北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

2011年08月

プライバシーと秘密を守って、以下、本日の事案。

派遣スタッフさんが、A4用紙2枚の資料を派遣会社に持参されました。
その内容は・・・・
①派遣先は、自由化業務において、抵触日である3年を経過したら「うちの正社員にならないか」と派遣スタッフに声をかける義務がある。
②派遣スタッフは、これを拒否することができ、拒否するとそのまま派遣スタッフとして継続して仕事をする権利がある。
というものです。

さぁ2つの「大間違い」が含まれています。
派遣検定受検予定の皆様、どこが間違いかわかりますか?

1つめの大間違い。
①派遣先は、抵触日以降も当該派遣スタッフの労務の提供を受けたい場合は「直接雇用の申込み義務」がある。
誤:正社員
正:直接雇用契約(正社員等の身分を問わず派遣先と雇用契約を締結すること)

2つめの大間違い。
②派遣スタッフは、派遣先の直接雇用契約の申込みを受諾するか否かは自由だが、派遣先は抵触日(3年経過)以降はいかなる理由があっても同一業務に派遣スタッフを受け入れることはできない。
誤:直接雇用契約を拒否するとそのまま派遣スタッフとして働く権利がある
正:抵触日を過ぎるとどんな派遣スタッフも継続して同一業務にて派遣就労は不可能です。
ただし、派遣元と雇用が継続しているなら、別の派遣先を斡旋してもらうことにより派遣スタッフとして働き続ける権利があります。

これは、弁護士でも社労士でも労組でもなく善意の個人が設けた、労働者にその権利を自覚させるためのサイトのようです。

http://www.roudousha.net/info/010_hajimeni.html

しかし、法律の専門家から見ると間違いだらけです。
特に「派遣と請負の違い」の説明のコンテンツはむちゃくちゃです。
ご本人も自信がないらしく、「注意事項」として「私個人の体験と文献で調べた内容を掲載しているので、法律の専門家の検証を受けたわけではないから、正確さは保障しません。自分で調べてから情報を利用して」と免責事項をならべています。

今回は、正しい法律の内容をお伝えすることで落ち着きそうです。
でも、どこかで「注意事項」を読まないで、早とちりで「おぉ、会社をギャフンと言わせられる!」と思っちゃって闘いを挑む労働者がいたら不幸ですね。

サイトを設けて表現する自由はありますが、サイト管理人の「少しでも労働者のお役に立ちたい」という思いとは、全く逆の結果を労働者にもたらすことになるかもしれないですね。

この日記の読者の皆様が経営者か、労働者か、労組か、学生か、その他どんな身分だかわからないのですが、サイトの情報は必ずしも正しいとは限らないので、法律関係はきちんと法令検索データベースで検索して原典にあたらないと、他人に軽々しく意見しちゃいかんですね。
あ、卒論を書いてる人も要注意です。
間違ったウィキの記事を転記して落第なんて、シャレになんにないですよね。

朝の大阪福島駅から見た空中庭園ビル(梅田から北方面)。



ホテル阪神はチェックアウトが正午なので、個室ユニットパスに温泉が供給される快適な温度の室内で午前中はデスクワーク。
コラムを書き上げて入稿し、一段落。

ランチは、ほんとは王将とか、JR線ガード下の定食屋とかがよかったんですが、午後からの講義にニンニク臭をたきこめたスーツを着ていくのはちょっと失礼か・・・・・・と思って、断念。
ホテル阪神地下レストラン街で、オシャレそうなパスタ屋をみつけて12時前に入りました。

「当店自慢の枝豆入り濃厚カルボナーラ」らしいのですが、イマイチ味が濃くてしょっぱいだけで素材が活かされていないような。

 

ちなみに「野菜ビュッフェ」と書いてあったので野菜をバイキング式にピックアップできるのかと思っていたら、なんとテーブルにでっかいガラスボウルが運ばれてきて、その中にリーフレタス、水菜、ヤングコーン、プチトマトが5人前くらい入ってました(写真上右)。

そして、午後イチの仕事はTKP梅田会議センタービルにて。
なんと、このビルはビルの真ん中を高速道路が貫通しているのです。
ビルの建設が先か、高速道路が先か、わかりませんが、上層階は上から高速の通行車輌を真下に見下ろすこととなります。



本日は、6月から実施している(社)日本生産技能労務協会主催の「製造請負実践セミナー」大阪会場講義でした。
これで大阪、名古屋、東京と全ての担当会場が終わりました。

あ~、仕事の後でフライトを待ちつつ飲む伊丹のビールは最高だね。
やっぱビールは関西みたいにムシムシ暑い夏の夕方に飲むものだと思うんです。





半日は事務所で仕事をして、午後から中学校PTAの巡回に参加(不審者対策のため下校路をパトロール)、夕食を作って夜のJALで明日の大阪講演のため伊丹空港へ{/飛行機/}
(いつもANAなんですが、今回は時間があわなくて)

したらば、機内で限定の嵐CD販売中につき即ゲット{/ピカピカ/}



ことわっておきますが、私ではなくって、嵐大好きは子ども達です。
しかも、小2の娘が「嵐にしやがれ」(というTV番組)を欠かさず見ているのです{/まいった/}

「嵐の機内限定版CDゲットしたよ!」とメールしたらパジャマ姿でリビングにて爆睡している娘が写メされてきましたよ・・・{/嬉しい/}{/汗/}
いやいや、いいんでないの、小学生なら21時過ぎたら眠くならなくっちゃ。
自分の育った街だけど、ほんと、大阪の下町系繁華街では22時近いのにローソン前で小学生が遊んでる{/悲しい/}
おいおい、親は??と思ったら、近くのベンチでママさんたちが缶ビールで宴会してる・・・・{/がっかり/}

子ども健全プロジェクトということで、問題の親子は北海道の田舎に来てもらって太陽と本能によるリズムを取り戻す合宿でもしらたどうかしら{/!?/}

そんな福島(JR環状線大阪駅からひとつ西側)駅前の「ホテル阪神」にチェックイン。
ここの特徴は、なんと全室のユニットバスに天然温泉が供給されているっ{/温泉/}



もちろん大浴場(その名も阪神サウナ)もありますが、部屋で何回でも好きなタイミングで温泉を楽しめるってよいですよね。
さすが、阪神はやることが違う{/グッド/}

さらにお部屋にはホテルの案内と併せて「阪神タイガースグッズのカタログと購入申込書」がおかれておりまして、フロントにお金を払ったら宅配されるシステムです{/買い物袋/}



いやいや、いたれりつくせりだわ。
隣のローソンではタイガース観戦チケットをロッピーで買えるし。
アルカリ乾電池も黄色と黒の縦縞でタイガースカラーというやつも売ってるし。

これだから、時々大阪に戻るのは楽しい{/嬉しい/}

メロン、ビール、ジュース、そうめん、お菓子・・・・・毎年いろんなお中元やお歳暮をいただいておりますが、8月17日に最強のお中元が事務所に配達されました{/ひらめき/}

左から、阪神タイガース{/野球/}新井、鳥谷、金本の球団公式サインボールですっっっ{/複数ハート/}



スポーツ紙誌によればアニキに金銭トラブルのゴシップが出ておりますが、とにかく自分と同い年の鋼鉄のカネヤンには、雑音に気をとられずバットを振り抜いてほしいっっ{/グッド/}

あ、北海道といえば色んな事業所様がGやハムのチケットを接待用に下さったりという話もありますが、今までご一緒させていただいたことがありません。
Tigersがドームに来るとメガホンふりまわしてエビス飲みながら叫ぶ私の“真の姿”にきっと恐れをなすと思われますので・・・・{/がっかり/}{/大汗/}

史上最強のお中元を贈って下さった、徳島の株式会社ワークスタッフ様、ありがとうございました。

サロマ湖へ行きました。
サロマ湖は、オホーツク海に面した東西に細長い湖で、日本一の砂州が東西からのび、その先端がわずかに繋がっていないので海水が湖内に流入しています。



地図でわかるとおり、砂州をサイクリングすると、オホーツク海とサロマ湖の両方を見ることができ、さらに果てしなく大きく青い空も見ることができます。
砂州のサイクリングロードは「竜宮街道」と呼ばれてますが、本当にオホーツクブルーに吸い込まれていく草原の道を走っていくような気持ちになります。



大きな空



果てしないオホーツク海



「夕日持ち出し禁止」



しばし、スケールの大きな空間で、はるかロシアから来る冷たい海の風と、陸から吹き下ろす湿った温かい風を交互に感じながら、「うん、大気が不安定だな、まもなく雨だなぁ」と自然の営みを肌で感じるのでした。
※ネイチャーセンターに到着5分前に雨が降ってきました。雨の匂いがするのわかるって私だけ??


このページのトップヘ