February 19, 2005

必要なのはビジョンだ

俺が考える最終的な方向性、それはやはりゲームフィッシング制度に日本の釣り全てが取り入れられることだ。
あまりにも悪くなってしまっている日本の環境。
壊れてしまっている自然環境を本来機能するべきところまで引き上げるのには、これから気の遠くなる程の長い年月を要すると思う。
安定した生物群集を既に築けている所に対しては在来も外来もない。有効利用できそのお金が環境改善に使われて行くように方向性をもっていかなければならないのは確かなのだと思う。
魚の棲める水。食物連鎖がより豊かに形成される国をみんなで求めていくしかない。
ある意味確かにバスがそのきっかけ(ゲームフィッシング制度)を築き上げていっているのは間違いない。
俺の思う前進への道は、まずはバスフィッシャーマンがそのきっかけをより具体的に周りに説明出来るような状況として機能するがべく行動して行く事を目指す事だ。
その為に地方自治体、漁協、観光組合などに積極的に歩み寄り、環境改善の方向性を促し続けなくてはならないだろう。
すでにそうした方向に向かっている所を(芦ノ湖など)より応援していく事を心がけるべきだと思う。
もしもそうした方向性を全てのバスフィッシャーマンが持てたとすれば、そのパワーは、今までの比ではなくなるだろう。
現在日本の各地にそうした芽を持ち合わせた所が沢山あるはずである。釣り場が多少遠くなろうが、近くの野池のが釣れようが、方向性を見失ってはいけないのだと思う。
生態系の頂点に近い魚ほど環境の悪化には弱いものである。バスはある意味そのバロメーターにもなりうるだろう。
この先さまざまな規制が出てくるかもしれない、しかしながらバスはそれほど多くなれないということだけは頭に入れておいてほしい。
バスを雷魚のように過度の減少に導いてしまう環境を作ってしまったら、何も生まれなくなってしまう。
確かに今多くのみんなは自分のバス釣りが、自分の楽しみが、と言う観点で危機感を感じているかもしれない。しかしながらその危機感は、魚の棲めない環境と運命を共にしていることも決して忘れてはならないだろう。



2005/2/19 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2543  
Posted by springer_rr at 01:52Comments(4)TrackBack(2)honey_usajp氏、降臨!Edit

February 18, 2005

そうだ!!

やっぱり 完結は今度にするよ。
明日、深江が俺のアパートに遊びに来るって言ってるし。

まあ、わかる奴は俺がどんな展開で締めくくるか分かると思うし。・・・ね・・・

おやすみ



2005/2/18 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2539  
Posted by springer_rr at 18:55Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

生態的地位

外来種っていうのは野生化して世代交代して生態系に定着したものを言うんだ。しかし世間でバスが語られるのって、決まって急激な増加時期のことなんだ。何故なら時を同じくして一気に色々な水域に入った訳でなく、この60年の間に絶えずどこかで急増を続けていたからだ。だからこんなに増えちゃうのって、みんなビビッタわけだ。そのことを今更ぶり返しても始まらない。ほとんどの期間は移植禁止の法律もなかった上に、誰もその後までを考えきれなかったのは確かだろう。(今後はあってはならないことだが)(ここはつっこみどこじゃないからね)
でも、それは言ったように、まんま生態学的に当たり前な展開を示していただけなのだ。
はっきり言って世代交代して生態系に定着したバス(外来の定義)を見て、こんなにいるの?とは誰も言わなかっただろう。

しかしながら、バスが急増期を経てなぜ安定期と言われるような状態になるんだろう。

一言で言うなら「生態的地位」という概念がすべてを理解させてくれるように思う。

生態的地位があるから一つの水域でも沢山の種が共存できる。つまり餌の違いや、住むエリアの違い、さらに水深の違いによって生態的地位が確立されることとなる。バスの持つテリトリー意識も俺的には生態的地位の優位性だと思う。環境の中での適応だ。でかいレイクほど、でかい桟橋を一匹で陣取ったり、バランスを考えて個体数が出来上がってくるのは、まさに生態的地位が故での事だと考える。
同じような水深エリアでも、ウィードの中とエッジとなれば生態的地位は違う。バスとブルーギルみたいにね。つまりブルーギルはバスによって食い尽くされてしまうことはない。しかし生態系ピラミッドを形成する上で、バスはブルーギルの天敵となる。同じような餌を食べるのにも関わらず、動きが速くさらにアグレッシブなスモールとラージが共存できるのも生態的地位が違うからだ。

つまりこういうことだ、バスには天敵がいない故にいきなり増える、しかし定着していく過程において生態的地位が築かれ、幸い日本ではどの種とも一致することなく絶滅させてしまうこともなく(サンフィッシュ科だったからかな)、共存して生活できるようになった。(古くからバスの入っているレイクをみればそのとうりだろう)

しかし問題はこの後である。バスは生態系ピラミッドの頂点の魚だ、つまり数は制限され、頂点が故の環境の変化に、有機汚染にも弱い。雷魚よりは若干強いかもしれないが、それでもその方向性は考えられるだろう。新しい水域に入って爆発的に増えていたバスをみてバスと思う時代は終わったと言えるだろう。

で、どうするんだバスフィッシャーマン!

これが俺の私的理論だ。自分が納得する為にここに辿り着くのにはっきり言って勉強もしたし、時間も掛かった。先に言っておく。生態学的な言い回しは足りない事もあるかもしれない、でも多分俺の言い回しと理論形成は間違っちゃいないと思う。怪しいと思ったらみんなもチェックしてくれ。

そして、こんな一連の状況から俺の出した答えは
続くだ。・・・・もう夜中の3時半だよ、なにげに頭が回らない・・完結目指しているのに。



2005/2/18 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2538  
Posted by springer_rr at 18:35Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

生態学

日本の淡水の中で強い魚って何だろう。言い方変だな。水中での食物連鎖的に上位にあるっていうのがいいかな。俺が思うのは、まずイトウ。それから雷魚。雷魚は外来だけど日本に入ってどれぐらい経っているのかな。
で、どっちの魚も最近少ないよ。なんでなんだって思う?
はっきり言って環境だ。でも今から環境が良くなれば爆発的に増えるのかといってもそんなことはない。何故なら、かれらは、食物連鎖の上位陣だからだ。ピラミッドの頂点だからだ。
しかし昔雷魚騒動があったってよく聞くぞ。なんでなんだって思う?
それは雷魚に天敵がほとんどいなかったからだ。
生態系とは天敵との関係で成り立っているっていうか、どんな生物にも天敵がいるから生態系は保たれるという方が分かり易いだろう。

ここにバスを当てはめて考えてくれ。
バスにはとりあえず日本の水域に魚類の天敵はいない。しいて言えばスモールだろう。しかし彼らの生活空間は微妙に違うのでラージはやや駆逐され気味になりながらも絶滅はさせられない。
つまりスモールの入っている所にラージを入れても爆発的には増えない事になる。
ならば日本の種だけの所に入れるとどうなるか。
天敵が元々ほとんどいない水域では新たな生物が進入すると爆発的に増えてしまう。
生態学的な答えがまんまそこには用意されている。このことは、理由はともかく日本のバスマンならみんな少なからず体験していると思う。
では何故、そこまで爆発的にバスが増えて餌となる小魚が絶滅した例が無いのだろう。

それがまさに生態系においてキーとなる「生態的地位」なのである。

なんで俺がそんな生態学的な話をするんだって言うかもしれないけど、はっきり言ってそのほうがすっきり整理できるからだ。
そもそも俺が中学のとき生物愛好会の部長やっていたなんて誰も知らないだろう。(部員8人ぐらいだったけど)

長いから続く・・ちょつと疲れたぞ・・・



2005/2/18 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2533  
Posted by springer_rr at 15:48Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

やはり行き着くのは・・・

夜になりました。みんなは昼だけどね。
今回は日本の釣りに対して現在俺なりの最終到達地点を書いてみたいと思います。
で、何でここなのかって言われそうだけど、だって書きたいんだもんで許してよ。多分長くなりそうだけど。来週から当分別の次元に行かなくちゃならないし。

あくまで俺の私論だが、はっきり言って最近より明確に考えがまとまってきているのも確かだ。
やはりこのまま行くと日本の釣りは危機的状況を迎えると思う。バスだけではなく他の釣りも全て含んでの考えだ。何故なら日本の自然環境があまりにも悪化の一途を辿っているようにどうしても見えてしまうからだ。特に内水面は相当やばい。勿論その水は河川を経て海に流れ込む訳だから海もやばいのは一緒だ。
今回バスの事がきっかけになって改めて外国の自然を見回し、今までの事も思いだし、比較して考えてみていた。そして思った。
ここまで、自然環境を人工的にいじられちゃつている国って他にあるのか?狭い国土のどれだけの土地、そして水域に改修工事が行われているんだ?町、住宅、道路、そして人人人。
真っ直ぐに海までのびる単純化された河川、護岸の引き波でまともにボートが走らせられないような湖、そして沿岸。洗剤や化学物質で水が最悪っていうならはっきりいってまだましかもしれない。何故ならその根元を絶つという方法がそこに存在しているからだ。
俺が言いたいのは、生物をクリエイトする為に、肝心の食物連鎖関係があまりの制約条件の中で小さく小さくまとまらざろう得ない状況に陥ってしまっていることだ。
自然の中では、植物・動物そして微生物がそれぞれの分担をこなして廻り廻る食物連鎖を形成している。どれが減っても、どれもが減ってしまうという関係だ。生物相は貧弱になり、浄化作用も弱くなる。当然魚の種類も数も制限されてくる。

ネガティブな話だよな。でもどうしてもこの前提を踏まえた上で次の駒に進まないと、やれ外来だ、やれリリース禁止だって、まわりの人の目も釣り人の目もなんとなく違う方向に向いちゃって、そうこうしているうちに、ここで魚つれたの?地引網で捕れる魚なんているの?ボラとクラゲだけじゃないのなんて話になりかねないとある意味本当に思うんだよね。



2005/2/18 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2532  
Posted by springer_rr at 14:22Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

ありがとう!

なんで上手く伝わらないんだろうって、ちょっとへこんだけどズートやみんなの書き込みで元気が出たよ。
一番最初にこのトビを見た時、こんなに大勢真面目に熱く深くバスフィッシングやっているやついるじゃないかって、感動した時のこと思い出したよ。

で、昨日はタックルのメインテナンスやって、ショップに釣り具の買い出しに行って、さらに今が自分のまとめ時っていうことで環境省にパブリックコメント送ったよ。
今まで書いてなかったの、なんて言わないでくれよ。(笑) 書くからには自分なりにマキシマムの内容で書きたかったんだから。

おかげでいいかんじに仕上がったと思う。上出来!

掲示版ってさ、自分と重なり合う部分の大きな人にたいして発信していくつもりじゃないと、やりきれないよね。だって、相手の目も見ないで会話しろみたいなとこあるし。
今回は自分なりにも良い勉強になったよ。まだまだ足りないなって。言いたい事、伝えたい事はいっぱいあるんだけどね。
だって今まで何日水の上で過ごしてきたと思う?何千日だよ。感じる事、気がつく事、理解する事が無かったとしたら、空しか見て無かったって事になっちやうよね。(笑)
それにしても、バスフィッシング、そして自然ってすごい。いまだに多くの発見や教わることがいっぱいあるんだから。

この間から何だか無性に言いたい事が出てきていっぱい書いちゃってるんだけど、もうすこしで俺的に完結するので、またあとで書き込みするよ。今はちょっとの間だけどオフだからね。それに一人でちょっと寂しいし。・・年とったかな?・・



2005/2/18 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2525  
Posted by springer_rr at 03:19Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

February 16, 2005

了解!

みんなに、もっと解りやすく伝わるように慎重に文章書くよ。
バスはブルーギルよりだいたい2〜4週間ぐらい早く産卵床を作り始めるんだ。雄が孵化したフライを守って稚魚たちが旅立った頃、ブルーギルも産卵開始して同じように雄が守って、放たれる。その頃にはバスの稚魚はいわゆるフィンガリングサイズになっていく頃で、周りにある小さな餌を食べるよね。そこにまんまブルーギルのフライがいるんだ。産卵はほぼ同じウィードや障害物まわりのハードボトムでやるから、その後大人になるまでずーっと同じシャローエリアでブルーギルは、バスの食べ頃サイズとして暮らさないとならなくなる。つまり同じサンフィッシュ科であるが故の因果関係だな。冬に水深10M以上の深場にバスもギルも落ちていたなんていうこともよくあるしね。
アメリカでもギルのエナミーはバスだって聞いてたんだけど、違ってたかな?あなたのいう天敵たり(なり)得ないという理論も教えてよ。日本の魚類学者の誰かが言ってるの?

逆に言うと、じゃーサンフィッシュ科の日本での天敵は何かなと考えたと時、日本の淡水域では川鵜ぐらいしか思い浮かばない。バスはバスなりの個体数の状況で、今までを見れば分かると思うけど、日本でギルだけの水域データーはほとんどないんじゃないのかな。(ただこれらの魚は、水質汚染や酸欠にはとても弱い。鯉やフナが口ぱくで酸素吸えるのに彼らは出来ないからね。)
俺的には、安易にバランスを崩した時にギルが増加していったらかなり問題になるんじゃないかなと考えたんだけど。もう入ってから20年位経つのに近年琵琶湖のギル増えているのなんでなんだ?

ライセンス制について、バスはとても必要な魚だよ。って言っているわけで、バス温存って?真意はなんだ?それと他の釣り人を納得させるのは無理って言い切るのは何故?釣り具課税やライセンス制の何をあなたは評価しているの。もしそのシステムがなんとなく分かるなら、本当に具体的に環境を良くしていく事もう一度考えてみようよ。



2005/2/16 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2514  

ここが問題点その弐

テキサスのパブリック野池へ行ってきた。(誰でも使える普通の野池のことだけど)周囲2キロぐらいのこじんまりしたレイクとは呼び難い野池だ。名前は、バン・レイクっていう。(笑)
ただの皿池で、最深部は、6mぐらい。半分以上が1mちょっとのシャローワンドだ。ウイードはほとんどなし。カバーといったものはほとんど見あたらない。アメリカ初の野池釣りだ。
トライトン降ろしたけど、エンジンいらないぞってかんじだ。20年ほど前にフロリダバスが入れられた以降、ほとんど手は加えられていないらしい。
最初の1時間ぐらいは全然釣れなかかったが、そのうち所々でシャッドを追ったバスが水面を割り始め、30cmぐらいの小型ながら釣れ始めた。さらにベイトの溜まった場所を発見してからは、800から900gぐらいのバスががんがん釣れだした。バスの体はとても野池のバスとは思えないような太りかたで、しまいには3kgオーバーまで釣ってしまう事となったのだ。なかには針跡のついたバスもいたし、無限にバスがいるわけでもないし、みんなの利用している池だ。
それにしても、そのベイトの量とバスの個体の健全さはどういうことなんだろう。鳥の数も半端じゃない。
はっきりいって俺の野池バスの概念を大きく変えてしまう出来事だった。俺の知っている日本の野池では、繁殖期にはバスはバスを食べれていたので、さほど個体に異常はなかった。安定期後には、水域の規模が小さければ小さいほど、カバーやウイードがなければないほどバスの個体は小さく退化し、しまいには水面の虫を食べている始末。正直小さな水系ではベイトもほとんど食べられちゃったりするのかな、とかさえ思わずにいられないような具合だった。バスがか可哀想だった。
釣りの後、何でこんな池があるんだっていう想いが頭を離れなかった。テキサスだからって気候は夏に日本より暑いぐらいで冬はマイナスにもなる。
その違いはなんなんだっ、とここ3日ほど考えていた。
そしてある一つの仮説にたどり着いた。
もしかして俺がバス少年の頃に釣りをしていた、そしてその後も各地で見てきた野池はもう既に汚染されてしまっていたんじゃないのかって。水の色はともかく在来の小魚や、バスが正常な数値になりえないような水に既になっていたのではないかと。そういえば水鳥だって大していなかったし。
もしかしてやばい国かもしれない。日本は。自分たちが環境なんて物心つく前から環境は壊れていた。バスが入る前から壊れていた。一部の人たちを除いて、何も提議されることなく時は流れていた。
そう思わざる得ない体験だった。

日本は先進国、発展国なんだよって教育を受けて、25年以上前に初めてアメリカに渡った時の事を思い出すよ。文明、あまりの生活レベルの違いにショックだったことを。
あれだけ人の少ないオーストラリアでさえ、環境に対してまだまだ先をいってる。
発達した国だからこそ良い環境が作り出せてる事実がそこにはある。具体的な方法が存在している。
アメリカのバス。オーストラリアのバラ。環境改善に役立っているキーとなる魚が両国にいる。
その中の一種が60年かけて日本で共生しているという事実。活かし切らない方がおかしいだろう。
バスがいなくなったからって何も改善されない。残るのはバスが入る前からすでに壊れていた水域環境のさらなる悪化した姿。
具体的接点がないのにそこにお金を出し合ってでも付き合っていこうとする人が、いったい何人いるんだ。

目指すべき方向性は、みんなの目にも見えてきているように俺には思えるのだが。



2005/2/16 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2509  

ここが問題点

ことゲームフィッシング制度において、同じ地域の中にお金を払うところもあればタダのところもあるとなると、その成立はさらに難しくなる。(地域としたのは、あくまでそれぞれの地域制度としないと本当の意味で環境に対してのケアーも具体的なビジョンも生まれないと思うので、この場合国は方向性を促していく立場になって欲しい。)現実的にこの地域(県でも町でも村でもいいんだけど)では釣り人を主とした水面利用者に還元しつつ、よりよい環境づくりを目指しているんだという一体感が一番必要となってる。
この町は、俺たちを利用しつつもギブアンドテイクでやっていこうとしてるぜ。という方程式が釣り人みんなに理解されなければならない。鮎師にもマス師にもバス師にもヘラ師にも磯師にも船師にも伝わることが重要なんだ。
その見返りはモアーフィッシュ、モアークオリティーウオーターで十分なはずなんだ。何もしない地域がプアーフィッシュ、プアークオリティーウオーターになっていったとしたら釣り人がどちらを選ぶかは明らかだ。
人の来る町は栄え、人の来ない町は寂れる。手をかけてやった自然は回復し、野放しにした自然は見る影もなくなる。せまい土地に飽和状態の日本人。この事は誰でも感じているはずだ。
自由主義、資本主義国家にいる事を知っていながらも自分の今の大切だけを守ろうとして、原理だけを追求しょうとするならば、それは鎖国にも似た発展阻止の状況をあえて作ろうとしているとしか思えない。

圧倒的な力で秩序を保つがゆえに国家は形成される。これは国家形成理論の核ともなるべき理論だ。
そしてさらに別な観点では、完全な民主主義は国家を死滅へと導く。とされる。
この理論も的を得ていると思う。
この間、アメリカのブッシュのCMの話をしたのは戦争の是非を話題にしたかったわけではない。民主主義国家の先端ともいわれるアメリカの主が、「ありがとう」という言葉をもって人々との調和をとろうとしている姿勢。世界から賛否を問われている国、選挙で選んでくれた自国国民に対して不安を感じさせないよう言葉を選んで大きな強さと安心を訴えているところに真剣さが感じられたからだ。
 
確かにこれから先ヘビーな問題が山積みだ。
人それそれがいろいろな主義主張をもっている。そんな無数の人々でもなんとなく同調するのは、教育や倫理として教え込まれた法律や、公共性と言われるものなのだろう。しかしながら、人々にとって判別がつけにくい(今回のように未来を考える)時こそ歩みよる姿勢が問題解決の一番の糸口になるのではないかと俺は考えている。      

続く・・



2005/2/15 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2502  

February 15, 2005

ゼアー イズ ノー リミット

 ライセンス制といったって、バスだけではなくその水域に生息するすべての魚にかかってくるのは、竿と糸と針を持って水域にはいれば一緒となる。狙いはともかく何が釣れるかわからない。特別にお金をかけて放流しているのでその魚を持ち帰る場合は、別に追加ライセンス買わないといけないと言うのなら、そういうこともある。
その方向性はあくまで水域の正当な管理に還元される。だから、バスの為だけに使われるものではない。勿論通常の理論どうりの流れなら、内水面水域においてバスがもっとも人を集め、もっとも利用されているんだからバスの面倒は特別みないと継続できない。と、考えるのは当然のことだ。

ただ、もしもたぐいまれな水域で、もしも本当にバスが主要因で残された希少種が、他の水域をいっさい受け付ける事が出来ず絶滅の危機にあるならばそうしたお金がバス駆除に使われたっていいんじゃないか。昔はたくさんいたのに環境が悪化している上にバスが一匹でも食べたらよけい減っちゃうじゃないかよう。なんていうのは、環境を誰も守れなかった今までさらに今後を考えた上でノーというのがゲーフィッシュ利用者、そしてライセンス制導入といったはっきりとしたビジョンを持ち合わせた人間にとっては正義であろう。ようは、そこに納得のいく研究がなされているどうかの事なんじゃないか。国、もしくは地域行政が、どこまで真剣なんだって事だ。歩み寄って気がついてもらってそれで真剣になってくれるなら、多少の失敗はリカバーできるはず。バスは絶えない、持ち合わせた力も変わらない。今後起きる天敵を減らすことによっておきるブルーギルの増加問題と、水質悪化がおおきなネックだと考える。

テキサスへ行ってきた。ゴーフォー収録だ。Texas Freshuwater Fisheries Center というテキサスの内水面管理を一手におこなっている、州政府設立のセンターだ。普段は一般観光客、小・中学校のクラス研修の場にも多く活用されている。
テキサスの(最近は他の州も始めだしたらしいが)自慢として、10数年前から始めたランカーシェアーシステムというのがある。

13ポンド以上のバスを釣り人が釣り上げたという報告があると24時間体制でいつ何時もそのバスを引き取りに行くというものだ。釣り人は代わりに、そのサイズのレプリカと年間入漁券がもらえる仕組み。でかい個体のDNAを掛け合わせてさらなるランカーを夢見ようというシステムだ。そのバスは春まで個別のでかいタンクに入れられ病気や健康状態がチェックされた後、人工産卵床で受精を行い、来た湖に放される。近親を避けるため一回きりの利用だ。子供たちは調査計算された上、必要とされている水域へと旅立っていく。

彼ら、そして釣り人達が一緒になって向かおうとしている着地点がもうわかるだろう。よりよい環境、よりよい利用だ。なお、このシステムで持ち込まれるバスは、ほぼフロリダ種、そして年間10数匹とのこと。かなり慎重に事は行われている。今までいなかったところに移入種を放す事に対して実際質問してみたのだが、彼らの統計によると、移入のフロリダであろうがノーザンであろうが、今までテキサスで在来種が食害でいなくなった事例は野池規模でも一件も無いとのこと。それよりも問題は水質と力説していたのが印象に残る。 
番組楽しみだろ!



2005/2/15 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2494  

February 08, 2005

ちょっとだけいい?

今回の試合はっきりいってだめだったんだけど、内容的には紙一重だったんで気持ち的には大丈夫だ。一人車の中で叫んではいるけど。

で、そんなことよりやっぱり日本が気になる。はっきりいって状況はヘビーだ。みんなこの先どうすればいいのかを見失わなければいいなって本当に思うから。

資本主義、自由主義国家として先端を走るアメリカで昨日こんなことがあった。
テレビでスーパーボール(フットボール)やっていいて、途中のCMでのことだ。

若いUSアーミー達が空港で、まさに今向かわんとするシーンが美しいメロディーとともに延々続く。前向きな顔、不安な顔、後ろを振り返る若者。白人も黒人も男も女もいる。いろいろな想いが続く中、突然画面が黒くなり ”ありがとう” という文字が映し出された。そして次の画面の真ん中には小さくジョージブッシュと書かれた。
何かすごいショックだった。CMなんだけどアメリカ人のナショナリズムもないんだけど感動と賞賛を感じた。

そして思った。やっぱり人を引きつけるのは ”愛” なんだって・・・。

山に登る人の話を山に行ってない人は真剣に聞く。海に通っている人が最近の海を語れば行かない人はそうなんだ、ってちゃんと耳を傾ける。何故なら、彼らはそこを好きだし愛してるって、みんなわかるからだ。釣り人は、釣り人にしか伝わらないんじゃないかと思っている人間が多い。そうじゃない。釣り人だから、自然に触れているから伝わるんだっていうことに自信を持つべきだ。
あって当然のような自然、実は触れにくくなってきている自然。これからさき、街の中しか知らない少年や大人ををこれ以上増やしてはいけないんじゃないか。自然は身近にあって初めて触れあう機会が生まれる。その移り変わりから大切さを知る。本当に大切なものって何なのだろう。数時間もかけて天然記念物の住める環境を見に行ったとしても、それは観光だ、別世界だ。残す事は必要だが国として貴重なんだからとしかいいようがない。無理矢理 ”愛” は強要できない。 
だからこそ今後を考える時に大切となってくる人たちがいる。海、川、湖そして池。自分達が釣りを通して学び、大切に思うことを、しっかりと伝え、しっかりと可動させなくてはいけないんだと思う。
こじんまり小さくまとまって良い子にしていることがその解決策だとはやはり思えない。もしもこじんまり釣りをさせてもらう事を自分のために目的とするなら、いずれ魚の住めない水辺に立って石を投げる事しか遊びようのない少年たちを目にするはめになってしまうんではないだろうか。



2005/2/8  Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2462  

January 22, 2005

いつかくる

数千万の人間が県別で年券3000円。釣り具税にボート税。結構利用価値ありだよね。一般人から出してもらうのは大変だけど。そのきれいな環境は当然在来の魚をも増やしていくでしょう。なんてったって日本の気温と水質なんだから。今の酸性化、針葉樹化した水がだめなら、お金をかけても守れる水域つくらないと。で、釣り人増やさないとね。魚増やさないとね。
「バスなんてポイだよ」なんてへらおやじがいたけど、自分さえ良ければと思っているかもしれないが、それは大きな間違えだ。これから伝えて行かなければいけないことが山ほどある。わかる釣り人が解らない釣り人に教える。新たなる釣り文化を目指すのがこれからなんだ。
魚の口に針をかけるという行為は、ただ魚が釣りたい面白いというだけじゃこれからの時代継続不能になってしまうんではないだろうか。より前向きな未来を考えた釣りが必要だ。
バスの力、ゲームフィッシングの力が必要になってくる日はもうそこまできている。やるべきことはたくさんあるぞ。頑張らないと。 



2005/1/22 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2408  
Posted by springer_rr at 15:14Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

そして

問題は、これからだ。マイナス要因だけ足していけば日本の釣りは縮小せざるおえないだろう。だけどそこにプラス要因を足せば差し引きになる。今回だってニアミスだよ。お金は業界が出せって。じゃーこれから儲けながら出して行くから、行政はそのお金を含めて魚がいつまでも生きれる環境を作っとくってね。それには人を集められる釣魚が先だろうね。で、その魚の代表は?



2005/1/22 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2405  
Posted by springer_rr at 14:21Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

ポジティブ

ズート、元気だせよ。力入りすぎだぞ。信頼しているバスのポテンシャル信じてみようぜ。
自分が空回りしているときや、ネガティブになってしまった時は俺がいつも言っているように原点に帰ることだ。忘れてないよな。
人間は食べておいしく感じ、おしっこやうんちして気持ちよく感じ、寝てまたまた気持ちいい。だから、生きていきたいんだ。ってこと。



2005/1/22 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2404  
Posted by springer_rr at 13:58Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

September 08, 2004

3年以上も話し合っているの?

バスって、やはりすごい魚ですね。ここまで、沢山の人を引っ張って来ているのだから。
駆除派の人も、バスフィッシャーマンも、もう一度よく考えてみてください。バスが良いとか悪いとかの論議だけじやなく、バスは益魚なんじゃないのかと。
何故アメリカは50年も前に国内外来魚と解りながら合衆国政府自ら全国にバスを移植していったのか。それも、今なお継続している事実であるのか。
だって、同じ国の魚でしょ!と、言う人もいるかもしれませんが、じゃあ、ヨーロッパのポルトガルとかの国々が国の認定魚にした意味は。
そー、ズバリ国の自然環境を守るためなのです。先進諸国の行っている自然環境保護システムは恐ろしく進んでいます。森林伐採150年計画が何十年も前に行われている国ですから。
これらの国々の自分たちの土地や水域は、そこを最大限に活用して、そこから生み出される資金を基によりいっそうの、保全、整備、維持を行うといったシステム。ゲームフィッシングシステムをはじめとして水域を利用する、または、それに関わるすべての人、物からの還元システム。はっきり言って目を見張るものがあります。自然環境保全システムなので、そこにはもちろん、減少傾向にある在来魚を守ったり、増やしたりすることも含まれています。何よりもすべての根元となる自然環境の改善、維持に多大な努力とお金が使われているのです。
人間が暮らして行くために犠牲にしてしまった壊してしまった自然を、国自ら良くしようとしているのです。
こうした国々の内水面のキーとなっている魚は紛れもなくバスです。食用のマーケットプライスを、遙かに上回る価値のある魚なんです。世界でも、これだけの経済効果を生み出せる魚は、他には今のところいません。高いクルーザーを使うマーリンフィッシングだって、その一般人気には及びません。それだけのポテンシャル、そしてバリューがこの魚には存在しています。
駆除派の人はヘドロと汚染でバスさえも生きれなくつつある、日本で二番めに大きな霞ヶ浦の水をコップ一杯飲んでから発言して下さい。バスの人は日本の自然、そして未来をもっと考えてください。せっかく、自然に触れて、その移り変わりさへ体験しているんですから。
大正14年は日本の危機からの脱出を早めてくれる年だったと私は信じてます。
哲学書の批判書は厚く何冊もありますが、オリジナルは一冊です。そのほとんどが今も理にかなってます。スモールワールドはもういいでしょう。揚げ足も敵対もなしにして、日本の事、本当に心配しなくちゃいけないでしょう。
国が良くなれば、暮らしも環境も良くなります。輸入も生産もできます。それにはまず国土です。そこが腐ってては何も無いでしょう。
この文に反論のある人は、まずそうした国々の環境を自分の目で見てからにしてください。
それこそスモールワールドですから。そうじゃないなら、そっとしておいてください。私は、こう願っている。きっと、理解してくれる人がいると信じているから、書き込んだわけです。このページが日本の政治に関わるとも思えないし。でも、小さな努力もしたいじゃないですか。だって、そう思っているのは確かなんですから。  



2004/9/8 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「日本から悪魔の魚を駆逐しよう!!」#6735  
Posted by springer_rr at 15:41Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit

もらっとくよ( ! 0 ! )

この掲示板を初めて見たのは、前回のハドソンリバー。渡米の時でした。最近やっとPCが使えるようになってきて、エアーマックなるエリアに入ったのいいことに、いろいろとチェックしているうちに、めぐりあったのです。タナベイズム・・・?
恐る恐るクリックしてみると、 なんと、いいじゃないですか!びっくりするとともに、思わず感動してしまいました。
こんなところで(失礼)、オレの子供達が、すくすく育っている!そして、育ててくれている人たちがいる。一人アメリカにいたせいも手伝ってか、かなりきてしまいましたよ。
真面目に、本気でバスフィッシングにとりくんでいるみんなに、乾杯だ、ありがとう!
いまは、アラバマの、ユーファウラにいます。ハリケーンフランシスのおかげで昨日も今日もオフになってしまいました。明日からプリプラだ。試合は来週だ。タフみたいだけど頑張るよ。
と、いうことで。時間が出来たら、また書き込みますよ。
今回大変だったんだから、初めての書き込み。ID とか認証とかいるんだね。恥ずかしながら、ひとつ学びましたよ。( ^ . ^ )
佐野ラーメン くいたーい。一位は、万里、二位は、加賀F.Aの側のあっさり系かな。・・・



2004/9/8 Yahoo!掲示板 バスフィッシング「☆☆☆轟けタナベイズム☆☆☆」#2097  
Posted by springer_rr at 12:15Comments(0)TrackBack(0)honey_usajp氏、降臨!Edit