April 27, 2011

今思う事

就活の時にいろんな会社を回って、自分が本当にしたい事は何かという事を真剣に考えた。
当時の自分ができる最大限の努力はしたつもりだし、それは今でもあの時の自分ができる事はやったと思う。

絶対に悔いの残らないような就活をしたつもり。

その会社がどんな会社で、どういう事をやっている会社なのか人に説明できるくらい調べたし、説明会に行って話も聞いた。
そして、その会社ではどんな風に働けるのかも徹底的に調べた。その上で、自分がその会社に入ったらどんな人生を歩むだろうか、自分はどんな人になっているだろうかという想像をしてみた。

話を聞いたそれぞれの会社でそういう事をした。全ての会社で真剣に話を聞いたし、分からない事は遠慮なく質問もした。それが相手には真剣さがあると受け取ってもらえたのかもしれない。

そうやって次のステップに多くの会社で進ませてもらえる事になった。
その中で、自分がやりたい事を、本当にやりたい事を探っていった。

現実味を帯びてくるのと、時間的制約により選択の決断をしなければならない事はより一層真剣に自分を見つめ直す機会になった。

そうやって選んで働いている今の会社にもう2年もいる。3年目の自分。
当然真剣に辞めてやろうかと考えた事もある。今もずっと働くかどうかは分からない自分がいる。その一方で、ずっとこの会社で働いているんだろうなって思う自分もいる。

あれだけ一生懸命自分に合った会社を探して、ここだと思って入った会社。
もちろん会社に不満も当然あるし、良い事だらけではない。
それは会社が人の集まりである以上仕方がない事。どんな人であっても、不満の無い人なんていないから。

だから、もし今働いている会社を辞めて次の会社を探したとしても、今以上の会社を見つける事は難しいと思う。となると、就活していた時に出した自分の決断は合っていたのではないだろうかという結論に至る。

なんだかんだ言っても今の仕事をそれなりに楽しんでいる自分がいるし、やりがいもあるし、成長しているのも実感できている。
今後絶対にこの会社にいるかどうかは分からないけれど、少なくとも辞めない選択肢は消える事は無いと思う。

こう言う事も思いながら、また明日も会社へ向かう。
朝起きたときはそれほどテンションは高くないけれども。
でも、そうやって毎日働いていれば、何らかの喜びには出会うもの。


就活をしていて、たまたまここにたどり着き、この文章を読まれた方へ。
自分の人生について真剣に考えられるときは今しかありません。
今、疎かにしていては、もし働いてから転職を考えてもそこから軌道修正する事は非常に難しい。
日本は転職には不向きな社会です。もちろん転職しても成功している人もいます。
但し、それはその人が相当な能力を持ち、相当な努力をしたからです。
今できる最大限のことを精一杯して、自分を今一度見つめ直して、自分に最もふさわしい会社を見つけてください。

sprintersprinter at 23:42│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔