2012年05月12日

つくば市竜巻災害支援

つくばの竜巻災害から一週間経ってやっと現地作業に入れました

今回のsrideメンバーは3人。沼田くんと美咲
お手伝い先は オープンジャパンさんの拠点へ

朝から週末もあって拠点には80人からのボランティアさんが集まりました
オープンジャパンさんは、つくば市のボランティアセンターと連携を取って活動しています

他の団体も合わせると200名からが集まったとのこと

IMG_2675


朝の挨拶から活動開始

IMG_2676

openjapanのひーさん

基本的に作業としては竜巻で壊れたお宅の瓦礫や不用品の運び出しがメインで
作業はとってもスムーズ
津波災害と違って濡れていなかったり、地元の建築団体のお陰で重機が入り
 撤去が早いです

大工さんや震災活動経験者のお陰で運び出し作業は手際がいいです
 
IMG_2678

IMG_2679


IMG_2680


竜巻が通ったであろうルートにはブルーシートが

午前中の作業がスムーズのため二軒目のお宅へお手伝いに

こちらも瓦礫や物の運び出し

IMG_2681


IMG_2682


IMG_2685


古い家が多いため、大量のゴミや不要品が出てきています
そしてお年寄りやご年配の方が多く一人や二人では運び出せないので
ボランティアさんがとても必要とされています。

回収は行政がやりますが、個人宅の作業は民間でやるしかないのです。

家主の方もおっしゃってましたが、
一人ではどうしていいかわからない。来てもらって本当に助かると

作業は多岐にわたっています

今回の支援活動で仲間も増えました。
IMG_2684


繋がりって大切で、小さなコミュニティーも
集まれば大きなコミュニティーに発展します。

これも何かの縁です。

明日以降も石巻open japanさんは活動します。
日々状況は変化しますが、HPをチェックして行動できる人から行動してもらえるとありがたいです。





sridecrew at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 【活動報告書】 

2012年05月10日

つくば竜巻災害

つくば竜巻災害

2012/05/06 PM

自宅に居てヒョウやアラレが降り突風が吹き
嵐がやってきた

私の自宅は水戸に近いところで大きな被害は無かったが
twitterとfacebookでつくばの竜巻を知りました。
自然災害は地震や津波だけではなく竜巻も有ること

基本的に地デジ難民なのでテレビは見ておらず
被害の大きさを知ることになったのは翌日

先日お世話になったオープンジャパンさんのHPを見て
被害の甚大さが判りました

そして遠方の地、石巻からつくばまで来ていただき作業をしている姿をblogで見て、
作業に使ってもらおうとマスクと差し入れの水と麦茶
そしてJCIつくばの方々が炊き出しを行ってるとの話でマスクとプラスチック手袋を持参して
仕事を終えた後、ヒロツグとつくばへ向かいました

周囲の道は大渋滞で辿り着くのに時間が掛かりましたが現場に到着し
JCIつくばの方へ少なからず物資をお渡しし

IMG_2666


周囲を見ると竜巻の爪あとが

IMG_2669

しかし道路は片付けられており車が通るのに支障は無く
早い行動が見受けられました

現場を後にしてつくば市役所へ。
こちらで対策会議が行われると言うことで
オープンジャパンの助さんとコチラで落ち合うことに

少ないながら差し入れをしてお話を伺いました。
爪付きのパワーショベルで何台もの車を起こし電柱を撤去。
本当に頼もしく感じました。

実働できない自分に力の無さを感じましたが
活動している人をサポートしたり、義援金を送ることも
現場で動いている人には心強いと思います。

OPENJAPANさんのカンパはこちら

つくば市竜巻被害義援金の受付はこちら


実際に私達も支援活動をしていた時、サポートしてくれた皆が居てこそだったから

オープンジャパンの活動を支援したいと思います。

つくば市のボランティアセンターも開設されて活動されてますがこちら

災害に慣れていないので仕方ないのですが、個人的な感想で上手く機能していない様に見えます
オープンジャパンさんは東日本大震災で大きな被害を受けた石巻にて
最前線に立って活動していた災害のノウハウが多いです

blogを見て頂ければ迅速さが判ると思いますこちら


SRIDEの代表として12日土曜日に現地へお手伝いに向かいます
水戸から出発しますが、サポートしますのでご連絡ください。


連絡先
携帯:090-8086-8300
メール:sridecrew@gmail.com 

ミムラ




sridecrew at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 【最新物資・人力募集要項】 

2012年05月09日

再び石巻市へ

東日本大震災から1年が過ぎました。

昨年末にクリスマスプレゼントとして被災地へ最後の物資支援を行った時に
石巻市渡波地区にある明神社の女将さんから5月5日にお祭りがあるので遊びに来てくださいと
お誘いをいただいて、久々に被災者の皆さんに会うため約5ヶ月ぶりに、ヒロツグと石巻へ向かいました。


久しぶりに訪れた渡波地区も空き地が多いですが
お店や加工工場も増えてきたように見受けられました。

明神社に到着すると人が集まってとっても賑やか!

web-8


出店や、ボランティアさんのブースがあって
太鼓や歌なんかも響いていました

web-7


お神輿も寄付で新しいものが担がれていて

web-2


web-4

web-11


震災後から皆さんと会ってました
悲壮感や笑顔もどこか疲れた感じがしていましたが
心から楽しんでいる感じがあって
皆さんととっても笑顔でほっとしました

web-5


そして懐かしい面々にもお会いして

web-1


ちょうど一年前にこの場所で会ったヒーさん

web-13


この方に出会わなければ支援を続けることが出来なかったと思います
ヒーさんに出会ってボランティアの形を教わりました。

【何かをしてあげたいじゃない、自分がどう生きたいか】

と教わりました。
ボランティアはその人の生き方なんだと。

リアルに最前線で活動している方の言葉で心に響きました。


湊食堂でお世話になった、はからめのよしこさんにもお会いでき
食堂や明神社で知り合った阿部さんがカヌーのボランティアで今日は来ていないけど
新しいボランティアベースに居ることを聞き立ち寄ることに

また、食堂最終日、湊中学の校庭に植樹された桜が咲いていると聞き向かうと
散り始めでしたが花が残っていました。

web-18

web-15

web-16

web-19


その近くで復旧のお手伝いをした
ヤマユ佐勇水産の工場にも立ち寄ると
足場が組まれて復旧中でこちらも少しずつ進んでいますね

web-20


渡波の家々も取り壊され、
初めて来た時には瓦礫と家があった場所も
空き地が広がっていました

web-9


渡波の海を初めて見ました。
防波堤は見えていましたが、見る気になれなかった場所。

web-14


石巻市南境にある集会所を借りて活動していたボランティア支援ベース絆さんが
新しいボランティアベースを市内に移して立ち上げた
OPEN JAPANさんへ

阿部さんはカヌーのロケハンで居ませんでしたが
ベースの助さんと富士子さんがベースに招き入れていただき
色々とお話をしていただけました。

web-22


ベースでの出会いが、まさか数日後に地元茨城県で発災した
つくば竜巻災害地で出会うことになるとは思っても居ませんでした

縁というのは何処で繋がるか判りませんね。
その報告は別途UP


震災後一年を過ぎて、高速無料化が終わりボランティアの入りもグッと減ったとの事ですが
まだまだ作業は続いており、細かい仕事から大きな仕事まであることを教えていただけました
詳しい活動はOPEN JAPAN HP

SRIDEとしても支援活動を再開すべく6月下旬に作業へ出向こうと計画しています
少人数のグループが機動力があるのでバスではなく、車で向かいたいと思います

作業のマッチングは人数次第とニーズ次第になりますが
・体力仕事かそれ以外でお願いしようと思います
・交通費(ガソリン代、多人数の場合レンタカー代)
・自己責任で行動できる方

ご協力できる方の参加をお待ちしています。


帰りに物資の購入でお世話になった渡利酒店さんへ立寄ると
おばあちゃんと、ご主人、女将さんがお揃いになっていて
年末に撮影した写真を手渡し、思い出話ができました。

美味しいお酒を取り揃えてあるので
お立ち寄りください。


そして帰りにいつも立寄る一家の元へ
初めて会ったのが震災後1ヶ月の時
その時生後間もない子も歩くぐらい成長して
時間の経過を感じました。

web-24


久しぶりの現地を訪れて皆さんと会って話して
こちらも元気をいただきました。
他にも訪れたい場所がありましたが時間の関係で行けませんでした。

情報を発信することで現地に再び目を向けていただけたら幸いです。





sridecrew at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 【活動報告書】 

2012年05月08日

▼【募集中】ボランティア活動者

支援活動に興味がある人から

 ・行っても役に立たないのでは?
・何をしていいかわからない
・どうして良いかわからない

 という話も聞きますが
 確実にマンパワーは必要です。

小さい仕事から大きい仕事まで多岐に渡り
初心者にも現場の方が教えてくれる環境があります。

まずは連絡をください。

また、ボランティアグループには

 ・一度だけの人が居る。
・自己満足で終わってしまっている。

 という話も聞きます。

しかし私達はそう思いません。

一度だけだって良いと思う。
それがその人の生き方なんだから。

逆にそのような発言が、後続の人達を躊躇させているのでは?

1割でも2割でも続く人が出れば良いと思う。
続かなくても、現地の惨状を周りの友達に伝えてくれれば良い
その話に応えて動く人が生まれれば

身体の支援提供者を募集しています。 

 茨城からのボランティアバスは瓦礫の撤去が主ですが
皆様の特殊技能を申し出ていただければ

ご希望に添えるよう宮城県石巻市のボランティアチームと連絡を取って
マッチングを行いたいと考えています。

 しかし100%ではないことをご了承ください。

 大工、とび職、土木、電気工、設備等の建築関係者
飲食、医療等の特殊技術者

瓦礫、民家の片付け支援者

 他にも何か出来るという方はご連絡ください!

これからは仕事をする場所を再生する事が急務と考えています。

単独での現地入りの支援も行いますのでご連絡ください


▼ 次回SRIDE.CREWによる現地入りは

  【6月下旬】
宮城県へ支援活動へ向かいます
今回の支援活動での活動者募集はいたしませんが

現地活動者は随時募集中です




sridecrew at 23:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 【最新物資・人力募集要項】 

2012年02月07日

▼【12月23日(金)宮城県】活動報告15th



物資をお届けしてホッとしてしまい報告書のUPが大変遅くなったことをお詫びいたします。


前回の支援物資をお届けしてから約2ヶ月
年末も押し迫ったクリスマスイブの前にSRIDEサンタとして
今回の支援で知り合いになった子供たちと
牡鹿半島の給分浜にある仮設住宅へクリスマスプレゼントをお届けに向かいました
メンバーはミム、カズ、ゆりちゃんの三人

雪道と言うことでミムランクルで向かいました

福島以北では雪がちらつき
シーズン初めての雪

しかし仙台市のあたりからは曇り空
積雪も無くスムーズに現地に入りました。


今回は個人的にも仲良くなった支援者へ心ばかりの水戸名物の
わら納豆も個人的に持参しました。
実はGWの頃から渡波の方々とお話をしていて渡せずじまいで心残りになっていたのです。

現地に到着するとまず向かったのが
毎回お世話になっている石巻渡利商店さんへ


今回お願いしたのが
ビールとみかん

アルコールは不謹慎かと避けていましたが
年末に嗜好品があっても良いのではと思いと
冬にはみかんと言うことで、石巻ではメジャーな有田みかんで、
マル賢みかんを購入しました。


しばらくお伺いできないので
ご主人と、元気なお婆さんのPhoto

web-1


いつも割引をご好意でしてくれています。
今回は少ないですが水戸名物わら納豆をプレゼント。

こちらのお店は全国各地の旨い焼酎や日本酒を取り揃えていて
ご主人のオススメの焼酎を1本ご購入しましたが
本当に飲みやすく美味しかったです。


まず向かったのが渡波の明神社
こちらはボランティア基地になっていた場所でもあって
私にとって思い出深い場所です

こちらの女将さんに久々にお会いすると
笑顔が自然とこぼれてホッとしました

お会いしていたときは
ちょっと疲れた感じがしてましたが
少しずつ心も復興してきたのかなと思えました

こちらでお会いしていた地元のオバサン達へ
約束のわら納豆を渡してくださいと託しました

そうすると2012年5月5日にコチラの神社でお祭りを執り行うので
是非遊びに来てくださいとのお誘いをいただきました

是非メンバーで遊びに行きたいと思います。
遊びに行くならナニか出来ることは無いか考えますかね

続いて向かったのは万石浦の仮設住宅
こちらで知り合ったお子さんと、仲良くなったオバサンへプレゼント

夏の暑い時にアイスを差し入れしてくれた女の子
その時の写真を見せるととっても笑顔に
思い出してくれた

web-3


クリスマスプレゼントを渡すとお母さんがとっても感謝してくれました

もう一組の兄弟も探しましたが
ココの仮設住宅の子達では無かったのか出会えませんでした。


続いて向かったのは牡鹿半島の給分浜へ
地区会長さん宅へ向かい物資をお届けしました。


また、コチラの仮設住宅で出会った
タイヨウ君へのクリスマスプレゼントを会長さんへ託しました。

web-2


帰りに渡波で現地入りした時から色々とお手伝いして頂いた蒲田さん宅へ
お米をお届けして

被災者で石巻でサポートしてくれていたお宅へ
クリスマスプレゼントをお届けして支援を終えました。

web-4


子供たちの笑顔を見るとほっとします。
これからも出来る範囲で子供達への支援をしていきたいと思いました


次回の現地入りは5月5日に明神社のお祭りに行きたいと思います
この時に何か子供達へできることを考えたいと思います。

期間がありますのでどうぞ皆様のご意見やご支援をよろしくお願いします。













sridecrew at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)