2011年04月20日

★No.81【やっぱり頑張らなくていいんです】



このテーマは以前にも書いたことがあります。
またこのコラムのサブタイトルは「今日も一日がんばらなくてもいいんです」でした。


最近「がんばる」という言葉がとても多く使われていますのでまた書きたくなりました。


私は基本この言葉を使いません。(ついつい出てしまうことはありますが)


とても辛い思いをされた方がたくさんいます。


そんな人たちに「がんばろう」などと声をかけることは私にはできません。


成果が上がらない営業マンにも「がんばれ」とは言いません。


なぜか。


がんばるは続かないからです。
がんばるには無理があるからです。
がんばるには実態が無いからです。
がんばるは辛いからです。
がんばるには結果が求められるからです。


何か成果が得られた時に、「がんばったね」とねぎ
らいや、ほめ言葉の意味でこの言葉をかけることは良いと思います。


でも、「がんばる」という「経過」を求めてはいけません。


「今、目の前にある自分に出来ることを粛々とやる」


いくらがんばろうと思ってもこれ以上のことができますか。


出来るか出来ないか分からない先々の「結果」を求め、
気持ちにプレッシャーをかけてやっても心が折れてしまうだけです。


ですから、



「今日も一日がんばらなくていいんです」


最新記事
※このアドレスは横山本人に直接届きます。できる限り返信させて頂きます。
Archives
QRコード
QRコード
RSS