2009年11月20日

実は親友の親戚の店3

今まで、意外にも食べたことがなかった。
私の母も学生時代によく寄り道して食べた、と言ってるほど超老舗
なになに?創業は昭和6年?!そんなに歴史があるなんて…

柳の下 末弘軒
(富山大和店内 6F)

できれば本店で食べたかったんだけど、この日は富山大和フェリオに用事があったので、その流れで入店。
富山大和店は新しいだけあって、木を基調としつつモダンな佇まいだったけど、なんだろう、和むわ。
かっこつけてない感じがよくて、また、お一人様仕様の狭めのカウンターがあったりするのも嬉しい。

んで、私は「ワンタンメン」を注文。
20090927末弘軒

¥780

【スープ】
今まで食べてたラーメンが不健康なんじゃないか?って思ってしまうほどの、透き通ったアッサリした黄金色のスープ
鶏ガラスープがベースなのかな。加えて、どことなく懐かしくてなじみやすい味は煮干しの効果?
全部飲んじゃいそうなスープです。

【麺】
平打ちの自家製麺だった
いや〜、知らなかった…
自家製ならではの不揃いな麺。
モチッとした部分と、溶けるように柔らかい部分とが入り混じった触感。
全体的に柔らかい麺。

【具】
ワンタン
一瞬、和紙でも浮かんでるのか?と思うほどの薄さ!
箸でつまめるわけもなく、レンゲですくいとるのがせいいっぱい。
ちぎれ放題、やぶけ放題の極薄ワンタン
チャーシュー
…なのか?まるで煮豚のようなパスパス感。
だけど、柔らかくて肉肉しくて美味し
このスープにはピッタシ。
ネギ
ちらっとね。
メンマ
やわらかくて甘口なメンマのお手本みたいなメンマ。

ワンタン好きとしては、ワンタンのツルツル感を期待してたばっかりに技が光る極薄ワンタンに苦戦をしてしまったけども、ラーメン一杯でお腹いっぱいになれたのは久しぶりだった。
正直、最近のラーメン屋は、麺が若干少なめに感じる。
いつも腹八分目くらいで収まる感じ。

これも自家製麺の効果なのかな
こういう系統の自家製麺の店が富山県北部にもあるけど、同じようなお腹にたまる麺なんだよね

ホント、ラーメンって奥ふけ〜







spring10000301 at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月02日

今は変わっててほしいな。2

厚切りチャーシューの噂を聞き、これは食べねばっと思っていってきました。

中国麺飯店 王虎(ワンフー)滑川店
(滑川市 海岸線沿いをひたすらまっすぐ。コンビニの跡地)

こういえば、ここは前コンビニだった!って場所に、コンビニの面影を残しつつのお店を発見。
けっこう車が止まっていた。
店内は、ウッディな雰囲気の薄暗い店内。

女性スタッフ2人がフロアに立ってる店内は忙しそう。
だけど、全くお客様の顔をみない接客スタイル。
分かりにくいメニューを見つつ、一体どれがどうなのか、質問すら受け付けてくれない感じで。
とりあえず、オススメらしい一品を頼んだ。


「炙りちゃーしゅう麺」
20091002ワンフー「炙りチャーシュー麺」

¥880
値段は全体的に高めなイメージでした。
見た目は鳥肌が立つほどのボリューム感でワクワクしました

【スープ】
少し甘口で、何よりもスープがぬるかった。
後口にふわんと残る甘ったるさが、私は苦手でした
器が黒いのとビジュアルの迫力感で、濃そうなイメージを持って挑んだせいかもしれないけど…

【麺】
中太のストレート麺。
ムチムチしてて美味かった
この麺だったら、もっとごつい味でもイケる気がします。

【具】
炙ったチャーシュー
香ばしくて5ミリくらいの厚切りチャーシューが4枚。
あまり濃い味ではなく、肉汁の甘みも感じるくらいのあっさり味。
これだけでもオカズになるねっていう美味しさ。
白髪ネギ
…といっても、“白髪”ではない、やや荒切りな白髪ネギ。
ちょっと辛いけど、アクセント。
メンマ
やわらかいのが数枚。
焼き海苔
でかいのが1枚。
これなら、半分の大きさを2枚つけてほしい

最近、あまりB級グルメをエンジョイできてないので、新店情報などの追求ができておらんので分からんのだけども、ここは新しいお店なのかな?
だとしたら、接客態度も目をつぶってあげてもいいかな?と思ったり思わなかったり。

店員同士で大笑いして仕事してるのはいいけど、その愛想をお客様にも提供しなきゃねとオバチャンは思うぞ


spring10000301 at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 専門店

2009年09月19日

名前負けしてない店5

「美しい豚」と書いて、「ビトン」という名のお店に初来訪。

麺屋 美豚
(富山市大町 スポーツクラブホリディよりも少し東側)

「BITON」の刺繍入りのつなぎがユニフォームのスタッフさんは、とても感じがよかった。
大きな声で、人の目を見て接客する感じに、すごく好感が持てた。

肝心のラーメンはとんこつベースに数種類あった。
・とんこつ味噌
・背脂とんこつ
・魚介とんこつ
・とんこつしょうゆ
・とんこつ塩

「魚介とんこつラーメン」
20090918美豚「魚介豚骨」
¥750
半分の煮玉子がついている得した気分

【スープ】
真っ白に白濁したスープは、ほんのりと甘みを感じるやわらかな味。
とげとげしい塩辛さもなく、ギタギタした油っぽさもない。
だけど、しっかり味があって、ぼやけた印象がまるでない!
すごくまろやかで美味しいスープ
さらにカツオが強めの魚介のダシも聞いてて、和風な仕上がり。
こりゃこりゃ、スープ完食決定だわ

【麺】
ラーメン専門店で自家製麺っていうのって、意外と珍しくない?
真っ白でストレートは中細麺。
博多のとんこつラーメンで食べた、たまご臭くない、シンプルな小麦味のシコシコ麺。
中太ちぢれ麺をこよなく愛してきた私も、これなら納得っていう麺の歯ごたえでした。

【具】
チャーシュー
炙られた香ばしいトロトロが1枚。
いや、だけど、スープで満足だから、別にいらんくらいの勢い
半熟煮たまご
半割りで、味が濃すぎない醤油風味。
メンマ&きくらげ
同じ太さにカットしてあって、ミックスして添えられていた。
白髪ネギ
けっこうたくさん入ってて、麺とからんで絶妙
焼き海苔
今や定番だね。

相棒は「とんこつしょうゆ」
20090918美豚「とんこつしょうゆ」


ベースは一緒。
スープを一口飲んだ後、ふわっと醤油の風味がくる感じ。
茶色いとんこつしょうゆが好きな人には物足りないかもしれないけど、ワタシは美味いと思いました。

相棒ともども、丼を舐めるように食べほしました
ココ、リピート決定
全然、名前負けしてない、それはそれは美しい、とんこつラーメンのお店だった

spring10000301 at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 専門店

2009年09月13日

次は和カレー3

最近突如お目見えしたカレー屋さん。
背の高い建物で、窓がデカイ。店内もこざっぱりとしててオサレな雰囲気。
てか、のぼり(旗のことね)の「カレー」の文字が逆さまじゃね?
その道を走るたびそそられていたので、入店。

enjoyカレー グルモグ
(富山市中川原 ムサシを過ぎてもうちょっと行ったところ)

真っ白な店内は、天井が高く、開放的な雰囲気。
入口入って目の前に、女性スタッフが4名ずらっと並んで待ち構えているので、ちょっと威圧感が…

けっこう賑わってる店内。
他のお客様が食べてるものを観察しつつ、メニューを開いてみる。

トッピング式のカレーライスを筆頭に、カレーうどんやら、カレードリアやら、バリエーションにとんだメニューが並んでいた
また、サラダバーが設置されているのも嬉しい

相棒はサラダバー付きのセットものをチョイスしていた。
20090913ぐるもぐ「カレードリア」

…名前忘れた。
カレーライスを半熟の玉子で覆い、さらにトンカツが乗った、ご飯大盛コース。
ジャンクなカレーのイメージを、オサレ飯の域に持ってきた感じの盛付け

私は意外とあるようでなかった「カレードリア」に挑戦。
20090913ぐるもぐ「カツカレー」

少な目のご飯と、カレールー+ホワイトソース+チーズ。
香ばしいチーズがたまらん、激アツメニューだ

洋食屋さんの、充分に煮込まれたビーフカレーに煮た味がした。
野菜や肉片など、カレーの具がほとんど無い感じ。
きっと素材の味が溶け込んで、ソース状態になっちゃったって事なのか?
とても深みのあるカレーでした

カレードリアは、ご飯の対するカレーの量が多いから、カレーを飲んでる感じ否めず、胃弱な私には危険な一品だった
美味しいカレーだけど、飲むのはキツイ
あぁ、チョイスミス
無難にカレーライスを食べるべきだったと後悔…。
パンにつけたいという衝動にかられたりして。
パンがついてたらイケたかもしれん

相棒はカレーライスが大好きで、よく、ゴーゴーやチャンカレに世話になってるらしいのだが、それらのB級代表選手と比較してしまうせいか、物足りなさを感じたようだった。
カレーライスのイメージが、山(=飯)と湖畔(=カレー)的な絵面がそんな感じなのに対して、ぐるもぐのカレーは、皿に平たく敷かれたご飯にまんべんなくカレーがかかっていて、ムダのない盛り方
だけど、ライス大盛で注文したのに、大盛じゃない感じがした、と…。
見た目の印象って、大事やなぁ〜と思ったのでございました


spring10000301 at 11:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)カレー | 洋食

2009年09月12日

インドカリー4

ダンスを終え、汗にまみれた体で、さらに汗をかきにいってきた。
けっこう最近できたインドカレー屋さんだ。

インディラ 富山店
(富山市天正寺 天正寺の交差点近く)

駐車場のキャパは少ないが、店内はけっこう開けた感じ。
カップルから団体さんまで、けっこう人がいたよ。

カレーは、チキン・マトン(羊)・魚介・野菜で大きく分けられていて、種類が豊富
一つに絞れなかったので、ちょっとお得なセットメニューを選びました。

「マハラニセット」¥1380
20090912インディラ

セット内容はこんな感じ

◆野菜カレー どれでも好きなのを2種類チョイス
ほうれん草とチーズのカレー(左)と、ダルカリー(豆のカレー。サラダ挟んで右)をチョイス。
私、インドカリーのダルカリーが大好きなの
ツブツブした歯ごたえと、モソっとしたボリューム感が好きでね
オススメです。
◆マンゴープリン
ものすっごく濃厚っ
マンゴーのピューレのみで固めたって感じで、すごく美味しかった。
◆プチサラダ
インドカリーについてるサラダって、いつも物足りないなぁって感じます。
もっと生野菜を箸休め的に食いたい(笑)
◆サモサ
第7餃子の皮ぐらい分厚い皮で、カレー風味のコロッケの中身を3重に包んで揚げた、って感じのおかず。
◆ナンとライス
ナンだけで充分なんだけども…もちろんライスが入る余裕なんて胃袋にはなく
少しライスを食べてみたけど、米粒がくずれちゃってて…あまり
だけど、ナンはもちもちで香ばしくて、サイコーに美味かった
◆チャイ or ラッシー
ラッシー(飲みヨーグルト的な)をチョイス。
大き目のぐい呑み大のコップだったので、クイッとひと飲みで終了
サラサラ系でけっこう甘いから、意外とちょうどよい量だった気がする。

辛さも調整できて、辛党の私は大辛にした。
初来店なのにかなり挑戦したなーと思ったけど、意外とちょうどイイ刺激度でしたじわりと汗出たね。

お約束のように、パキスタン人なのかインド人なのか、どちらにせよそっち系の調理人がいて、厨房はガラス張りになっていた。
バチリと目が合ってしまい、笑いかけられたので、笑い返してみた。
接客担当は日本人なので、一安心
某カレー屋で、苦戦したことあったからね、接客は日本人がやるべきだ、うんうん。

spring10000301 at 11:09|PermalinkComments(6)TrackBack(0)カレー | ちょっと贅沢

2009年08月16日

コロコロ変わる場所3

ここはまぁまぁ地元の領域なんだけど、コロコロお店がチェンジする場所なの。
けっこうタウン情報誌にも取り上げられてるし、どうなんだろ?と思って初入店しました。

ひでお屋
(富山市中田 ルミネスの並び)

駐車場が完備!とはいえ、狭くて斜面なってて、なかなかの留めづらさ。
軽4でヨカタ〜と思った。

店内は、濃い茶色と黒で統一された、オサレなラーメン店って感じ。
厨房を取り囲むようにカウンターがあって、厨房内は丸見え
ラーメン待ってる間、厨房の中の仕事っぷりを見るのが意外と好きなんだよね〜。
スタッフさんは、全身“黒”で統一された、イケメンズだった

初の店だし、とりあえず『ラーメン』(醤油)で、お約束の+煮玉子。
20090801ひでお屋

¥700+煮玉子

【スープ】
お久しぶりの豚骨醤油。
魚介系のダシがガツンと感じる味わいで、ほんのり甘口。
この甘い魚介風味はなんだろ?エビかな?
今まであまり感じたことのなかった魚介風味だった気がする。
なかなか濃厚なスープで美味しかった

【麺】
ややちぢれ気味の太麺だ。
モチモチとした固めの麺で、噛み応えあり。
よくスープとなじんでて美味しかった。

【具】
チャーシュー
豚バラの四角いトロトロチャーシュー。
チャーシューの販売もされてるところから、自信が伺えます。
しっかりと味のついたチャーシューで、けっこうなボリューム感です。
ネギ
太い小口切り。
細切りの唐辛子
彩りかな?あってもなくても的な。
メンマ
柔らかくてけっこう塩が効いてた感じ。
焼き海苔
ちょっと写真では消えかけてますが。あります。
煮玉子
甘塩辛い味が染みこんだ煮玉子。
半熟度は、若干固ゆで寄りでした。

サイドメニューも充実してて、ご飯モノも数種類あった。
友達は「ひでお飯」とのセットを頼んでいたけど(¥950)
お茶碗に、ご飯+チャーシュー+キャベツ+目玉焼きという組み合わせのご飯モノ。
コッテリ感をキャベツで中和してる感じ。
おまけに、友達が頼んだ「塩ラーメン」は、すりゴマがたっぷり入ってツブツブしたラーメンだった。
風味豊かで美味しいスープだった

美味しかったけど、不思議なことに、一度行って満足してしまった。
ラーメン食いすぎなせいもあるのか、醤油キレまくりのクセの強いラーメンが好きなんだなぁ…ということに気付かされたのであった〜

spring10000301 at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーメン | 専門店

2009年07月27日

スタイリッシュチャイナ4

いろいろオプションついてて800円前後で食べられるランチは、ビンボーOLにとってはちょっとした贅沢でもあり、癒しのヒトトキでもあるのです
「B級じゃないぞ!オシャレな店じゃん!」なんてクレームは聞きませんよ

スタイリッシュチャイナ神(じん)
(富山市根塚町 41号線と空港線の中間の道沿い)

名前負けせぬ、スタイリッシュなお店でした。
スタッフは、中華料理店とは見紛うような白シャツに黒いカフェエプロンというスタイリッシュなイデタチ。
キッチンに立つオーナーらしき人物も、シェフって感じのスタイリッシュな風貌。
店内は狭いけど、まるでカフェのような、スタイリッシュな雰囲気。

ランチメニューは豊富で、800〜1,000円までのよりどりみどり
女子は迷うからよ、こういうのは嬉しいような悲しいような…
こんなときは一番安いのにしてみる

『黒酢の酢鶏定食』¥850−
20090710神「ランチ」
20090710神「酢鶏アップ」

メイン+ごはん・玉子スープ・サラダ・漬物・デザート(杏仁豆腐)
酢鶏→酢豚の鶏カラバージョンだ。
黒酢→酢の黒酢バージョンだ。

けっこう酸味の強いあんかけ。
ネットリと強い粘り気。
黒酢特有の香りとツンとくる酸味がある。
いやいや、大人味で良いではないか
大きくてサクッと揚がった鶏カラのデコボコにしっかりとまとわりついてくれちゃって、とっても美味。
一緒に炒められた野菜は、3色のピーマンや白いレンコンを使用。
色合いもスタイリッシュ(ひつこい)
いろんな歯ざわりの野菜も楽しめるし、たまらんっ
ご飯がススム、ススム

満足気に〆へと歩を進める。デザートの杏仁豆腐へと

…が、わらび餅みたいな、ブリンブリンした感じ。
スプーンですくった後がしっかりと残る、かったい杏仁豆腐
グレーっぽいその色は、本格的に作ってる証なんだろうけど…

中華デザート=杏仁豆腐
私は杏仁豆腐が大好きだ

・・・惜しかったなぁ〜。



spring10000301 at 21:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)定食 | 中華

2009年07月22日

ジューシーな餃子4

ショッピングセンターのテナントに餃子の専門店的な店がオープンしたらしいとの情報を得て、行ってきました。

餃子ちゃおず
(射水市小杉 アルプラザSCのテナント)

店内はラーメン屋っぽいひらけたカウンターと、テーブル席と座敷がある広い感じ。
スタッフは2名のみで、お客さんも少なかった。

メニューは、餃子を母体に、700円程度の昼夜問わずの定食があった。
餃子は、焼き餃子・水餃子・揚げ餃子の3種類。
あと、トリカラなどのサイドメニューもあったな。

正直、ギョウザって、私の中ではご飯のおかず的な感覚が薄くて、どうもラーメンのオマケ的な脇役イメージが強い。
第七餃子は別格だけども

私はエビ入りに心魅かれたのと、あっさりと食べられそうだったから
『水餃子定食』をチョイス。
20090703ちゃおず「定食」

メインの餃子
+ごはん・スープ・漬物・サラダ・デザート
なかなかお得なセット。しかも、ご飯大盛り無料!
…てか、スープついてんのに、水餃子にした自分が憎し…

『水餃子』単品¥420−
20090703ちゃおず「水餃子」
きつめにGABANが効いた醤油ラーメンのスープ
餃子は、皮が厚めでツルツルプリプリで、イイ感じ。
ただ、コショウが効きすぎちゃって、なんだかもったいない感じ…
この皮感なら、スープは薄めで、つけダレで食べた方が美味いかも!と思った。

しかし、焼きと揚げは、裏切りはなかった

『焼き餃子』単品¥380−
20090703ちゃおず「焼き餃子」

大きな餃子がドドンと5つ
一つ一つがドッシリしておる
8つバージョンとの選択が可能だけど、いやいや、ホント大きいので甘く見ないほうが良いかと
しっかりと練り上げられた餡はたくさん汁を蓄えてて、ジューシーで美味しい
皮は厚めで、自家製のよう。もちっとしっかりめの歯ごたえが美味しかった。
焼き目は、パリパリのミミはないけど、カリっとした焦げ具合
ニンニクが入っていないみたいけど、いろんな香味を感じる美味しい餃子でした

『揚げ餃子』単品¥380−
200907032124ちゃおず「揚げ餃子」

包み方にアレンジが加わり、横には抹茶塩がついておる。
「カリカリ」なんてもんじゃない。「バリバリ」だ
しっかりと封じ込められた肉汁にはヤケド注意
きらず揚げ(Wikiで調べてね)のような強靭な歯ごたえは、思わず手で食べたくなる衝動にかられます。

デザートの杏仁豆腐にたどり着くまでに、腹いっぱい。
そりゃそうだ。これだけ食ったら無理もない
ちなみに、その杏仁豆腐は、薄〜くてザワザワしてました

いやいや、メインは餃子です。
『焼』と『揚』は試してみる価値あり

spring10000301 at 20:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)定食 | 中華

2009年06月27日

炊屋(かしきや)5

こんな定食屋が郊外にあるなんて・・・

創業30年ほど経つらしい、そんな老舗の定食屋さん。
炊屋 いま泉
(富山市今泉 41号線沿、サークルKの手前を左)

土曜出勤だった会社の女子で行ってきました。
とにかく、外観からプンプンとB臭がしてきたので、本当にワクワクしました。

店内は、ラーメン屋っぽいような作りで、天井近くの壁にメニューの短冊が貼られていたり、マンガが大量に置いてあったり。
なぜか、店の奥サイドには、バーカウンターっぽいようなのがあったり(笑)
とにかく、カッコイイ店でした
客層は、黒服やら青服やら、男性お一人様がひしめく感じ。
マンガのジャンルをみたらなんとなく納得。
スタッフは、鼻の下に玉の汗をかきながら、よく動きよく笑う、愛想満点のお母さん達で構成されていました。
なんか、その時点で、「この店、当たりだ」と直感した

メニューは手作りモノで、軽食・麺・丼・定食でザックリと分けられていて、700円に満たないのをたっくさん
20090620いま泉「メニュー」


ちょうどお昼時。
他のお客さんから飛び交う、このメニューに決めた。
【やさたま定食】
20090620いま泉「やさたま定食」
¥650 安いっ
メインのおかずのアップをドン。
20090620いま泉「やさたまアップ」
お好み焼きじゃありません
コヤツの構造は、千切りキャベツ+半熟の薄焼き玉子(ベーコンとタマネギ入り)。
そして、ソースとマヨで厚めの化粧をされてるといった感じ。

見た目のボリューム感よりも、かなりヘルシー
ソースマヨでコッテリ感割増の卵焼きで、キャベツを丸め込んで食らう。
若干ながらしんなり感の出たキャベツがシンプルだから、全部が混ざりあうと、ちょうどいい味加減になんの。
夢中で食べてました
それに、真っ白のシャリと、味噌汁。
多分ここで漬けたであろうナスの漬物は、母さんならではの大きめカットで、夏を感じたねぇ

その他のメニューを載せちゃうぞ

【冷し中華】¥650−
20090620いま泉「冷し中華」
さっきの「やさたま」の豪快な仕事っぷりとは相まって、とっても繊細な丁寧な仕事を感じませんか?笑
真ん中を高く盛られた涼やかなその姿に、また夏を感じたねぇ
タレは昔ながらの酸っぱい醤油ダレ。
ゴマダレの冷し中華は邪道だと思う私的には◎
(だって、ゴマダレかけたら、何でも美味くなるやん?)

【空也丼】¥550−
20090620いま泉「空也丼」
こんな丼、見たことない
味噌汁の残りを玉子でとじてゴハンにのっけたら美味かった的なエピソードが聞こえてきそうな丼モノです。
だけど、これが超美味いのっ
カツオダシの風味が生きた、甘さ控えめの薄口の割り下で半熟でとじられた豆腐とワカメ。
柔らかい素材が渾然一体。
ゴハンと混ざり合って、すっごく優しくて美味しい一品
次回は、私、コレにする!
そもそも「空也」ってなんだろ。

【ひれかつ丼】¥750−
20090620いま泉「ひれかつ丼」
価格から、小さいヒレカツかと思いきや、けっこうボリューミー
多分、ヒレカツが1.5枚分入ってるっぽい?
タマネギ仕様じゃなくて、長ネギ仕様。それだけで和風度が増すのが不思議。
風味豊かな割り下で、さっぱり味のガッツリ丼だね。


イヤー、超大作になった

レジん時、昼時のラッシュが落ち着いたお母さん連中と会話がはずんだよ。
ビールひっかけちゃってるし

私も、このお母さん達ぐらいになったら、こういう定食屋やりてぇ〜



spring10000301 at 11:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)定食 | 老舗

2009年06月20日

ニャンニャン2

道沿いに背中向けて佇んでて、どこか控えめな感じがするお店で気になってた。
けっこう混んでんじゃん

娘娘餃子
(富山市今泉 41号線沿い。第2越州村内)

店内は思った以上に広かった!
こじんまりな店かと思い込んでいた為、思わず豆鉄砲をくらってしまいました。

客層は幅広く、年配のご夫婦や家族連れもちらほら。
思ったより広かった店内に目のやり場をなくし、とりあえずカウンターで落ち着くことにした。

カウンターはいいね。
自分がメニューに悩んでる時に、その現物が目の前を通過していくからね

メインの餃子は相方から拝借することにした。
20090620娘娘餃子
一人前¥450−
ゴハンと薄いスープがついてくる定食にしたら¥650-くらい。
若干焦げすぎ?
こんなもんなの?
ちゃんとミミがついていて、カリカリな雰囲気です。
ニンニクとニラがたっぷり入った餃子で、皮が薄くて、箸でつまめないくらいに柔らかい
一つ一つが切り離せず、全部くっついちゃってて、なんだかグダグダになるくらいに柔らか〜い。
・・・うーん。こういうものなのかもしれないけど、食べづらい

私ったら、初来店のこの店で、冒険。
【皿マーボー麺】
20090620娘娘餃子「皿マーボー麺」
¥650−
聞いたことのないその名前に、どうしてものっからないわけにはいかんかった。

色薄い?
麻婆豆腐の「マーボー」だよね?
ひき肉→コマ切れ肉を使用。
甜麺醤→普通の味噌を使用。
豆板醤→一味唐辛子を使用。
それを、ものすっごく硬いあんかけになっています。
わらび餅かと思うくらいに硬いの。
下に潜んでいる麺に絡まず、逆に融合させて塊(かたまり)化しちゃって、苦戦
味は、和風な、お子ちゃまでも安心して食べられる優しい「マーボー」。
だけど、もしかしたら、あまり注文する人がいなくて、久々に作ったのかもしれない。

カウンターを通り過ぎる中華料理の数々。
青椒肉絲(チンジャオロースー)や酢豚、かに玉…
…美味そう
これらは普通の中華っぽいのに、麻婆豆腐はNGだったのだろうか…
オーダーミスだ。

せっかくカウンターに座ったのに、全然そのチャンスを生かせなかったな

spring10000301 at 11:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)中華 | 定食