北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

4週間ぶりの夫婦そろっての札幌近郊の短距離お手軽登山。
本日のターゲットは八剣山(正式名称は観音岩山)。
かつて「五剣山」の愛称だったのに、いつのまにか三本増えたらしい。

DSC_1207

硬いこの山頂の岩稜だけが浸食されず残り、ギザギザした景観です。
標高498mと低いのですが、急登でロープを使う岩登りができるとあって、人気の山です。
(しかし岩場の細道は危険で毎年滑落事故があります)

DSC_1208

中央登山口より入山、のっけからかなりの急登、しかも滑りやすい道です。
急傾斜のため開始7~8分で登山口の標高210m→293mまで高度があがります。
ちょっと息があがり気味ですが、まずまずのタイムで、このまま一気に稜線まで登れそうな体調です。

DSC_1209

ん? けたたましいサイレンとともに緊急車両が何台もやってきましたよ?
ヘリが頭上を旋回しはじめ・・・・もしかしてもしかして、岩場の滑落事故?

南登山口からの合流点で先行の女性2名に追いついたところ「救助隊員から、この先は救助のため来ないようにと言われた」とのこと。

DSC_1210

かつて群馬県の赤城山でも入山直後に救助が始まり、ヘリが要救助者を回収するまで1時間以上要したことを思い出しました。
これは相当待たされる、無理に入山して救助活動の妨げになってはならない、と下山。

稜線直下よりふりかえり、初夏の青空をバックに映える八剣山をパチリ。
荒々しくチャレンジ欲をかきたてる岩稜、しかしどんな低い山でも事故はふいにやってくると実感、ゾワゾワ鳥肌がたちます。

DSC_1211

11:00前に撤収して滝野から有明、清田へと山道を抜けて帰路ドライブ。
途中、白旗山登山口に寄りました。
ここを登ってもいいかな、と思ったのですが携帯の電波が届かずYAMAP地図がダウンロードできなかったので「今日は山に縁が無い日なのだ、山の神様に呼ばれていない」と考えてここも撤収。
ちなみに滝野すずらん公園やその周辺は、コロナに続いてヒグマの影響で閉鎖されています。

DSC_1212

北広島市大曲にミシュラン北海道☆(ひとつ星)の蕎麦屋があるとダンナサマが言うので、そこでランチ。
細切りの白っぽい蕎麦、コシも強すぎないが、蕎麦の風味もさほどしない、あっさり。
弟子屈の石臼挽そば粉らしいです。
お上品でした。

DSC_1213

ほとんど登山していないのにもかかわらずなぜかぐったり疲れ、帰宅後は急速に睡魔に襲われ昼寝をしました。
なんだかイヤな印象のある夢ばかりみて、夕方までヨコになっていたのに体はだるいのです。

夜のニュースで、八剣山で79歳の女性が滑落し、ヘリで搬送されたものの亡くなったことが報道されました。
50歳代の息子さんと登山されていたようです。

Screenshot_20200705-183309

まさかこんなことが起こると思わず、きっといつもの通り朝食をいただいて親子でいらしたのでしょう。
改めて、何気ない平凡な毎日が平凡に暮れていくことに感謝です。

亡くなられた女性のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
合掌。

山形新幹線「さくらんぼ東根駅」の近くの会社さんから、立派なサクランボを送っていただきました。
しかも、“赤いダイヤ”とも称される超一流ブランド“佐藤錦”です。

DSC_1195

そのへんのスーパーでパックされているサクランボとは、大きさも色つやも全然違います。
そして食べると果肉のジューシーさが絶品です。

DSC_1196

その後、ふるさと納税している高知県須崎市から、返礼定期便で新鮮土佐野菜ボックスも到着しました。
今回は夏らしくシシトウや枝豆が入ってます。

DSC_1194

枝豆は茹でるだけではなく、フライパンに少量の水で蒸煮5分粗塩ぶっかけが絶品ですよ(キンキンに冷えたビールによくあいます)。
巨大な茄子は、ミツカンCMのとおり、ごま油で豚バラと炒め合わせて最後に味ぽんをひとまわしするとクドくない夏の主菜になります。
シシトウは北海道産シャケと一緒に南蛮漬がよさそうです。
南蛮酢は一度作っておくと、冷蔵庫でいろんなものをかわるがわる漬け込んで4週間程度は楽しめるので便利です。
プチトマトは皮を湯むきした後にシロップ漬にすると、デザート級に格上げです。

普段は購入しない野菜に出会うと、レシピが開発されます。
withコロナライフの小さな楽しみですね。
ダンナサマの自宅での晩酌も心なしか増えたような気がします。

北海道には気象学上の梅雨がないらしいのですが、実際は6月は雨続きです。
昨年など6月の晴天は3日のみで、あとは全て雨でムシムシじめじめしていて、われわれ本州からの渡来人は「ついに温暖化で石狩にも梅雨現象」と噂しあいます。

DSC_1193

夏至の日にまた歳をとりました。
誕生日がを皆で祝うのは、おそらく乳幼児死亡率が高かった時代に、健康に成長することを祝うことに由来すると思うので、生誕半世紀を過ぎると果たしてお祝いすべきものなのかどうか?と疑問に思います。
家族としてはケーキを食べる口実になるので各々の誕生日を祝います。

DSC_1190

子育てから完全に離脱したら、自分の好きなことに挑戦できる楽しい時間を過ごせておめでとうって、そんな日になるといいな。

とりあえず、ここ2週間山行なしだから7月にの週末天気に期待。
そして早くGoToのゴタゴタにカタがついて、道民宿泊1万円補助で層雲峡温泉に宿泊することに期待(当然、そこから大雪山黒岳に登るため!今年は黒岳石室に小屋番が常駐しないので日帰りピストンで)。

このページのトップヘ