February 06, 2004

緊急提言

 アメリカから帰国して、まる3年。バスフィッシングを取り巻く状況を少しでも改善するために、セミナーや取材を通じて自分としてできる事を全力でやってきた。アメリカのゲームフィッシング制度をもっと日本のみんなに理解してもらいたい。日本の自然環境が少しでもよい方向に進むために、知っておくべきこと、やるべきことがある。だからオレは、「このままだと日本の魚が本当にダメになってしまうぞ」ってことを本気で伝えてきた。
 しかしながら、そう簡単に流れは変わらない。バスフィッシングの現状を見ると、害魚論が収束する気配はないし、行政の対応はますます厳しいものになっている。そしてさらに、釣り人の側にも「我関せず」という雰囲気を感じることも少なくないんだ。もちろん、リリース禁止などの問題に対して敏感に反応して、どうにかしようと頑張っている人たちはいる。しかし、大半のバスフィッシャーマンたちは釣ることばかりに夢中で、実情に気づいていないし、知ろうともしない。日本のバスフィッシングがこの先どうなってしまうのかっていうことを、真剣に考えていないように見えてならない。
 バスフィッシングを始めて、もう33年が経過しようとしている。日本の釣り場、世界の釣り場、バスのマーケット(市場)、フィッシングのマーケット、そして日本の自然環境の移り変わり・・・振り返ると、本当に多くのことが自分の中に蓄積されてきた。今、そこから導き出される考え、そして提案。今回の「責任編集」では、大半のページをこのテーマに割こうと思っている。しかも他とは違う「オレ的感覚」でまとめ上げてみたい。タイトルは「死ぬなよ!バスフィッシャーマン」。この意味は読み進めてもらえばきっとわかると思う。
 オレは信じている。今回の記事を読んで認識を新たにしてくれる、たくさんのバスフィッシャーマンたちがいることを。

2003年10月8日 田辺哲男

この記事へのトラックバックURL