北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

2009年10月

ここ1週間、やっかいなお客様に頭を痛めております。

何がやっかいか?

「赤信号だと教えたのに制止を振り切って渡る」という姿勢のお客様だからです。

労働法務専門の社労士の看板を掲げるからには、訴訟リスクを回避することで管理部門が余計な業務に時間を奪われず、遠回りながらも健全経営を支えるお手伝いを全力でいたします。
しかし、最初から結論ありき、しかも「違法でも、訴訟になっても、オーナーの決断です」というお客様については、出る幕がないのです。

なぜ、この会社に社労士の顧問がつかないのか?
ようやく理解できたように思えます。

こんな疲れた日のランチは、スパイシーなカレー{/カレー/}に限ります。
自宅では子ども達がいるので、マイルドなカレーしか作れませんから、大人の味は外食で堪能{/食事/}します。

カフェエッシャー



限定の、ハーブ入ソーセージとオニオンリングフライのカレー{/カレー/}です。



まぁ、気合いが入ったところで、別の単価が高そうな仕事をして、ちょっとやる気を出すかなぁ・・・・{/グッド/}
明日はそろそろ雪が舞うっていいますし・・・{/雪/}

新幹線大集合{/!!/}



東京駅21番線から



上越新幹線「たにがわ」にのって



本庄早稲田へ行きました。
なんでも、早稲田の施設があるから設置された駅で、駅名にもブランド名が。



本庄市は、埼玉県と群馬県の境目あたりにあって、工業団地と農地が混在している典型的郊外です。
その、工業団地で資本系の携帯電話機器の開発と製造をされている工場におじゃましました。
派遣労働者を受け入れている立場の方、つまり派遣先を対象とする派遣法セミナーをしました。

写真は先様のご了解がないので掲載していませんが、有意義な1日になりました。
このような工場で、実際に現場の生産調整にたずさわっている方々こそが、最も実務を必要としているのだと思いました。

ところで、上越新幹線で一番よかったのは、車内販売のコーヒーです。
安っぽい白い紙コップではなくて、なかなか感じがよいですよ。



地下鉄銀座線「虎ノ門」駅を下車すると、そこは桜田通と外堀通の交差点です。



そこから徒歩2~3分くらい、1本裏に入った道に、“昭和レトロ”なビルが。



虎ノ門1-16-9、双葉ビルです。



本日、双葉ビル4階に当事務所の虎ノ門オフィスができました{/ピカピカ/}
事務所の内装は美しいです。




ここは、「士」業数人のシェアプロパティです。
管理して下さってる弁理士の“こたろう”さん(仮名)と、ご縁があり、仲間に入らせていただき、めでたく東京の拠点を持つことができました。

さっそく乾杯です。
なんと、目の前にこんなお店が。
ここに出店するのが運命だったのでしょうか{/!?/}



残念ながら「さくらさく」はこの日貸し切りだったので、お向かいの「阪神タイガース」の旗と六甲おろしの歌詞が書いてあるのれんがかかった、ステキな赤提灯でたらふく食べました。



そして、「古巣」の霞ヶ関まで7分くらい歩いて、地下鉄日比谷線に乗りました。



皆様、北桜の虎ノ門オフィスをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


最近、事務所に閉じこもって昼食を食べつつPC作業をする日々だったので、今日は久しぶりにランチを食べるために外に出ました。
ヨドバシカメラの近くにの「韓風もつや」に行きました。
ランチは850~980円でリーズナブル、定食のライスはおかわり自由です。
本日は石焼ピビムパ&韓国冷麺のハーフ&ハーフセットをいただきました。



そのあと、駅にお買い物に行きました。
そうしたら、札幌駅パセオ内に、アランジ・アロンゾというファンシー系ショップがオープンしたのを発見しました。



わが家、「わるもの」の大ファンなんです。
え? わからない?
わからなくても、この憎めないわるもの写真展をご覧いただければ・・・

タイトルそのもの、わるい本



中は写真とマンガで構成されています。
なかなかシュールな内容です。



ワルモノ注意・ワレモノ注意!!
引越荷物に貼りたい{/嬉しい/}




とうとう、わがやにインフルエンザが上陸してしまいました。

1日目の夕方、急に愚息が発熱し38.5度に。
その直前に娘が風邪だったので「うつった?」と思っていました。
が、翌朝、かかりつけの小児科に行ったら、あっさりA型インフルエンザ陽性反応がでてしまいました。

吸入式リレンザを処方されました。



中には、このような吸入器がついています。
青いのはキャップで、はずすと吸入口がでてきます。



この銀色の円盤がリレンザのカートリッジです。
4つのカプセル状の部分に、各々粉末リレンザが入ってます。



さきほどの吸入器のキャップをはずし、カートリッジを装着、吸入直前にツメをたててカプセルに穴を開け、中の粉末を吸入口におとします。



そして、白い部分をくわえて、深く息とともに吸い込み、2~3秒息をとめてから吐き出します。
これを2カプセルくりかえします。
朝夕、1日2回吸入します。
2カプセル×2回なので、1日で1カートリッジ使用して交換します。



ところで、気になるのは、タミフルのように異常行動が出たらどーしよーってことです。
その点も医療機関で手渡された注意書に記載されていました。
「薬の服用如何ではなく、インフルエンザ発症初期に未成年に異常行動がみられるので保護者はきちんとついてて下さい」とのことです。

愚息は「ジェットコースターに乗ってる見たいにふわふわしたり、Gがかかって右に吸い込まれるぅ」と言って飛び起きました。
反応は人それぞれなのでしょうが、確かに気味悪いです。



リレンザの効果如何?
そりゃぁ、もぅ、劇的に効きました。
一気に解熱して食事し、着替え、スポーツドリンクを飲み、昼寝して体力を回復しました。
数時間経過したらまた体温は上昇するのですが、リレンザ2日目でもって夕方の体温が38度を下回り、それ以上に上昇する気配をみせません。
つまり、1日目発症、2日目小児科で判定しリレンザ投与開始、3日目夕方で解熱傾向というスピードです。
2日目の夜が一番つらそうでした。

新型インフルエンザ、結構てごわいやつです。
他の家族に感染しないよう消毒しまくり、ほんの微熱の私も念のため病院を受診し検査を受けて風邪薬をもらい、寝室をわけて部屋でもみんなマスクです。
私にとっては金融危機より肌身で怖いです。






このページのトップヘ