中2の娘が夏休みの家庭科の宿題で、夕食の献立をたてて自分で調理することになりました。

栄養などを考えず、まずは自分が食べたい鶏のカラアゲをチョイスするところが本能に忠実。
まあ、難易度の高い揚物に中学生で挑戦したのは画期的。
うまく揚がったのは市販の揉み込むだけのカラアゲ粉のおかげですが。

IMG_20170810_193006

できました、家庭科の宿題は堂々のカラアゲ定食。
ツナとマカロニのサラダに紅白なます、お味噌汁は豆腐とワカメでベーシックに。

IMG_20170810_194358

お盆の直前に東京の大学寮で暮らす息子が帰省してきました。
自炊を通じて食事の大切さに気づいたようで、息子が自ら志願してチキン南蛮を調理しました。
(ほとんど私が用意したのですが、南蛮酢の調合と揚げを担当しました)
無事に完成。
それにしてもチキン続くな。

IMG_20170813_205028

合宿に同行して留守だったパパが帰宅して、一家そろったところで、北海道民のソウルフードであるジンギスカンを鉄板で焼きました。

IMG_20170812_195604

机上には塩を揉み込んで蒸しただけのスイートコーン。
これをバリバリ食べるのが子供らは大好き。

IMG_20170813_210025

食事の出来具合とか、おいしさとかとは別に、久しぶりに家族そろって笑い声が絶えない食卓は、また格別によいディナーとなりました。
一度離れて暮らすと、やっぱり家族がそろうのは嬉しいことですね。