元実家周辺を徘徊するのです。(3)

カテゴリ:
IMG_0254
 藤井寺駅西側踏切の北側、ソリヤの南側の道。ソリヤのあったところは私が生まれるはるか前は池があったようで、父親がここで泳いで遊んだことがあるそうです。水がきれいだったらしく、貝を採って食べたこともある、とのことでした。
で、このソリヤの南側の道は私が子供だったころは狭く、また街灯というものがなく、自転車がすれ違える程度の幅しかありませんでした。また、池を埋め立てた名残なのか、細長いきったない水溜りが道に沿ってあったのを覚えております。

IMG_0238
 春日丘の地蔵さん。今は立派な屋根で囲われているけど、昔はこんなのがなく、また、マンションが建っているところが駐車場でこの周りでよく遊んでいました。8月24日の地蔵盆には、周囲に子供の名前が書かれたちょうちんがいっぱいに飾られ、夏休み最後の祭りで夜遅くまで遊んでいました。また、この地蔵さんの南側の府道を一時的に通行止めにして、道の真ん中にやぐらを立てて盆踊りが行われたこともありました。そばにあったパン屋さんでジュースをもらってわいわいやっていたのを思い出します。

(4)につづく

元実家周辺を徘徊するのです。(2)

カテゴリ:
 見る人が見たら、氏素性がぱっとわかるやんか・・・。

IMG_0256 今でこそ、何の障害物もないこの南西側の入り口、一時期は放置自転車がアホほどあり、通り抜けるのが大変だったころがあったのです。行政の「放置自転車は強制撤去!」の方針で大量の自転車が駅から遠く離れた置き場に強制的に持っていかれるようになり、放置自転車はなくなり、現在の姿になりました。ひどかったんやでぇ。




IMG_0249左側の現在はタクシーの待機場所になっている線路沿いの場所、記憶にはないのですが、実家にあるアルバムを見るとここに2階建ての住宅みたいなのが建っていたようです。

 (3)へつづく




元実家周辺を徘徊するのです。(1)

カテゴリ:
 たまに帰ってもあまりうろうろしないけど、ここ最近何度か帰ったときの記録をつなぎ合わせてウロウロ記録を作ってみることにします。
 今の実家は私が小学校6年生のときに引っ越した。その前に住んでいた旧実家は藤井寺球場から徒歩1分程度のところでございました。引っ越した後、祖父母がしばらく暮らしていたけど、その祖父母も引っ越した後、程なく解体。今はテナントビルが建っております。
IMG_0251 旧実家の名残は、このコンクリートの溝蓋位しかない。








IMG_0258藤井寺駅の南口を出たところにある業務スーパー。この建物は私が子供のころからあり、そのまた昔はパチンコ屋でした。2階もいろいろ変わりましたが、はるか昔は喫茶店でゲーム機がおいてあり、当時としてはレアなゲームがたくさんありました。また、人目につかずに遊べるので、気に入っていた場所でした。

(2)へつづく

カテゴリ:
先日、母親と話していたときのこと。
母 「あんた、土産とかいろいろ人に物送ったりすんねんやろ?」
息子「するなぁ」
母 「もったいない、とかおもわんの?」
息子「そういう風にあなたがしつけましたがな」
母 「親のせいか」
息子「そうなんとちゃうの? あと、◎◎さんとこのおばあちゃん。
   あの人にも、そういう風に教えてもろた」
母 「あの人はそういうひとやったなぁ。」
息子「小学校の修学旅行の時も小遣いくれたし」

ってな会話があった。

最近は懐具合が寂しいこともあり、あまりみやげ物とかを買わなくなったけど、確かにそういう傾向があるなぁ。身近にそんな習慣が身についていない人がいて、余計にそう感じる。
「物をあげる=いい人」ということではなくて、ちょっとした心遣いができるかどうか、が問題。

この感覚、わからん人にはどうしても理解できないみたい。

頭を冷やしたいのです。

5

カテゴリ:
DSC_0086_HORIZONいろんな出来事があって、熱を持っているので頭を冷やそうと思いました。
いつもの散髪屋さんで「そらなくていいので、ぐりぐりに短くしてください」とお願いしてやってもらいました。
正直なところ、頭頂部はかなり寂しく、側頭部がかなり伸びていたため、朝起きると頭が爆発してしまっていました。それの解消のためと、免許証の書き換えのため、気持ちよくすることにしました。
頭は洗いやすいし、ひえるし、メリットだらけ。デメリットは怖がられること、かな。

このページのトップヘ

見出し画像
×