人気ブログランキング ←宜しければポチッと。

※ ※ 
※ ※
※ クライミングの「前腕のパンプアップについて考える」回復方法。

私はレスリングの経験者です。
レスリングも対戦中に前腕がパンプアップを起こして、筋肉が動かなくなります。
これは筋肉に力を入れ続けると、
筋内の血流が止まる為に「筋肉活動に必要な酸素が送られなくなって、
老廃物が貯まり、筋肉が動けなくなるためです」。
クライミングはレスリング以上に「激しい腕のパンプアップを起こし」ます。
レスリングの普段のトレーニングでは「手のひらグー・パーを繰り返して
※毛細血管を発達させる強化運動を行っています」。
=「体内の筋肉内老廃物を素早く迅速に運び去ってくれる体つくり」
その事によって一時動かなくなった筋肉も動く様に回復する時間も早まります。
※もお一つ、力む時に「呼吸を止めない方法を意識してマスターします」。
そうしなければ、息をあげてしまい動けなくなり判断ミスも出てやられます。
激しい相手選手との格闘をしているので、
「脳の思考に必要な酸素」がほんの数秒間のうちに不足して、
※思考不能になって、まずい動作をしてやられます:クライミング中も同様です。


超還暦クライマーの健康話ブログから引用--
URL:http://coritoru.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/03/post_8ea1.html

パンプの原因としての血流量低下
国内のクライミング専門誌「Rock & Snow」の最新号(2012年春号)に、

1962年生まれのベテランクライマー中根穂高が面白いことを書いている。

彼は、同誌に連載の「クライミング道場」の中で、パンプ状態は、指を強く曲げて一生懸命に壁を登らなくても、地上で両腕を頭の上まで挙げて指を閉じたり開いたりしているだけで簡単につくることができる、と述べている。

パンプとは、もともと筋トレの分野で言われていた「パンプアップ」のことで、激しいトレーニングの後まるで筋肉に血液が注入されて風船のように膨れ上がった状態のことを意味していた。

パンプアップのメカニズムについてはいろいろな説明がなされているが、生理学的には次のような説明が分かりやすい。

筋肉が過酷な運動をすると、乳酸などの代謝産物が生成され筋肉内の血液中に蓄積する。すると血液の浸透圧が上昇(血液に溶け込んでいる物質の濃度が高まる)ので、この浸透圧を一定にするために水が集まって来て血液を薄めることになる。つまり、パンンプアップとは、筋肉内の血管に集まって来た水で筋肉が膨れ上がり、一種の水膨れ状態になることである。

血液中に蓄積していた乳酸などの代謝産物が静脈血によって筋肉内から運び出されると、浸透圧を一定にするために今度は水が引き、水膨れ状態が解消しパンプから回復することになる。

それでは、先程の両手を頭上に挙げて指を閉じたり開いたりするだけでパンプになるというのはどうしてなのだろう。

これは、クライミング中パンプになるのを少しでも防ぐために、登りながら片手を下にブラブラ振ったり、チョークアップしたりすることからも想像できるように、筋肉内の血流量低下が原因である。

両手を挙げて腕の血流量を下げた状態では、指の開閉という軽作業でも酸素が不十分での運動となり、酸素を必要とするTCAサイクルが十分に回らなくなり、解糖系でのピルビン酸がTCAサイクルに入らず乳酸に代謝される量が増えることになる。

また、筋肉内の血流量は運動の強度によっても変わってくるという。

筋肉の専門家石井直方によると、最大筋力の30%程度までは運動中の筋肉の血流量が顕著に増えるが、負荷を増していくと筋内圧の上昇によって静脈圧が高まり(筋肉運動によって静脈血が心臓に戻る量が増える)、筋肉内の血流は減少していく。さらに、最大筋力の80%以上を発揮すると、筋肉が血液を絞り出すような状態になり筋肉内が局所貧血となる。

したがって、このような状態ではますますパンプすることになる。

このようにみてくると、血液の循環を促す血液循環療法がパンプの解消に有効だということへの説明も、血流量回復の促進という観点がポイントになるように思える。

引用終わり。


※ 「筋肉活動に必要な物」
=「酸素を運ぶ血流+筋肉内の老廃物を肝臓腎臓に搬出する血流」。


クライミングをする時に考えなければいけない事は、
どの様な「クライミングの達人」であっても、
「前腕の血流が止まると筋肉疲労を起こして筋肉が動かなくなって墜落します。
酸素を運ぶ血流が止まったままだと1分持たずに墜落します。

※ 「キャンパシング・トレーニング」では、筋肉に最大の力を入れる
一時に大量の筋繊維動員を速めるトレーニングになりますが、
これは「クライミングにおける一次元の状態を考えたトレーニング」
として必要な事ですが、

 「クライミングをする時の全体に必要な事」は「筋肉の動きに必要な
酸素血流を維持させる」事に有ります。
クライミング最中は筋肉の力を抜いて血流を送る時間を
出来るだけ長く取ることが必要です。


※ クライミングホールドをつかんだ時に
「どこまで筋肉の力を抜いて柔らかくつかめるか、どうか、
この事で筋肉に必要な血流を維持できる事になります。
どこまでの力を抜く事が出来るのか?
この様な自分の感覚も、もう一方で必要なトレーニングになります」。

 ①「一時に大量の筋繊維動員を速めるトレーニング」=「キャンパシング」
②「酸素を運ぶ血流を維持させる」=「ホールドごとどこまで力を抜ける?」
+「クライミング途中でのレストで血流を戻し筋肉疲労回復」

両方のトレーニングが必要です。

※ 筋肉を必要以上に体に付けると体重が増化して
クライミング途中に筋肉が酸欠を起こし
「息切れをして・思考できなくなり・動けなくなり」ムーブをミスします。


※ ※
※ ※ 

「腕がパンプアップを起こすと、クライミング能力が落ちます」が、
※「イメージトレーニンを行って、ルート攻略方法を練る」事は、
パンプアップが起きないので、いくらでも続けられます。
クライミング能力向上に貢献します、毎日実施しましょう。
ムーヴ・イメージ力が身に付きます。

人気ブログランキング ←宜しければポチッと。
※ 不要な体重を減らして体重減量を行う=パンプを抑制できる。
↓ 最下段の方に
「体重減量に必要な知識と普段の体重:維持・管理法方」
について記事をまとめました。

私は1年間かけて体重減量マイナス10kgに成功しました。
このあとも更に10kg体重減量をしながら、同時並行して筋トレを行い
20年前のクライミング能力レベルをクリアー目指してトレーニングを開始しました


※ 筋トレを体が若い時と同じように行うと「筋肉と特に健を痛めます」。
プロ野球選手に専属についているトレーナーのように

「自己の体全体をメンテナンス・ケアーすることも同時に必要です」。
「自分で開発した道具」と「自己の体全体をメンテナンス・ケアーするやり方」
の検証も今回同時に行います。 

------
------
※ 即席ボルダリング前腕のパンプアップ軽減方法。
↑↓ ボルダリング課題は傾斜が強くて前腕への負担が大きいので
1、正解ムーブ・解決ムーブを登る前に読み切って1回で登りきる。
2、そのためのトレーニング方法として:
ユーチューブのボルダリング課題映像を視聴して
「課題解決ムーブを自分でイメージすることを数多くの課題を見て
繰り返し行い」「ムーブ自己解決力をアップさせる」。
その後にその課題を登攀している人のムーブや
正解ムーブを見て

「自分のイメージしたムーブを修正して蓄積を繰り返す」。
3、足技を多用して腕で体を引き上げることを極力避けて登る。
4、足ブラ状態を極力なくして腕の負担軽減を行う。
※ ムーブを読めなければ登れません、何度もトライ繰り返し。
簡単にパンプアップしてしまいます。
------
------
人気ブログランキング←宜しければポチッと。


※ フリークライミング、平山ユージさんの部屋ユーチューブ映像。 

番組について

プロクライマー「世界のユージ」こと、平山ユージ氏による、
クライミング界初のトーク番組『ユージの部屋』。
みんなの憧れのトップクライマーをゲストにお招きして、
USTREAMで生放送します。
日ごろのトレーニング方法や上達のコツなど、みんなの知りたい情報を、
トップクライマー本人の口からナマで聞けちゃいます!
また、クライマーだけでなく、ホールドや壁を作っている方、
セッターの方など、クライミング界のあらゆる人々をお招きしていく予定です。
トップクライマー同士の対談、お見逃しなく!

※ USTREAM映像、「ユージの部屋 by F-STYLE」。 
URL:
http://www.ustream.tv/channel/climbers-talk



「ユージの部屋」第1回放送(2011.11.22/ゲスト:小山田大)録画 

URL:http://www.youtube.com/watch?v=cZCXMzxXhk0


「ユージの部屋」第2回放送(2011.12.21/ゲスト:野口啓代)録画 


URL:http://www.youtube.com/watch?v=7Dx650GX9Vk


「ユージの部屋」第3回放送(2012.01.26/ゲスト:安間佐千)録画(1/2) 


URL:http://www.youtube.com/watch?v=oirQK0xFoxM


「ユージの部屋」第3回放送(2012.01.26/ゲスト:安間佐千)録画(2/2) 


URL:http://www.youtube.com/watch?v=2PavIf6iCrY

Speed Record on El Capitan - Part 1 
 

URL:
http://www.youtube.com/watch?v=00R_fSVhi9k&feature=channel&list=UL
Masters of Stone VI, an excerpt.
Yuji Hirayama and Hans Florine set a new speed record 
on Yosemite's Nose of El Capitan


Yuji Hirayama climbing trip (usa 2001)
 

URL:http://www.youtube.com/watch?v=0I2t2T-FoZc&feature=channel&list=UL
Yuji Hirayama climbing trip :1本目:big brawl 5.13c on sight.
2本目:supertweek,5.13b. 3本目:sometimes always 5.13b on sight.
4本目:kryptonite 5.14d.  


Action Direct (9a) Dai Koyamada
 

URL:
http://www.youtube.com/watch?v=y3EJctYJzpk&feature=channel&list=UL


平山ユージ Yuji Hirayama 5.14a Base Camp 'Back Bone' 2010.8.1 
 

URL:
http://www.youtube.com/watch?v=vKUlhGWOyeE&feature=channel&list=UL
Base Camp 2本目の5.14だそうです(汗)この暑さですごーい!


平山ユージ大先生 登って降りてまた登る 
 

URL:
http://www.youtube.com/watch?v=vccb2ffo_Xc&feature=channel&list=UL
2010.10.25 ベースキャンプにて 登ってクライムダウンしてまた登る
ユージさん、別世界。


Yuji Hirayama climbing 13d/14a 2010.OCT.20
 

URL:
http://www.youtube.com/watch?v=7QTTObEpszE&feature=channel&list=UL
撮影の横でビデオ回させて頂きました。
目の前で人間がこんなグレードを登るの初めて見た~
この日のこのルート、湿ってるってるっていうか
ホールドから水が滴ってましたけど・・凄すぎ!
レポートはこちらにも :
http://www.candcjp.com/
Although today's conditions were not good 
water was dripping from some of the holds 
he performed great



Escalada / climb - Dream time ''v15'' Chris Sharma
 

URL:
http://www.youtube.com/watch?v=yoYjuLWggto&feature=channel&list=UL
Chris Sharma mandando Dream time...
V15



英語・スペイン語の
説明の翻訳は、リンクに有る翻訳プログラムをご使用ください。
URL:
http://www.excite.co.jp/world/



Chris Sharma on "La Rambla" 

URL:
http://www.youtube.com/watch?v=9agEFToJT-4
In December 2006, Chris Sharma did the third ascent of 'La Rambla'. 
This pretty hard route [5.15a] is located in Siurana, Catalunya (Spain). 
Chris Sharma climbed with Dave Graham, 
Dani Andrada and Yuji Hirayama and Edu Marin, 
who did the second ascent of the route, one day before Chris !! 
Chris Sharma redpointed the route after less than 20 tries...
A film by Laurent Triay.

En Décembre 2006, Chris Sharma a fait la troisième ascension 
de 'La Rambla'. 
Cette voie très dure [9a+] est située à Siurana, en Catalogne (Espagne). 
Chris a grimpé avec Dave Grahame, Dani Andrada, 
Yuji Hirayama et Edu Marin (qui enchaîna la voie le jour d'avant !). 
Chris a quant à lui réussi l'enchaînement en un peu moins de 20 essais... 
Un film de Laurent Triay.



英語・スペイン語の
説明の翻訳は、リンクに有る翻訳プログラムをご使用ください。
URL:
http://www.excite.co.jp/world/



[NHK出版]ボルダリング入門(講師:尾川智子さん) 

URL:http://www.youtube.com/watch?v=HZ02FRVSYbE
「壁に挑め! ボルダリング入門」 壁を登る気持ちよさを味わおう!
そそり立つ壁を自分の力で登る「ボルダリング」の魅力から、
やさしい壁の登り方、コツまでを、女性ボルダー・尾川智子さんが解説。
DVD1枚付き!


FIVE TEN CUP 2010 オープンクラス決勝 (1/3)


URL:http://www.youtube.com/watch?v=yrFTx5VgSyg&feature=relmfu
2010年5月22日@B-PUMP横浜店
FIVE TEN CUP 2010(ファイブテンカップ)
オープンクラス 決勝(1/3)
10分では収まらないので分割しました。


FIVE TEN CUP 2010 オープンクラス決勝 (2/3) 


URL:http://www.youtube.com/watch?v=n8GFHlwi_xQ&feature=relmfu


FIVE TEN CUP 2010 オープンクラス決勝 (3/3)

URL:http://www.youtube.com/watch?v=E-sktQ3to80&feature=relmfu


※※
※※
Vol.76 平山ユージ&野口啓代
――世界に誇る男女、愛するクライミング界の未来を大いに語る

URL:http://www.asobist.com/yomimono/viva/vol76.php





 

パンプが一瞬で回復!?ボルダリング専用ジェルをご存じですか?
URL:http://bouldering-style.com/2015/0117/010110/

ボルダリング・クライミングの最大の敵と言えば、
みなさんも悩まされる「パンプ」ですよね。
パンプの回復には比較的長いレストをはさまなくてはいけませんし、
ここぞという時に、パンプによるヨレで核心の一手が取れないなんてこともしばしば。

・・・そんなパンプ、一瞬で回復できたら世のクライマーは大歓喜でしょう。
私も大歓喜します。
そんな中、偶然クライミングジムの店長に教えてもらったのがボルダリング専用ゲルなんです。

パンプも回復!マスターキミーボディライトリカバリーゲル

2015-01-17_005049

筋肉疲労のおもな原因は、運動すると筋肉中のph値が低下し酸性化するためといわれています。その酸性化した筋肉をハイパーEリキッド(高電子液)を高バランスに配合したクリームを塗りこんで浸透させ、還元・中和させる事で、筋肉のコンディションが改善されます。
整体施術の専門家が、現場から生み出したボディケアクリームです。有名スキー選手や野球選手など、プロのアスリートたちのボディケアをサポートしてきた長年の施術の実績と評価があります。それらをもとに改良を加え、スポーツクライミングのケア専用の配合を行い、「伸ばし易い」ゲル状のケアクリームを開発しました。

マスターキミーボディーライトゲル100g 価格は税込みで4212円。
ぐっぼるさんのホームページや、マスターキミーのホームページで販売されています。
ぐっぼるページ→
http://goodbouldering.com/menu/302662
マスターキミー→http://master-kimy.jp/products/index.html

ボルダリング専用に開発されたリカバリージェルで、
塗ることによって前腕の張りやシビレ感などに効果があるそう。
お値段は少し高いですが、マッサージ店で施術してもらうよりか低価格で手軽!
ここぞ!という時に使うにはかなり重宝しそうです。

ボルダリング用リカバリーゲルはこんな人におすすめ

2015-01-17_010252

  • 毎日パンプに悩まされて、ジムでの練習が短時間で終わってしまう人。
  • 腕以外にも、アイシングのしずらい背中などの筋肉が痛い・疲労している人。
  • 連登が続いているけど、練習時間を減らしたくない人。
  • 2日以上続けて外岩に行く人。
  • コンペ・外岩などの1日に長く連投しなければいけない時に。

ボルダリング用リカバリーゲルの効果的な使い方

  1. 適量をボトルから出して手に取ります。(初めは少量とって、追加で塗り足します)
  2. てのひらに広げます。(患部が自身の場合はそのまま片手で患部へ塗擦しましょう)
  3. 広範囲に軽くマッサージしながら擦り込みます。(筋肉の付け根、間接やリンパにも)
  4. 特に酷使した箇所は指で入念に塗擦します。(心臓に向かって揉みこみます)

普段のマッサージのように、入念にジェルを塗り込みましょう。
相方やパートナーがいる人は、リカバリージェルを使って全身
(特に、背中や肩を酷使した時に)をマッサージしてもらうと気持ちいいし、効果てき面でしょう! 

人気ブログランキング ←宜しければポチッと。
------
------
※ 菊地敏之(きくちとしゆき)さん、

「クライマーズ・ボディーの作り方」のホームページ。
「クライミングのトレーニング 筋肉の力を抜くタイミング」

菊池敏行クライミングスクール&ガイド。
URL:http://www.ne.jp/asahi/gamera/climb/

菊地敏之氏講演会 『クライマーズ・ボディの造り方』

URL:http://powernavi.erde.co.jp/lecture/kikuchi2008/kikuchi01.html

インサイドフラッキング とあるクライマーのメモ帳。
URL:http://insideflag.blogspot.jp/2009/08/blog-post_29.html

プロトレーナー直伝! 「セルフマッサージ」。
URL:http://www.cyclesports.jp/magazine/2009/0902/

クライミングの栄養学。
←おすすめサイト。
URL:http://www.camp-outdoor.com/climbing/nutrition.shtml

アスリート解体新書 (33)スポーツクライミング ~省エネで壁を制す~

 
URL:https://www.youtube.com/watch?v=eyekb47_M-E


クライミングの基本/ボルダリング001「スタートの種類」講師:松岡準弥

 
URL:https://www.youtube.com/watch?v=Ql9sn3aLLlI


※ ↑ フリークライミングの技術・道具についてまとめてある映像集。
クライミングの基本/ボルダリング 解説映像全73本をまとめてある映像。
クライミングの基本/ボルダリング001「スタートの種類」講師:松岡準弥
・プレイボタンのとなりのボタンを押して映像をスキップ再生できます、
YTの画面に移動して再生すると映像毎の項目名がわかります。
 

URL:https://www.youtube.com/watch?v=Ql9sn3aLLlI&list=PLpLknORp596kAnKf-bIwSrPGzwkDVZW2H
------
------
世界初!疲労のメカニズムを解明し、“疲れ”を数値化!
疲労大国ニッポンを救いたい!~新常識をつくった医学博士
ドリームメーカー:
大阪市立大学 特任教授/渡辺 恭良 さん
URL:http://po http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20130901.html
身体の異常を知らせる 「痛み」、「発熱」、「疲労」。
“三大生体アラーム”と呼ばれるが、
日常的に症状が出る「疲労」は、見過ごされがち・・。
重大な疾患が潜む可能性もあるが、
これまで、客観的な診断法は確立されていなかった。
「疲れ」とは何か? なぜ、疲れるのか―? 
この“医学の忘れ物”に真正面から挑み、
「疲労」のメカニズムを分子・神経レベルで解明したのが、
大阪市立大学の渡辺恭良。

渡辺は、どれだけ疲れているかを客観的に測る検査法を確立、
疲労の数値化に成功した。
※それは
※自律神経が活動するバランス状態を計測して診断する機器開発※
自律神経=交感神経と副交感神経。


挑戦のきっかけ、それは、自身の過労だった・・。
脳科学を専門としていた渡辺は、
40代半ばで、研究費13億円という脳科学研究のリーダーを任された。
しかし、疲労困憊の日々が1年間続き、ついに、激しい腹痛に倒れる―。
『自分が体験したような“疲労”をなくしたい!』 
渡辺は、生涯のテーマを決意した。

1999年、疲労研究は国家プロジェクトとしてスタート。
これまでに国や企業から、30億円という莫大な費用が投じられた。
渡辺を中心とする研究チームは、疲労の主な原因物質とされてきた「乳酸」が、
「むしろ疲れを取る役割があり」別の物質が疲労の原因であることを証明した。

※疲労の原因物質:活性酸素※

さらに、疲労回復に絶大な効果を発揮する、“ある物質”にたどりつく。

※番組放送中にここの肝心なところを聞き逃し、調べて後日書き込みます※
「抗疲労食」に書かれている物質だと思います。


そして今、新たに目指すのは、採血のように患者に負担をかけずに、
手軽に且つより高い精度で、疲労を数値化すること。
測るのは・・「自律神経」!?
世界共通語になってしまった“Ka-ro-shi(過労死)”を防ごうと突き進む
渡辺の挑戦を追う。


※ ※ 
※ ※ 
※ 速筋が遅筋に乳酸を送っています! 乳酸はエネルギー源!
Allaboutから引用(文章加工あり):URL:
http://allabout.co.jp/gm/gc/298994/


※ 乳酸自体が直接エネルギー源となることはありません。
ピルビン酸→乳酸とは反対の乳酸→ピルビン酸の反応が起きて、
ピルビン酸がミトコンドリアで使われば、乳酸はエネルギー源の元となり。
調べてみると無酸素運動で早く動く速筋はピルビン酸→乳酸の方向で
反応が進む。一方、
心筋と主として有酸素運動で動く遅筋では乳酸→ピルビン酸の方向で反応が
進むことが判明。

新しい図式では速筋→血中乳酸→心筋・遅筋・肝臓という事に。
実はグリコーゲンをたくさん貯えている速筋が血液中に乳酸の形で
心筋・遅筋にエネルギー源を送っている。
それでも使われなかった乳酸を肝臓が回収する。


※ 筋肉痛と乳酸は関係あるの?

筋肉痛は誰もが経験した事があるものです。
運動では筋肉が伸びながら力をだすような場合、
筋肉痛が起こりやすい事が判っています。
例えば階段を登る時より下りる時により筋肉痛を感じるのは
経験があると思います。
さて判っていそうで実は判らないのが筋肉痛の原因。
乳酸が筋肉に溜まって神経を刺激するのが筋肉痛の原因という
説明があります。
現在の考えでは、乳酸は体の中で消費されてしまって筋肉中に残らず。
特に運動してから数日後に起こる筋肉痛に乳酸が関係する
可能性はほとんどありません。

普段あまり使っていない筋肉を急に使うと筋肉が損傷して浮腫を起こし。
筋肉のこりには、この浮腫が関係。
運動後に、この浮腫の修復が必要となり、その修復過程で炎症物質が
産生されると考えられて。
なお炎症物質は筋肉ではなくて筋肉を覆う筋膜や
皮下の結合組織で痛覚を起こします。

----Allaboutから引用終わり。


抗疲労食―毎日の食事が疲れに効く!






抗疲労食―毎日の食事が疲れに効く! [大型本]

疲労の科学 眠らない現代社会への警鐘 (KS医学・薬学専門書)






疲労の科学 眠らない現代社会への警鐘 (KS医学・薬学専門書) [単行本]



インドア・クライミング (How to enjoy mountaineering series)
インドア・クライミング (How to enjoy mountaineering series) [単行本]

クライマーズ・ボディ
クライマーズ・ボディ [単行本]

人気ブログランキング←宜しければポチッと。



※ 「試みて得た知識を持った」が原義のエキスパート
(expert = 熟練した人、専門家、プロ、名人)と言われている人を
参考にする­のが上達をする早道だと私は思います。
私­­はフリークライミン­グを初めてから上達する為の知識を
主に次の2冊の本から得ました­。

山と渓谷社か­­ら販売されている「パフォーマンスロッククラ­イミング」
著者 ウド・ノイマン、デイル・ゴダード共著、1800円、1999年­­­4月初版。
「インドアクライミング」著者 Hideki Azuma 、1260円、1997年2月初版。

どうして上達しなければなら­­­ないのだろう?上達をどうのこうの言う前に
クライミングは楽­しいです。­­クライミングはどんなレベルでも楽しめます。
それ­でも出来ない事が出来る様になる、なしとげた達成感も­­良い物­です。 


※ 第一線で活躍するスポーツ選手の選手寿命が随分と伸びてきていま­­­す。
中日山本投手と山崎選手は46歳、日本ハム 稲葉選手は39歳。
野球に限らずにその他の競技全般でも選手寿命­­­が伸びてきているのは、
競技を長く続けることにチャレンジす­る選手が­­いるからです。
限界と捉えられていた事が可能に変わ­って来ています。


インドア・クライミング (How to enjoy mountaineering series)
インドア・クライミング (How to enjoy mountaineering series) [単行本]

パフォーマンス・ロック・クライミング
パフォーマンス・ロック・クライミング [単行本]
プレミアム価格で高価になっています、図書館で借りる方法もあります。

※ クライミング界の菊池iさんと前野園 さんの共著
「クライマーズボディー(Climber's Body)」2005年7月初版 1785円。
目次内容は
第1部.筋肉と体の基礎知識。
第2部.ク­ライミングのためのボディー・コンディショニング­­。
第3部.­クライミングのためのボディー・ケアー。
年齢を重ねるほどに体の­故障を起こし易くなる状態へ­­の
コンディショニングやケアーに­ついて学べます。



私の体の経験でも年齢が上がると筋肉と腱の手入れを適切に
行わないと気がつかない内に故障を引き起こします。
私は現在55歳ですが、
何の痛みもない肘関節周辺の筋肉と腱を揉みほぐすと、
痛みと炎症が現れます。
これに気がつかないでトレーニングを続けると腱を故障してしまいます。
年齢の高い人はトレーニングをした後の筋肉と腱を
ほぐす手入れが必要です。 


※ 筋肉増強のサプリメント(栄養補助食品、追加、補充の意味)とし­­­て
代表的な物はプロテインとグルタミンが有ります。
これらの­サプリメントが注目されてから研究が進­­み、
ただ漠然と摂取す­るのはよくないと分かって来ています。

運動直後のプロテイン摂取­は吸収に時間­­が掛り、
大量の水が必要とされて腎臓へも負担を­掛けると言う指摘もあります。
グルタミンは筋肉修復­­や免疫系­の維持に効果が有る。
摂取はグルタミンペプチド表示のものを運動­後に限定して
運動中は避け­­る(アンモニアの生成に関与する)­

BCAAアミノ酸(バリン、ロイシン、イソロシン分岐アミノ酸)­­­は
筋肉を正常に修復して吸収も体に負担を掛けずに、
プロテイ­ンよりも優れています。
大切なのは、普­­段の食生活が基本にな­ります。 


※ 研究が進み最新の情報内容を知るのは意義が有­ります。

「Cli­­mbers' Body」の目次内容。

第1部.筋肉と体の基礎知識。 
筋肉とは何か(筋肉の構造、筋肉稼働の仕組み、筋肉の種類)。
­­ネルギー生成の仕組み(有酸素性機構、解糖系機構、ATC-P­­C系機構)­。
パワーとは何か(ハイパワーミドルパワー、ロー­パ­ワー)。
筋肉疲労とは何か(筋肉疲労の原因、回復­の方法)­。
筋肉­はどの様に働くか(主動筋と拮抗筋、等尺性筋収縮と等張­性筋収縮)。
運動神­経とは何­か(運動神経の仕組み、筋協調性­とは何か、
運動神経の発達)。
トレーニングとは何か
(筋力ト­レ­­ーニング、神経系トレーニング、持久力トレーニング)。
筋力ア­ップの原則(負荷のかけ方、トレーニ­ン­グの頻度、ピリオダイ­ゼーション)。


※ 第1部 筋力トレーニングの方法
(アイソトニック法、アイソメトリック法­­­、愛想キネティック法)。
ウオーミングアップとクールダウン­)。­
ストレチング(柔軟性とは何か、ストレッチ­の原則、スト­レッチの­方法)。
第2部.クライミングのためのボディ・コンデ­ィショニン­グ)。
クライミングに必­要な肉体能力(クライミン­グの特性、持久­力とは、
パンプ、コンタクトストレングス)。
­ライミングに通じ­­る動きのメカニクス(体間を中心にした動き­、
体芯を割った動き、­初動負荷理論)。
クライミングのための特­殊トレーニング(フィン­ガーボード、キャンパシング、
システム­トレーニング)。
クライミ­ングのステップア­ップ・プログラム­(負荷の設定、ステップアップ­の法則、
ルートクライミングで何­を学ぶか)。 



※ 人工壁でのトレーニング
(人工壁での課題、ボルダリング、持久力­­­­トレーニング、ルートの選択)
自然の岩場でのクライミング
­(ウ­オ­ーミングアップ、課題へのトライ­、クールダウン、ワ­ークアウ­ト)­。
クライミングのピリオダイゼーション
(1日単­位のトレー­ニング­負荷、週単­位のピリオダイゼーション、年­単位)。
若齢者­・高齢者­へのアドバイス
(若年層の問題、老化­-この避け得­ぬも­の)。
クラ­イマーのための栄養学
(基礎的­な栄養素、ウエイトコ­ントロール、­サプリメント)。
第3­部­.クライミングのためのボ­ディ・ケアー。ボディケアの基礎-外­傷
(一般的な怪我の概念、炎­症と損傷­、応急­処置)。
ボディ­ケアの基礎-関節(関節の仕組み­と傷害、インナーマッスル)。


※ 指(手の構造と負荷、関節炎、急性の障害)。
手首・肘(手首の障­­害、肘の障害)。
肩(肩関節の仕組み、ゆがみと障害、ケアの方­法)。
膝(膝関節の仕組み、膝痛の原因、­膝痛に至る動き)。
­(腰痛とは、腰痛の予防法と発生時の処置、腰痛体操)。
治療から­リハビリまで(­治療の受け方、リハビリテーション)。
以上が本­の目次です。 


※ 「平山ユージ-­世界を­制した­肉体」の­インタビュー20ペ­­ージ
2004年1­0月スペ­インバスク地方で8c(5.14­b)
このグレードにおいて世界初のオンサ­イト。
(初­見で事­前に­­他人の登りも見ず、登った人の情報も得ずに、
グレイド、­ボルト数のルート図に掲載されて­­いる最­低限の情報の­­み­で、
ルートを1度も墜落せずに完全に登る事)
に成功した体験が­載せられて­います­。 



※ 初めてのボルダリング、上達への道サイト。
URL:http://bouldering-style.com/
内容:

URL:http://bouldering-style.com/

人気ブログランキング←宜しければポチッと。
※ MUSASHIオンラインショップ

URL:http://www.musashi-onlineshop.jp/


※ 釧路市室内クライミング施設:「湿原の風アリーナ釧路」。
URL:
http://www.situgennokaze.jp/


※※
※※ 函館市方面 七飯町在住 品川さんの「クライミングの穴
・Baaad gym」。函館方面のボルダリング情報はお任せを。
クライミングホールドの製作販売実施しています。

品川さんの「クライミングの穴・Baaad gym」。
函館方面のボルダリングトポ、ブログ。
URL:
http://www2.ncv.ne.jp/~badhold3/ns.ncv.ne.jp/index.htm

品川さんのBadholdsクライミングホールド通信販売。
URL:
http://www2.ncv.ne.jp/~badhold3/ns.ncv.ne.jp/BADHOLDS.htm


※※
※※ クライミングに関するNETリンク集
URL:
http://www17.big.or.jp/~yuuko/climbing/links.html

※※
※※ クライミングブログ:「ワールド破産ツアー」、札幌市 小笠原夫妻の
世界大陸を股にかけた クライミングツアーの話。
豊富な量の写真と文章で、貴方も一緒に世界のクライミング
場所巡りをして来ましょう。
記事を読んで楽しめるブログです。一緒に旅行をした気分に。
URL:
http://www7b.biglobe.ne.jp/~ukaukaworld/


※ 最近の赤岩青厳峡の状況を知りたいと思って検索した時に出会ったblog.
赤岩青厳峡付近の風景写真をblogで見ることが出来ます。いい景色。

ルーフ状のルート、熊落とし岩の「バウ5.12C」全景を見られます。

木製クライミングホールド&自然素材アクセサリー屋さん VOCK

URL:http://mokume.vock.shop-pro.jp/?cid=8983

※※
※※ クライミングブログ:「ワールド破産ツアー」、札幌市 小笠原夫妻の
世界大陸を股にかけた クライミングツアーの話。
豊富な量の写真と文章で、
貴方も一緒に世界のクライミング場所巡りをして来ましょう。
記事を読んで楽しめるブログです。一緒に旅行をした気分に。
URL:http://www7b.biglobe.ne.jp/~ukaukaworld/


※ 釧路市室内クライミング施設:「湿原の風アリーナ釧路」。
URL:http://www.situgennokaze.jp/


人気ブログランキング←宜しければポチッと。


※※
※※ 函館市方面 七飯町在住 品川さんの
「クライミングの穴・Baaad gym」。
函館方面のボルダリング情報はお任せを。
クライミングホールドの製作販売実施しています。

品川さんの「クライミングの穴・Baaad gym」。
函館方面のボルダリングトポ、ブログ。
URL:http://www2.ncv.ne.jp/~badhold3/ns.ncv.ne.jp/index.htm

品川さんのBadholdsクライミングホールド通信販売。
URL:http://www2.ncv.ne.jp/~badhold3/ns.ncv.ne.jp/BADHOLDS.htm

※※
※※ クライミングに関するNETリンク集
URL:http://www17.big.or.jp/~yuuko/climbing/links.html



※ 最近の赤岩青厳峡の状況を知りたいと思って検索した時に出会ったblog.
赤岩青厳峡付近の風景写真をblogで見ることが出来ます。いい景色。
ルーフ状のルート、熊落とし岩の「バウ5.12C」全景を見られます。
木製クライミングホールド&自然素材アクセサリー屋さん VOCK
URL:http://mokume.vock.shop-pro.jp/?cid=8983


※※
※※ 別の記事。

※ クライミング体験1~15 - 1。スペインクライミングツアーPart1。
マドリッドから東海岸アリカンテ市経由宿泊拠点カルぺ市へ。
クライミングホールド通販Badholds。
URL:http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/3071677.html


※ フリークライミング体験1~15 - 2。
有名スポット北海道占冠村赤岩青巌峡。
関連ブログから青厳峡の風景写真を観られます。
クライミングホールド通販Badholds。
URL:http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/3190109.html


※ フリークライミング体験1~15 - 3。
最終安全確認をせずに室内マットに5m墜落。
クライミングホールド通販Badholds。
URL:http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/3071785.html
.

※ フリークライミング体験1~ 15- 4。
クライミング・技術・ボディケアーの本Part1。
クライミングホールド通販Badholds。
URL:http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/3071831.html


※ フリークライミング体験1~ 15- 5。
北海道のフリークライミングルート本、Ho­­­­­­kkido Climbs 2。
クライミングホールド通販Badholds。
URL:http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/3071890.html


※ 登山体験。ミスコース3回・ビバーク。
クライミング中に落雷の危険。装備・地図読みのやり方を変更。
クライミングホールド通販Badholds。フリークライミング体験1~15- 6。
URL:http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/3071890.html


※ 2012年印西(いんざい)クライミングワールドカップ
男・女クライミング映像。1~15 - 7。
クライミングホールド通販Badholds。
URL:http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/23130386.html


※ フリークライミング1~15 - 8。日本男子、
安間佐千(あんまさち)さんのクライミング映像集。
クライミングホールド通販Badholds。
URL:http://blog.livedoor.jp/spvv986998/archives/23190954.html
----