2012年02月07日

▼【終了】支援金をありがとうございました。

沢山の支援金をありがとうございました


【使用購入実績】
野菜 / 果物 / 菓子類 / 飲料水類 / 保存食 / エコバック / 常備薬 / サプリメント / 子供用雑貨 / 生活雑貨 / レンタカー / 交通費他


【12/23】現在支援金合計金額※有志を含む

 841,531円


【12/23】現在支援金残金

 0円





sridecrew at 15:15|PermalinkComments(16)TrackBack(0) 【支援金・物資預かり所】 

▼支援金収支報告【9】


12月23日【金曜日】に石巻市へ支援を行うために
支援金を物資の購入として利用させていただきました。


◆支援金
¥17,536-

◆支出
¥23,484-

【内訳】
+子供用プレゼント代(¥9,484-)

+寸志代(¥14,000-)
※渡利商店さんはご好意で割引をしていただきました。

xmas




◆収支
支援金【¥17,536-】-支出【¥23,484-】=¥-5,948


不足分に関しては有志より補填いたしました。



sridecrew at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 【収支報告】 

▼支援金収支報告【8】

10月16日【日曜日】に石巻市へ支援を行うために
支援金を物資の購入として利用させていただきました。


◆支援金
¥146,926-

◆支出
¥124,620-

【内訳】
+土鍋代(¥34,300-)

+ボンベ/カセットコンロ代(¥90,320-)

+交通費(¥9,770-)

鍋

gas




◆収支
支援金【¥146,926-】-支出【¥134,390-】=¥12,536-


余剰金につきましては、次回便の支援物資購入に当てさせていただきます。
ありがとうございました。



sridecrew at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 【収支報告】 

▼支援金収支報告【7】


8月21日【日曜日】に石巻市へ支援バスを運行した収支報告します
その時の様子はこちら

◆参加費
¥3,500- × 14人 =¥49,000-


◆支出

¥79,200-


【内訳】

+バス運行代(¥79,200-)




◆収支

参加費【¥49,000-】-支出【¥79,200-】=¥-30,200-

不足分に関しては有志より補填いたしました。
ありがとうございます。





sridecrew at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 【収支報告】 

2011年10月19日

▼【10月16日(日)宮城県】活動報告14th


支援物資の活動を始めてから約半年、物資搬送を行いました。

今回は、皆様に支援金、支援物資のご協力は行いませんでした
自分達が感じる違和感を持ってお願いしますとは言えませんでした

物資に関して困っているのも事実でしょう。
しかし実際に感じなければわからない現実もあることをご理解していただきたいです。


残りの支援金を、冬が目前の東北へ何を送ろうか考えました
ストーブなどの暖房器具については市町村から提供があるようなので
食を通して温まって頂こうと思い
土鍋、カセットガスコンロ、カセットガスをセットに購入しました。

web-3-2

 
鍋で集まったり、囲んで談笑してもらえたら嬉しいですよね

石巻の個人商店で残りわずかの支援金で数量を揃えることが難しい為
今回は私達の地元で数量を揃える為購入を行いました
他にお米を少し持参しました

支援活動は最初4人で向かう予定でしたが
3人が体調不良でダウンw
物資の物量は多いですが、品数が少ないので1人で向かいました

向かう高速は生憎の雨。車も多くは無かったですね
支援活動渋滞が懐かしく思います。

向かう途中で、SNOW仲間が前日から葬儀で石巻入りしていて
現地で落ち合うことに

待ち合わせ場所で久々に再会した福島のウッチー
とにかく物腰が低く穏やかなアニキw

昔、石巻に住んでいた時お世話になった方が
津波に流されて行方不明になった
御遺体は見つかっていないとの事でしたが
葬儀を執り行ったと

未だに行方不明者が約4000人(10/7現在)も居る状況
亡骸に会えただけでも良かったと言う地元の方もいました。

そのウッチーも福島県いわき市で週末になればボランティア活動を行っている
熱い男なんです。

1人で向かうと話すと同行してくれると
とても助かりました。

今回向かったのは、前回訪れた
凄く協力し合って生活している牡鹿半島の給分浜にある仮設住宅

まず仮設住宅へ向かい班長さんにアポイントを取ろうとしたが
お仕事に出かけているということで
大原浜で営業を始めた食事処「かんた」へ

前回通った時も気になったお店でした
営業中にもお話させていただくと、とても気さくな方で
地区会長さんへ話してくださいと

本当に地域でまとまりが出来てる印象

地区会長さんのご自宅へ向かうと
外でお話している方が

お声掛けすると、1人の方は前回野菜を届けた時に
仕切ってくれた方で、地区会長さんへの話が早かったです

自分達で配ってもいいけど、ここでは一度預かって
公平に分配しているやり方をしていると

顔を見て配りたいならそれでも良いと言われましたが
今回2人だったので会長さんへお願いしました

web-2-2


物資を下ろしていると
住民の人が集まってきて談笑
地震の冗談も言えるぐらいな雰囲気になっていて
時間が解決してくれるんだなと感じた

土鍋を持ってきたと話すと、とっても喜んでいただけ
今夜は鍋にしようと早速笑顔で話してくれたので
ホッとしました

web-1-2


物資を託し、渡波地区の個人宅へ物資を持参しました
久々にお会いできた方も居てゆっくりお話して帰ってこれました

公式な物資の募集は終了としたいと思います
しかし、お願いされている分と、支援金の残りもありますので
来月お届けします。

皆さんが感じて送りたい、託したい物資に関してはお受けいたします
但しコチラからお願いすることはしません

直接ご連絡ください。
メール:sridecrew@gmail.com 

確かに物資はあればあっただけありがたいと思います
目に見えて復興は進んできました
仕事場も増えてきて、自立して動いている人も凄く多くなってきました

人には危機感も必要なのかなと
やってもらって当たり前。もらって当たり前と言う雰囲気は絶対に駄目だと思うし
そういう状況を作り出すのも駄目だと思う

物資に関しては沢山の物資を送るのではなく
見守り支援的に動きたいと思います。


本当に有難う。
ありがたい。
助かりました。
嬉しい

そんな言葉を最後まで被災者の方から頂きました

今回まで物資をご提供いただいた皆様
そして支援金をご提供していただいた皆様
気遣ってくれたり、様々な形で係わってくれた皆様

被災者に代わり厚く御礼申し上げます。

支援物資は終わりますが
形を変えて支援活動は続けたいと思います。








sridecrew at 23:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 【活動報告書】