19日は、まず、午前中に助成金関係のお客さまを迎え、昼前に監督署へ行きました。
国際線に搭乗して機内でVIPの通訳だとか秘書をする労働の場合、時差があるんですけど「どっから深夜時間帯っすか?」「それともゲートを出たら国外だから労基法関係なしってことでよい?」「向こうから国内に到着してたまたま深夜だったらそこから深夜割増必要?」と質問してみたら、案の定、すごく困った感じで「ちょっと時間を下さい」と方面主任に言われてしまいました。
誰か知ってたら教えて{/がっかり/}

合同庁舎まで徒歩1~2分という好立地、当然刊行物センターも近いので立ち寄って書籍をチェック。
おお、H23年2月の厚生労働省内の各自治体介護保険関係課長を招集した会議で配布された資料が冊子になって出版されているぞっ!!!!!
役人と同じ資料を持っているのは土俵に立つ上でかなり重要だったりするので即買うぞ{/!!/}



午後からは所属する社労士会札樽北支部の定期総会に参加しました。



そろそろ電子申請を本格的にやらないといけないなー、と思いつつアナログに書類を作成している私。
役所に行かなくてよいのはメリットですが、一方で派遣スタッフの場合はいろんなイレギュラーがあるのでどうしても役所に行って確かめたい(決して後輩職員を困らせに行くのが趣味ではない)ということもあるのです。
当面はアナログかな。

そして、懇親会のあと、さらに札幌駅北口に出て鈴木君の店「北海道バル・GreenBlue」へ立ち寄りました。
ら、誰もお客さまいなくて、カウンターでひとりで酔っぱらってました。
今日も新鮮な生アスパラとサッポロ・クラシック ↓



ワインですが、ドイツのリースリング・ホッホゲヴェックス・ハルプトロッケン(白)がカウンターにありました。
リースリングと言えば、すぐに“アルザス・リースリング”が思いうかぶのですが、他にもなかなか魅力的なものもあるのね、と思いました。



明日は娘(小2)の遠足らしいので、帰宅してから夜中に炊飯器をしかけるも、戸外からは無情な雨の音が・・・{/音符/}