北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

2009年01月

1/30は美幌へ行きました。
真冬の美幌峠なのに雪がとけて路面が黒く見えているのは、ドライバーにとって有り難くもあり、暖かすぎて気味悪くもあり・・・
美幌の畑の真ん中に、もと自衛隊の飛行機が・・・・不時着ではなくて、美幌航空公園なので飾ってあるそうです。



お見せできないのが残念ですが、この日、食品衛生のために「感染列島」のドクタースタイルのように真っ白の作業服に頭をすっぽり覆って加工ラインを見学しました。
加工の過程を実際に見るのは本当に楽しいですし、勉強になります。

お昼までの仕事を予想していたのですが、工場がかかえている課題がたくさんあって、昼食休憩をとって午後からも仕事を続けることになりました。
昼食は美幌駅の近くの「かね久」でそばをいただきました。
まかない付きそばセット、温かい汁にそばをつけていただきます。美味{/嬉しい/}




予定をオーバーしてコンサルしていたので、特急列車に乗れませんでした。
札幌へ帰るお客様の車に同乗させていただき、北見→札幌4時間弱の旅。
途中の層雲峡では「氷爆まつり」中でした。残念ながらゆっくり見学する時間はありませんでしたが、あまりに寒くて見学する気持ちもわかなかったと言うか・・・{/雪/}



そして、到着後は同業の仲間と新年会でした{/ビール/}
2次会は、大好きなギネスが飲める札幌駅北口近くのバーに行きました。
巨大なオニオンリングとギネスで、遠くて長い旅を締めくくりました。





は~るばる来たよ北網{/音符/}
と、いうわけで今日は朝から特急オホーツク3号に揺られて北見に来ました。



1月の北見にしては暖かな日射し、でも夕方から風が冷たくて耳を切ります。
まずは保険のミッションです。
社会保険事務所、ハローワークをまわって無事に労働保険も社会保険も成立しました。
(ちょっと足りない書類は後から郵送ということで、即日受理{/チョキ/})

明日は美幌に行く予定なのですが、同行して下さる某社長さんと夕食をご一緒しました。
地元網走のイキのいいネタを使った江戸前寿司です。
サーモン、甘エビ、カンパチ、ウニ、ホタテ、つぶ・・・・・どれをとっても美味かったです{/嬉しい/}
社長、ごちそうさまでした~{/ピカピカ/}



よぉーし、明日もお寿司をご馳走してくれた社長のために、張り切ってコンサルしたいと思いますっ{/グー/}

1/20~1/22関西の実家に戻ってプライベイト&ビジネスのスケジュールをこなして帰還しました。

まず、1/20は大雪{/雪/}で、そこらじゅうの家が埋まってました。



JRだって、こんな感じ。無事に新千歳空港に到着できてよかったぁ~{/細目猫/}



実家に帰ったのは、実弟が住吉神社で結婚式を挙げるため。
古式ゆかしい、神前結婚式。写真は国宝の本宮にお参りする花嫁行列。



関西とは言え真冬の外を本宮まで歩いてお参りは寒い・・・・ので、巫女さんが「はい、どうぞ」とカイロ配ってくれました・・・・配慮されているというか、何というか・・・



お参り後に儀式殿にて三三九度と両家固めの杯の儀、そして神楽の奉納。
巫女さんが御神酒をついでくれました。凛とした美人の巫女さん{/複数ハート/}
「まだ飲まないで、みんなで一斉に飲みますから」って、いちいちこっち見て注意するな、宮司{/怒った/}{/むかっ/}
たしかに私は飲んべえですが・・・・{/汗/}



つつがなく挙式が執り行われた翌日は、朝から梅田でセミナーのお仕事です。
セミナー後は、初めて神戸空港から新千歳空港にフライトすることとなりました。
まずは、梅田から神戸三ノ宮まで行きます。



三ノ宮は父方の祖母がおりましたので、幼少期から慣れ親しんだ異人街の街。
ブラブラ散歩・・・と思ったら運悪く雨です、しかもかなり本降りです。
と、いうことで、神戸といえば・・・元祖上島珈琲の店。
えっ!?わからない!?
ウ(U)エシマコ(C)ーヒーカ(C)ンパニーですよ{/喫茶店/}



神戸空港へは新神戸交通㈱のポートライナーに乗ってすぐです。
ちなみに六甲ライナーとポートライナーの2本がありまして、震災後は大打撃でしたが無事に復旧して快適な乗り心地のモノレールになってます。



神戸空港は、先日利用した仙台空港よりも国際線がない分こじんまりしていますが、カウンターが壁よりではなくてフロア中央にあるのが成田チックです。
新しくてコンパクトながら、なかなか充実した施設でした。
モノレール駅から徒歩30秒で空港ってのも便利です。



おみやげは、もちろん笑ネタ。
阪神タイガース・マヨネーズたこやき味ふりかけです。
子ども達に大ウケ{/嬉しい/}{/ピカピカ/}



おあとがよろしいようで・・・・・{/飛行機/}

ついに買ってしまいました、キャリーバック2泊3日サイズPC収納ポケット内蔵{/買い物袋/}
PCが収納できることと、たてたまま書類がサッと取り出せること、ビジネスに使うものと私用品が混ざらず書類を取り出す時に私用品がチラ見えしないこと、が条件でした。
これまで肩からかけるカバンだったのですが、PC持ち歩き+行く先々でお客様が「お持ちします」と重いバックを持って下さるので申し訳なくって・・・{/悲しい/}(本音は自分が欲しかっただけかも!)



1/20~22と関西出張です。
1日は実弟の結婚式、翌日は梅田でセミナーの仕事です。
今回のお供はローソンで売ってる楽しい入浴剤シリーズの、コレ{/ひらめき/}
安全靴とヘルメットに作業服をこよなく愛するガテン系女性社労士としては、超大ウケ{/嬉しい/}



入浴剤と言えば、“走り”はバスロ×ンとかバ×とか、ファミリーで使える、どっちかというと高齢者向けの「あったまる」「肩凝りにきく」というコンセプトでしたね。
それが、エステ業界を巻き込んで若い女性向けにアロマ風呂やダイエット・美肌効能をうたうものに大変身して市場を広げていきました。
そして、ついにメンズも市場に巻き込むための動きです。
市場が特定の性別だけではなく、ターゲットを両性視点に切り替えたのです。

商品を開発・販売する時に、ジェンダーバイアスがかかるものが多くあります。
入浴剤→まずは高齢者向け→女性向け→男性もターゲット
ゲーム→若い男性オタク向け→一般男性向けRP戦闘・戦略・推理ゲーム→乙女ゲーム→家族にも
洗剤→奥様向け→共働き・家族向け(男性ガテンをCMテーマにしたボー○ドや、ファミリーフレンドリー企業の花王らしい共働きで夜間洗濯でも「お日様の匂い」CMなど、進化めざましい)
ベビー用品→若いママのみ対象or赤ちゃんの映像のみ→最近は夫婦で使用する画像へ(メーカーのひとつであるジョンソン&ジョンソンはアメリカのイヤー・オブ・ザ・ジェンダーイクォリティに選ばれ託児施設で有名、P&Gでは育休パパが朝日新聞にエッセーを連載していたのが有名)

市場は一方の性のみを対象にしていたのでは飽和するので、ジェンダーバイアスから包括した内容へと推移していきます。
でなければ、よく多く売れないからです。この切替のタイミングが、会社を左右する売上げをマークすることもあるので、なかなか興味深いのです。
缶をカラフルにして「おっさんの飲み物」だった缶チューハイを、若い女性が気軽にコンビニでも買えるような気持ちにさせたのは、落ち目だった缶チューハイ業界として市場拡大に成功したと考えられます。
一日中流れているCMや、街中や雑誌で目にする広告は、いつの間にか脳に滑り込んで、スーパーマーケットで思わず手を出すか出さないかの衝動の背後に潜みます。
「若い専業主婦みたいなママが娘1人とリビングにいる」というシチュエーションで宣伝されている食品は、男性の脳裏には「女性が買う物」と入り込むので、手をのばしたい衝動にブレーキをかけてしまうでしょう。

では、皆さん、これからは時々CMや広告に注目して、今後の商品の売れ筋と株価を占ってみましょう{/グー/}

不肖、36歳の弟が神前で結婚します。
ばりばり工業大学卒業の技術系→メーカーを転々→一度は起業してベンチャーで儲け→なぜか30歳過ぎて専門学校に行き直し→管理栄養士になりさらに2回目の転職という流離い後、専門学校で同級生(相手は9歳下の管理栄養士)と結婚。

住吉神社で神前式なので、本当は留袖なんですが・・・大安吉日の神社は超コミコミ挙式日程でなんと朝かなり早い時間帯の挙式です。
着付けもしているヒマないので、仕方なく別珍の濃紺ロングドレスという皇室的フォーマルウエアに決定しました。
そのドレスはリフォーム中です。
なかなかいい品物なので、母からもらった年代物ですが、リフォームでまだまだ使用可能です。

で、この際、奮発して一生使えるフォーマルのパールネックレスとイヤリングをセット購入することとしまた。
大手宝飾店のスーパーバイザーしている知人にお願いして、指定の店舗まで来ていただき、予算と今後の使い方を相談の上、理想どおりの色・形で納得の品質のものを購入しました。



「こんな不景気に高額なものをお買いあげいただきありがとう」
という趣旨の言葉をいただきましたが、
「こんな時代だからこそ、安物買いの銭失いはしたくないので、あえて本物」というのが私の考えです。

それは宝飾だけではないでしょう。
すぐに消費してしまうものなら、安価にこしたことはない。
でも、母からもらって2代にわたり使っているフォーマルドレスのように(そのうち娘の手にもわたるに違いない!)、長期間通用する価値のあるものは、購買の志向が違います。
少々高くても、かえって損をしない本物が求められます。
どんなにディスカウントしても売上がダウンするような品物やサービスは、ディスカウント商戦では戦えません。
だからこそ価格は据え置きでも本物がゆえに求められるものを上手に売るのが必要です。
ちょっとお高いと購入時は感じられるパールのセットでしたが、今後、冠婚葬祭や子どもの入学式など長期間にわたって通用することが検証されるたびに、きっと「お値打ち価格」として感じられるでしょう。
今は、そんな品物を納得して購入できて満足です{/嬉しい/}



このページのトップヘ