地元なのに行ったことがない北広山へ行きました。
正直、藪山なので、藪の濃くない季節の山行がオススメです。

国道から道道790号線をひたすら奥まで走り、最後は車1台の幅しかないダート林道。
2つめのゲート手前の駐車場で車をとめます。

IMG_20200822_153313

これでもかとヒグマ注意、生息地なう。

IMG_20200822_170106

このエリアは山菜が採れると有名なのですが、笹藪が濃いので道迷いも多い。
「欲を出さない、(藪に)深入しない」
ビジネスも一緒だわ、欲を出しすぎず、そして余計なことに頭を突っ込みすぎず、登山道(商売の目的)を見失わないよう。

IMG_20200822_170017

いざ登山開始。
15:30は下山の目安時刻なのに、今からスタートするという無謀。

IMG_20200822_153406

最初は仁井別川支流のせせらぎとともに平坦な道を10分。

IMG_20200822_165300

やがて笹藪の登り道へ。
ここからものすごい藪漕ぎになり、落としたりレンズが傷つくのが怖くてスマホを取り出せず写真のない20分が経過。

IMG_20200822_165248

正直、前も見えず頭より高い草の葉や枝がバサバサとふりかかってくるので、心が折れかけたのですが、戻るに戻れず進軍、登山開始から約30分で白樺平。
ヤマ友によれば、ここから15分以内とのこと、ホッとしました。

IMG_20200822_160248

そして実際、最後は急坂でしたが10分程度で山頂、16:12着。
標識は道の端の樹木にくくりつけられているので、うっかり通過してしまうところでした。

IMG_20200822_161745

ここからほんの少しすすむといきなり視界が南にひらけて、苫小牧そして太平洋が見えます。

IMG_20200822_161601

この先は自衛隊島松演習場の用地なので侵入禁止。
島松では砲撃訓練をしているので、ずどぉーーん、という腹に響く音が聞こえます。
発砲した後の硝煙も見えます。

IMG_20200822_161825

自衛隊のジープ道を背景に、はい、チーズ。
ここしか撮影できそうな場所なく。

IMG_20200822_162153

それでは日が暮れないうちに下山。
平地では明るくても、うっそうとした樹林帯の中ではどんどん暗くなっていきます。
何より、ヒグマ活動タイムになります、お互いにすれ違わないのが幸せ。

ヤマ友によれば、頂上直下から白樺平までの間で、笹藪を移動するヒグマを目撃したそうです。
今回、たぶんヒグマであろう糞をみかけました。
カムイの領域、おじゃまさせていただきました。

17:01無事に下山、藪の中は暗めだったのですが、登山口までくるとまだ太陽は沈んでいないのでした。
こんな時間に下山はよろしくないです、よい子はマネしてはいけません。
ほぼコースタイムどおり、休憩時間を除くとやや早く歩けたようです。
YAMAPにもアップしました。

Screenshot_20200822-170143

今日はスライドなし、駐車場の車もわが家だけ、もし夫婦2人で遭難したら誰も気づかないのでした。