真夜中ににバラバラと天窓をたたく音がしてミゾレが降っていました。
ダイニングやキッチンでは足下が冷たいので、夜はストーブが欠かせません。
それでも陽がのぼると、わが家の庭の残雪もこれだけですから、着実に昼間の気温は上昇しているのです。

IMG_20180409_122857

早めにハローワークに行っても、順番待ち。
得喪の季節です。
久しぶりにいろんなパターンの離職票を作成しました。

IMG_20180410_111157

お昼前の札幌駅北口、とっても晴れています。
風は冷たいのですが、空が春めいているだけで嬉しいです。

IMG_20180410_130033

監督署から指導票の交付を受けた会社さんから、タコメーターのデータをいただいて解析中。
タコメーターは軸の回転数の値を計測する機械で、タクシーやトラックの速度変化などが把握できます。
デジタル式(デジタコ)ではデータを出力して労働時間管理のために活用しやすくなっています。

最新のタブレットとタコが連動しているタイプは、休憩や帰庫の時刻にタブレットをタップしていただくとその時刻が記録できるのですが・・・・・タップし忘れてそのまま食事や喫煙タイムに入って2時間後にタップしているケースなど、ハプニング続出。
いや、これが現実。
今までタップで労働時間の管理をしていなかったので、ドライバーにそんな習慣がついていないの。
労働時間は「正確な把握を極めていく道のりにある」ので、打刻をもとにヒアリング。

それにしても癌治療しながら乗務するドライバーさんや高齢のドライバーさんは休憩時間がちょくちょくあって、それを合計するとかなり多い。
監督官にはなかなか理解いただけないかもしれないのだけど、拘束9時間で8時間実働を強いると体力がなくて続かないタイプの労働者もいて、休憩しながらのんびりマイペースで資源ゴミ(スーパーの店先のペットボトルやトレー、段ボール)を回収して賃金を得られるスタイルが気に入っておられる方もいる。

ただし!
メーターがフラットになって(つまり速度ゼロ)動いていなさすぎの時間は・・・・実はパチンコだったり銭湯だったりすることもあるから労務管理のコントロールが難しい(笑)。

個人的には営業運行中にサウナやパチンコや競馬はイカンと思うのですが、入院中の奥さんに着替えをちょっと届けるとか、保育園お迎えをどさくさにまぎれてやっちゃうとか、許容してもいい気もする。

ちなみにタコの語源は、赤い8本足の生物ではなく、速度をあらわすギリシア語のτάχοςに由来するってご存じでした?