北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

2012年02月

北空知の沼田町様にお呼ばれしました。



夏は、ほたると、夜高あんどん祭で有名な町です。
町のホームページはこちら!
http://www.town.numata.hokkaido.jp/

雪1トン1,000円で発売中{/雪/}



お仕事の前の時間を使って、NHK朝の連続ドラマ『すずらん』のロケ地となった場所に行きました。

『すずらん』は、北海道の雪深い『明日萌(あしもい)』駅に置き去りにされた女児が、駅名にちなんで「萌」と命名され、駅長一家にかわいがられて育ち困難を乗り越えて生きていく姿を描いたドラマです。
映画でリメイクもされました。

『明日萌』駅のモデルは、実際に現在も使用されているJR北海道留萌(るもい)本線の「恵比島(えびしま)」駅です。
ロケセット駅舎がそのまま残されています。
折からの豪雪で、雪に埋もれてます{/まいった/}



除雪していただいてるセットのヨコの道をたどると、線路に面したセット裏の改札側に出ます。
「明日萌」と現在の「えびしま」の両方のプレートがついてます。

 

セットは実際に今も使用している留萌本線の線路ヨコに建てられているので、気づくとそこは軌道です。
深い雪に覆われていると、セットのホームから実際の線路に転落します。
1日7本しか列車は来ないのですが、見学には気をつけましょう。



あ、実際に営業しているリアル「恵比島」駅はこのすぐそばです{/!!/}
ここがリアル駅ではないので、念のため{/!!/}

周囲は「豪雪」の北空知とあって、夏には水田のはずですが、だいたい3メートル以上の深い深い雪におおわれています。



お仕事はセミナー講師でした。



お昼は、役場の方のご紹介で、近所の和食屋さんに行きました。
日替わり定食、これにコーヒーまでついて700円とは安い{/ひらめき/}



無事にお仕事を終えて、深川から特急に乗って札幌へ向かいます。



深川名物「ウロコダンゴ」をゲットしました。
キオスクのおばちゃんに「なぜ、ウロコダンゴというの?」と質問したら、「ニシンのウロコに似てるからさぁ」と教えてくれました。
旅先の小さな疑問は、だいたいキオスクのおばちゃんで解決できます。



深川→留萌本線の出発地点→留萌はニシンがとれる→ニシンのウロコみたいな蒸和菓子→ウロコダンゴです。
長年の銘菓ルーツがわかってよかったです。

沼田町の職員の皆様、大変お世話になりましてありがとうございました。
今度こそ、子どもを連れて夜高あんどん祭を見学し、『ほろしん温泉ほたる館』で温泉を堪能し、ほたるを愛でたいと思います。

第一法規㈱のWさん、『ほろしん温泉』がメンテ中で泊まれなくて残念でしたね。
各種お手配下さいましてありがとうございました。

「こびとづかん」をご存じですか{/!?/}
今、幼児~小学生を中心に爆発的に流行している創作「こびと」キャラです。



昔の児童向文学の「かわいい妖精」のイメージではなく、ちょっと不気味なキャラクターです。
作者は石川県生まれで、34歳の男性クリエーター。
北陸の豊かな自然や、昔ながらの民家の庭先を舞台に、彼の生みだした「こびと」を昆虫採集のように図鑑にして、生態や飼育の仕方を解説した想像の世界です。



娘(小2)の学童クラブで大流行の「こびとづかん」が新千歳空港にやってくるというので、吹雪でスキーも橇遊びもできない日曜日でもあり、娘を連れて行ってきました。
快速エアポートに乗れば18分、全く外に出ずに空港ターミナルビルに着くので「雪道はいやだ」のママでも安心。

 

73人限定の「じゃがぽっくるシアター」の上映会、30分前から並んで65番で入館できました{/ひらめき/}

NHKの教育番組みたいな雰囲気で作られた、実写+CGのおもしろいビデオで、娘はコーラを飲んで膝に「こびと観察入門」という本をひろげながら鑑賞しました。

スタンプラリーをして、お土産に「カクレモモジリ」というこびとキャラ(桃に寄生するという設定のキャラ)のクッキーを買いました。
何でも一番人気らしいです。

 

もっとも、ワタクシはこちらのショップの方が好き。
「Flyers」、空を愛する人達のグッズを販売しています{/飛行機/}



「新千歳空港×こびとづかん」は3月4日まで、新千歳空港ターミナルビル3階特設コーナーで。

今年は寒くて雪が多いなぁ。
ここ数年、少雪傾向で、時々台風並みに発達した「爆弾低気圧」の時だけ気をつければよかったのですが・・・。

つらら。
屋根に建物の中の暖気が伝わって雪がとけ、流れ出した雫が凍ったもの。
ってことは、断熱がうまくいってないかも。
建物の中、結露してるんじゃないかな??



平屋の公民館の窓も埋まるほどの積雪。
雪の圧でガラス窓が割れたりするんですよ{/悲しい/}



駐車場も・・・



倉庫だってこのとおり。
今年は雪の重みで建物が倒壊する事故が多発しているのですが、この屋根の雪だと倒壊するのも頷けます。



雪のない関西で育ったから、雪のある冬は何年たっても苦手で雪道は苦痛。
先日、前方赤信号につきブレーキ踏んだけど愛車ekワゴンは止まりきれず、シフトを一気に1速にダウンした途端にグルグル回って交差点手前で反対車線にはみ出してようやく止まったのです。
ああ、こんな気をつかうスケートリンクみたいな坂道を運転するのはイヤだなぁ{/車/}

今日は午後から石狩花川に行きました。
お仕事は季節労働者の通年雇用促進セミナーでした。



先週までひどい吹雪で、石狩湾に面した石狩市は吹雪くとホワイトアウト{/雪/}
今日は空気は冷たいけど晴れていてよかったです。

出張とセミナーの連続はひとやま超えました。
来週の石狩沼田出張が終わると、しばらく札幌で年度末の実務です。

セミナーが無事に終わって、とりあえずこれくらいのデザートは許されるかな~{/複数ハート/}



週末も遅くまで事務所で仕事してるんだもん、これくらいも許されるよね~{/ビール/}


先週末あたりから、何だか耳がじくじくしてきて、やがて仙台出張中に耳の症状が急速に悪化しました。
以前、右耳が突発性難聴で仕事中に聞こえなくなってしまった事件があったので(NHKグランジュテ参照)、とっても心配{/がっかり/}

22日午前中にやっと時間を見つけて、ママ友(子ども同士が同級生)がナースをしている耳鼻咽喉科に診察に行きました。
ママ友の白衣姿はなかなか立派で、働く姿も堂々としていてよかったです。

で、診察の結果、ワタクシは黄色ブドウ球菌に感染していることが確認されました。
黄色ブドウ球菌は、皮膚や粘膜から体内に侵入し、皮膚が腫れてかゆくてかきむしると、飛び出した膿が皮膚に発疹を連鎖的に作ってしまう、通称「とびひ」の原因となっている菌です。
そう、幼児や児童がプールで夏場にもらってくる病気ですよ~~~{/汗/}

アラフォーのワタクシが「ちびっ子の病気」に感染しているなんて{/!!/}
しかも、普通の皮膚ではなく、わざわざ耳の中の皮膚に感染(しかも両耳)しているなんて{/!!/}

で、点耳薬2種と炎症をおさえるステロイド系塗り薬、さらにこれに内服薬をいただきました。



ちょっとショックなのですが、ひとつだけいいことがありました。
レントゲンをとったり聴力や鼓膜の機能を調べたところ、「私の聴力はずばぬけてよい、年齢に比べてずいぶん若い耳だ!」ということが判明したこと。
極端に高い周波数の弱い音や極端に低くて聞きづらい信号音も、ちゃんと聞き取っているのです。

おお、聴力はエシュロン並なんだ、やっぱ労災を防ぐための機械の異音を関知できるようになってんだわ~~{/ひらめき/}

このページのトップヘ