nobuの強くなるレスリング戦い方・クライミングブログ

皆様こんにちは、このブログでは「強くなるレスリング技術トレーニング法と秒殺一撃即フォール・逆襲即フォールレスリング」について私の経験と研究に基づいてまとめました。その他フリークライミングの体験談、危機一髪の体験談、アコーディオン演奏cobaさん、ムエタイ藤原敏男選手について。一本を取る日本柔道。日本海軍戦闘機ゼロ戦と坂井三郎氏について。英国特殊部隊SASのイラク戦争で活動した潜入、発見され、逃走、脱出、交戦、逮捕、生還した読書内容、ナイフ攻撃の防御技、映像あり。電動エアーソフトガン・サバイバルゲーム映像集。釧路湿原上空モーターパラグライダー空中散歩映像集。金融危機について。日本のバイクサスペンション技術・映像。TOPドライバー究極の神業ドラテク映像。なつかない野良猫を道具や餌を使ってなつかせる方法、釧路川カヌー川下り体験談等の記事を載せています。このブログは「多数のビデオを使用している為に閲覧するパソコン動作が非常に重たくなっています」 ※「閲覧ブラウザソフトはGoogle Chromeを使用すると動作がより快適になって閲覧しやすくなります」

強くなるレスリング、戦い方。立ち技寝技で:後ろを即フォール。足や後ろを:取られた:防御・脱出・逆襲即フォール技。スイッチバックで後ろを即フォール防御。フェイントを使う方法

人気ブログランキング←宜しければポチッと
※nobuレスリング訪問者へお伝えします
章だらけですが「読み流して記憶にとどまらずを防止の為に」
記憶に止まりやすく「色付き文字や太い大文字に変えた所」がポイント
例:
こちらの腕の小­手を思い切りた­たき落とし」
  こちらの腕の小­手を思い切りた­たき落とし」
※半年程度のレスリング経験があり
「技のかけ方を知っている人を対象に
文章でやり方すべてを記載」
※あなたはこのブログにある技術を「一つ一つ試すと技の効果が分かる」

※グリーン色文字で下方に記載した「攻撃は最大の防御の内容について」
「逆襲技・即一撃フォールするレスリング技のかけ方・方法を」
文章でそのグリーン文字のずうっと下のほうまで全部を書いています。
「分からないことや聞きたいことがあったら」一番下までスクロールすると
「コメント記入枠があるので、そこに書いて送信してください」返信します
※高橋nobu自称:「日本一のオリジナル即一撃フォールレスリング技数保持者」
このブログに挙げた一撃フォール技は序の口でまだまだたくさん一撃フォール技の
アイディアがあります、今は本業ではないのでこの
ブログにとどめています、お試しを
※「立ち技・寝技で自分のバックを取られた状態は
    「即一撃で逆にこちら側の勝ちに持ち込める」


※ルールは2015年まで使われていたルールを前提にこのブログ技術を記載、
現在の試合ルールに置き換えて活用ください パソコンでの閲覧をお勧めします
↓2015年までの試合ルール
http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/44657974.html?ref=popular_article&id=4946366-1268498

  フリースタイル「即一撃フォール」負けない戦い方がある
※世界で強い日本レスリングを復活したい(2012年現在)
・日本では寝技で腹ばいのまま防御だけをして後は審判に任せる戦い方
 しかしロシア選手は自分有利な体勢を取り戻す為に逆襲し続けている
 このように強いレスリングには逆襲技が絶対に必要な事だと思います
日本はこの状態のまま(腹ばいのまま防御だけ)ではロシアに勝てず
即一撃フォール技をマスターしておきポイント負け時に逆転勝利可能にする
「防御=逆襲即一撃フォール技」で先手=主導権を取戻す「カウンター攻撃」
「防御は攻撃になる防御を行い先手=主導権を取り返し逆襲即一撃フォール」
即一撃フォールするやり方を前提に方法を考えると、あなたにも可能な  
注:ポイント獲得優先の回転技レスリングではない「即一撃フォールレスリング」
「秒殺一撃即フォール技」のやり方があることが見つかった
※ 国内や世界の強豪の戦いをユーチューブビデオで研究できる時代
※↑実戦の「体の動きや使い方を観察して見つけ出し逆襲技に取り入れる」

※世界や日本のトップレベル選手達でも未使用の最強即一撃フォール寝技】
【クォーターネルソンの威力】nobuが最も効果的な使い方を暴露
ポイント:あなたはクォーターネルソンを思いきり一気に掛けるだけ
Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く一撃で裏返せる

攻撃秒殺一撃即フォール
立技寝技両方のつぶし技をマスターする↓
­寝技で四つん這いから腹ばいにつぶす方法:その後Qネルソン一撃即フォール
片方の手で相手の胴腹をホールドして、他の腕で相手­がマットに着いている
腕のひじ関節内側に」こちらの腕の小­手を思い切りた­たき落とし」
ひじ関節を折りたたんで「腕をさらう同時に両足をけり出して」
※「二人の体重­を相手の­腕に乗せ相手の体を前につぶす」必ずつぶせる
腹ばいにつぶした後に
体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せてクォーターネルソンを掛けて」
秒殺一撃即フォールで仕留める。

※「自分より強い者に勝つ方法」=「撃破する方法を数種類持ち対戦する」=「事前の研究」
  強敵強豪を「撃破する方法を数種類持ち攻略する」その試した結果を次に繋ぐ
  ↑これを持って対戦する、何も作戦を持たずに対戦するのでは結果が大きく違う
  ↑1種類だけではなく「複数対策を持ち対戦攻略」使える使えない物を次に活かす
※「複数の攻撃・防御・脱出・逆襲・攻略方法を事前準備対策して戦い勝つ」

※攻撃は最大の防御=マスターするべき攻撃技・他をこのブログに記載
・「大切なことは対戦相手もこちらへ攻撃してくるので」
先手=主導権を取り戻す方法」
 =攻撃する防御を実施する=逆襲技・カウンター攻撃技(一撃フォールを獲得する攻撃技)
  ↑防御する防御では先手=主導権を取れず↑   
注釈:Qネルソン=クォーターネルソン
・「一撃でフォールを獲得して決勝戦までのスタミナを温存する」
・「固め技はブリッジを不可能に固めて即一撃フォールする」=相手の肘を頭につけて上四方固め
・↓高校1年生半年遅くに入部後7ヶ月(5月)地区予選で3年生にフォール負けしなかった方法
・「フォールを防ぐブリッジの使い方を身につける=固められる前に対処内側へ回転、外側はX」
 ↑脇をしめて腕を密着取らせない ↑相手を乗りすぎる状態にさせて押さえを効かせずらくする↓
・↑「=相手の腹の下に潜り込むブリッジをする」←ほとんどの場合逃れられる ↑↓負けなくなる
 ↑積極的にブリッジを使って体を相手の方向内側に回し、相手の体がこちらに乗り過ぎる状態を作る
 ↑内側にブリッジで回れない相手攻撃の場合は腕を体に密着させて  ↓高速で回転する
     「相手体勢を崩す目的で相手外側に思い切り半回転防御攻撃」後に逆襲即一撃フォール技で逆襲
 ↑他に押さえている相手の体が浮き上がるまで「足を送り出し続け思い切り場外まで押し返す」
 ↑場外までわずか数m足を思い切り送り出し続ける、押さえこまれているその場でこらえない
 ↑他には
回転して「下向きになりその後バックを取られた逆襲即一撃フォール技を使い逆襲」
・「サウスポー・酸欠防止・マット際:対策練習する」=一例:力むときに呼吸を止めない(攻防時両方) 
・↑サウスポー対策:ローシングル攻撃は必ずかかとを捕まえる=瞬時に倒せる↓後にQネルソンフォール
  「頭で押す押し倒し」「肩で押す押し倒し」←2種類一瞬の押し倒しで ↓ローダブル攻撃も可能
  「左右どちら側の足でも、両足を同時に両肩で飛び込み攻撃できて即倒せる
」「即2ポイント獲得」
 ↑倒し方のコツ:かかとを捕まえ自分の肩と頭と顔を使い→相手足すねにてこを掛けて即押し倒す
 ↑フェイントを使える:左右どちら側の足でも攻撃できるので。      ↓ ↑↑↑
 ※対サウスポー戦の強力な武器:自分が右組手の場合ローシングルで狙う相手左足が目前にある
 
かかとをつかまえ瞬時に倒すので「タックル返しの逆襲を受けず」
 「サウスポーと対戦する時のやり方」を「研究して、体験・経験して→攻略方法を自分で決める」 
 「タックルの入り方も違う」「組み合うやり方が違う」「崩す方向が違う」組負けずに右組手に持ち込む
「マット際攻防対策練習:相手がこちらを先に場外へ押し出そうとする所を「体を振ってかわして
  相手を先に場外へ押し出す」(立ち技・寝技の両方でその方法を練習してものにしておく)↓
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=dhqsRu8v7UA ←2:41秒から2:47秒を見る↑
・「フェイント技で相手を惑わし攻撃技を決める 方法」←超一流選手には「素直な攻撃通用せず」
・「フェイントを使う為の考え方」=「主に逆モーションと目線と時間差を使う」フェイント数を↓
  ※逆モーションを入れられる技全てに「逆モーションを入れてフェイント練習をする」無数に可能
  ※フェイント技その1:基本的動き=「逆モーションに相手の気を引き反対側に技を決める」↑
  ※その他のフェイント技=連続技の2つ目、3つ目で
「技を決める方法を自分で考えて実施する」
  ※攻撃すると見せかけた目線を見せて、その目線とは逆側にズバッと攻撃する
・「
即一撃フォール技をマスターしておきポイント負け時に逆転勝利可能にする」
・「
敗戦濃厚な時にも即一撃フォール技で逆転勝利可能にする」=「一本技日本柔道に見習う」
・「敗戦濃厚時終了40秒前に意図的に背後を取らせ逆転フォール技数種類
」相手退避不能技あり↓
立ち技で背後を意図的に取らせ」「取られてすぐに」胴を抱えられているまま負けなくなる
  「股の間の相手足を両手で捕まえて引き捕まえた足の方­に自­分の体をマットに転がす」
  ※マットに一緒に1回転倒れた相手を(4P獲得)     ↓確実にポイントゲットする     
   
「内側に体を反転させてトルコ刈りで即一撃フォール」アクティヴィティータイム対策   
「スイッチバックから相手を裏返し逆襲即一撃フォール技をマスターする・方法」←負けなくなる
  腹ばいにならずにグラウンドのスイッチバックで 腹を前に張り出し後↓相手は退避不能
  腕を相手股に入れて腕肩を決めて殺し動けなくなった相手の後ろに回らずクラッチを切らずに」
  ポイント:自分の足先を相手の「内股に掛けて足で持ち上げて裏返し逆襲即一撃フォール」
  ※↑技を試すとわかる→「相手は何の抵抗もできず簡単にひっくり返せる、逃げられず」 
  ※↑相手内股を自分の足で持ち上げると相手は簡単に重心バランスを崩す↑
  ※スイッチバッ­クは­技を
「使うと同時に主導権を奪い返せる」優れた逆襲技  ↓フェイント練習
  ※「スイッチバックを一人で左右へ連続で技を切り返すシャドゥレスリング
鍛える練習を可能」↑↓
  ※「スイッチバックには一撃フォールのカウンター技がある」ので「カウンターを受けない様に」
  
「逆モーション動作をしてその逆方向にスイッチバック技をかける」とたやすく安全に決められる
  ↓ 
※ポイント:  ↓腹ばいにならずに逆襲する もっと簡単な逆襲技で一撃フォール
寝技で後ろを取られたら防御者は相手肘上を取り腕と逆の内股を同じ側の足で跳ね上げひっくり返す
  ※参考:↑対抗策=バックを取るときに相手の手首を取り片腕を確保して決めて後ろにつくこと
  ※↑一番いい方法は「相手選手の真後ろにつかずに、真後ろから横にずらして後ろにつくこと」
  ※↑この方法で少しは安全になるが「取られた腕を使い相手
内股を跳ね上げるとひっくり返せる」
  ※↑↓相手内股を自分の足で持ち上げると相手は簡単に重心バランスを崩す↑↓投げ技を掛ける
  ※↑「立ち技で後ろを取られた時にも肘上を取り腕と逆の内股を同じ側の足で跳ね上げひっくり返せる」
  ※↑「なぜ多くの選手は後ろを取られてもそのまま何もせずに相手に攻めさせたままでいる?」 
  ※↑「その点ではロシア選手の戦い方はYouTubeビデオを見ると全く違いとても粘り強くて強い」
  ※↑「柔道におきかえて言えば相手が背中に乗っている状態
=後は投げるだけの状態」逆襲可能
立ち技でバックを取られて胴をクラッチされたら、自分の一方の足を相手の足の後ろ側まで
  移動させて、その足の膝で相手足を押して後ろに倒して逆襲即一撃フォールする」
立ち技で背後を取られたら逆襲即一撃フォール技 自分の足と反対側の←↓大内刈りの変形
 「相手の足を前の方に足をからめてす­くい出し」相手に「尻­もちをつかせ上体を制して即一撃フォール」
「レッグホールドや股裂を狙い相手が私の体下に足を入れてきた時相手を逆襲即一撃フォー­­ルする」
  腹ばいにならずに相手が私の体下に足を入­れ­て­­きた時に
  ポイント:
※「相手の­足を自分の­膝で前にすくい出し」て相手の尻をマットに付か­­す「カウンター攻撃」
  ※相手のかかとを持ち自分の両足でマットを蹴り背後マットに相手背中を傾けて2ポイント獲得後
  自分の体を左右のどちら側かへ反転相手の上体を制して即一撃フォールする」
「対ネルソンには逆襲即一撃フォール可能な方法有り」:腹ばいにならずに
  ※ネルソンの防御・脱出・逆襲即一撃フォール技は体を思い切り後退させて引き抜き:」
  相手背後を確保後につぶしクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
  足を刈られて確保されている場合は「刈られている足を抜いて体を後退する」
・「相手の背後を獲得する技をマスターする」←その後クォーターネルソン即一撃フォール
  ↑
腕取り・くぐりタックル・ハイクラッチ・ローシングルを使い背後確保:4つのどこからでも攻撃
  ↑対ネルソンの防御・脱出・逆襲即一撃フォール技は体を思い切り後退させて引き抜き:」
  相手背後を確保後につぶしクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
・↓「クォーターネルソンは体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛る」と即一撃でフォール可能」
Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く一撃で裏返し一撃フォール可能」
ハイクラッチから背後に回り胴をつかみ手首を取り足を刈り前につぶしQネルソン一撃フォール」
「くぐりタックルから背後に回り胴をつかみ手首を取り足を刈り前につぶしQネルソン一撃フォール」
「ローシングルから背後に回り体に勢いをつけ体重を載せてクォーターネルソン一撃フォール」
「腕取りからつぶし背後から体に勢いをつけ体重を載せてクォーターネルソン即一撃フォール」
「寝技のつぶし=四つん這い相手の肘関節内側に小手を思い切りたたき落とし足を蹴りだしつぶす」
「その後Qネルソンで即一撃フォール」「↑上記5つの攻撃からフォールまで30秒かからずに可能」
    ↓「相手の背後を獲得する技をマスターする」と30秒かからずに一撃フォール可能 ↓
・「立ち技・寝技で「背後を確保後に秒殺一撃即フォールする・オリジナル技手順①②」 力不必要
  ↑  ①  背後を確保後に「脇の下から腕を入れてあごを捕まえる」 
       ②  もう「一方の腕」で「背後からおでこを捕まえて後ろに倒して即一撃フォール」
・「立ち技背後のつぶし=相手手首を取った後に両腕で胴にクラッチを決め、腕を決めた側の相手足を
  自分の内側の足で刈り取り前に体重をかけて前につぶす」
←手首を取り足を刈り前につぶす
  ↑単につぶすのではなくローリングで回し4ポイントを獲得する←その後Qネルソン一撃フォール
  ↑この足を刈るつぶしのやり方は百発百中で決まり相手を逃す事なし相手内また投げに注意
   「そのために必ず相手の手首を取り足を刈る」←これとは逆に防御者は手首を取らせずに内股投げ
  ↑+「立ち技で後ろを取られた時肘上を取り腕と逆の相手内股を同じ側の足で跳ね上げひっくり返す」
・「腕取りから  即つぶす=ロシアのビデオ参照する」←その後Qネルソン即一撃フォール
・「腕取り後に相手の肩の後ろ側を「
もう一方の腕でマットに突き落とす」=「即つぶせる」↑
  ↑「立ち技の
即つぶし=ロシアのビデオを参照する」 ↓ ←その後Qネルソン即一撃フォール
・「寝技で相手のバックを取り四つん這い相手をつぶさずに即一撃フォールするオリジナル技」
  ↑技が掛った多くの者は「苦しがり反射的に脇を開ける所をダブルネルソンで一撃フォールする」

入部7ヶ月後に自分で考え使い始めたつん這い相手をつぶさずに即一撃フォールする寝技

  一方の腕を相手の「首後ろに手のひらを上に向けて小手をあてがい」

  もう一方の腕を相手の腋の下を通してクラッチを組む」←↑クォーターネルソン変形技
  「相­手に体を後退引き抜かれて逃げられない様に」脇下を通している
  「腕側­の足で相手の足­を刈り確保」   
↓ ポイント・コツ ↓ 
  ※てこと体全体を使い「頭を思い切りガツンと深く90度以上押し下げてバンザイさせ」
  ※↑注意:同じチーム内選手との模擬戦ではやんわりとじわりじわりで実施でも反射的に脇が開く
  相手選手は「気道が曲がり息がしづらくなって息がつまり」苦しがって↑深いほど息がつまる
  苦し紛れに何ともしようがないけれども、なんとかしようとして相手は「反射的に脇を開ける」
  「反射的に腕を上げて脇があく所をダブルネルソンで即一撃フォールする」
  ※ ダブルネルソンを決めるコツは「仰向けに返す側の肘を相手の頭に付ける位置」
       でネルソンを掛ける「バンザイさせた状態にしてネルソンを掛けるとたやすく
  裏返せる」脇のところからネルソンを掛けるのではなく、相手選手は逃げられず
  ※レスリングには脇を開けてはいけない鉄則があるが、それでも苦しがり
  技が掛かった多くの選手は
「反射的に脇を開ける」相手防御を突破する即一撃フォール技
・「立ち技・寝技で「背後を確保後に秒殺一撃即フォールする・オリジナル技手順①②」 力不必要
  ↑  ①  背後を確保後に「脇の下から腕を入れてあごを捕まえる」 
       ②  もう「一方の腕」で「背後からおでこを捕まえて後ろに倒して即一撃フォール」
手から簡単即一撃フォールを可能な※オリジナル即一撃フォール新技」
  腕取りした腕と
  
「逆の腕で相手頭の後ろ側から相手あごをつかんで引き仰向けに裏返して即一撃フォール」
「タックル攻撃・防御に動かせるタイムラグ無しの構えを確立する」
・「タックルで瞬時に倒し即ポイント又はフォールを獲得
する方法←後にQネルソン即一撃フォール
・「瞬時に這わす為 腕取り・ローシングル:タックルをマスターする」
←後にQネルソン即一撃フォール  
・「ガッチリ強く組み合っていても使えるタックル:ハイクラッチをマスターする」ハイ・クラッチの意味
・↑「相手の足を取るまで侵入した後に、そこで止まらず一気に腹ばいまで持ち込む
   『相手「もう一方の軸足が浮き上がる」まで
「取った足を外方向へ両腕で思い切り持ち上げ」』
   相手をマットに「頭側から落下させてマットに這わせて2ポイント獲得更に4Pもねらい後に」
   ※「トルコ刈りで即一撃フォールする(ポイントは:足を入れて足で刈る力で裏返す)」
   ※「クォーターネルソンで即一撃フォールすることも可能」
・↑「クォーターネルソンは体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛る」と即一撃でフォール可能」
・↑「
Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く一撃で裏返し一撃フォール可能」
・↑「クォーターネルソンは一撃で裏返す威力が有る=なぜでしょう?」※腹ばいにつぶし掛ける
  
※「ネルソンを決めるコツ」=「相手の肘を決める位置に有る」
  クォーターネルソン」を掛けた時「相手の肘の位置」=「耳と頭に付いた位置」
  ※ハーフ・ダブルネルソンを掛る時も「相手の肘の位置」=「耳と頭に付けた位置」
  で「掛けると決まり簡単に裏返せる」脇下からでは裏返しにくい「腕をバンザイさせる」
  理由:肘が脇下から頭につく所までは「力の作用が抜けて」技が掛かりにくい部分
  ※肘が頭についた所からは「掛けた力が抜けずに裏返しに作用する」
・↑「Qネルソンで上から体に惰性を付けて体重を載せて力に変換した攻め」に下になっている
  「防御者が自分の体の静止的な状態から裏返されるのを力でこらえても」
  「攻撃者が掛ける力の方がはるかに上回るから一撃で裏返し即一撃フォール」
  ※「力(N)=質量kg(体重)×加速度m/s2(体の勢い・惰性の2乗)←大きな力に変換される
  ※「加速度の2乗に作用して」大きな「力に変換される」=「勢いをつけて体重を載せて技を掛ける」
クォーターネルソンは腹這いガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く即一撃で裏返しフォール可能」
・↑「ハイクラッチで背後に回り胴をつかみ手首を取り足を刈り前につぶしQネルソン即一撃フォール」
↑逆襲「※手で後ろ手に相手のあごを捕まえてあごを引き、足で内またを掛けるカウンター攻撃」
  (↑シミュレーション:ハイクラッチタックルへのカウンター逆襲技)↑刈りに来る足に内股投げ
・「ローシングルは必ずかかとを捕まえる」=「瞬時に倒せる」←後にQネルソン即一撃フォール
 ↑通常は前に出ている足に攻撃だが
「左右どちらの側の足も・両足同時にも」攻撃して即倒せる
 ↑倒し方のコツ:かかとを捕まえ自分の肩と頭と顔を使い→相手足すねにてこを掛けて即押し倒す
・「腕取りから  即つぶす=ロシアのビデオ参照する」←その後Qネルソン即一撃フォール
・「腕取り後に相手の肩の後ろ側を「
もう一方の腕でマットに突き落とす」=「即つぶせる」↑
  ↑「立ち技の
即つぶし=ロシアのビデオを参照する」 ↓ ←その後Qネルソン即一撃フォール
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=TJfgS6StUAM&feature=emb_title ←26秒から見る
・「相手タックルへの逆襲・防御する即一撃フォール技」 対ハイクラッチ5種類を含む
・「ハイクラッチタックルの攻撃と防御・逆襲方法」↓=お互いにガッチリ強く組んでいても使えるタックル
  URL:
http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/55780094.html
・「片足タックル防御・脱出・逆襲方法=①~④種類」←Qネルソンと足内無双で逆襲即一撃フォール
秒殺一撃即フォール技:相手をがぶり「取られた片足を相手股に入れ」その足を併用して
  「後ろに投げるか横や後方に転がし」4ポイントや一撃フォールを獲得する「カウンター攻撃」
   ※「足で内無双を掛けると横に転がすことができる」
  ※↑相手内股を自分の足で持ち上げると相手は簡単に重心バランスを崩す↑
ロシア片足タックルへのカウンター逆襲秒殺一撃即フォール技↓」しつこいロシアレスリング
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=dhqsRu8v7UA ←2:11秒から
  ↑かかとを捕まえる「ローシングル攻撃を使う」と「↑このカウンター攻撃を受けずに済む」
※もう片足タックルは問題にせず逆襲即一撃フォール」
  スミス選手の「片足タックルで足を取られた防御・脱出・逆襲即一撃フォール」
  
4:38秒から相手のバックを取った逆襲方法は使える
  ポイント↓逆襲手順①~③
  ※片足タックルに来た
  ①「相手の外側の手首をマットに押さえつけながら
  もお一方の腕で相手の
  ②「相手胴体を押して遠ざけて」
  ③「自分の体を後方に引き下げとられた足を抜いて相手のバックを取った」
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=kxEWfJxuIn4←4:38秒から見る
  ↑ 練習時にためしに使ってみましょう、このやり方を自分のものにする。
  ※相手のバックを獲得後Qネルソン秒殺一撃即フォールで仕留める
「片足タックル取られた所からバックを取る・即フォールする」3分20秒から見る
  ポイント:足をかかえられている相手の腕をかかえて、また下にある足を取り前につぶす↓
  ※相手のバックを獲得後にクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
  「クォーターネルソンは体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛る」と即一撃でフォール可能」
  「Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く一撃で裏返し即一撃フォール」
  前につぶさずにそのまま後ろに引き倒すと、
4ポイント獲得&即フォールできる
 
 URL:https://www.youtube.com/watch?v=VLwYTR4nAWs&feature=related 3分20秒から見る
↑④※もう片足タックルは問題にせず逆襲即一撃フォール」↓
  ※新技脱出技:立ち技の段階で片足タックルを脱出する方法:-2ポイント状態を防ぐ方法。
  片足タックルで足を取られてマットに潰されてポイントを失う前に
  ポイント:片足を取られたら対戦相手に背を向けて相手の前方に「思い切り遠ざかりながら」
  ※「取られている片足を思い切り縮めて相手の手から足を引き抜き脱出する」すぐに振り向く
  ※「脱出されて気がほかに向いてる対戦相手にすかさずローシングルタックル攻撃をする」
  ※相手のバックを獲得後Qネルソン秒殺一撃即フォールで仕留める
  ↑ロンドンオリンピック時
60kg級銀メダリストロシア選手が使っていた片足タックル脱出方法↓
                            ↑現在もYouTubeビデオに有るはずです↑
・「崩し攻撃から一撃でフォールする技=ロシアのビデオ」
・「組み手から直接フォールに持ち込む技」をマスターする=「立ち技外無双・他の技・ガブリ技・投技」
手から簡単即一撃フォールを可能な※オリジナル即一撃フォール新技」=「他の技」↑
  腕取りした腕と
  「逆の腕で頭の後ろ側から相手あごをつかんで引き
仰向けに裏返して即一撃フォール」
組み手から直接フォールに持ち込むオリジナル・即一撃フォール技」=「他の技」↑
  「右組み手」から私の左手で相手の下がっている右手首を取り、同時に私の右手で
   首に手を掛けて組み合う振りをして、実際には「相手のアゴをつかむ」
   次に
私の左手で「相手の右腕を右側上に持ち上げて」
  「私の体を相手の脇下をくぐって前に進ませ」私の左手で相手の背中の「腰上あたりを押して」
   私の右手で相手の
「アゴを押して仰向けに倒して即一撃フォール」
  ※左組手の人は「すべてを右組手の場合と反対の手順で行う」↑
・「ガブリ技から直接フォール」に持ち込む攻撃方法・防御方法
・「投げ技で即4ポイント・フォール獲得・技を掛ける前にフェイント合体攻撃が効果的
・防御方法
・「カウンターで即一撃フォールする技(立ち技・寝技両方で)
・「逆襲即一撃フォールする技(立ち技・寝技両方で)
・「立ち技・寝技のつぶし技両方をマスターする」←その後Qネルソン即一撃フォール↓自分の両足で
・「寝技のつぶし=四つん這い相手の肘関節内側に小手を思い切りたたき落とし足を蹴りだしつぶす」
・「立ち技背後のつぶし=相手手首を取った後に両腕で胴にクラッチを決め、腕を決めた側の相手足を
  自分の内側の足で刈り取り前に体重をかけて前につぶす」
←手首を取り足を刈り前につぶす
  ↑単につぶすのではなくローリングで回し4ポイントを獲得する←その後Qネルソン一撃フォール
・「
立ち技で背後を取られたら逆襲即一撃フォール技」 自分の足と反対側の←大内刈りの変形
 「相手の足を前の方に足をからめてす­くい出し」相手に「尻­もちをつかせ上体を制して即フォール」
・「立ち技でバックを取られて胴をクラッチされたら、自分の一方の足を相手の足の後ろ側まで
  移動させて、その足の膝で相手足を押して
後ろに倒して逆襲即一撃フォールする」
・「即一撃フォールできる寝技をマスターする」=「クォーターネルソン・寝技の外無双・ガブリ技」
・「クォーターネルソンは相手のバックを取った後に「即一撃フォールする中心技」
・「クォーターネルソンは体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛ける」と即一撃でフォール可能」
・「立ち技の外無双と寝技の外無双は「即一撃フォールする中心技」←寝技の方はガブリ技と合体攻撃
・「背後確保技をマスターする」←その後Qネルソン即一撃フォール
  ↑
腕取り・くぐりタックル・ハイクラッチ・ローシングルを使い背後確保:4つのどこからでも攻撃
・「ハイクラッチから背後に回り胴をつかみ手首を取り足を刈り前につぶしQネルソン一撃フォール」
・「立ち技・寝技で「背後を確保後に秒殺一撃即フォールする・オリジナル技手順①②」 力不必要
  ↑  ①  背後を確保後に「脇の下から腕を入れてあごを捕まえる」 
         もう「一方の腕」で「背後からおでこを捕まえて後ろに倒して即一撃フォール」
・「バックを取られた状態から逆襲即一撃フォールする方法あり」十数種類 ←負けなくなる
  ↑
(立ち技・寝技両方で)・相手退避不能な技あり=相手後ろに回らずスイッチバックから裏返す
・「ガッツレンチを逆襲で即一撃フォールする方法」↑
・「逆襲秒殺一撃即フォール技:ガッツレンチへの逆襲即一撃フォール技」
  グラウンドで背後を取られた後(オリジナル逆襲即一撃フォール技)
  寝技で自分の胴をクラッチされた場合の逆襲秒殺一撃即フォール技
  腹ばいにならずに:逆襲技手順①②
  
「自分の下半身を出す側と反対側の相手の肘上を抱え込んで」から
  「自分の下半身を」胴に回されている相手の「腕外側に出した後に」
 ※自分の両足でマットを蹴り上げた力で相手を裏返して即一撃フォールする
 =「ガッツレンチのカウンター即フォール技に使えるように練習する」
 ↑※相手肘を相手頭に付けて決めてバンザイさせ上四方固めで一撃フォール
 ↑敗戦濃厚時終了40秒前に意図的に背後を取らせ逆転フォールする
  ↓ ※ポイント:  ↓腹ばいにならずに逆襲する もっと簡単な逆襲技で一撃フォール
「寝技でバックを取られたら防御者は相手の肘上を取り腕と逆の内股を足で跳ね上げひっくり返す」
「寝技で腹ばいにならずにガッツレンチ逆襲技を使えると、他の寝技への逆襲も可能になる」↑
   =「ハーフネルソン、股裂き、レッグホールド、バックを取られた状態への」  ←負けなくなる
「対ネルソンには逆襲即一撃フォール可能な方法有り」:腹ばいにならずに
  ※ネルソンの防御・脱出・逆襲即一撃フォール技は体を思い切り後退させて引き抜き:」
  相手背後を確保後につぶしクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
  足を刈られて確保されている場合は「刈られている足を抜いて体を後退する」
「スイッチバックから相手を裏返し逆襲即一撃フォール技をマスターする・方法」←負けなくなる
「寝技で後を取られたら防御者は相手の肘上を取り腕と逆の内股を足で跳ね上げひっくり返す」
「レッグホールドや股裂を狙い相手が私の体下に足を入れてきた時相手を逆襲即一撃フォー­­ルする」
  腹ばいにならずに相手が私の体下に足を入­れ­て­­きた時に
  ポイント:
※「相手の­足を自分の­膝で前にすくい出し」て相手の尻をマットに付か­­す「カウンター攻撃」
  ※相手のかかとを持ち自分の両足でマットを蹴り背後マットに相手背中を傾けて2ポイント獲得後
  自分の体を左右のどちら側かへ反転相手の上体を制して即一撃フォールする」
・「寝技で相手のバックを取り四つん這い相手をつぶさずに即一撃フォールするオリジナル技」
  ↑技が掛った多くの者は「苦しがり反射的に脇を開ける所をダブルネルソンで一撃フォールする」
・↑「四つん這い相手を即一撃フォールする技:オリジナル・Qネルソン変形即一撃フォール寝技」↑

  入部7ヶ月後に自分で考え使い始めたつん這い相手をつぶさずに即一撃フォールする寝技
  
一方の腕を相手の「首後ろに手のひらを上に向けて小手をあてがい」

  もう一方の腕を相手の腋の下を通してクラッチを組む」←↑クォーターネルソン変形技
  「相­手に体を後退引き抜かれて逃げられない様に」脇下を通している
  「腕側­の足で相手の足­を刈る」   
↓ ポイント・コツ ↓ 
  ※てこと体全体を使い「頭を思い切りガツンと深く90度以上押し下げてバンザイさせ」
  ※↑注意:同じチーム内選手との模擬戦ではやんわりとじわりじわりで実施でも反射的に脇が開く
  相手選手は「気道が曲がり息がしづらくなって息がつまり」苦しがって↑深いほど息がつまる
  苦し紛れに何ともしようがないけれども、なんとかしようとして相手は「反射的に脇を開ける」
  「反射的に腕を上げて脇があく所をダブルネルソンで即一撃フォールする」
  ※ ダブルネルソンを決めるコツは「仰向けに返す側の肘を相手の頭に付ける位置」
       でネルソンを掛ける「バンザイさせた状態にしてネルソンを掛けるとたやすく
  裏返せる」脇のところからネルソンを掛けるのではなく、相手選手は逃げられず
  ※レスリングには脇を開けてはいけない鉄則があるが、それでも苦しがり
  技が掛かった多くの選手は
「反射的に脇を開ける」相手防御を突破する即一撃フォール技
・「立ち技寝技でバックを取られた状態は=相手が背中に位置する「こちらに有利な投げの逆襲体勢」
・↑「立ち技・寝技で自分のバックを取られた状態は「逆にこちら側の勝ちに持ち込める」
・「酸欠を防ぐ呼吸法、サウスポー対策、マット際攻防対策練習実施。フェイント技を使う方法」
・「フェイント技で相手を惑わし攻撃技を決める 方法」
←超一流選手には「素直な攻撃通用せず」
・「フェイントを使う為の考え方」=「主に逆モーションと目線と時間差を使う」フェイント数を↓
  ※逆モーションを入れられる技全てに「逆モーションを入れてフェイント練習をする」無数に可能
  ※フェイント技その1:基本的動き=「逆モーションに相手の気を引き反対側に技を決める」↑
・「クォーターネルソンでフォールする為ガッツレンチを見せて
腹ばいにさせて仕留めるフェイント」
・魚釣りにおいて、まき餌をまき魚をおびき寄せる様に
わざと自分の体の体勢・姿勢を餌にして」
  「相手をしとめるカウンターフォール技を数種類考案」して強くなるのはどうだろうか?
・「自分より強い者に勝つ方法」=「撃破する方法を数種類持ち対戦する」=「事前の研究」
  強敵強豪を「撃破する方法を数種類持ち攻略する」その試した結果を次に繋ぐ
  ↑これを持って対戦する、何も作戦を持たず対戦するのでは結果が大きく違う
  ↑1種類だけでなく「複数対策を持ち対戦攻略」使える使えない物を次に活かす
  「複数の攻撃・防御・脱出・逆襲・攻略方法を事前準備対策して戦い勝つ」
・「過去自分が戦った対戦ビデオの自分と戦い、自分が抱えている穴を知り対策して穴をふさぐ」
・「やってはいけない動作・やっていなければいけない基本的な動作について」
・「固め技はブリッジを不可能に固めて即一撃フォールする」
←相手の肘を頭につけて上四方固め
・「ネルソンを無力化する方法」←体を思い切り後退引き抜き背後を確保後にQネルソン一撃フォール
・「アンクルホールドを無力化する方法」←両足を取られて決められない様に前方に片足を広げる
・「ツーオンワンを無力化・防御逆襲=ロシアのビデオ※5:13秒から    
  ↑URL:https://www.youtube.com/watchv=HbiJh9qDYr8        ↓腕を取らせない      
・「サウスポー・酸欠・マット際:対策練習」 ↓相手を乗りすぎる状態にして押さえを効かせずらく
・「フォールを防ぐブリッジの使い方を身につける=固められる前に対処内側へ回転、外側はX」
「相手の腹の下に潜り込むブリッジをする」←ほとんどの場合逃れられる ↑↓負けなくなる
↑他に押さえている相手の体が浮き上がるまで「足を送り出し続け思い切り場外まで押し返す」
・↑場外までわずか数m足を思い切り送り出し続ける、押さえこまれているその場でこらえない
・↑他には
回転して「下向きになりその後バックを取られた逆襲即一撃フォール技を使い逆襲」
・「短期間で強くなるトレーニング方法:頭の中のシミュレーションで数十回の対戦を
繰り返し行う」
  ↑実際の動きとシミュレーションでイメージした動きが一致してくるようになる、
  肉体疲労をしないイメージトレーニングをどしどし行い、他人より豊富な練習量の成果を得る
  ↑体操選手はイメージした通りに体を動かし着地までの高難度を決めている
←動きが一致ズレなし
短期間で強くなるトレーニング方法:なぜ技術反復練習をするのか?」=「その目的は?」
  人間の体の運動神経反応スピードは認知してから約0.7秒」
  「脳」が動けと命令して体が反応するよりも「早く体が反応して動く為に」
  答え:「技術反復練習で」体(運動神経)に覚え込ませて「反応スピードを早くする」
 「技を決める精度を上げる」「対戦相手よりも素早く動く」
・「↑対戦中にすべての動きで相手よりも上回り、相手をほんろうすることができる」

人気ブログランキング←宜しければポチッと
Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を
苦も無く一撃で裏返せる

※腹ばいにならずにガッツレンチ逆襲技を使えると、他の寝技への逆襲も可能
になる:ハーフネルソン、股裂き、レッグホールド、バックを取られた状態への

立ち技・寝技の各種オリジナル即一撃フォール技・逆襲技を多数掲載↓↓
※あなたはこのブログにある技術を「一つ一つ試すと技の効果が分かる」

※「世界トップレベルになった後」 に 「トップレベルを維持し続ける方法」

↓「己に勝ち続けること」←敵は撃破する方法を持ち対峙してくる 「精神論ではなく」
※「過去対戦ビデオのシミュレーションで過去の自分と戦い」「自分の穴を知る」
※ 「孫子の兵法」   「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」

※「都道府県のトップレベルを目指す」(2012年現在)
※Qネルソンは相手のバックを取った後に「即一撃フォールする中心技」
※世界や日本のトップレベル選手達でも未使用の最強即一撃フォール寝技】
【クォーターネルソンの威力】nobuが最も効果的な使い方を暴露
※ 私が一番あなたにお伝えしたいことは、寝技になって10秒あれば
「フォールを即一撃で獲得できるQネルソンを試して欲しい事です」
※レスリング
最強即一撃フォール寝技】Qネルソン(小学6年生まで禁止技)
寝技攻撃展開が止まると↓↓その後
寝技攻撃を10しか認めず⇒『寝技一撃フォールレスリングが必要』
Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く一撃で裏返せる
※Qネルソンは確実即一撃フォール可能技「背後確保技をマスター」
(立技おもに:腕取りタックルとローシングルタックルを使う」:↓下方つぶし技も参照
「楽に使えるようになり、この技の多彩な攻撃力・防御・逆襲力が分かる」
↑相手のバックを取りマットにつぶしたら後は即一撃フォールできる技
Qネルソンを掛ける前に「ローシングルタックルとQネルソンの
コンビネーション攻撃使用で攻撃力が強力に跳ね上がる」
↓下方記載
※ローシングルは必ずかかとを捕まえる=瞬時に倒せる↓
「頭で押す押し倒し」「肩で押す押し倒し」←2種類一瞬の押し倒しで
  「
左右どちら側の足でも攻撃できて即倒せる」「即2ポイント獲得」
↑フェイントを使い相手にどちらの足を攻撃されるかをわからないように
↑フェイントの方法はもお少し下方に記載↓両足かかとを2本同時に取るのもOK
通常は前に出ている足に攻撃だがこの方法はどちらでも・両足同時にも攻撃して倒せる
↑この攻撃一本あれば他の技は必要無いと言い切れる程フォールに直結できる
回転技ガッツレンチで1回転もできずポイントを獲得できない選手がいる
しかしQネルソンは
即一撃で裏返して秒殺でフォールできる強力な技
ポイント1:※Qネルソンを使う時、腹ばいにつぶし腕の力だけではなく
体に「勢い・惰性をつけて
体重を乗せて掛ける」と即一撃でフォール可能
「Qネルソン」ここでは総合格闘技の講義で頸動脈を攻めてるが  
レスリングでは反則             
ポイント2:ジワリ攻めず一気に↑
「四つん這い」とマットに「腹這いにつぶした状態」2通りの攻め方が有る
※レスリングでは通常マットに腹ばいにつぶして使う方が使いやすい
体に勢い惰性をつけて体重を乗せて即一撃フォールより効果的に掛ける為
http://www.youtube.com/watch?v=YWlEdikYfuo 
↑↑↑ Qネルソン動画かけ方見本2:08秒から 
↑↑↑

※近年のレスリングではすぐにガッツレンチ防御姿勢を取り腹ばいになるので
殆ど「つぶす必要も無く腹ばいの相手をクォーターネルソンで即一撃フォール可能」

ポイント2:
「固め技」は:ブリッジを出来なく固めて即一撃フォールする
※上四方固めは相手の腕を絞り上げて「肘を頭に付けて­固める」 
この様にすると、首に添えた相手の腕が骨折時の添え木状態になり」相手は
「首を起こせずにブリッジを完全に出来なくなる」
 確実に
即一撃フォール可能「腕をバンザイさせ固める」

戦い方:即一撃フォールまで一連の攻撃をシームレスに組み立てた。
「わきの下を抱えて」固めたつもりの選手がいますが
※「首の自由が利く」のでブリッジをされる「不完全な固め方」
けさ固めで固める時も肘を頭につけて固めます 

※「クォーターネルソンは一撃で裏返す威力が有る=なぜでしょう?
「ネルソンを決めるコツ」=「相手の肘を決める位置に有る」
「Qネルソン」を掛けた時「相手の肘の位置」=「耳と頭に付いた位置」
ハーフ・ダブルネルソンを掛る時も「相手の肘の位置」=「耳と頭に付けた位置」
で「掛けると決まり簡単に裏返せる」下からでは裏返しにくいバンザイさせる」
理由:肘が脇下から頭につく所までは力の作用が抜けて」技が掛かりにくい部分
肘が頭についた所からは掛けた力が抜けずに裏返しに作用する」

※「対ネルソンには逆襲可能な方法有り」:腹ばいにならずに
ネルソンの防御・脱出・逆襲即一撃フォール技体を思い切り後退させて引き抜き
相手背後を確保後にクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
足を刈られて確保されている場合は「刈られている足を抜いて体を後退する

「クォーターネルソンは一撃で裏返す威力が有る
「上から
体に惰性を付けて体重を載せて力に変換した攻め」に下になっている
「防御者が自分の体が静的な状況から裏返されるのを力でこらえても」
「攻撃者が掛ける力の方がはるかに上回るから即一撃フォール」

※「筋力を補う技の掛け方・体の使い方が在る」
「体に勢い・惰性をつけて体重を乗せて技を掛ける」
筋肉を必要以上に体に付けると格闘途中に筋肉が酸欠を起こして
「脳や体は必要な酸素不足で:思考できず・動けず:相手にやられる」
(例:↑K1ボブサップ選手第1ラウンドで息切で動けず)
「力(N)=質量kg(体重)×加速度m/s2(体の勢い・惰性の2乗)」
「質量が大きいほど、また加速度が大きいほど力は大きくなる」
「加速度の2乗に作用して」大きな「力に変換されます」
ポイント:※クォーターネルソンを使う時、腹ばいにつぶし腕の力だけではなく
体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛ける」一撃で秒殺フォールできる
寝技になってから10秒あれば即秒殺フォールに持ち込める強力な技


※フェイントを使えるようにする考え方:逆モーションと目線を使う
逆モーションを入れられる技全てに逆モーションを入れてフェイント練習
※フェイント技1:基本的動き
逆モーションに相手の気を引き
反対側に技を決める」
※フェイント技2攻めるタイミングをずらして意表を突く攻撃をする
(↓相手が思う:攻撃が来ると思う時攻撃せず、来ないとわせて攻撃する)
 ↑ URL:https://www.youtube.com/watch?v=Yb7gbG0iLLA
自分がフェイントタックル攻撃を受けない方法は:タックルつぶし動作後に
1分10秒~14秒と3分05秒からの スミス選手の動きと同じく相手の
正面で立たずに後方で回って立ち上がる」を練習でマスターする
↓ スミス選手のローシングルは「頭を入れる左右を変更することで」
※「左右どちらの足でも攻撃し倒せている」「必ずかかとをつかまえる」
「頭で押す・肩で押す2種類一瞬の押し倒し」で「 即2ポイント獲得 」
↑フェイントで相手にどちらの足を攻撃されるかをわからないように
通常は前に出ている足に攻撃だが、この方法はどちらでも攻撃して倒せる
-------
※フェイント技3:目線をフェイントに使う
・目線を他に移し反対側にズバッと攻撃。
・攻撃しようとする場所への自分の目線・視線を相手に見せない。
・目線をフェイントに使い相手をだます:   ←↑これらを練習↑
-------
※高度なフェイント技4:同じ攻撃パターンを繰り返していると
相手がカウンター攻撃を合わせてくる
、カウンターにさそいこんで
そのカウンターに対し裏をかいて、
攻撃を用意した練習をしておく

攻撃技普段の練習の時から「有効な対戦方法をマスターする」
「サウスポーと対戦する時のやり方」「研究して、体験・経験して」
「タックルの入り方も違う」「組み合うやり方が違う」「崩す方向が違う」
↑ローシングルは相手構え方向に関係なく左右の足をどちら側でも攻撃できる強力な武器
※「ローシグルは必ずかかとをつかまえる」↓=瞬時に倒せる
「頭で押す押し倒し」「肩で押す押し倒し」←2種類一瞬の押し倒しで
  「
左右どちら側の足でも攻撃できて即倒せる」「即2ポイント獲得」

「力む時(攻防時両方):呼吸を止めずに行い酸欠を防ぐ
息を止めない呼吸法を意識しておこない身に着けて酸欠を防ぐ」
酸欠を起こすと:
「脳や体は必要な酸素不足で:思考できず・動けず:相手にやられます」
相手を酸欠に追い込み:思考能力と動きを奪いフォールする。
方法:「力まずにテコを使って組み合い崩し相手のスタミナを奪う」
↑組み勝つトレ実施(ロシア・サイティエフのビデオを参考にする)
※ダッシュトレーニングを重視して実施する
マラソンはウォーミングアップ効果のみ


攻撃技「マット際の戦い方の対策と練習」も必要
自分はマット際を背にせづに相手をマット際を背にした状態に追い込む
相手がこちらを場外に出す所を振ってかわして←2:42秒から↓
相手を先に場外に出す方法を身につける(立ち技、グラウンドの両方で)
 
 フリースタイル「即一撃フォール」負けない戦い方がある
※「カウンター
逆襲即一撃フォールレスリングの方法10数種類」↓↓
※ nobuオリジナル・強力即一撃フォール技6種類(立ち技・寝技)
↓↓

※半年程度のレスリング経験があり
「技のかけ方を知っている人を対象に
文章でやり方すべてを記載」

※あなたはこのブログにある技術を「一つ一つ試すと技の効果が分かる」

※腹ばいにならずに
ガッツレンチ逆襲技
を使えると、他の寝技への逆襲も可能
になる:ハーフネルソン、股裂き、レッグホールド、バックを取られた状態への

逆襲秒殺一撃即フォール技:ガッツレンチへの逆襲即一撃フォール技
グラウンドで背後を取られた後(オリジナル逆襲即一撃フォール技)
寝技で自分の胴をクラッチされた場合の逆襲秒殺一撃即フォール
腹ばいにならずに
自分の下半身を出す側と反対側の相手の肘上を抱え込んで」から
「自分の下半身を」胴に回されている相手の「腕側に出した後に」
※自分の両足でマットを蹴り上げた力で相手を裏返して即一撃フォールする
=「ガッツレンチのカウンター即フォール技に使えるように練習する」
※相手肘を相手頭に付けて決めてバンザイさせ固めて一撃フォール
敗戦濃厚時終了40秒前に意図的に背後を取らせ逆転フォールする

防御・逆襲技:
「背後からのガッツレンチ・ローリング攻撃への逆襲技」ブリッジする
「相手の足にトルコ刈りを掛ける練習を積む」
(シミュレーション)
あらかじめ「トルコ刈りを掛けられるように自分の体勢を準備しておき」
「相手を自分の罠に誘い込みトルコ刈り
一撃フォールで仕留める」

※「↓寝技で腹ばいにつぶざず即一撃フォール可能な技」

攻撃秒殺一撃即フォール技四つん這い相手を即一撃フォールする技
バック
を獲得してから「オリジナル・Qネルソン変形即一撃フォール寝技」

入部7ヶ月後に自分で考え使い始めた四つん這い相手を即一撃フォールする技
一方の腕を相手の「後ろに手のひらを上に向けて小手をあてがい」

もう一方の腕を相手の「腋の下を通してクラッチを組みます」
相­手に体を後退引き抜かれて逃げてしまわれない様に脇下を通している腕側­の
足で相手の足­を刈ります↓ ポイント・コツ  ↑クオーターネルソン変形技
てこと体全体を使って
「頭を思い切りガツンと深く90度以上押し下げてバンザイさせ」
相手は
気道が曲がり息がしづらくなって息がつまり」苦しがって
苦し紛れに何ともしようがないけれども、なんとかしようと反射的に脇を開ける
「腕を上げて脇があく所をダブルネルソンで即一撃フォールする」
※ ダブルネルソンを決めるコツは仰向けに返す側の肘を相手の頭に付ける
位置でネルソンを掛ける、バンザイさせた状態にして掛けるとたやすく
裏返せる、脇のところからネルソンを掛けるのではなく、相手は逃げられず
レスリングには脇を開けてはいけない鉄則があるが、それでも苦しがり
技が掛かった多くの者は反射的に脇を開ける」
相手防御を突破する簡単即一撃フォール技:お試しを」 
※相手が脇を開けないときは「脇を開けるまで」
「頭を思い切りガツンと深く90度以上押し下げることをくり返してみる」


防御・逆襲秒殺一撃即フォール技下から攻撃腹ばいにならずに
立ち技、寝技両方のつぶし技に対して逆襲即一撃フォール技をマスター↓
※ 相手のバックを取ったら(立技、寝技の両方とも)
相手の腕を決めずに胴を両腕でクラッチすると、肘上を抱え込まれて
相手の巻き込み技を受けるので手首をとって片腕を決めてクラッチする
※ 腕を決めずに相手が胴を両腕でクラッチしてきたら      ↓下になっているこちら側の
巻き込み逆襲フォールチャンス立技寝技後を取られた体勢=投げの体勢
※ 腕を決められても諦めず、刈られて確保されている足を抜いて
決められている腕で巻き込んで投げて逆襲即一撃フォールする
防御・逆襲即一撃フォール技※後ろを取られたら「時間をかけずすぐに逆襲する」
相手は少し安心気が抜けてる時
立ち技・寝技背後を取られた体勢=投げの体勢↓
とられている腕と逆
側に自分の「上体をひねり相手を巻き込んで」
内股の足で「相手を浮かせて」しまい「投げて即フォール」:または腕を取られている
側と反対の相手
内股を逆足ではね上げて相手を裏返して逆襲即フォールする。
↑相手内股を自分の足で持ち上げると相手は簡単に重心バランスを崩す↑
防御は攻撃になる防御を行い先手=主導権を取り返し逆襲即一撃フォール
 ※柔道で言えば相手が背中に乗った状態で、あとは投げるだけの状態
即一撃フォールまで一連の攻撃・防御・逆襲をシームレスに組み立てた


 


続きを読む

強くなるnobuレスリング ハイクラッチタックルの攻撃と防御・逆襲方法


「ハイクラッチを使う目的」ガッチリ強く組み合っている時に」
:使えるタックル
攻撃技:ハイクラッチの方法と逆襲即一撃フォール技↑↓

「ハイクラッチタックルで足を取りに侵入後の反撃を防ぐ攻撃方法」
相手の足を取るまで侵入した後に、そこで止まらず一気に腹ばいまで持ち込む
「相手もう一方の軸足が浮き上がるまで足を外方向へ思い切り持ち上げ」
相手をマットに「頭側から落下させてマットに這わせて2ポイント獲得後」
「トルコ刈りで即一撃フォールする(ポイントは:足を入れて足で刈る力で裏返す)」
※相手の「こちらのタックル攻撃に対するつぶし・反撃を防ぐ攻撃方法」↑



逆襲技:ハイクラッチタックルへの逆襲即一撃フォール技1
ぜひお試しを
狙われた足を後ろに上げ自分の体を「何度も練習し自分の着地態勢を確立する」
相手「頭上を飛び越して仰向けにあびせ倒し肘を決めて即一撃フォール」下と合せ防御↓
※相手肘を相手の頭に付けた状態に決めてバンザイさせて固めてフォール。↓ ↓
防御技:ハイクラッチタックルへの防御方法:肘を持って行かれてタックルで
くぐられないように
「肘を引き戻す」「肘を下に押し下げて侵入相手をおしつぶす」
逆襲技:ハイクラッチタックルへのカウンター即一撃フォール技2=内股
後ろ手でアゴを捕まえて内股をかけてフォールする。   相手をカモに。
逆襲技:ハイクラッチタックルへのカウンター3:足を取られるまで侵入された
場合
「がぶり技で取られた足のどちら側かにローリングして4ポイントを獲得」
更に「数回転してテクニカルフォールを獲得する」最初から勢い惰性をつける。
↑対戦相手が膝をマットに着いて侵入の場合にその方向に一撃で決められる。
逆襲技:ハイクラッチタックルへのカウンター4:足を取られるまで侵入された場合
「がぶり技で自分の後方や横に投げ・ころがし(数回転)でテクニカルフォールを獲得」↓
URL:https://www.youtube.com/watch?v=-tb28l0i0lk←0:21秒のところから
逆襲技:ハイクラッチタックルへのカウンター5:足を取られるまで侵入された場合
「がぶり技と取られた足を相手の股に入れその足を併用し後方や横に投るか転がす」
4ポイント獲得後固めてフォールする、
後ろに転がし2ポイント後フォールも可能 
2:11秒のところ→ URL:https://www.youtube.com/watch?v=dhqsRu8v7UA&index=6&list=PLpLknORp596nKl_4z3bKmpEbQ8f91No64 

↑ハイクラッチタックルカウンター技4,5は後方に投げて4ポイント獲得後に
がぶり技で横回転のローリングで2ポイント獲得積み上げ可能、
立ち技回転で4ポイント獲得にも

↓※4ポイントを即獲得可能:立ち技組み手から簡単即フォール組み手技

※「あなたはこのように投げ技を使いこなしていますか?彼らは出来ている」
違いは何
URL:http://www.nicofinder.net/watch/sm20293617 教えてもらう✖自分で学ぶ〇
1:07秒からハイクラッチタックルへの防御・逆襲技一撃フォール
:俵返し投げ1:13秒。

3:12秒からハイクラッチタックルへの逆襲技
:タックル返しレッグホールド投3:21秒


「タックル攻撃・防御に動かせるタイムラグ無しの構えを確立する」
「フリースタイルの構え = 瞬時に反応できる構え
常に
つでも現状の姿勢のままタックル攻撃・防御
姿勢をつくり直さずに動かせる体の構え・姿勢相手に自分のくせを見せず
相手に攻撃させる隙を見せない体の構え・姿勢
「タックル攻撃・防御に動かせるタイムラグ無しの構えを確立する」
筋肉が硬直するので、ほんの一瞬筋肉を弛緩させてから動くと良い
自分の膝が開いてガニマタにならない構え、少し膝を内向きに
100mスタートダッシュのイメージで、
前に勢いよく出る推進力
  この時に脇を開けない意識を持つ

※フットワークは:移動時「体の重心を浮かせず、足を交差せず」
すり足で両足の間隔を一定に 保つ、両足が1本にそろい重心が浮くと
タックルで狙われてすぐに倒されてしまう

タックルはかかとを捕まえる(片足の場合)
※左右に回り込まず直線的に足を取りに行きぶつかりテコをかけて即押し倒す
↑回り込むと相手に当たる圧力が掛からずに倒す攻撃力が落ちる。↑ローシングル↑
相手に反撃時間を与える回り込む場合は、後ろから倒す攻撃方法を選択した時
※相手に強く当る事で相手をより崩せる=反撃を受けにくくなる

人形を立たせて:正面タックル反復練習(これだけで片足にも応用が利く)
「次の動きを悟られる予備動作をしない
:くせを見せない」
(例:タックルに入る前にステップを踏む
:相手にタックルを察知される
を一歩下げて足を蹴りだす
:攻撃が一歩分遅れるから&↑   
体を沈みこませてタックル←対策:始めから沈みこんだ構えをしておく
鳥が羽ばたくように脇をあけて前に進む←相手に脇をとられる、等)
投げ技から攻めていく場合は別ですが、タックルから攻めていく場合は、
※膝を伸ばした構えは良くない、タックルに入るには足をけり出して入るが
姿勢を作り直さ(膝を曲げ)ないと足を蹴り出せず攻撃が遅れ察知される
重心は常に相手よりも低い位置で頭を下げず脇を開けずに構える。
※ 選手当時当初「私の構える足は両足先並行スタンス取っていた」
「この構えは前後左右に揺さぶられる」と「簡単にバランスが崩れる」
「利き足を前に出した構えに」変えた方が「相手の崩しに強くなる」
※タックル攻撃しやすいスミス選手の自由な低い構え↓。
URL:https://www.youtube.com/watch?v=kxEWfJxuIn4 ↑
※自分がフェイント攻撃タックルを受けない方法は:タックルつぶし動作後に
URL:https://www.youtube.com/watch?v=Yb7gbG0iLLA ↑ 
1分10秒から14秒の スミス選手の動きと同じく相手選手の
「相手正面で立ち上がらずに後方で回って立ち上がる」を練習でマスターする
「Low Level Single Legタックル」でバック獲得
※↑バックを獲得後クォーターネルソン秒殺一撃フォールで仕留める


「タックルに入るタイミング」Low Level single Leg タックル使い。
相手が立って構えているところと、次の位置に動く為に足を
※「踏み出してから次に着地するまでの間をねらう」=「相手は退避できず」
「攻撃するタイミングをずらしたフェイント攻撃も併用する」ずっと上部に記載分↑。
理由:
一度足を踏み出すと次に着地するまでは方向を変えづらい所だから。

ローシングルは
相手構え方向に関係なく左右の足をどちら側でも攻撃できる強力な武器
※「ローシグルは必ずかかとをつかまえる」↓=瞬時に倒せる
「頭で押す押し倒し」「肩で押す押し倒し」←2種類一瞬の押し倒しで
 「
左右どちら側の足でも攻撃できて即倒せる」「即2ポイント獲得」
  ↓ローダブル攻撃も可能
 「両足を同時にかかとをとり両肩で飛び込み攻撃できて即倒せる



※↓タックル攻撃から秒殺一撃フォールまで直結する攻撃方法
※ポイント:かかとをつかみ、かかとを取り即押し倒す。
※ ローシングルタックル攻撃の効果的方法一撃フォールするまで
↑この攻撃一本あれば他の技は必要無いと言い切れる程フォールに直結
※ タックルの練習方法を決めましたタックルのやり方
※ ジョン・スミス選手のローシングルタックル解説ビデオ。
URL:https://www.youtube.com/watch?v=oS8-SA44z9s
①かかとを捕まえる②すぐに押し倒す③バックを獲得する=相手退避不可能
④体に勢い・惰性を付けて「体重を載せクォーターネルソン一撃秒殺フォール」
頭を外に出す攻撃法も有るが、内側に入れる方が一瞬で攻撃完了する。
⑥頭を外に出した場合は内側の肩ですぐに膝下にテコを掛けて押し倒す。
⑦攻撃する時の頭を出す側を変えると相手の足を左右どちらも攻撃して倒せる
⑧このやり方は相手の構え方向に関係なく足どちらでも攻撃できる強力な武器
⑨ロ-シングルは「サウスポー対戦に有利:狙える足が近くに有るため」
※ ローシングルは足のかかとを取った後はそのまま押してすぐに倒せるので
足を持ち上げてから倒す等はしない方が確実に2ポイント獲得後フォール可能
※ローシングルタックルへの防御逆襲即フォール方法はずっと下方に記載↓
戦い方:フォールまで一連の攻撃防御逆襲技をシームレスに組み立てた。
※半年遅れて入部してから10ヶ月目に実戦で片足タックルが少し通用した。
※同級生に対してはQ ネルソンとローシングルのコンビネーション攻撃で
入部後8ヶ月目にスパーリング(模擬戦)開始後30秒でフォールできた。
※私がQネルソンの威力を知ったのが入部後7ヶ月目、ローシングルと
Qネルソンのコンビネーション攻撃を使ったのは入部後7ヶ月半目から
なので、集中トレーニングすれば、1,2ヶ月で楽にマスターできると思う。
ロシア選手のからみつきを防止する攻撃法(すぐに倒す)
 
※↑バックを獲得後クォーターネルソン秒殺一撃即フォールで仕留める
この攻撃一本あれば他の技は必要無いと言い切れる程フォールに直結
↑このように書いたが↓
一種類だとすぐに警戒され対策されてしまう、4つのどこからでも攻撃↓
(腕取り・くぐりタックル・ハイクラッチ・ローシングルを使い
背後確保)

※ フェイントを使えるようにする考え方:逆モーションと目線を使う。
逆モーションを入れられる技全てに逆モーションを入れて使う練習をする。
※フェイント技基本的動き
:逆モーションに相手の気を引き
反対側に技を決める
※フェイント技2攻撃防御攻めるタイミングをずらして意表を突く攻撃をする。
(↓相手が思う:攻撃が来ると思う時攻撃せず、来ないとわせて攻撃する)
 ↑ URL:https://www.youtube.com/watch?v=Yb7gbG0iLLA
自分がフェイント攻撃タックルを受けない方法は:タックルつぶし動作後に
1分10秒から14秒の スミス選手の動きと同じく相手選手の
「相手正面で立ち上がらずに後方で回って立ち上がる」を練習でマスターする。
↑ 3分05秒から09秒のスミス選手の動き:後方で回って立ち上がる。
 ・目線を他に移し反対側にズバッと攻撃。
・攻撃しようとする場所への自分の目線・視線を相手に見せない。
・目線をフェイントに使い相手をだます:       ←↑これらを練習↑。


攻撃技普段の練習の時から「有効な対戦方法をマスターする」
「サウスポーと対戦する時のやり方」「研究して、体験・経験して」
「タックルの入り方も違う」「組み合うやり方が違う」「崩す方向が違う」
↑ローシングルは相手構え方向に関係なく左右の足をどちら側でも攻撃できる強力な武器
「頭で押す押し倒し」「肩で押す押し倒し」←」2種類
一瞬の押し倒しで
 「左右どちら側の足でも攻撃できて即倒せる」「即2ポイント獲得」
  ↓ローダブル攻撃も可能
 「両足を同時にかかとをとり両肩で飛び込み攻撃できて即倒せる


「力む時(攻防時両方):呼吸を止めずに行い酸欠を防ぐ。
息を止めない呼吸法を意識しておこない身に着けて酸欠を防ぐ」
酸欠を起こすと:
「脳や体は必要な酸素不足で:思考できず・動けず:相手にやられます」
※相手を酸欠に追い込み:思考能力と動きを奪いフォールする。
方法:「力まずにテコを使って組み合い崩し相手のスタミナを奪う」
↑組み勝つトレ実施(ロシア・サイティエフのビデオを参考にする)
「ダッシュ・トレーニングはレスリングに必須のトレーニング」
「マラソンは」「ウオーミングアップの効果のみ」

攻撃技「マット際の戦い方の対策と練習」も必要。
自分はマット際を背にせづに相手をマット際を背にした状態に追い込む。
相手がこちらを場外に出す所を振ってかわして←2:42秒から↓
相手を先に場外に出す方法を身につける(立ち技、グラウンドの両方で)
2:42秒から
 

攻撃技立ち技対戦マスターが勝つ為のカギ

現在のレスリングルールは攻めが止まると「寝技攻撃を短時間10秒しか認めず」

↑攻撃が止まるとスタンド対戦に戻される↑↓立ち技対戦マスターが勝つカギ
 
理由:ポイント獲得後に寝技の時間稼ぎで逃げ切りる作戦防止の必要なルール

どんどん練習の時に投げられ投げられる感覚を知ることも必要危険察知する
「投げられる
危険察知しその一つ一つ投げ技に対し防御・逆襲技を学習する」

※ 相手投げ技の危険を事前に察知して回避対処する練習をする。

※「あなたはこのように投げ技を使いこなしていますか?彼らは出来ている」
違いは何?

URL:http://www.nicofinder.net/watch/sm20293617教えてもらう✖自分で学ぶ〇


※私の強みの全ぼう:攻撃防御技で逆襲即フォール技数種↓
※強みの全ぼう:記載した方法は全て実戦の動き方・体使い
各種技の使い方を解説したDVD教材と併用で更に効果的
逆襲技:グラウンドでは腹ばいにならずに逆襲技を駆使する下方記載
※私の強み:立ち技・寝技で後ろの相手を逆襲即フォールする
↓下方記載
自分のバックを取られた状態は「逆にこちらの勝ちに持ち込める状態」
防御は攻撃になる防御を行い先手=主導権を取り返し逆襲即フォール  ↓↓↓
※逆襲技スイッチバックで裏返して逆襲即フォール退避不能↓下方記載
※逆襲技もうローシングル・片足タックルは問題にせず逆襲即フォール↓
新技脱出技:立技段階で片足タックルを脱出・逆襲する方法有↓下方記載
私の強み:立ち技・寝技でバックを取ったら「即つぶせる」下方記載
※逆襲技フォール防止ブリッジから逆襲する方法有り」下方記載
↑相手内股を自分の足で持ち上げると相手は簡単に重心バランスを崩す↑ 
防御は攻撃になる防御を行い先手=主導権を取り返し逆襲即フォール
※フェイントを使えるようにする考え方:逆モーションと目線を使う下方記載
※フェイント技基本的動き
:逆モーションに相手の気を引き反対側に技を決める。
※フェイント技2攻撃防御攻めるタイミングをずらして意表を突く攻撃をする。


人気ブログランキング←宜しければポチッと
※nobuレスリング訪問者へお伝えします
章だらけですが「読み流して記憶にとどまらずを防止の為に」
記憶に止まりやすく「色付き文字や太い大文字に変えた所」がポイント
例:
こちらの腕の小­手を思い切りた­たき落とし」
  こちらの腕の小­手を思い切りた­たき落とし」
※半年程度のレスリング経験があり
「技のかけ方を知っている人を対象に
文章でやり方すべてを記載」
※あなたはこのブログにある技術を「一つ一つ試すと技の効果が分かる」

※グリーン色文字で下方に記載した「攻撃は最大の防御の内容について」
「逆襲技・即一撃フォールするレスリング技のかけ方・方法を」
文章でそのグリーン文字のずうっと下のほうまで全部を書いています。
「分からないことや聞きたいことがあったら」一番下までスクロールすると
「コメント記入枠があるので、そこに書いて送信してください」返信します
※高橋nobu自称:「日本一のオリジナル即一撃フォールレスリング技数保持者」
このブログに挙げた一撃フォール技は序の口でまだまだたくさん一撃フォール技の
アイディアがあります、今は本業ではないのでこの
ブログにとどめています、お試しを
※「立ち技・寝技で自分のバックを取られた状態は
    「即一撃で逆にこちら側の勝ちに持ち込める」


※ルールは2015年まで使われていたルールを前提にこのブログ技術を記載、
現在の試合ルールに置き換えて活用ください パソコンでの閲覧をお勧めします
↓2015年までの試合ルール
http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/44657974.html?ref=popular_article&id=4946366-1268498

  フリースタイル「即一撃フォール」負けない戦い方がある
※世界で強い日本レスリングを復活したい(2012年現在)
・日本では寝技で腹ばいのまま防御だけをして後は審判に任せる戦い方
 しかしロシア選手は自分有利な体勢を取り戻す為に逆襲し続けている
 このように強いレスリングには逆襲技が絶対に必要な事だと思います
日本はこの状態のまま(腹ばいのまま防御だけ)ではロシアに勝てず
即一撃フォール技をマスターしておきポイント負け時に逆転勝利可能にする
「防御=逆襲即一撃フォール技」で先手=主導権を取戻す「カウンター攻撃」
「防御は攻撃になる防御を行い先手=主導権を取り返し逆襲即一撃フォール」
即一撃フォールするやり方を前提に方法を考えると、あなたにも可能な  
注:ポイント獲得優先の回転技レスリングではない「即一撃フォールレスリング」
「秒殺一撃即フォール技」のやり方があることが見つかった
※ 国内や世界の強豪の戦いをユーチューブビデオで研究できる時代
※↑実戦の「体の動きや使い方を観察して見つけ出し逆襲技に取り入れる」

※「自分より強い者に勝つ方法」=「撃破する方法を数種類持ち対戦する」=「事前の研究」
  強敵強豪を「撃破する方法を数種類持ち攻略する」その試した結果を次に繋ぐ
  ↑これを持って対戦する、何も作戦を持たずに対戦するのでは結果が大きく違う
  ↑1種類だけではなく「複数対策を持ち対戦攻略」使える使えない物を次に活かす
※「複数の攻撃・防御・脱出・逆襲・攻略方法を事前準備対策して戦い勝つ」

※攻撃は最大の防御=マスターするべき攻撃技・他をこのブログに記載
・「大切なことは対戦相手もこちらへ攻撃してくるので」
先手=主導権を取り戻す方法」
 =攻撃する防御を実施する=逆襲技・カウンター攻撃技(一撃フォールを獲得する攻撃技)
  ↑防御する防御では先手=主導権を取れず↑   注釈:Qネルソン=クォーターネルソン
・「一撃でフォールを獲得して決勝戦までのスタミナを温存する」
・「固め技はブリッジを不可能に固めて即一撃フォールする」=相手の肘を頭につけて上四方固め
・↓高校1年生半年遅くに入部後7ヶ月(5月)地区予選で3年生にフォール負けしなかった方法
・「フォールを防ぐブリッジの使い方を身につける=固められる前に対処内側へ回転、外側はX」
 ↑脇をしめて腕を密着取らせない ↑相手を乗りすぎる状態にさせて押さえを効かせずらくする↓
・↑「=相手の腹の下に潜り込むブリッジをする」←ほとんどの場合逃れられる ↑↓負けなくなる
 ↑積極的にブリッジを使って体を相手の方向内側に回し、相手の体がこちらに乗り過ぎる状態を作る
 ↑内側にブリッジで回れない相手攻撃の場合は腕を体に密着させて
     「相手体勢を崩す目的で相手外側に思い切り半回転防御攻撃」後に逆襲即一撃フォール技で逆襲
 ↑他に押さえている相手の体が浮き上がるまで「足を送り出し続け思い切り場外まで押し返す」
 ↑場外までわずか数m足を思い切り送り出し続ける、押さえこまれているその場でこらえない
 ↑他には
回転して「下向きになりその後バックを取られた逆襲即一撃フォール技を使い逆襲」
・「サウスポー・酸欠防止・マット際:対策練習する」=一例:力むときに呼吸を止めない(攻防時両方) 
・↑サウスポー対策:ローシングル攻撃は必ずかかとを捕まえる=瞬時に倒せる↓後にQネルソンフォール
  「頭で押す押し倒し」「肩で押す押し倒し」←2種類一瞬の押し倒しで ↓ローダブル攻撃も可能
  「左右どちら側の足でも、両足を同時に両肩で飛び込み攻撃できて即倒せる
」「即2ポイント獲得」
 ↑倒し方のコツ:かかとを捕まえ自分の肩と頭と顔を使い→相手足すねにてこを掛けて即押し倒す
 ↑フェイントを使える:左右どちら側の足でも攻撃できるので。      ↓ ↑↑↑
 ※対サウスポー戦の強力な武器:自分が右組手の場合ローシングルで狙う相手左足が目前にある
 かかとをつかまえ瞬時に倒すので「タックル返しの逆襲を受けず」
 「サウスポーと対戦する時のやり方」を「研究して、体験・経験して→攻略方法を自分で決める」 
 「タックルの入り方も違う」「組み合うやり方が違う」「崩す方向が違う」組負けずに右組手に持ち込む
「マット際攻防対策練習:相手がこちらを先に場外へ押し出そうとする所を「体を振ってかわして
  相手を先に場外へ押し出す」(立ち技・寝技の両方でその方法を練習してものにしておく)↓
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=dhqsRu8v7UA ←2:41秒から2:47秒を見る↑
・「フェイント技で相手を惑わし攻撃技を決める 方法」←超一流選手には「素直な攻撃通用せず」
・「フェイントを使う為の考え方」=「主に逆モーションと目線と時間差を使う」フェイント数を↓
  ※逆モーションを入れられる技全てに「逆モーションを入れてフェイント練習をする」無数に可能
  ※フェイント技その1:基本的動き=「逆モーションに相手の気を引き反対側に技を決める」↑
  ※その他のフェイント技=連続技の2つ目、3つ目で
「技を決める方法を自分で考えて実施する」
・「即一撃フォール技をマスターしておきポイント負け時に逆転勝利可能にする」
・「
敗戦濃厚な時にも即一撃フォール技で逆転勝利可能にする」=「一本技日本柔道に見習う」
・「敗戦濃厚時終了40秒前に意図的に背後を取らせ逆転フォール技数種類」相手退避不能技あり↓
立ち技で背後を意図的に取らせ」「取られてすぐに」胴を抱えられているまま負けなくなる
  「股の間の相手足を両手で捕まえて引き捕まえた足の方­に自­分の体をマットに転がす」
  ※マットに一緒に1回転倒れた相手を(4P獲得)     ↓確実にポイントゲットする     
   
「内側に体を反転させてトルコ刈りで即一撃フォール」アクティヴィティータイム対策   
「スイッチバックから相手を裏返し逆襲即一撃フォール技をマスターする・方法」←負けなくなる
  腹ばいにならずにグラウンドのスイッチバックで 腹を前に張り出し後↓相手は退避不能
  腕を相手股に入れて腕肩を決めて殺し動けなくなった相手の後ろに回らずクラッチを切らずに」
  ポイント:自分の足先を相手の「内股に掛けて足で持ち上げて裏返し逆襲即一撃フォール」
  ※↑技を試すとわかる→「相手は何の抵抗もできず簡単にひっくり返せる、逃げられず」 
  ※↑相手内股を自分の足で持ち上げると相手は簡単に重心バランスを崩す↑
  ※スイッチバッ­クは­技を
「使うと同時に主導権を奪い返せる」優れた逆襲技  ↓フェイント練習
  ※「スイッチバックを一人で左右へ連続で技を切り返すシャドゥレスリング
鍛える練習を可能」↑↓
  ※「スイッチバックには一撃フォールのカウンター技がある」ので「カウンターを受けない様に」
  
「逆モーション動作をしてその逆方向にスイッチバック技をかける」とたやすく安全に決められる
  ↓ ※ポイント:  ↓腹ばいにならずに逆襲する もっと簡単な逆襲技で一撃フォール
寝技で後ろを取られたら防御者は相手肘上を取り腕と逆の内股を同じ側の足で跳ね上げひっくり返す
  ※参考:↑対抗策=バックを取るときに相手の手首を取り片腕を確保して決めて後ろにつくこと
  ※↑一番いい方法は「相手選手の真後ろにつかずに、真後ろから横にずらして後ろにつくこと」
  ※↑この方法で少しは安全になるが「取られた腕を使い相手
内股を跳ね上げるとひっくり返せる」
  ※↑↓相手内股を自分の足で持ち上げると相手は簡単に重心バランスを崩す↑↓投げ技を掛ける
  ※↑「立ち技で後ろを取られた時にも肘上を取り腕と逆の内股を同じ側の足で跳ね上げひっくり返せる」
  ※↑「なぜ多くの選手は後ろを取られてもそのまま何もせずに相手に攻めさせたままでいる?」 
  ※↑「その点ではロシア選手の戦い方はYouTubeビデオを見ると全く違いとても粘り強くて強い」
  ※↑「柔道におきかえて言えば相手が背中に乗っている状態
=後は投げるだけの状態」逆襲可能
立ち技でバックを取られて胴をクラッチされたら、自分の一方の足を相手の足の後ろ側まで
  移動させて、その足の膝で相手足を押して後ろに倒して逆襲即一撃フォールする」
立ち技で背後を取られたら逆襲即一撃フォール技 自分の足と反対側の←↓大内刈りの変形
 「相手の足を前の方に足をからめてす­くい出し」相手に「尻­もちをつかせ上体を制して即一撃フォール」
「レッグホールドや股裂を狙い相手が私の体下に足を入れてきた時相手を逆襲即一撃フォー­­ルする」
  腹ばいにならずに相手が私の体下に足を入­れ­て­­きた時に
  ポイント:
※「相手の­足を自分の­膝で前にすくい出し」て相手の尻をマットに付か­­す「カウンター攻撃」
  ※相手のかかとを持ち自分の両足でマットを蹴り背後マットに相手背中を傾けて2ポイント獲得後
  自分の体を左右のどちら側かへ反転相手の上体を制して即一撃フォールする」
「対ネルソンには逆襲即一撃フォール可能な方法有り」:腹ばいにならずに
  ※ネルソンの防御・脱出・逆襲即一撃フォール技は体を思い切り後退させて引き抜き:」
  相手背後を確保後につぶしクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
  足を刈られて確保されている場合は「刈られている足を抜いて体を後退する」
・「相手の背後を獲得する技をマスターする」←その後クォーターネルソン即一撃フォール
  ↑
腕取り・くぐりタックル・ハイクラッチ・ローシングルを使い背後確保:4つのどこからでも攻撃
  ↑対ネルソンの防御・脱出・逆襲即一撃フォール技は体を思い切り後退させて引き抜き:」
  相手背後を確保後につぶしクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
・↓「クォーターネルソンは体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛る」と即一撃でフォール可能」
Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く一撃で裏返し一撃フォール可能」
ハイクラッチから背後に回り胴をつかみ手首を取り足を刈り前につぶしQネルソン一撃フォール」
「くぐりタックルから背後に回り胴をつかみ手首を取り足を刈り前につぶしQネルソン一撃フォール」
「ローシングルから背後に回り体に勢いをつけ体重を載せてクォーターネルソン一撃フォール」
「腕取りからつぶし背後から体に勢いをつけ体重を載せてクォーターネルソン即一撃フォール」
「寝技のつぶし=四つん這い相手の肘関節内側に小手を思い切りたたき落とし足を蹴りだしつぶす」
「その後Qネルソンで即一撃フォール」「↑上記5つの攻撃からフォールまで30秒かからずに可能」
    ↓「相手の背後を獲得する技をマスターする」と30秒かからずに一撃フォール可能 ↓
・「立ち技・寝技で「背後を確保後に秒殺一撃即フォールする・オリジナル技手順①②」 力不必要
  ↑  ①  背後を確保後に「脇の下から腕を入れてあごを捕まえる」 
       ②  もう「一方の腕」で「背後からおでこを捕まえて後ろに倒して即一撃フォール」
・「立ち技背後のつぶし=相手手首を取った後に両腕で胴にクラッチを決め、腕を決めた側の相手足を
  自分の内側の足で刈り取り前に体重をかけて前につぶす」
←手首を取り足を刈り前につぶす
  ↑単につぶすのではなくローリングで回し4ポイントを獲得する←その後Qネルソン一撃フォール
  ↑この足を刈るつぶしのやり方は百発百中で決まり相手を逃す事なし相手内また投げに注意
   「そのために必ず相手の手首を取り足を刈る」←これとは逆に防御者は手首を取らせずに内股投げ
  ↑+「立ち技で後ろを取られた時肘上を取り腕と逆の相手内股を同じ側の足で跳ね上げひっくり返す」
・「腕取りから  即つぶす=ロシアのビデオ参照する」←その後Qネルソン即一撃フォール
・「腕取り後に相手の肩の後ろ側を「
もう一方の腕でマットに突き落とす」=「即つぶせる」↑
  ↑「立ち技の
即つぶし=ロシアのビデオを参照する」 ↓ ←その後Qネルソン即一撃フォール
・「寝技で相手のバックを取り四つん這い相手をつぶさずに即一撃フォールするオリジナル技」
  ↑技が掛った多くの者は「苦しがり反射的に脇を開ける所をダブルネルソンで一撃フォールする」

入部7ヶ月後に自分で考え使い始めたつん這い相手をつぶさずに即一撃フォールする寝技

  一方の腕を相手の「首後ろに手のひらを上に向けて小手をあてがい」

  もう一方の腕を相手の腋の下を通してクラッチを組む」←↑クォーターネルソン変形技
  「相­手に体を後退引き抜かれて逃げられない様に」脇下を通している
  「腕側­の足で相手の足­を刈り確保」   
↓ ポイント・コツ ↓ 
  ※てこと体全体を使い「頭を思い切りガツンと深く90度以上押し下げてバンザイさせ」
  ※↑注意:同じチーム内選手との模擬戦ではやんわりとじわりじわりで実施でも反射的に脇が開く
  相手選手は「気道が曲がり息がしづらくなって息がつまり」苦しがって↑深いほど息がつまる
  苦し紛れに何ともしようがないけれども、なんとかしようとして相手は「反射的に脇を開ける」
  「反射的に腕を上げて脇があく所をダブルネルソンで即一撃フォールする」
  ※ ダブルネルソンを決めるコツは「仰向けに返す側の肘を相手の頭に付ける位置」
       でネルソンを掛ける「バンザイさせた状態にしてネルソンを掛けるとたやすく
  裏返せる」脇のところからネルソンを掛けるのではなく、相手選手は逃げられず
  ※レスリングには脇を開けてはいけない鉄則があるが、それでも苦しがり
  技が掛かった多くの選手は
「反射的に脇を開ける」相手防御を突破する即一撃フォール技
・「立ち技・寝技で「背後を確保後に秒殺一撃即フォールする・オリジナル技手順①②」 力不必要
  ↑  ①  背後を確保後に「脇の下から腕を入れてあごを捕まえる」 
       ②  もう「一方の腕」で「背後からおでこを捕まえて後ろに倒して即一撃フォール」
手から簡単即一撃フォールを可能な※オリジナル即一撃フォール新技」
  腕取りした腕と
  
「逆の腕で相手頭の後ろ側から相手あごをつかんで引き仰向けに裏返して即一撃フォール」
「タックル攻撃・防御に動かせるタイムラグ無しの構えを確立する」
・「タックルで瞬時に倒し即ポイント又はフォールを獲得
する方法←後にQネルソン即一撃フォール
・「瞬時に這わす為 腕取り・ローシングル:タックルをマスターする」
←後にQネルソン即一撃フォール  
・「ガッチリ強く組み合っていても使えるタックル:ハイクラッチをマスターする」ハイ・クラッチの意味
・↑「相手の足を取るまで侵入した後に、そこで止まらず一気に腹ばいまで持ち込む
   『相手「もう一方の軸足が浮き上がる」まで
「取った足を外方向へ両腕で思い切り持ち上げ」』
   相手をマットに「頭側から落下させてマットに這わせて2ポイント獲得更に4Pもねらい後に」
   ※「トルコ刈りで即一撃フォールする(ポイントは:足を入れて足で刈る力で裏返す)」
   ※「クォーターネルソンで即一撃フォールすることも可能」
・↑「クォーターネルソンは体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛る」と即一撃でフォール可能」
・↑「
Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く一撃で裏返し一撃フォール可能」
・↑「クォーターネルソンは一撃で裏返す威力が有る=なぜでしょう?」※腹ばいにつぶし掛ける
  
※「ネルソンを決めるコツ」=「相手の肘を決める位置に有る」
  クォーターネルソン」を掛けた時「相手の肘の位置」=「耳と頭に付いた位置」
  ※ハーフ・ダブルネルソンを掛る時も「相手の肘の位置」=「耳と頭に付けた位置」
  で「掛けると決まり簡単に裏返せる」脇下からでは裏返しにくい「腕をバンザイさせる」
  理由:肘が脇下から頭につく所までは「力の作用が抜けて」技が掛かりにくい部分
  ※肘が頭についた所からは「掛けた力が抜けずに裏返しに作用する」
・↑「Qネルソンで上から体に惰性を付けて体重を載せて力に変換した攻め」に下になっている
  「防御者が自分の体の静止的な状態から裏返されるのを力でこらえても」
  「攻撃者が掛ける力の方がはるかに上回るから一撃で裏返し即一撃フォール」
  ※「力(N)=質量kg(体重)×加速度m/s2(体の勢い・惰性の2乗)←大きな力に変換される
  ※「加速度の2乗に作用して」大きな「力に変換される」=「勢いをつけて体重を載せて技を掛ける」
クォーターネルソンは腹這いガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く即一撃で裏返しフォール可能」
・↑「ハイクラッチで背後に回り胴をつかみ手首を取り足を刈り前につぶしQネルソン即一撃フォール」
↑逆襲「※手で後ろ手に相手のあごを捕まえてあごを引き、足で内またを掛けるカウンター攻撃」
  (↑シミュレーション:ハイクラッチタックルへのカウンター逆襲技)↑刈りに来る足に内股投げ
・「ローシングルは必ずかかとを捕まえる」=「瞬時に倒せる」←後にQネルソン即一撃フォール
 ↑通常は前に出ている足に攻撃だが
「左右どちらの側の足も・両足同時にも」攻撃して即倒せる
 ↑倒し方のコツ:かかとを捕まえ自分の肩と頭と顔を使い→相手足すねにてこを掛けて即押し倒す
・「腕取りから  即つぶす=ロシアのビデオ参照する」←その後Qネルソン即一撃フォール
・「腕取り後に相手の肩の後ろ側を「
もう一方の腕でマットに突き落とす」=「即つぶせる」↑
  ↑「立ち技の
即つぶし=ロシアのビデオを参照する」 ↓ ←その後Qネルソン即一撃フォール
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=TJfgS6StUAM&feature=emb_title ←26秒から見る
・「相手タックルへの逆襲・防御する即一撃フォール技」 対ハイクラッチ5種類を含む
・「ハイクラッチタックルの攻撃と防御・逆襲方法」↓=お互いにガッチリ強く組んでいても使えるタックル
  URL:
http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/55780094.html
・「片足タックル防御・脱出・逆襲方法=①~④種類」←Qネルソンと足内無双で逆襲即一撃フォール
秒殺一撃即フォール技:相手をがぶり「取られた片足を相手股に入れ」その足を併用して
  「後ろに投げるか横や後方に転がし」4ポイントや一撃フォールを獲得する「カウンター攻撃」
   ※「足で内無双を掛けると横に転がすことができる」
  ※↑相手内股を自分の足で持ち上げると相手は簡単に重心バランスを崩す↑
ロシア片足タックルへのカウンター逆襲秒殺一撃即フォール技↓」しつこいロシアレスリング
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=dhqsRu8v7UA ←2:11秒から
  ↑かかとを捕まえる「ローシングル攻撃を使う」と「↑このカウンター攻撃を受けずに済む」
※もう片足タックルは問題にせず逆襲即一撃フォール」
  スミス選手の「片足タックルで足を取られた防御・脱出・逆襲即一撃フォール」
  
4:38秒から相手のバックを取った逆襲方法は使える
  ポイント↓逆襲手順①~③
  ※片足タックルに来た
  ①「相手の外側の手首をマットに押さえつけながら
  もお一方の腕で相手の
  ②「相手胴体を押して遠ざけて」
  ③「自分の体を後方に引き下げとられた足を抜いて相手のバックを取った」
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=kxEWfJxuIn4←4:38秒から見る
  ↑ 練習時にためしに使ってみましょう、このやり方を自分のものにする。
  ※相手のバックを獲得後Qネルソン秒殺一撃即フォールで仕留める
「片足タックル取られた所からバックを取る・即フォールする」3分20秒から見る
  ポイント:足をかかえられている相手の腕をかかえて、また下にある足を取り前につぶす↓
  ※相手のバックを獲得後にクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
  「クォーターネルソンは体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛る」と即一撃でフォール可能」
  「Qネルソンは腹這いのガッツレンチ防御姿勢者を苦も無く一撃で裏返し即一撃フォール」
  前につぶさずにそのまま後ろに引き倒すと、
4ポイント獲得&即フォールできる
 
 URL:https://www.youtube.com/watch?v=VLwYTR4nAWs&feature=related 3分20秒から見る
↑④※もう片足タックルは問題にせず逆襲即一撃フォール」↓
  ※新技脱出技:立ち技の段階で片足タックルを脱出する方法:-2ポイント状態を防ぐ方法。
  片足タックルで足を取られてマットに潰されてポイントを失う前に
  ポイント:片足を取られたら対戦相手に背を向けて相手の前方に「思い切り遠ざかりながら」
  ※「取られている片足を思い切り縮めて相手の手から足を引き抜き脱出する」すぐに振り向く
  ※「脱出されて気がほかに向いてる対戦相手にすかさずローシングルタックル攻撃をする」
  ※相手のバックを獲得後Qネルソン秒殺一撃即フォールで仕留める
  ↑ロンドンオリンピック時
60kg級銀メダリストロシア選手が使っていた片足タックル脱出方法↓
                            ↑現在もYouTubeビデオに有るはずです↑
・「崩し攻撃から一撃でフォールする技=ロシアのビデオ」
・「組み手から直接フォールに持ち込む技」をマスターする=「立ち技外無双・他の技・ガブリ技・投技」
手から簡単即一撃フォールを可能な※オリジナル即一撃フォール新技」=「他の技」↑
  腕取りした腕と
  「逆の腕で頭の後ろ側から相手あごをつかんで引き
仰向けに裏返して即一撃フォール」
組み手から直接フォールに持ち込むオリジナル・即一撃フォール技」=「他の技」↑
  「右組み手」から私の左手で相手の下がっている右手首を取り、同時に私の右手で
   首に手を掛けて組み合う振りをして、実際には「相手のアゴをつかむ」
   次に
私の左手で「相手の右腕を右側上に持ち上げて」
  「私の体を相手の脇下をくぐって前に進ませ」私の左手で相手の背中の「腰上あたりを押して」
   私の右手で相手の
「アゴを押して仰向けに倒して即一撃フォール」
  ※左組手の人は「すべてを右組手の場合と反対の手順で行う」↑
・「ガブリ技から直接フォール」に持ち込む攻撃方法・防御方法
・「投げ技で即4ポイント・フォール獲得・技を掛ける前にフェイント合体攻撃が効果的・防御方法
・「カウンターで即一撃フォールする技(立ち技・寝技両方で)
・「逆襲即一撃フォールする技(立ち技・寝技両方で)
・「立ち技・寝技のつぶし技両方をマスターする」←その後Qネルソン即一撃フォール↓自分の両足で
・「寝技のつぶし=四つん這い相手の肘関節内側に小手を思い切りたたき落とし足を蹴りだしつぶす」
・「立ち技背後のつぶし=相手手首を取った後に両腕で胴にクラッチを決め、腕を決めた側の相手足を
  自分の内側の足で刈り取り前に体重をかけて前につぶす」
←手首を取り足を刈り前につぶす
  ↑単につぶすのではなくローリングで回し4ポイントを獲得する←その後Qネルソン一撃フォール
・「
立ち技で背後を取られたら逆襲即一撃フォール技」 自分の足と反対側の←大内刈りの変形
 「相手の足を前の方に足をからめてす­くい出し」相手に「尻­もちをつかせ上体を制して即フォール」
・「立ち技でバックを取られて胴をクラッチされたら、自分の一方の足を相手の足の後ろ側まで
  移動させて、その足の膝で相手足を押して
後ろに倒して逆襲即一撃フォールする」
・「即一撃フォールできる寝技をマスターする」=「クォーターネルソン・寝技の外無双・ガブリ技」
・「クォーターネルソンは相手のバックを取った後に「即一撃フォールする中心技」
・「クォーターネルソンは体に「勢い・惰性をつけて体重を乗せて掛ける」と即一撃でフォール可能」
・「立ち技の外無双と寝技の外無双は「即一撃フォールする中心技」←寝技の方はガブリ技と合体攻撃
・「背後確保技をマスターする」←その後Qネルソン即一撃フォール
  ↑
腕取り・くぐりタックル・ハイクラッチ・ローシングルを使い背後確保:4つのどこからでも攻撃
・「ハイクラッチから背後に回り胴をつかみ手首を取り足を刈り前につぶしQネルソン一撃フォール」
・「立ち技・寝技で「背後を確保後に秒殺一撃即フォールする・オリジナル技手順①②」 力不必要
  ↑  ①  背後を確保後に「脇の下から腕を入れてあごを捕まえる」 
       ②  もう「一方の腕」で「背後からおでこを捕まえて後ろに倒して即一撃フォール」
・「バックを取られた状態から逆襲即一撃フォールする方法あり」十数種類 ←負けなくなる
  ↑
(立ち技・寝技両方で)・相手退避不能な技あり=相手後ろに回らずスイッチバックから裏返す
・「ガッツレンチを逆襲で即一撃フォールする方法」↑
・「逆襲秒殺一撃即フォール技:ガッツレンチへの逆襲即一撃フォール技」
  グラウンドで背後を取られた後(オリジナル逆襲即一撃フォール技)
  寝技で自分の胴をクラッチされた場合の逆襲秒殺一撃即フォール技
  腹ばいにならずに:逆襲技手順①②
  
「自分の下半身を出す側と反対側の相手の肘上を抱え込んで」から
  「自分の下半身を」胴に回されている相手の「腕外側に出した後に」
 ※自分の両足でマットを蹴り上げた力で相手を裏返して即一撃フォールする
 =「ガッツレンチのカウンター即フォール技に使えるように練習する」
 ↑※相手肘を相手頭に付けて決めてバンザイさせ上四方固めで一撃フォール
 ↑敗戦濃厚時終了40秒前に意図的に背後を取らせ逆転フォールする
  ↓ ※ポイント:  ↓腹ばいにならずに逆襲する もっと簡単な逆襲技で一撃フォール
「寝技でバックを取られたら防御者は相手の肘上を取り腕と逆の内股を足で跳ね上げひっくり返す」
「寝技で腹ばいにならずにガッツレンチ逆襲技を使えると、他の寝技への逆襲も可能になる」↑
   =「ハーフネルソン、股裂き、レッグホールド、バックを取られた状態への」  ←負けなくなる
「対ネルソンには逆襲即一撃フォール可能な方法有り」:腹ばいにならずに
  ※ネルソンの防御・脱出・逆襲即一撃フォール技は体を思い切り後退させて引き抜き:」
  相手背後を確保後につぶしクォーターネルソン即一撃フォールで仕留める
  足を刈られて確保されている場合は「刈られている足を抜いて体を後退する」
「スイッチバックから相手を裏返し逆襲即一撃フォール技をマスターする・方法」←負けなくなる
「寝技で後を取られたら防御者は相手の肘上を取り腕と逆の内股を足で跳ね上げひっくり返す」
「レッグホールドや股裂を狙い相手が私の体下に足を入れてきた時相手を逆襲即一撃フォー­­ルする」
  腹ばいにならずに相手が私の体下に足を入­れ­て­­きた時に
  ポイント:
※「相手の­足を自分の­膝で前にすくい出し」て相手の尻をマットに付か­­す「カウンター攻撃」
  ※相手のかかとを持ち自分の両足でマットを蹴り背後マットに相手背中を傾けて2ポイント獲得後
  自分の体を左右のどちら側かへ反転相手の上体を制して即一撃フォールする」
・「寝技で相手のバックを取り四つん這い相手をつぶさずに即一撃フォールするオリジナル技」
  ↑技が掛った多くの者は「苦しがり反射的に脇を開ける所をダブルネルソンで一撃フォールする」
・↑「四つん這い相手を即一撃フォールする技:オリジナル・Qネルソン変形即一撃フォール寝技」↑

  入部7ヶ月後に自分で考え使い始めたつん這い相手をつぶさずに即一撃フォールする寝技
  
一方の腕を相手の「首後ろに手のひらを上に向けて小手をあてがい」

  もう一方の腕を相手の腋の下を通してクラッチを組む」←↑クォーターネルソン変形技
  「相­手に体を後退引き抜かれて逃げられない様に」脇下を通している
  「腕側­の足で相手の足­を刈る」   
↓ ポイント・コツ ↓ 
  ※てこと体全体を使い「頭を思い切りガツンと深く90度以上押し下げてバンザイさせ」
  ※↑注意:同じチーム内選手との模擬戦ではやんわりとじわりじわりで実施でも反射的に脇が開く
  相手選手は「気道が曲がり息がしづらくなって息がつまり」苦しがって↑深いほど息がつまる
  苦し紛れに何ともしようがないけれども、なんとかしようとして相手は「反射的に脇を開ける」
  「反射的に腕を上げて脇があく所をダブルネルソンで即一撃フォールする」
  ※ ダブルネルソンを決めるコツは「仰向けに返す側の肘を相手の頭に付ける位置」
       でネルソンを掛ける「バンザイさせた状態にしてネルソンを掛けるとたやすく
  裏返せる」脇のところからネルソンを掛けるのではなく、相手選手は逃げられず
  ※レスリングには脇を開けてはいけない鉄則があるが、それでも苦しがり
  技が掛かった多くの選手は
「反射的に脇を開ける」相手防御を突破する即一撃フォール技
・「立ち技寝技でバックを取られた状態は=相手が背中に位置する「こちらに有利な投げの逆襲体勢」
・↑「立ち技・寝技で自分のバックを取られた状態は「逆にこちら側の勝ちに持ち込める」
・「酸欠を防ぐ呼吸法、サウスポー対策、マット際攻防対策練習実施。フェイント技を使う方法」
・「フェイント技で相手を惑わし攻撃技を決める 方法」
←超一流選手には「素直な攻撃通用せず」
・「フェイントを使う為の考え方」=「主に逆モーションと目線と時間差を使う」フェイント数を↓
  ※逆モーションを入れられる技全てに「逆モーションを入れてフェイント練習をする」無数に可能
  ※フェイント技その1:基本的動き=「逆モーションに相手の気を引き反対側に技を決める」↑
・「クォーターネルソンでフォールする為ガッツレンチを見せて
腹ばいにさせて仕留めるフェイント」
・魚釣りにおいて、まき餌をまき魚をおびき寄せる様に
わざと自分の体の体勢・姿勢を餌にして」
  「相手をしとめるカウンターフォール技を数種類考案」して強くなるのはどうだろうか?
・「自分より強い者に勝つ方法」=「撃破する方法を数種類持ち対戦する」=「事前の研究」
  強敵強豪を「撃破する方法を数種類持ち攻略する」その試した結果を次に繋ぐ
  ↑これを持って対戦する、何も作戦を持たず対戦するのでは結果が大きく違う
  ↑1種類だけでなく「複数対策を持ち対戦攻略」使える使えない物を次に活かす
  「複数の攻撃・防御・脱出・逆襲・攻略方法を事前準備対策して戦い勝つ」
・「過去自分が戦った対戦ビデオの自分と戦い、自分が抱えている穴を知り対策して穴をふさぐ」
・「やってはいけない動作・やっていなければいけない基本的な動作について」
・「固め技はブリッジを不可能に固めて即一撃フォールする」
←相手の肘を頭につけて上四方固め
・「ネルソンを無力化する方法」←体を思い切り後退引き抜き背後を確保後にQネルソン一撃フォール
・「アンクルホールドを無力化する方法」←両足を取られて決められない様に前方に片足を広げる
・「ツーオンワンを無力化・防御逆襲=ロシアのビデオ※5:13秒から    
  ↑URL:https://www.youtube.com/watchv=HbiJh9qDYr8        ↓腕を取らせない      
・「サウスポー・酸欠・マット際:対策練習」 ↓相手を乗りすぎる状態にして押さえを効かせずらく
・「フォールを防ぐブリッジの使い方を身につける=固められる前に対処内側へ回転、外側はX」
「相手の腹の下に潜り込むブリッジをする」←ほとんどの場合逃れられる ↑↓負けなくなる
↑他に押さえている相手の体が浮き上がるまで「足を送り出し続け思い切り場外まで押し返す」
・↑場外までわずか数m足を思い切り送り出し続ける、押さえこまれているその場でこらえない
・↑他には
回転して「下向きになりその後バックを取られた逆襲即一撃フォール技を使い逆襲」
・「短期間で強くなるトレーニング方法:頭の中のシミュレーションで数十回の対戦を
繰り返し行う」
  ↑実際の動きとシミュレーションでイメージした動きが一致してくるようになる、
  肉体疲労をしないイメージトレーニングをどしどし行い、他人より豊富な練習量の成果を得る
  ↑体操選手はイメージした通りに体を動かし着地までの高難度を決めている
←動きが一致ズレなし
短期間で強くなるトレーニング方法:なぜ技術反復練習をするのか?」=「その目的は?」
  人間の体の運動神経反応スピードは認知してから約0.7秒」
  「脳」が動けと命令して体が反応するよりも「早く体が反応して動く為に」
  答え:「技術反復練習で」体(運動神経)に覚え込ませて「反応スピードを早くする」
 「技を決める精度を上げる」「対戦相手よりも素早く動く」
・「↑対戦中にすべての動きで相手よりも上回り、相手をほんろうすることができる」











































 
記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

nobu

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ