北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

羽田空港から京急1本で逗子・葉山駅(旧:新逗子駅)へ到着。
氷点下の新千歳空港から来た旅人にとっては、ポカポカ陽気が気持ちよい場所です。
DSC_2049

亀岡八幡宮に翌日の安全山行を祈願しました。
DSC_2050

その後、逗子海岸に行きました。
1月とは思えないあたたかくて穏やかな海で、写真には写っていませんでしたが、たくさんの人がSUPしたり、少年団がBBQ大会していたり、沖にはヨットがたくさん出ていたりと、にぎわっていました。
DSC_2054

この日はKKR逗子・松汀園に宿泊しました。
大正時代の建物をリノベーションしていて、お庭も立派な雰囲気のある旅館です。
JR逗子駅から15分くらい歩いた住宅地の中なので、最初は迷いそうになります。
DSC_2055

古い建物なのでエレベーターなどありません。
階段も急で合宿の山荘のようなイメージです。
DSC_2061

DSC_2060

トイレ・洗面・お風呂も共用です。
DSC_2062

お部屋は中庭に面して明るくてよかったです。
DSC_2058

なんと黒電話、まだ使っていました。
実際にフロントから内線でジリジリリーンとかかってきました。
DSC_2063

さて、明日は三浦アルプス縦走です。
逗子・葉山から横須賀市田浦まで、三浦半島を横断します。
しっかり登山保険(遭難レスキュー保険)に加入、スマホから申し込み、クレジットカード決済、1日のみのスポット加入で保険料143円です。
便利だ~。
Screenshot_20230107-172938

すっかりお正月が過ぎてしまいました。
年々、歳末も年始もスピードを増して通り過ぎているように思えます。
特に、2022年12月なかばに風邪をひいて発熱し(検査結果、コロナではなかった)、それ以降、咳がとまらないまま体調が一進一退で万全ではないのも影響していますね。

元旦、受験生がいるわが家はなんとなく「おせち風」のものを並べました。
筑前煮は得意なので自前。
DSC_2042

みなさんの家庭の雑煮はどんな感じですか?
私の実家(大阪市中心部)では、神戸出身の父方と、「ド浪速商売人家系」の母方とでルールが違うので、元旦は白味噌に丸餅と里芋と京人参が入った雑煮、2日目はすまし汁に丸餅または角餅と水菜が入った柚かおる雑煮でした。
北海道(の今の居住地あたり)では、鶏肉を入れるらしいです。
とりあえず、角餅しかないのですが、関西風白味噌の雑煮を作ってみました。
DSC_2043

年賀状も年々枚数が減りました。
開業直後はPRも兼ねて200枚以上投函していたのですが、ついてに100枚を割りました。
コロナ禍の中で法人様も年賀状をやめられるところが多くなったですね。
DSC_2046

先日、旭川に出張しました。
DSC_2038


いつもの「働き方とお金のはなし」セミナーが、ハローワーク旭川主催で開催されました。
DSC_2035


案内のチラシも可愛くて、マザーズ担当さんの"推し"に感激です。
会場は市内の子育て支援施設で、かつての小学校をリノベーションした建物で、非常に温かみがありました。
DSC_2034


往路は特急ライラック、復路は特急カムイにお世話になりました。
札幌~旭川は往復自由席特急券が5,550円です。
雪煙をあげて白い夕暮れを疾走する気動車、北国の鉄道旅気分満載です。
DSC_2037


あ、車内販売はないので、飲み物などはキヨスク経営の駅セブンイレブンでお買い求めを❗️

このページのトップヘ