昼間、私のスマホに唐突に息子から電話がかかってきた。
曰く「詐欺サイトと思われるものにひっかかってクレジットカード番号を入力してしまった」


ステップ1:数日前
息子はユーチューブなどの動画を無料でDLできるアプリをPCにダウンロード。
実はそのダウンロードしたものにマルウエアらしき、よくないプログラムがくっついてきた

ステップ2:21日13:00頃
PCで大学のレポートを作成していたら、突然、画面に「日本マイクロソフト」を名乗って「あなたのPCに悪いウイルスが感染して壊れそう。サポートセンターにすぐ電話を」とメッセージ。
バカ息子は電話してしまう。

ステップ3:21日13:20頃
実はタスクバーからタスクを終了させて不必要なアプリケーションをアンインストールできるのだが、すっかりだまされて修復するための手数料を支払うべく画面を見ながらクレジットカードの番号と認証番号を入れてしまう。

ステップ4:21日13:40頃
なんだかおかしいと思いカードの暗証番号を入力せず、ここで父親(私の旦那様)に連絡し、詐欺かもしれないと感じ始める。

ステップ5:21日14:20頃
息子のクレジットカードはANA・JCBカードの家族会員カード(つまり本会員は私である)なので、私の口座から大金が引き落とされてはいけないと、連絡が来たのである。

ステップ6:21日15:00頃
息子のスマホには「暗証番号がないから引き落とせない、教えて」とひっきりなしに電話がかかってきたらしいが、息子が「これ、マイクロソフトをかたる詐欺サイトなんでしょ」と言ったらガシャッと切れたと報告あり。

ステップ7:21日21:00頃
JCBの盗難・紛失専用電話にコールして、盗難でも紛失でもないが家族会員がフィッシングらしきにカード番号を入力してしまったのでカードを使えなくしてほしいと依頼し、ただちに止めてもらった。

ステップ8:21日22:30頃
旦那様の見事なリモートで無事にマルウエアらしきプログラムは息子のPCからアンインストールされた。
念のためしばらくインターネットに接続せず、データをUSBなど外部媒体に移させる。


こんな感じで、あやういところで未遂に終わったのですが、ほんっとーーーーにバカっと100回くらい叫んでしまいました。
田舎でのんびり、正直者に素直に育って世間知らずなので、まだまだ騙されそうで心配。

JCBデスクさん、紛失でも盗難でもないけどカード停止対応を即座にしていただき、助かりました~