2004年11月19日

東電、残業代未払い14億円 労基署が是正勧告

 東京電力は18日、02年7月〜今年6月の2年間に本店勤務の社員約2800人に対し、計14億4100万円分の時間外手当の未払いがあったとの社内調査結果を公表した。1人当たりの平均額は約51万5000円。中央労働基準監督署から是正勧告を受けており、未払い分を11月分の給与に上乗せして支給する。

 東電は昨年以降、労基署が立ち入り調査した4事業所でサービス残業を指摘され、今年9月に社内調査を開始。本店の管理職以外の社員約3200人のうち約2800人について、41万2700時間分の未払いを確認した。月平均で約6時間のサービス残業をしていた計算だ。

 部署別では原子力部門や営業部門が多く、東電は「社員が残業中の仕事の密度を考慮し、自主的に過少申告した事例が中心」と説明している。
<2004年11月18日(木) 朝日新聞>
続きを読む前に順位を確認する


【コメント】
 月平均6時間のサービス残業なんてうらやましいですね。先日、私が見たある労働者のサービス残業なんて50時間以上出ていました。それも100時間ほど残業がついた上での話です。

 あと、サービス残業の話で思い出すのが、少し前にあった相談です。
この会社の勤務時間は、9時から18時で間に1時間の休憩を挟んで1日8時間労働です。最近、従業員のモラルが下がってきたように社長が感じ、8時55分から朝礼をするようにしたそうなのですが、ある者が「労基法違反だ!1日8時間労働を超えているから残業代を払え!」と言ってきたそうです。
任意でも良いと言ったところ、その者以外が全員朝礼に出てきたため、結局全員参加になったそうですが「こんなもの実質強制だ!」とか言っていたそうです。この話を聞いたとき、5分のサービス残業?と呆れましたが、この労働者が正しいことを言っているのも事実です。

 今までこんな社員はいなかったのにと、その社長さんは嘆いておられましたが、それが今の時代なんですね。
もっともその労働者の休憩時間を聞くと、1日1時間15分くらいはとっているとか、タバコを吸いに喫煙室に行くことが良くあるなどと言っておられましたので「どうしても朝礼に不満があるのなら、取りすぎの休憩時間は賃金控除をすると言ってはどうですか?」と伝えたところ、ニッコリ笑ってお礼を言っておられました。
権利ばかり主張されては面白くないですからね。一番良いのは始業時刻を5分早め休憩を1時間5分とすべきでしょうが、そこまでしなくてもね?
人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL