
被害が大きい広島、岡山、愛媛などでは生存率が低下するといわれる「発生から72時間」を同日夜に迎え、警察や自衛隊などが懸命の捜索活動を続けている。
気象庁は、引き続き、地盤の緩みによる土砂災害への警戒を呼びかけている。

豪雨災害で死者が100人を超えるのは、1983年に島根県などで起きた山陰豪雨災害(112人)以来で、平成では最悪の被害となった。
気象庁は今回の豪雨を「平成30年7月豪雨」と命名。
期間は台風7号の影響で大雨が降った6月28日以降とした。

政府によると、今日は警察、消防、自衛隊、海上保安庁の計7万3000人、ヘリ70機の態勢で、捜索・救助活動にあたった。

6月28日以降に観測された72時間雨量は、高知県馬路村1203・5ミリ、岐阜県郡上市868ミリ、愛媛県鬼北町533・5ミリなど22道府県119地点で観測史上最大を更新した。

過去最多の11府県に大雨特別警報が出されたが、8日午後までに全て解除された。
被災地は今日、気温が上昇し、広島市32・7度、倉敷市31・5度、宇和島市31・7度を記録。気象庁は熱中症への警戒も呼びかけている。

豪雨の影響で地盤が緩んでいる地域も多く、総務省消防庁の集計では、今日午後5時半現在、14府県の約82万世帯、約180万人に避難指示・勧告などが発令されている。
同日夕時点で計1万1200人が避難所に身を寄せている。

国土交通省などによると、今回の豪雨による土砂災害は28道府県で238件発生。
堤防の決壊などによる浸水は15道府県で206か所に上った。
床下・床上浸水などの住宅被害は31道府県で7879棟に達している。


本当に大きな被害が出てしまっています。
今も安否が分からない方も多く、とても心配です。
避難されている方も、救助にあたっている方も、暑さがきつく、とても大変かと思います。
とにかく、これ以上の被害が出ない事をお祈り申し上げます。


【ソース】
平成で最悪、豪雨死者114人に…不明59人



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ




spreadeg at 20:57|PermalinkComments(0) ニュース | 雑談