京都銀行

September 25, 2008

京都銀行 思うところ

ここは非常に学歴を重視していると感じました。もちろん自分だけの体験ではわかりませんが、就活中に知り合った人たちとの話の中で、大学によって学生の扱い方が大いに異なりました。

まず、大学によって呼ばれる時期が違います。私の場合は一応多くの方が非常に羨ましがるような大学にいたので3月の初めに呼ばれましたし、面接も終わりましたが、3月の下旬に呼ばれて4月に面接の人もいれば、4月に呼ばれる人もいました。また、私は面接の日をずらしてもらえましたが、4月で選考が重なる時期に面接に呼ばれたある人は「うちよりも大切なところがあるんやぁ。」という感じで言われたそうです。

sprintersprinter at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 02, 2008

京都銀行 事実上面接

電話では「次は非常に重要やからね」と言われたので、「もしかして面接ですか?」と聞くと、「とにかく重要やから」と答えられました。これは3月下旬の話です。つまり、倫理憲章など事実上無視です。
個室で待っている間、新入行員の方々が相手をしてくれました。そして、部屋に入って面接開始です。向こうには人事の方が1名と、年齢の高い方が2名いました。役員面接ですね。面接自体は10分程度で終わりました。聞かれた内容は学生時代に頑張ったことがメインで、最後に「うちとメガバンクの両方から内定が出たらどっちに行く?」と聞かれました。まだメガが面接の始まっていない状況だったので、「迷っています」と言いましたが、その後連絡をもらうことはできませんでした。他にも面接で失敗したこともあったので、これがどれほど影響したかは定かではありませんが、採用側としては来てくれるかどうかわからない人に内定を出すわけには行かない現状がもちろんあるので、妥当な結果かなとも思います。

sprintersprinter at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 26, 2008

京都銀行 呼び出し2回目

このときの電話は「人事部」という言葉がありました。これから正式に選考が始まることを予見させているのでしょう。ちなみに掛けてくる人は同じでしたし、この前に会った方です。

持ち物として履歴書がいるということと、頭の体操をして欲しいから筆記用具を持ってきて欲しいということでした。要は筆記試験をするということですね。倫理憲章に賛同しているので、筆記試験とは言えないのでしょう。

実際に行ってみると、別の人事の方と個室でお話しました。「なんで京都銀行を受けようと思ったの?」と聞かれましたし、完全に面接でした。相手側も私にメガバンクではない地銀の魅力、ひいては京都銀行の魅力を訴えてきて、双方で戦っている感じでした。とは言っても、空気は至って穏やかで、居心地の良いものでした。このとき私はこの方の年収を教えていただきましたが、さすがにこれはネット上で公表することには行きません。とあるメガバンクの人事の方が教えてくれた年収とほとんど誤差でした。年次も同じか1年しか違わないはずです。地銀でこれだけの収入を得るというのは相当なことだと思います。

筆記試験は英語と数学と漢字でした。漢字は意味不明なものばかりで、書けなくても問題ないと思います。英語は大学入試より簡単でした。数学自体は私立の高校入試レベルなので、連立方程式ができれば解けます。一問カスな小学生問題がありましたが。

sprintersprinter at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 12, 2008

京都銀行 呼び出し1回目

2月の終わりに呼び出しの電話が掛かってきました。このときの電話では「京都銀行のことを知ってもらうために一度来て欲しい」という内容でした。一切「人事」という言葉はでませんでした。

実際に行くと、相手されたのは入行1年目の方でした。その方と個室でいろいろとお話をしました。数十分後に40歳前後の方が部屋に入ってきました。この方が人事の方でした。このとき初めてこれが選考に関係あると知りました。このときに過去に書いたアンケートとエントリーシートが相手の手元にあったわけです。基本的に話す内容は、こちらから何か質問をし、それについて向こうが答えるというものです。散々三井住友銀行のリクルーターで「何か質問は?」という同じ質問に対してあれやこれやと質問を繰り広げただけあって、何も用意はしていませんでしたが、いろいろと質問できました。

sprintersprinter at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 29, 2008

京都銀行 エントリーシート

ここのエントリーシートは大学によって異なるそうです。色が着いているのですが、この色によっていろいろ区別しているようです。就活中に久々に会った友人や、就活中に話した人と色が違いましたし。つまり、学歴による差があるのだと思います。また、体育会によるリクルーターも人によってはあるそうです。

この銀行は単独での会社説明会は行っていないので、合同企業説明会に参加しているときに足を運ぶべきです。また、そのときに書かされるアンケートは面接時に面接官の手元にあるので、やたらなことは書かない方が絶対にいいです。

sprintersprinter at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)