May 13, 2017

今思う事3

2年ぶりの更新です。9年目になりました。
ここが未だに"とある検索方法"で10件以内に出てくるのにはビックリしました。
また、毎日100人以上の方にお越し頂いており、ありがとうございます。

さて、2年前には海外志望にまで考え方が変わったと記載しました。
昨年の夏、ついに社内公募制度に応募し、海外勤務の枠に合格しました。
4月1日に内命をもらい、いよいよ明日出国します。
面接では先進国を希望していましたが、今注目を浴びている途上国に行くことになりました。
これも何かの縁ですし、せっかく行くのでしっかり働いて来ようと思っています。

みなさんの中にも海外で働きたい、と思われる方もいらっしゃるでしょう。
その方々にはもっとその海外で働きたいということについて深く考えて頂きたいです。
なぜ海外で働きたいのですか?
海外で何を仕事としてやりたいのですか?
その経験を生かしてどのようなキャリアを歩んでいきたいのですか?

私の会社にもたくさんの海外勤務希望者がいますが、その多くが海外旅行の延長や語学留学の延長と勘違いしているように思います。
会社からお給料や赴任手当をもらって仕事をしに行くんです。海外旅行も語学留学もあなたがお金を払っていくものです。経済の仕組みがそもそも逆です。
ということで、海外赴任は会社にとっては非常に大きなコストになります。
会社が他の誰かではない"あなたに"投資をしてリターンを得られると思ってもらえる必要があるわけです。

海外で働くにあたり、英語が話せる、使えるというのは当たり前の前提条件です。
英語が話せる人なんてこの世にいっぱいいます。
その中で目立つためには、日本語でできること、要するに他の誰かに勝る強みが必要になります。
だって、英語を使って仕事をするわけでしょ?日本語で仕事ができない人が英語だったらできるわけないですよね?
だからこそ、英語一本足打法の面接論破は苦労すると思います。
英語は単なるコミュニケーションツールの一つにすぎませんから。

私はこの3年間で、宅建を取り、簿記1級を取り、会社初案件で日経新聞に載りました。
これらをベースに社内公募の面接には臨みました。
もちろんTOEICは900点超です。これは前提条件なので何の差別化にもなりませんが。

夢を掴むためには他の人がやっている努力は最低限行い、他の人がやっていないことまでやって差別化するというのが必要だと考えています。

これまでやってきたあなたの強みを生かせる環境を見つけられると良いですね。
私は海の向こうで頑張ってきます。
ではまた、気が向いたときに更新します。

sprintersprinter at 22:49│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔