2021年11月27日

長野市街地で初雪を観測

昨日からの雪は強弱を繰り返しながら降り続き、今日も積雪量をだいぶ増やしてくれました(・∀・)
昨日オープンした五竜&47はいよいよ47が本格始動。
ラインCが動いた事で、R2やR3の深雪が楽しめたようです。
五竜側でもグランプリがオープンしましたので、だいぶ広くなりましたね。
八方は変わらずパノラマのみの営業ですが、ぱっと見上手く滑れば下山も可能な感じでした。
今夜も降っていますし、明日以降は回復傾向なので行かれている方は当たりですね。

その長野県内は冬型の気圧配置が続き、長野地方気象台で初雪を観測しました。
北部を中心に雪が降り、午前11時時点の積雪の深さは野沢温泉6センチ、上田市菅平5センチ、信濃町4センチなど。
中部でも山沿いを中心に降っている。

長野市上松では朝、みぞれになったり、大きく湿っぽいぼたん雪になったりを繰り返した。
所々に紅葉が残る中、歩行者は傘を差しながらぬれた路面を歩いていた。
周辺の里山は白く雪化粧していた。

気象台によると、冬型の気圧配置は28日午前中まで続き、次第に高気圧に覆われる。
同日午前6時までの24時間予想降雪量は北部30センチ、中部20センチ、南部2センチ。

気象庁は27日、この時期としては強い寒気が流れ込んだ影響で、東日本と西日本の日本海側を中心に、同日夜にかけて、大気が非常に不安定な状態が続くとして、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうや急な強い雨に注意を呼び掛けた。


【ソース】
雪化粧 紅葉残る長野市街地 気象台が初雪観測



★彡ランキング参加中!ぜひともクリックにご協力を!★彡
  スキー関係の色んなブログも探せますよ↓


ブログランキング

JRANK

ブログ村

ranQ



spreadeg at 19:21│Comments(0) ニュース | 天候・気象

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔