5月1日、連休の谷間のハローワーク札幌北。
すいているかなぁと思ったら、意外や大混雑。
庭のソメイヨシノを見て順番待ち。
同じ札樽北支部のベテランのセンセイともはちあわせになって「いやいや、混雑しているねぇ」と。

IMG_20180501_120601

札幌の桜は、開花から3日程度で満開になって、5日目には新緑の葉が出て、そのうちメイストーム(春の嵐)であっという間に散っていくので忙しいです。

IMG_20180501_120528


公務員を円満退職する、ということは重要なことであったと感じます。
辞職後10年経過していても、名刺交換で私を思い出してくれた現役ハローワーク職員がいらして、会計検査院立ち会いの雇用保険調査をどうするか、あっという間に打ち合わせができたことは本当にありがたいことです。
もちろん、当事務所の顧問先にとっても、何が調査目的でどんな書類を提出すればよいのか明確になり、ありがたいことです。
だから、現役の職員に敬意を表して、親しき仲にも礼儀ありで接するのは当然だと思います。

今日、私と同様に辞職して自分の会社を立ち上げた人が、現役職員に行政の情報を漏洩してほしいという依頼メールを送っていたという情報を把握し、悲しく、情けなく、そして無性に怒りがわいてきました。
もちろん、現役職員は非常勤であろうとそのような依頼に応ずることはなく、上部へ報告済です。
(TOKIOのみんなも悲しくて情けなくて無性に怒っていたと思う、次元が違うけど)

公務員時代の自分の仕事に誇りを持ち、思想信条は異なっても仲間を大切に思う気持ちがあるなら、仲間を公務員法違反に追い込むような依頼なんかできるはずない。
これくらい許されるよね、私の味方をしない人は全員「いじわる」なんです、という自己中心的な甘えた態度は、最終的に誰からも信用されないというしっぺ返しになってくるのです。

当事務所は電子申請もなく、流行の助成金も取り次がず、スマートではなく無骨です。
しかし、
原則に忠実に、
目先の短期的な利益に惑わされず、
労働の現場を歩いて自分の見たものを基本に、
妥協することなく
社労士の業務に誇りを持って遂行していきたいと思います。

もちろん、これからも役所とは円満な関係です。
安心してご依頼ください。