Ritsの後輩にして、豊富町出身の鈴木君のお店が札幌駅北口にオープンしました{/ひらめき/}
その名も「北海道バル・GreenBlue」です。

http://pub.ne.jp/sakurasakuyo/admin/?mode=post

鈴木君はススキノで「黒花火」というモツ鍋屋をオープンさせ、さらに琴似に2号店を出店、27歳の若さで3店舗目にして鍋ではなくバルを出店しました。
やんや、やんや{/ピカピカ/}

内装はエゾシカをイメージした、ちょっとワイルドなカントリー調です。

 


おかわり野菜の6種ソース。
新鮮な長沼の野菜をそのままガーリックやチーズのソースにつけていただきます。
彩り鮮やかでヘルシー、OLにウケること間違いなし。




厚岸の牡蠣です。
“かきえもん”というブランドの牡蠣ですが、1つ150円~注文可能で炙ってもらうと香ばしくてGOOD{/チョキ/}




変わったメニューでは、醤油漬にした長芋を“フライドポテト”にした一品。
ジャガイモと異なって、長芋の繊維シャリシャリ感とフライの油、そして染みこんだ醤油の味が独創的です。




でも、やっぱりここの看板メニューはエゾシカ。
鈴木君出身の豊富のエゾシカ肉処理センターから直送で鮮度抜群です。
はっきり言って、札幌のどのレストランよりもおいしくてリーズナブルです。
ここのエゾシカ肉を食べたら、もう他では食べられません。
左・馬刺しならぬ鹿刺し、右・カルパッチョ。

 


温かいお料理では、温野菜ラクレットチーズがオススメです。
新得共働学舎のチーズがトロトロでとってもおいしいです。




札幌駅北口から徒歩3分、北8条西3丁目でエルプラザのすぐヨコです。
地下1階なのでちょっと目立たないんですが、OLさんの隠れ家になるロフト席もあります。
カウンターで仕事帰りに1杯もよし。

お髭のワイルドな鈴木君がカウンターにいたら、SAKUのお友達です、といってみてください。
何かいいことあるかもしれません{/嬉しい/}

あ、ワインも各種、お手頃にそろっております。
女性向け「柚子酒」など果実酒もとりそろえています。