黄金の海

Un journal du tailleur de la bijouterie.

2022年の光

写真-2022-01-01-15-49-16

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします✨




今年の元旦は、海を眺めに行ってきました。
2年ぶりに出会う風景。変わらず穏やかで心洗われました。
凧あげしている人たちもいっぱいいました^^

雲間から見える光のように、
すこしずつ、すこしずつ、その先の明るい時間に向かって今自分のできることを尽くしたいと思います。
皆様にとっても素敵な一年となりますように。


2021年

忙しかったから。
というのは自分への言い訳。

今年、ちゃんとできなかったことにはごめんなさい。
成し遂げられたことには素直にご褒美を。
そして次の一年へ。

---------------------------------


気が付けば、ブログの更新も半年ぶりです。
2021年は、なんというか2020年のつづき、といっては何ですが、
コロナ禍が始まってからどうも時間の感覚がそれまでとは変わった感じで、
2020年、2021年で1年分ぐらいの速さで過ぎました。

それって、めっちゃ速いやん?といえばそうでもなく、
淡々と日常を過ごしていた感じなんですよね。
その方が早く感じるのかな。


とにかく、目の前にあることをこなしていった日々でした。
そんな中でも自分を照らしてくれる光に導かれるように。

それは周りの方々のお気持ちだったと思います。
生徒さん、新しいスタッフさん、家族や、仲間。

振り返ってみれば、沢山のレッスンと生徒さん、
そしてやりがいのあるお仕事に恵まれた一年となりました。


写真-2021-12-27-16-15-26-(1)


お仕事納め近い日に、新たなオーダーのお客様がいらっしゃって、
帰り際に、「いいアトリエですね」といって頂きました。

その言葉を励みに、ぼちぼちですが来年も頑張ろうと思います。

今年一年、ありがとうございました!


ひそかな楽しみ

写真-2021-02-25-11-16-02


以前お作りした、K10カメオのピアスをイヤリングに金具変更して下さいとご依頼がありました。
久しぶりに会えて嬉しい💕



一緒に写っているクロスのカメオはペンダントトップにとオーダーを頂きました^^


写真-2021-04-23-10-40-31



イヤリングやペントップ、ブローチのような板ものは、裏側をどういう風にするかというのが作り手にとって密かな楽しみだったりします😊



写真-2021-04-10-15-18-46



こちらで作った物はもちろんですが、それ以外でもメンテナンスや金具取り替えでお困りの方がいらっしゃいましたらいつでもご相談ください





向き合う時間

ここのところは、レッスンと作りのお仕事に没頭の日々。

明日から兵庫県に緊急事態宣言が発令されます。
制限内容を鑑みて、この度は感染対策に引き続き注意しながらレッスンを継続することに致しました。
ですが、生徒さん達にはくれぐれもご無理のないようお願い致します。
(今まで通り、当日キャンセルもOKですので)


写真-2021-04-16-20-03-42

先日、リフォームのダイヤを石留め完了しました。
石留めは予期せぬトラブルも多く、今回は大きい石だったのもあり
緊張し過ぎてたかなー、終わった瞬間に思わずふぅ〜っ、と声が出ました。
その後生徒さんとメールのやり取りしててその事をお話ししたら、
「彫金はやればやるほど仕事が難しくなり、やり方も人それぞれのようで正解も無いので、自分なりの方法を見つけないとですね〜」
という意見を頂き、ふと思い返す。
私の場合は、石と向き合って、石と相談しながら自分の道を見つけてきたような気がします。
ときには失敗もして(笑)

緊張もするけれど、静かで貴重で楽しい時間だとも改めて思います。
それに共感して気づかせてくれる生徒さん達にも感謝です。


みんなそれぞれの机で、寡黙にそれぞれのゴールと向き合っています。
その歩みを私も静かに見守っていけたらと思います。

ローズカットダイヤモンドとK10のリング

写真-2021-03-05-23-58-09-(1)
ローズカットのダイヤモンドとK10イエローゴールドのミル打ちリング完成✨


ダイヤは透明な物ばかりではないんですよ、白〜イエロー〜ブラウン、様々な色味があります。
カットもブリリアントカットだけでは無く、今回はローズカット。アンティークのジュエリーによく使われている、私の大好きなカットです💕


写真-2021-03-05-23-58-08
ひとつひとつ異なる一点物のシェイプのダイヤモンドの魅力がシンプルに生きている感じです^ ^

実はこちらのリング、教室の生徒さんの作りかけのもので、リング本体は出来上がっていたもののコロナもありレッスンで続きを進められなくなり石枠作りから先を担当致しました。



写真-2021-03-05-23-58-09
石枠に留めて着けるとダイヤの輝きはやっぱり他の石とは違う感じで、とても輝きます。
ようやく日の目を見たね、と嬉しくなりました




いぶし銀とターコイズ




写真-2021-02-20-22-32-39-(1)

世界中を旅してきたダンディなお客様から、
海外で購入したターコイズのペンダント作成のご依頼を頂きました。


写真-2021-02-20-22-32-39-(2)

元はシンプルなペンダント。このままでは面白みがないからと、リフォームのご依頼を頂きました。
シルバーの地金からの手作りです。

写真-2021-02-20-22-32-39

石が見た目以上にコロンと丸く、厚みがあるため板にも厚みが必要です。
土台の板の表面と裏面の間を空洞化して、軽量化に知恵を絞りました。


写真-2020-12-27-22-05-11
一個前のネジネジの棒は表面と裏面の間の繋ぎに使っています。


石の配置は私が決めました。はみ出しているのが面白いと喜んで頂けました^^
ですが、デザイン原案は、ほぼお客様からのご依頼通りです。



写真-2020-10-19-16-25-23s

四角い板に、キラキラした細かい槌目から大きな黒い槌目へのグラデーション。
これまで過ごした時間を表しているかのよう。
とっても似合っておられました




第二の誕生日

本日、アトリエを開いて無事8周年を迎えることができました!

写真-2021-02-07-13-17-08

梅も満開です♡
8年前の今日はもっと寒かったけれど、そんな中沢山の方が訪れて下さいました。
またお花やお祝いや温かい気持ちを沢山頂いて、それまでの不安が解け、
よしやって行こう!と志した、人生で一番の転機となりました。
ある意味、私にとっての二つ目の誕生日。

本日もレッスンを無事終了し、ホッと一息ついています。


写真-2021-02-08-0-00-03

また、新たなお仕事のご依頼も頂きました。神戸で活動し始めたジュエリーショップの制作お手伝いです。
8年間。色々な方々と出会い、また多くの貴重な機会や体験を頂き、今に至ります。


写真-2021-02-07-14-46-59
教えてきた生徒さんやお弟子さんの中には独立して教室を開く方も出てました。
ジュエリーの会社に就職なさる方や、留学してブランドも立ち上げた方、海外や遠方からも通って下さる生徒さんも。(今はコロナで会えませんが・・)
またネットでアトリエを見つけて下さり、修理やオーダーに来て下さるお近くのお客様も増えました。
独立してから一番変わったのは、同じように独立されて頑張っておられる神戸や関西のジュエリー作家さんや業者さんと関わることが増えたことです。
私もその一人として、協力して少しでもお客様に素敵だな、と思ってもらえるものを作っていけるようにこれからも努力していきたいと思います。


写真-2021-02-07-23-54-50
どちらも片耳用ピアスです。
左はリングからのリフォーム、右は石を持込み頂いて、一から作成したものです。
石の美しさに見とれながら作業していました^^


書き出したら長くなってしまいましたが、
こんな風にやってこられたのは周りで応援してくれている方々
通って下さる生徒さん達のお蔭に外なりません。

心から感謝し、この場を借りてお礼申し上げます。
そしてまたこれからの日々、少しずつではありますが前に進んで
与えられた機会とお仕事を大切にしていきたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします♡