英語が上達するまでにかかる時間

690



今回は私が英語が上達するまでにかかりそうな時間について個人的な経験が元の個人的な考えを書いていきたいと思います

上の画像は韓国からの物です

I lost your CD. I'm sorry; It's all my fault
Don't worry, I lost your CD player

こんな謎の例文がテキストブックに載ってしまうということは、結局日本と同じような方法で英語を勉強してそうです

実際、私がこちらで会う韓国人留学生は文法やテストが得意でテストに出てくるような難しい単語を知っている。だけど話すのは苦手。という日本人と同じような弱点があるように感じます
逆にラテン系などはとにかく話す、話しまくりですが文法が弱いので手紙の書き出しで「how are me?」と訳のわからない挨拶があったりします(実話)

また、中国人は言語を覚えるのに長けている民族性があると聞きますが、実際そうだと思います。感がいいし、特にあの、「私の英語を理解しない貴方が悪い」くらいの勢いで躊躇なく話をするあの姿勢が言葉を覚えていく上で有効なんだと思います。

やっぱり言葉は話さないと使わないと!

じゃあ英語を勉強し始めてどれくらいで話せるレベルになるんだろう?

私は日本で英語の勉強には身が入らず、海外に留学してやっと自分を追い込んで嫌が追うもなしに勉強をはじめた私のケースをまずは紹介します

最低レベルのクラスからスタート(WHクエスチョンもわからないレベル)
通い始めた英語学校(ESL)のクラスの先生の言ってることは8割わからなかった
基本的に全て勘で補うわたし

3ヶ月でまず、多少聞き取りができるようになって多少英語を話すことに慣れてくる(慣れるだけであって話せるとは違う)

6ヶ月でかなり聞き取れるようなる。クラスの先生の言うことは8割理解できた。英語にも大分慣れた
ただし、ESLの先生や、留学生に慣れたホームステイの家族などは特定の単語しか使わず、ゆっくりはっきり話す

8ヶ月目、さてやっとクラスは中くらいのレベル

そして英語だけの勉強にかなり飽きてくる・・・

ちなみによく日本人を避けろ!と聞くけどもそこまで意識して日本人を避けていた訳ではなく、私の周りは日本語話す人7割、日本語話せない人3割くらいの環境だったので結構日本語を話していた

それでも1年で最終的には中の上レベルから取れるビジネスクラスをとれるくらいになった(それでもビジネスクラスとるにはギリギリで難しすぎた)

一般現地の人達の会話やTVの3割くらいわかるようなった

でも普通の人は留学生のアクセントに慣れていない為、相手が聞き取ってくれないので簡単な会話しか成り立たない。基本的には聞き役

そしてまた9ヶ月ほど日本へ戻り、またカナダへ

そこから半年でもう一度学校(ESL)に行ってみたら一番上のクラスだった
(トータル1年半)

でもそれでもTVは6割くらいニュースは集中しないとまったく聞き取れない、話す方は私は幾分得意だけどライティングは酷かった

その後バイトを半年して今現在の海外滞在はトータル2年と3ヶ月
(バイト中は飛躍的に上がったような気がする)

今は結構問題なく話せるし書けるとは思う
現地の人しか居なくても会話に混ざれるし笑いも取れることもある、でもまだ対等じゃないと感じる
日本語⇔英語のスイッチも早くなってきた・・・けどまだまだ
誰かが言っている事は7割わかる(TVの場合、字幕をつければ8割)

そしてあと3割がなかなか埋まらないと感じる・・・
特にフォーマルなシーンではなかなか・・・

学校はもう行くレベルではないけど
未だに日々勉強中
ある一定のレベルへ達するとなかなかそこからあがらないものです

おっとただの愚痴になってしまいました

また私のケースは2年3ヶ月のうち、1年3ヶ月はカナダ人の彼と同棲してるので彼に助けられた所が結構あります
外人の彼氏がいると英語が上達するというけど、それは本当の事のように思う

勿論努力は必要ですよー。7年もカナダ人の旦那とカナダで暮らしてるのに未だに片言の人も居ます(でも耳はいいようです)

長くなってしまったので結論は次回


☆面白かったらポチっとお願いします:-)


トラックバックURL

英語が上達するまでにかかる時間 へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

英語が上達するまでにかかる時間 へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

英語が上達するまでにかかる時間 にコメントする
絵文字
ようこそ!(・∀・)


英語なんて適当でも楽しく話せればいい。何で話すかではなく、何を話すか。
自分をできるだけ表現したいな
暇なときに書く英語メモblog

答えのない言語の世界で無駄に討論するつもりはないので、コメントは受け付けてないです御免なさい!

※ここで取りあげられている英語はすべてカナダ産です。
アメリカ英語とは少し違っている程度ですがブリティッシュ英語とは別物です

※「XXは英語では○○といいます」というのは私個人的にこの言い方が近いんじゃないかというのを紹介してますが、数ある英語表現のひとつであることをご理解ください。

☆もっと詳しく☆



人気記事
他の英語小話を読む


みんなの英会話奮闘記

Recent Comments
アクセス解析
おすすめ
  • ライブドアブログ

トップに戻る