黄金の海

Un journal du tailleur de la bijouterie.

200531 新たなフェーズへ

5月最終日。

写真-2020-05-30-13-12-58

先日頂いたお花は見事に満開です!
明日から色々なことが変化する方も多いのではないでしょうか。
私も、先ほど準備を終え、明日から彫金のレッスンを約50日ぶりに再開致します。
新たなお仕事の問い合わせも入ってきました。

50日・・・。

不安な気持ちとは裏腹に気候は穏やかで明るく、だけど持って行き様のない時間をひたすら歩くことや整理することに費やした日々。

写真 2020-04-24 14 02 19

そんな中でも、手紙や、お花や、音楽、手作りマスクやネット越しの元気な声。

写真-2020-04-17-11-34-45s
写真-2020-04-30-16-23-33
写真-2020-05-02-20-05-42

温かな心を寄せて下さる人がいる事に改めて気づかされたり、
家族との時間をいつもよりゆっくりと取れたりと、
自分のお仕事のペースや空間を考え直したりと、貴重な期間でもありました。

何よりも今、こうやって元気にしていられることの貴重さを噛み締めて、
また自分にできる事をひとつずつやっていこうと思います。

写真-2020-05-17-13-51-18
写真-2020-05-17-13-56-20



皆様におかれましても、Stay healthy!で。
お会いできる日を心より楽しみにしています^^


芍薬の季節

写真-2020-05-28-16-11-19

お友達から嬉しいおすそ分け頂きました^^

生けたらどんどん花が開いていくのが分かります。
アトリエの空気がぱあっと華やぎました!
もう芍薬の季節ですね。

このお花は、コロナで行き場を失ったお花などの作物を作っておられる
生産者への支援企画として手に入れられるそうですよ。
詳しくはこちらからどうぞ!↓




来週からはいよいよレッスン。
ぼちぼちですがこのお部屋も賑やかになっていけばいいな~。

小さな糸口

今さら感もありますが、、。
家にある手ぬぐいで、布マスク作ってみました〜^ ^


mask202005


ミシンを触るのは20年ぶりぐらいやったけど、こんな布、あんな布、
あの人この人とか考えて作るの楽しいですね。

ハマる人の気持ちが分かる〜!無心になれました。

作る気持ちに火が付いてきました。



隠居生活2 

4月の隠居生活に、彩りを加えてくれたお花たち。

もともとが引きこもり系生活だったので(笑)今までとあまり変わらない気もしますが、太陽の光は浴びたい。

そんな訳で毎日一人でひたすら歩いてます。
人ができるだけいないところを選んで歩いているとなんか後ろめたい気分にもなります(笑)


200424ohana


川べりには、ちいちゃいお花が沢山。元気出ました^^

それ以外にも、いっぱい。

写真 2020-04-17 14 32 19
写真 2020-04-17 14 39 45
写真 2020-04-16 12 10 00
写真 2020-04-15 17 26 30

花が春を楽しんでいる姿を見て、元気をもらう日々です^^

隠居生活1 ~与えられた時間~

4/8から兵庫県に緊急事態宣言が出て、レッスンをお休みせざるを得なくなって、
最初のころは、それはそれで時間ができるのだから、作ったり整理したりしようと。
そんな風に思っていました。

その後の生活は、というと。

4月は殆どの時間を、休息(睡眠 笑)・自分の部屋の断捨離に費やし、
お仕事や作りは必要最低限程度にしか進みませんでした。

お仕事にはお仕事のリズムがあるのだな、と、強く感じました。

ほぼほぼ、隠居生活ですね(笑)


休息と断捨離の合間に、天気のいい日はひたすら1人で歩いてました。


写真 2020-04-22 17 32 35


今まで出会えなかった景色に会えたり、
家族との時間が今までとは違う形でゆっくりと取れたり、
普段気がかりだったけれどなかなか構えなかった自分の身体を振り返ったり

心が洗われる時間が沢山あったことも、事実です。

もちろん、収入的には厳しいんですが(笑)


写真 2020-04-24 13 52 35

近くの川を泳いでる鴨や、川の流れを眺め、


この20年ほど、ほんとに走りっぱなしだった人生を見つめなおすいい時間を頂けたと
個人的には思っています。

後回しにしていた時間を取り戻せたような気がします。


母たちの日

写真-2020-05-03-17-42-00

お義母さんの誕生日、そして母の日を迎えるにあたって。


写真-2020-05-09-17-12-05
写真-2020-05-09-17-12-50

2人のお母さんが好きそうなお花を、近くの花屋さんに歩いて行って選びました。

写真-2020-05-09-15-44-57

沢山の赤に囲まれて、私自身が沢山元気を頂きました。
ちょっと得した気分。

最愛のしるし。

写真 2020-05-08 22 14 36


数カ月前にとっても可愛がっていた愛犬を亡くされたご夫婦から
残った乳歯を使ってペンダントの作成依頼を受けました。


写真 2020-05-08 21 50 26

大まかな本体はお客様ご自身がワックスを削り
お客様のデザインに添うように爪立てやそれ以降の仕立てを担当。
一部には真鍮ラインのアクセントと、ワンちゃんのイニシャルを入れました。

歯を金属で留めるのは私には初めての経験だったので、留める前から色々なことを考えて挑みました。
そんな訳で、じっくりと時間をかける事となりました。

写真 2020-05-08 21 53 30


携わっている間中、どんな風に駆けまわっていたのかなとか、お客様との日々を想像していました。
そうしているうちに、どれだけ愛されていたかを想像するようになりました。

短い期間でしたが、それを感じることができたことは私にとって貴重なことでした。


写真-2020-04-18-15-53-52

無事出来上がり、心から喜んでいただけました。
美しい歯と、思い出を損なうことなくお返しすることができて
本当にほんとうにホッとして、そしてとても嬉しかったです。

これからも、ずっと一緒にいられますように。