3月2日(月)、凍ったステップをふみはずし右足首を捻挫しました。
ひねった瞬間、「あ、やっちゃった」と直感したとおり、なかなかひどい状態。

サポートステッキが必要なヨロヨロ歩きで、東京出張敢行しました。
搭乗率2割の航空会社では、グランドスタッフもCAもみなみなそろって「配慮が必要なお客様」である私を案内し、荷物を持ち、飲み物を最初に持ってきてくれて超親切。
京急や山手線に乗り合わせた人も、みんな親切で足をひきずる私に席を譲ってくれる場面が続出。
しかし、譲ってもらわなくても1駅待てば必ず空席がみつかる乗車率。
ちなみに北海道の快速エアポートはコレ

DSC_1054

最初の仕事の場所はJR東京駅丸の内エリア。
ここらあたりのオフィス労働者はだいたい在宅勤務できるような業態だから、ほんとうに人通りが少ない。

DSC_1043


DSC_1045

丸の内で打ち合わせの後は、ヒョコヒョコと足をひきずり総武線で飯田橋に移動。

DSC_1048

神楽坂に近いTKC会議室で、中止になったセミナーをオンデマンド配信するため、講義の収録を行いました。
座って収録できたのは幸いでしたが、会場のリアクションがないのはさみしいですね。
まるでユーチューバーか、ビデオ教材です。
(オンデマンド聴講エントリー者のほとんどが他の社労士事務所でオドロイタ!)

DSC_1047

そして、飯田橋からまたまたJRで東京を経由して田町へ。
ホテルに戻る前に、駅構内いきつけのアイリッシュパブ「スターシェン」に立ち寄ったら、ここもお一人様状態。

DSC_1049

DSC_1050

こうして右足首重症でヒョコヒョコとしか歩けない私にとっては、往来する人が少ないため「こらっ、歩くの遅いんだよ、ウロウロすんな」と怒鳴られることもなく、無事に仕事を終えたのです。