「I love you」「Me too」は間違い

I-LOVE-YOU



I love you」と言われて「Me too」と返すのは間違いです
(どうもたまにそう答えてしまう人がいるらしい)

ここで、「me too」と言った時の意味は「私も自分を愛してるわ(I love me too)」になっちゃいます

とはいえ、英語が母国語の人でも「I love you」の返しで「Me too」と言う人も居るので通じちゃうことは多いと思います。ただこれはかなり軽い返し方で、もし相手が心から「I love you」を言っているなら相手の気分をかなり害すので気をつけたほうがいいかも

例えば以下のような場合はOKです

I like it」(これ好き)
Me too」(私も[これがすき])

I miss her」(彼女が居なくて寂しい)
Me too」(私も[彼女が居なくて寂しい])

ただし、目的語(O)が「You(貴方のこと)」になった場合、以下のような変な感じになってしまいます ※[]内は略されている部分

I like you」(貴方が好き)
Me too」(私も[私がすき])

I miss you」(貴方が居なくて寂しい)
Me too」(私も[私が居なくて寂しい])

ちょっと混乱してしまう人は、"I"が主語で"You"が目的語(VSOのO)に来た場合は、返しでMe tooを使うのはちょっとおかしいくらいに思ってるといいんじゃないかなと思います。まあそんなにややしくもないか…

ちなみに上記で間違いといっている「Me too」の用法でも大体通じたりしますが、やっぱり軽い感じになるので場所によっては失礼になるかもしれないので気をつけたほうがいいです。逆に英語圏の人にそう返されたら「軽く返されてる・・・」と思っちゃいますね

正しく誠実な答え方は

I love you」→「I love you too
I miss you」→「I miss you too
I like you」→「I like you too



これは余談ですが、そもそも「I love you」自体がかなり重い言葉で、一度「I love you」を交し合うと1日に何度も言う感じで頻繁に言い合うけど、初めてのI love youは長く付き合って初めて言う事が多いです(会った当日に言う人もいるけどこれはそもそもカジュアルな付き合い(悪く言うと遊んでる人達)を求めている場合が多い)。なので日本人が英語圏の人と付き合いだしてすぐに要ってしまい、引かれてしまったという話は結構あります

☆お役に立てたらポチっとお願いします:-)



トラックバックURL

「I love you」「Me too」は間違い へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

「I love you」「Me too」は間違い へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

「I love you」「Me too」は間違い にコメントする
絵文字
ようこそ!(・∀・)


英語なんて適当でも楽しく話せればいい。何で話すかではなく、何を話すか。
自分をできるだけ表現したいな
暇なときに書く英語メモblog

答えのない言語の世界で無駄に討論するつもりはないので、コメントは受け付けてないです御免なさい!

※ここで取りあげられている英語はすべてカナダ産です。
アメリカ英語とは少し違っている程度ですがブリティッシュ英語とは別物です

※「XXは英語では○○といいます」というのは私個人的にこの言い方が近いんじゃないかというのを紹介してますが、数ある英語表現のひとつであることをご理解ください。

☆もっと詳しく☆



人気記事
他の英語小話を読む


みんなの英会話奮闘記

Recent Comments
アクセス解析
おすすめ
  • ライブドアブログ

トップに戻る