北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

2008年11月

-5度の新千歳空港を朝イチで飛び立って、晩秋の日射し柔らかな羽田入りです。
そのまま浅草へ出て東武鉄道に乗り換えです。

 

久しぶりに東武伊勢崎線にお世話になりました。
足立区を超えたら埼玉です。
お泊まりは、埼玉の某駅近くの東横インなんですが、このベッドメイキングの担当者名が・・・・・・思わず「こんな外国人労働者アリ?」とパチリしました。



お仕事は、工場の製造ラインの2009年問題コンサルです。
どうしても、古くて多数のラインが入り組んでいる工場は請負化が難しい・・・・
それに、とある部署をアウトソースすると、その部署の責任者であった正社員の配置転換先に困ります。
握っておきたい企業秘密や技術、しかし物理的にアウトソースしたい空間や業務の「ひとかたまり」の狭間で、発注者も受託者もみんな頭を抱えます。
私も頭を抱えます。

宿題を抱えたまま、帰路です。
せっかくなので、気分転換に浅草で30分のお散歩をしました。
雨で残念でしたが、仲見世を通って浅草寺へ行きました。



隅田川の向かいには、ご存じ、アサヒビールの本社です。
金色のジョッキ{/ビール/}に泡立つ銀の冠を模した本社ビルと、謎の「きんとん雲?」のオブジェ(一説にはビールの輝く泡だとか)。
まだ東京に住んでいた頃、隅田川の水上バスは友達が上京して来たらよく乗って浜松町まで送って行ったなぁ・・・{/船/}



羽田へ向かう途中、汐留のお客様のところにも立ち寄らせていただきました。
10年前は「操車場跡地」だった汐留も、今は立派なシオサイトの摩天楼{/ピカピカ/}です。



無事に新千歳空港に着いたら、朝からJR千歳線が西の里付近で線路に不具合があって運休していたため、21:00をまわっていたのにダイヤが乱れていました。
実は来週も日本橋付近に出没した後に、新幹線で新大阪へ行くという強行スケジュールなので、今度は浅草の神谷バーで電気ブランを飲んで、神保町の岩波ホールでマイナーシネマを楽しんで、八丁堀あたりでゆったり大浴場付ホテルにてくつろぐ滞在をしたいと思います。

勤労感謝の日です。
世間ではおおむね三連休のようですが、そうではない人達もいます。
ワタクシも金・土と特定社労士になるための講習を受講していました。
(来週が試験なのに、ほとんど対策ができていない)

そして、本日の勤労感謝の日、朝から企業様のセミナーのお仕事です。
呼んで下さったのはエーチーム・グループの皆さん。

http://www.at-g.com



そうそうたる?おにーさん達(グループ会社の社長さんや本部長さん達)に囲まれているワタクシ。
エーチームグループは、物流メインなので、例の日雇派遣禁止法案が通過したら、ちょっとやりくりが大変になることが予想されます。
そう、物流は、その日の扱い荷量によって荷役やトラックを調整するのが当たり前だからです。
特に引越。
日雇い派遣が禁止なら、急なオーダーに単発でアルバイトしたい人を派遣労働者として出していけなくなる、ということになります。
それはちょっと困った・・・・と思いませんか?
だから、その前に、「相手様からの単発の受注ができる」のに「日雇いじゃない派遣」という秘密の仕掛けを完成させる必要があります。
今日はその仕掛けのお話をさせていただきました。
ヒントは「日雇い」というのは、派遣会社と派遣労働者との間の雇用関係の期間のことだから、取引先との契約期間はあんまり関係ないってことです。
物流の場合は、派遣ではなく倉庫は特に請負で仕事を受注していますから、正社員でなくても常用労働者として雇用していれば、平常は請け負った倉庫で荷役をしていただき、単発の派遣オーダーの時のみ派遣先に出向けば、「オーダー単発、でも日雇いじゃない派遣」ということになります。
まあ、難しいし、たくさん書くとコンサルを頼んでくれる会社が少なくなるからこれくらいに・・・・・・

会場でいただいたお弁当(↓)。
白米+焼きそば→すぐにエネルギーになるガテン系弁当{/おにぎり/}



2日前から風邪ひきで、鼻水を黄色のベンザでおさえた悪声を聴かせて申し訳ありませんでした。
でも、延長となった料金は「請求して下さいね」と営業本部長がおっしゃったので、遠慮無く請求させていただきます。
お仕事いただき、ありがとうございました。
勤労感謝{/チョキ/}


ついに、ついに、今年も憂鬱な寒い冬がやってきました。
夜が明けると一面雪景色でした。
関西人にとっては、恐怖の季節の幕開けです。



長男が4歳、おなかに娘がいて妊娠9か月の頃に、爆弾低気圧が来て私の軽自動車は窓まで埋まってしまいました。
そんな時に、長男が39度の高熱を出しました。
すぐに小児科に行かなければならないのに、夫は帰ってこれないし(道が見えないし)、仕方なく私が車を掘り出すことに。
私の雪かき風景が見えるように窓辺に長男を毛布にくるんで寝かせて、私は猛吹雪の戸外へ出て大きなおなかに負担を強いながら2時間かかって車を掘り出し、車から道路までの雪かきをしたことを思い出しました。
本当に、生きた心地がしませんでした。

こんなに寒いのに、北海道の建築物は屋内が異様に暑くて乾燥しています。
デニムパンツですら、洗濯してストーブのある部屋に吊すと4時間くらいでパリパリに乾燥します。
その暑い部屋で半袖になってビールを飲んだりアイスクリームを食べる光景が私にはイマイチ理解できません。

今回の暑い部屋は専門学校。
46人ぎゅうぎゅう詰めの教室は気温25度くらいあって、生徒もだら~としたくなるのがわかるムシムシ感。
その暑い教室で、出前授業しました。
経専学園製菓・製パンコース2年生の皆さん。
実習室では、本格的に白衣のパティシエルックの生徒さん達が調理していて、なるほど実務に直結の専門学校は卒業後の仕事が実感できるからいいなぁと感じました。


「家族の日」を記念して、札幌市子ども未来局&市民情報センター主催の「ワークライフバランスセミナー」にパネリストとして参加しました。
ウェブシティさっぽろの協力で、後日、インターネットラジオにアップされます。
つまり、公開録音って感じで。

場所は札幌市中央区南1条西6丁目第2三谷ビル6階「OYOYO大通×まちアートセンター」です。
東急ハンズに近い、ちょっと古いビルの忘れられたような昭和の気配の中に、ぽっかりと再生された空間があらわれます。
このビルじたいに、何やら隠れ家的なカフェやスープカリー屋さんがちりばめられていて、さながら都会のアジト。
アットホームな感じではじまり、はじまり~(↓)。



コーディネーターはウェブシティさっぽろの杉山幹夫さん。
プロらしく、上手に質問をふって下さり、参加者はリラックスして各々の立場から育児や仕事をめぐる話をさせていただきました。
左・杉山さんの質問にマジメに答えているワタクシ、右・社労士ちっくな制度について発言しているワタシク

  

ウェブシティさっぽろと何か一緒に取り組みが出来ないものか・・・というお話も出て、とても楽しい収録でした。
パネラーの皆様と、ご参加の皆様に感謝です{/嬉しい/}

法務会計プラザ(道銀本店ビルに本拠地がある、士業プロ集団)さんが運営されているパートナーズ会の早朝勉強会がありました。
子供をかかえていると飲み会に雪崩のように参加することはできないので、早朝勉強会は非常にありがたいです。

今回のトップバッターは「はなまるメッセージ」の花岡俊吾さん。
独立されて自営でマーケティングコーディネーターされています。
広告の奥深さを教えられました。



続いては建築家として有名な、アトリエテンマの長谷川演代表
設計された富良野ホテルのシャンデリアは牛乳瓶というのに、驚きました。
なんと、奇想天外なアイデア{/!!/}



そして(株)FPLの中川浩さんとプログレスコンサルツ(株)の小松雅彦さん。資産の運用のお話をいただきました。
スイス銀行口座のすごさはよくわかったんですが、口座持つには最低でも1億円って・・・・・・宝くじ買わなきゃ{/まいった/}



とにかく忙しいと流されてしまうので、強制的に自分を勉強の場に持っていくことは大事だなぁと思いました。
前回、私もプレゼンしたのですが、未熟さを悟りました。

このページのトップヘ