北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

2009年03月

普段はビジネスつながりで食事をしていますが、昨日、息子の小学校のママ達の飲み会に参加しました。
なんというか、何を話したらいいのかわかんないので、いつも避けてたんですが・・・・
お店の名前が「さくら屋」なので、惹かれて行きました。

箸袋に桜のパンチ穴がありました。
おっしゃれ{/音符/}



お食事は、塩ちゃんこ鍋をメインに、刺身や何やらありました。
その写真は省略して、アイスの写真・・・・というかアイスの器に注目です。
やっぱり桜模様です。



この後、二次会で居酒屋に行きました。
23時をまわった頃から、限度が自覚できないままハイになって飲み続けて、突然、具合の悪くなるママさん続出でした。
ビジネスの食事では失態を演じられないし、参加者はみんな遠い自宅まで帰らないといけないから最後まで正気を保つ余力が残っているんですが、学生と主婦はそのあたり自宅近くの宴会で気を許すのでパワー出し切ってしまいます。

くれぐれもお酒に飲まれて、楽しい時間の記憶を失わないようにしましょう。

特定社会保険労務士に合格しました。

特定社労士とは何ぞや{/!?/}

近年、解雇や賃下げなどの労働条件をめぐって労使トラブルが増加しています。
裁判ではないのですが、行政や第三者立ち会いのもとに公式な示談をするシステムを裁判外紛争調停(ADR)と言い、特定社労士はこのADRにおいて申立人(いわゆる原告)や相手方(いわゆる被告の側)の代理人(つまり弁護士のような役割)を果たすことができます。
これぞ労働法務専門家の真骨頂のお仕事です{/チョキ/}
やったぁぁぁぁ{/グッド/}{/ひらめき/}

そこで、本日は飽きもせず通い詰めているベルリッツ英会話学校の帰り道に、前々から気になっていたワインバーにふらっと立ち寄ってみました。

まずは本日のグラスワイン白、スペイン産プリンシペ・デ・ヴィアナ、2007年のシャルドネです。



いろんな野菜のサラダですが「一人だから半分にしてよ」と交渉してみたらハーフサイズにしてくれました。
関西人は、たとえ旅先の初めてのカウンターにひとりで座っても、適当においしくリーズナブルに食事してしまいます。
カリフラワー、ブロッコリー、トマト、スナップエンドウ、蕪、と盛りだくさんで満足{/嬉しい/}



グラスワイン赤はリストにのっていなかったのですが「ちょうどボルドーのいいのがあいてます」と紹介してもらったので、せっかくなのでそれをオーダーしました。
1999年のボルドー、シャトー・ラ・フルール・フォンピエーレです。



アテに、お店にディスプレイされていたハモンセラーノもお願いしてみました。
まだ若くて脂が多すぎるので、あと半月~して適度に固くしまって塩分のまわったところで、コクのある赤とあわせてみたら最高だなぁと思いました。



わいんや
札幌市中央区北1条西2丁目 りんどうビル3階
(すみれホテルすぐとなり)

適当に事務所で残務処理をした後、帰宅したら・・・・・家族が「合格おめでとう」というプレートののっかった不二家のケーキを用意してくれていました。
ご、ご、ごめんなさいっっ{/まいった/}{/汗/}
寄り道せずに帰るべきでしたぁ(反省){/悲しい/}{/大汗/}

今日は仕事ではなくって、完全にプライベイトの日記です。

1月に神前挙式した弟夫婦が、親戚と友達を呼んで盛大にレストランウエディングパーティを催すというので、家族引き連れて実家に里帰りしました。

ただの里帰りでは楽しくないので、まずは神戸空港を利用して神戸散策です。
これはメリケン波止場{/海/}から見たポートタワーと海洋博物館。



川崎重工発祥の地でもあり、川崎造船所もあることから、川崎企業ミュージアムも併設されていました。
マニア垂涎のバイクの名品がズラ~っとならんでます。



ワタクシの目をひいたのは、最新鋭のトンネル掘削機のモデルです(あ、つい、仕事してる・・・・)



続いては大阪に移動して、万博公園{/山/}へ行きました。
もちろん、“太陽の塔”をパチリです。



あの事故を起こして閉園が決定したエキスポランド{/遊園地/}も、記念に(?)撮影しました。



いよいよ披露宴ですが、大阪インペリアルホテル・・・・・ではなく、その横にあるレストラン街にて。
ふたりとも管理栄養士なので、“食”へのこだわりから地元有機野菜のフレンチという趣向。



ふたりのこだわりのスイーツをビュッフェで、デザートに。
なんと、パティシエスタイルの新郎とエプロン姿の新婦が自らサーブしてみます。

 

ワインは白がシャルドネ、赤はカルベネソーヴィニョンだったのですが、赤が若すぎてタンニンの味が先走り深みがなく、メインのフォアグラつきステーキに負けてしまっていました。
残念です。

そして、もっと残念なのは、スタッフの少ないレストランならではの悩みなのですが、お料理のサーブがものすごく遅いことです。
{/ビール/}ウエルカムドリンク11:00スタート、
{/食事/}カルパッチョ12:20、
{/喫茶店/}スープ13:00、
{/食事/}お魚プレート13:40、
{/クラブ/}お口直しのシャーベット14:15、
{/食事/}メインのステーキに至っては15:00、
もうおひらきかと思いきやここでお色直しして(えぇっ!? まだ続くの?)
{/ケーキ/}そしてデザートビュッフェが15:30スタートです。

おひらきまで実に5時間超です{/時計/}
これでは披露宴ではなく、疲労困憊の疲労宴です{/まいった/}
まさか5時間も拘束されるパーティとは予想すら出来ず、子ども達にトイレだけさせて大急ぎでインペリアルホテル前から神戸空港まで高速すっ飛ばしてタクシーでギリギリかけつけてフライト{/飛行機/}に滑り込みです。

遠方から参加のお客様がいらっしゃる場合、常識的な時間でイベントを締めないと、参加者にとっても心から喜びを分かち合えるイベントになりません。
ふたりのこだわりや気持ちはよーーーーっくわかりましたが、わが家はスーツケースとお昼寝のチビをかかえて余計な出費(タクシー代1万円超)を強いられ、大変残念だという感想が残りました。

披露宴だけではなく、講演会やセミナーやコンペも何でも、イベントは主催者だけでなく参加者と共に時間・空間を共有して創るモノ。
誰もが充実した時間だと感じられる配慮が必要だと、自ら主催事業への反省を込めて、強く感じた疲労宴でした{/がっかり/}

今朝はメインプレートが“ぶり”だと聞いたので、魚を選択してサイドもご飯とみそ汁という和食風な朝食にしました。
でもね、ちょっとぶりがオイルソース過剰で、かえって魚そもそもの旨味を打ち消してしまい、もったいないです。



そして、本日のお仕事は汐留です。
新橋駅からSセンタービルを目指して地下道を歩けば、そこには菅野美穂(キイナ)と松山ケンイチ(銭ゲバ)の巨大広告ばかりがずらーっと並んでます。
人間の顔をあまりでっかい広告にすると、かえって迫力ありすぎで怖いです。

汐留は巨大な建造物がありすぎて、何だか人間が創りながら人間が住んだり仕事したりする場所なのか?とクラクラします。
生活感とか“身の程”とか、そんな言葉を遙かに超えちゃっているみたいで・・・・



そして、午後には飛行機に乗ってやっと札幌に戻ってきました。
戻ってきたら、周囲の風景が・・・・・雪{/雪/}
夜になってから石狩に暴風雪警報がでましたから、戻って来られてよかったです。




宿泊パックの朝食プレート(パワーチャージ可の充実ぶり)です{/パン/}{/喫茶店/}
コンソメやパンはセルフサービス、北海道では必ず飲み放題の牛乳がつきものですが、東京にはコーヒーと紅茶とウーロン茶と水しかありません。



まずは9:00~日本橋の某派遣会社を訪問し、11:30までセミナーです(ごめんなさい、写真なしです)。
セミナーというより、営業職を対象とした演習です。
「こんなオーダーは、はたしてどのような業務内容で派遣契約ができるのか、それとも不可能なのか」といった具体例に則した演習をしました。
東京労働局がアデコに対して業務改善命令を出した旨の記者発表までしましたから、大手派遣会社一同、戦々恐々です。
営業数字のため派遣先のわがままにつきあっていたら、かえって営業停止の危機に陥るかもしれませんから。

お弁当の昼食までご用意いただき、そのあと12:30には山手線に揺られて東京から上野へGO!



午後のセミナー会場は東京文化会館です。
上野駅の上野公園出口真ん前。



講義2時間強と質疑応答1時間弱の3時間です。
お仕事中の証拠写真です。



熱心に講義中です。
講義内容は、「偽装請負と言われないための派遣請負区分告示の読み方・守り方」です。
2009年問題後、どうしても事業まるごと請負にしたいという場合は、区分基準を守った適正な請負事業であることが求められます。
あわてて契約書だけを請負契約書とか委託契約書にしても、実態が事実上の派遣事業であればイリーガルです。
テキストとホワイトボードで請負とは何か、どんな労務管理が必要か、熱烈解説です。



17:00にセミナーを終えて、今度は新宿に移動です。
以前、中野新橋に住んでいたので、新宿はいつも通過していたし、買い物もしていたので、とっても懐かしいです。
10年ぶりに来ました。
18:00頃のくれなずむ新宿駅西口 高速バスターミナル付近から小田急と駅前ロータリーをパシャ{/映画/}



この後、「月刊人材ビジネス」という雑誌を発行している㈱オピニオンを訪問しました。
新しい事業の企画会議に参加して、ここでも夕食においしいお弁当をいただきました。
20:30頃に新宿を後にしました。

朝8:45~絶え間なく歩き、立っているので、とっても足がむくんだのですが、あいにく知っているマッサージ屋さんが全部予約で満員で{/悲しい/}やむをえずホテルのバスでくつろぐ作戦に変更しました。
死海のバスソルト{/温泉/}です。
溶かしてみましたが、どこが死海っぽいのか体感できませんでした(残念{/バッド/})。



今日はさすがに疲れてしまって、どこのバーにも出没しないで“部屋飲み”です。
湯上がりはやっばり一番搾りに限ります{/ビール/}



このページのトップヘ