北の桜日和

浪速っ子なのに札幌で開業している社労士の日々徒然ブログ

2018年08月

8月24日は日帰りで東京の田町に出張しました。
台風後の強い風の中でしたが、無事に飛行機は到着。

IMG_20180824_122054

日本生産技能労務協会主催の会員対象セミナーで講師のお仕事でした。

IMG_20180824_123239

技能協さんはいつもすばらしい講師控室をご用意くださいます。
田町なので大きな窓から新幹線や山手線や京浜東北線が走っているのが見えます。

IMG_20180824_123431

そしてなんといっても、控室におやつ
しかも、このあとタリーズコーヒーがポットで運ばれてきました。

IMG_20180824_123406

無事に2時間の講演を終えました。
フライトまで時間があったので、田町駅のスタシェーンでギネスを1/2パイントいただきました。

IMG_20180824_163046

新千歳空港に戻ったら、夜半から旧台風20号の温帯低気圧が通過して、翌日には一旦雨はあがったのに再び旧台風19号の温帯低気圧が朝鮮半島経由で戻ってきて大雨に。

函館のGLAYのコンサートは波浪警報もでてたけど大丈夫だったのかな?
今年の北海道は異様に雨が多くてこの先もずっと曇と雨マーク。

久しぶりに釧路へ出張しました。

IMG_20180820_175328


往路は飛行機、ひさしぶりのプロペラ機です。

IMG_20180820_130928

十勝平野を10分足らずでひとっ飛び。

IMG_20180820_134125

釧路駅前ホテルから見下ろす午前6時前の駅舎。
やっぱり釧路は平らですねーーー。
曇っているから湿原の方はよく見えず。

IMG_20180821_064525

復路はJRの特急スーパーおおぞらです。
どうです、このたたずまい。
起終点駅(ターミナル・・・釧路出身の直木賞作家、桜木紫乃の小説参照)はピカピカの近代的駅ではなくても、風情があってノスタルジックな感じでもいいんじゃないですかね。

IMG_20180821_080524

IMG_20180821_080610

Sおおぞらでは車内販売がないので、札幌までの4時間のために早朝からお店を開けているキヨスクで駅弁もペットボトルもお土産(今回は鮭とば&氷下魚とば)も全部購入。
氷下魚=こまい、と読みます。

厚岸の牡蠣弁当、ふっくらぷりぷりの牡蠣に濃いめの味付ごはんがウマウマ。

IMG_20180821_083350

特急ではずっと桜木紫乃「ブルース」単行本を読んでいたんですが(舞台は釧路)、読むとまた釧路に行きたくなりました。

大雪山黒岳登山しようとしていたら、平年より1か月も早く黒岳に初雪が降り、冬山の技量も経験もない私は即中断。
ああ~ 
行程もタイムもすべて計画できていたのに~

でもね、ニュースで大雪山十勝岳の遭難事故が速報で流れてたからやっぱり自信ないときは行かない。

続報で、遭難者は本州から来た男性単独登山者で、発見された時すでに低体温症で亡くなっていたとのこと。
なんと夏山装備にツェルトも持たず雨カッパだけって・・・・・山の天気予報見てたら十勝岳は小雨で雲が多く(つまり山中でガスや霧にまかれて気温は低く視程も悪く)、それでも軽装備ででかけるって残念すぎ。
せめて防寒着を着てツェルトで携帯カイロ持ちながら暖を取って救助を待っていたら、命は助かったのでは?
だって気象庁の電波塔までたどりついて、気象庁に携帯電話で救助を求めたんだから。


そんなわけで、かわりに?エクリプスクロスで初めて三笠まで走りました。
平地もあいにくの曇天・小雨続きです。
往路は北広島-道々江別恵庭線-江別から国道12号線-三笠道の駅です。

IMG_20180818_175619

北海道内道の駅第1号が三笠だなんて知らなんだ。
アンモナイトの化石がたくさん出てきた場所です。

IMG_20180818_175856

北炭の幌内炭鉱で採掘された石炭の塊も展示されてました。

IMG_20180818_175913

ちょうど夕日が石狩川の彼方へ沈む様を見ながら、復路は道の駅から道々30号線に入って岩見沢の裏道を走り、栗山から夕張川にかかる長栗橋を渡って長沼町経由、札夕線で北広島まで帰ってきました。
ノンストップで1時間くらいかな。

栗山から北長沼へ抜ける道で、丘陵のてっぺん、一瞬だけ札幌平野が見渡せる景色のいいところ(左右は牧草地)を通過するんだけど、展望台もなく道も細くて、そのわりに地元の方々の抜け道のように使われ頻繁に車も通るから駐車する場所なく残念。
ここらあたり、街灯も全くないから、やはり日没後は暗くなる前に全速力で通り過ぎたのでした。



8月8日、スーパーおおぞら(札幌~釧路間運行)で帯広までおでかけ。
ヘッドマークには釧路湿原の象徴、丹頂。

IMG_20180808_114925

帯広まで2時間28分。
北海道はお盆を過ぎると秋っていうけど、それホント。
曇っていたからかもしれないけど、昼間でも20℃程度で秋風。

IMG_20180808_142536

お泊まりはホテル日航ノースランドです。
温泉はないけど、心地よく滞在が出来ます。

いつも思うんだけど、このチェックのカバーがステキ。

IMG_20180808_153542

お部屋ごとに絵を飾っているのですが、今回は芳醇な秋を思わせるブドウの切絵でした。

IMG_20180808_153534

なんといっても、このマグカップがいい。
十勝で生産される野菜と、動物(牛や馬)のかわいいイラストつき。

IMG_20180808_153714

1泊して札幌への戻りはスーパーとかち(札幌~帯広間運行)でした。

IMG_20180809_083809

ちなみにグリーン席にはPC用コンセントが各席1つずつ完備。
帯広~札幌間は日高山脈と夕張山地という山続き・トンネル続きのためwi-fi電波は入らないのですが(携帯電話も通話不能)、インターネットに接続なしのPC作業はすすみますよ。

IMG_20180809_084259

特急スーパーとかち4号は、旦那様の初任地である十勝清水駅にも停車するので、とりあえず車窓から撮影したりもする。
かつて、自分の赴任先の鹿児島からはるばる飛行機とJRを乗り継いでこんなに遠い駅まで旦那様に会いにやってきたのだと、しみじみその距離を思う。

IMG_20180809_092200

なんかちょっと、ホームがきれいになってる?
でも清水駅前のローソンは開業から10年ちょっとくらいで閉店しちゃって、やつぱり人口が少ない土地でコンビニ経営って難しいのね。
だから、道内僻地の味方セイコーマートはすごいなぁって思います。

久しぶりにスーパー北斗に乗っておでかけだよ

IMG_20180803_120524

45分間という短めの特急乗車時間のおともは、キオスクのお茶「うらら」。

IMG_20180803_122003

苫小牧で特急下車、25分間の待ち合わせ。

IMG_20180803_131720

ホッキ貝とアイスホッケー、どちらも苫小牧の名物。
だからホッキがホッケーしているようです。

IMG_20180803_131608

東室蘭行普通列車に揺られて30分弱、白老(しらおい)駅着。

IMG_20180803_160950

ここにはアイヌポロトコタンという施設があったのですが、現在とりこわされ、2020年に民族博物館として立て直されるそうです。

IMG_20180803_160709

大きな施設が建設されると、現在は室蘭行の特急「すずらん」しか停車しない白老ですが、函館~札幌という大動脈を往来しぎっしりインバウンドを乗せたスーパー北斗も何便か停車するという話で、地元は盛り上がっていました。

このページのトップヘ