来週、大学OB会行事で道外からお客様がいらっしゃるのに、地元の重鎮理事が参加しないということが、わずか3日前に判明。
あまりに幼稚な学生コンパかBBQパーティみたいな企画書に愕然。

念願の北アルプス立山縦走予定を泣く泣く断念して(そのために半年トレーニングしてきたのに)、富良野・美瑛ドライバーをボランティアで引き受けることを決断。
「一生懸命でまじめ」ということと、行事を主催する「事務能力」やトラブルへの「危機管理能力」は別だから、おじさま達は「若い者がんばれ」と無責任に経験が浅い幹事にイベントをまるなげしてはいけないと思う。

藻岩山に登山する予定の三連休をあてて経路の検索や現地の下見。
10:50新千歳空港を出発。
あいかわらず駐車場は満車で長蛇の車の列。

11:06千歳東ICから道東自動車道(高速)に入り、11:20由仁PAで休憩。
トイレたくさん、お店は少ないが自販機もあり、この先にトイレがないからココでいったん早めの休憩が必要。

11:25由仁PA発、12:05占冠ICを降りて12:15道の駅しむかっぷ着。

DSC_0491

DSC_0490

トイレタイム&軽食補給。
名物「しむかっぴーどら焼き」は、つぶあんと白あん、どっちもおいしかった。

DSC_0492

12:35道の駅しむかっぷ発、ここから日高山地の北・夕張山地の東をひたすら富良野へ向かって山道を走る。
カーブやゆるいアップダウンに注意。

13:45中富良野の来週利用予定ホテル前通過。
上富良野の手前で市街化調整地域の畑をそこだけいきなりペンション(見方によってはラブホテル風)にした国道沿ホテル。
こんな2階建アパートで1泊2食11,000円はぼったくり(ワタクシ個人の感覚、もっといい天然温泉宿が十勝岳・美瑛富士のそばにあるからね)。

DSC_0493

国道沿のコンビニで休憩して、四季彩の丘をめざす。
14:20四季彩の丘着、駐車場が満車で3台10分待つ。
私道の農道だから路上駐車できず、駐車場に入らないと丘を見学できない。
朝は8:30営業開始、企画では7:00前にホテル発? 来ても見られないじゃん?
どうしてこんな杜撰な企画になるのかハラが立ってくるが、とにかく500円払って駐車。

DSC_0495

客の9割は中国人。
インスタ映をねらった色彩で花を植え、土地に傾斜をつけて撮影ポイントをたくみに演出。

DSC_0496

DSC_0503

ああ、十勝岳が雪雲の彼方に・・・・・・・
2日前の寒波で登山客が山頂直下、吹雪で道を見失いカルデラ内(十勝岳は活火山)で心肺停止で倒れた状態にて発見され、低体温症で死亡。
十勝岳~上ホロカメットクへの縦走は、来夏山シーズンにおあずけか。

DSC_0498

せめて望岳台(登山口)で連峰をみたいな。

DSC_0504

15:35青い池の駐車場着。
昨年は工事をしていたためひどい渋滞でしたが、今年は迂回路と池専用駐車場が完成しスムーズでした。
それでも観光バスだらけで道は大混雑。

DSC_0506

初夏の、風のない静かな日で、太陽がのぼる前が本当の「青い池」。
太陽がのぼると、周囲の風景が池に映るから青い池ではなくなるのだが、ここでも中国人の自撮まつり。

16:00青い池発、あまりの混雑に道の駅白金ビルケに立ち寄らず、ナビの案内で国道経由にて石狩に戻ることを決断。

16:38富良野市街地中心部

17:10三段滝PA(通過、でもトイレがあった)
ここから1時間は富良野~芦別~桂沢をつなぐ山の中のアップダウンと急カーブ連続の道。
マイナーな国道だから通行量は少ないと思いきや、意外と多くてジモティのスポーツカーがあおってきて恐ろしい。

17:55三笠道の駅で2時間ぶりに休憩、ナビはここから1時間で新千歳空港に着くというが無理だ。
北広島のわが家までですら1時間以上、そこからさらに空港まで45分はかかる。

三笠~岩見沢の裏道~栗山への抜け道~北長沼から長沼水郷神社~札夕線(道々3号)経由19:00北広島。

美瑛から新千歳へは、正直に来た道を引き返して再び占冠ICから千歳東ICか新千歳ICまで高速を利用するのがよさそうだ。
この高速、事故がおこると逃げ道無しだから一発勝負だけど。