yogurting ヨーグルティング

2019年04月14日

SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い1〜

「SBIネオモバイル証券」開業、若年層向けにTポイントで株が買える「ネオモバ」スタート
2019/04/11 08:00
SBI証券とCCCマーケティングは、2018年10月30日に合弁会社としてSBIネオモバイル証券を設立した。今回、第一種金融商品取引業者としての登録を受け、2019年4月10日に開業。Tポイントを使った株式投資や銘柄のレコメンドを提供する新サービス「ネオモバ」をリリースした。SBI証券はフルラインナップの証券会社として、資産形成層のニーズに対応してきた。その結果、顧客全体における30代〜50代の割合が69%なのに対して、20代は7%。iDeCoやNISAなどで累計150万口座を獲得しているが、若年層・投資初心者層への取り組みを強化していく必要があった。そのため、子会社であるSBIネオモバイル証券は初心者層に特化していく。
手数料については、月間の売買代金50万円まで、月額200円(税抜)で何度でも取引可能にする。さらに毎月の期間固定Tポイント(SBIネオモバイル証券での利用のみ可能なポイント)を200ポイント付与することによって、月額手数料200円の負担感を軽減。また、サービス利用料100円(税抜)につきTポイントを1ポイント付与する。

Tポイント投資で「本物の株」が買える理由
2019年04月10日 15時41分 ITmedia NEWS
CCCマーケティングとSBI証券が共同で設立したSBIネオモバイル証券(東京都港区)は4月10日、「Tポイント」を使ってスマートフォン上で国内株式を購入できるサービス「ネオモバ」をスタートした。投資や資産運用への関心が薄い20代がターゲットで、1株単位で売買できる点が特徴。早い段階で50万口座の開設を目指すほか、1年後までに月間1億ポイントの利用を目標に掲げる。ネオモバは、専用のWebサイトにアクセスして口座開設の手続きを行うと、登録した住所にアカウント情報が郵送され、それを入力すると取引を始められる仕組みだ。画面上では、SBI証券がおすすめする初心者向け銘柄を閲覧・購入することも可能。当初はWebブラウザのみで展開し、スマホアプリは追ってリリースする予定だ。株式を購入する際は、企業を検索し、使いたいTポイント(1ポイント=1円)の額を入力後、購入ボタンを押すと取引が完了。Tポイントと現金を組み合わせて支払うことや、現金のみで支払うこともできる。
ネオモバの料金プランは、月額200円(税別、以下同)を支払うと、月間売買代金の合計が50万円以内であれば何度でも取引できる仕組み。月額1000円(上限300万円)、月額3000円(上限500万円)、月額5000円(上限1000万円)といった各プランも設ける。月間売買代金の合計が1000万円を超える場合は、上限額を100万円引き上げるごとに月額1000円がプラスされる。投資に詳しい人に向けた制度も整え、上級者の獲得も並行して行う。
0416











SBIネオモバイル証券が4月10日に開業したようですねφ(.. )
SBI証券は30〜50代が顧客の69%を占めていて20代7%しかいないそうです。
そこで20代の年齢層はSBIネオモバイル証券が攻めていくということのようです。
すでに証券口座を作ってSBI証券や楽天証券で取引してる人には関係ありませんが
下記にあたる顧客層がSBIネオモバイル証券のメイン顧客層になるってことでそ
.好泪曚靴もってなくて投資初心者の人
20代で金融資産が少なくて可処分所得が少なくてパソコン持ってない若年層


しかし正直なところ金融資産が50万円以下の人が現物株に投資って無理がありますね。
あまりにも購入資金が少ないのでまともに投資が成立するとは思えません。
やっぱり最低でも200万以上あって、かつ信用取引しないとそもそも成立しません。
現金50万円で現物株やるくらいなまじめには働いて貯金した方が100倍ましだおね

SBIネオモバイル証券の唯一いいかなって思ったとこは月額固定引かなφ(.. )
昔はライブドア証券とか月額固定の手数料でかなり人気があったのを覚えてるけど
まあそこまでのお得感はまったくないけど(´・ω・`)
月額上限1000万までは月額手数料5000円というだけでもはや利用価値は完全にゼロ
(言うまでもなく一般投資家にとってはほとんど利用価値ないですが)
ただし本当に株の初心者で資産が50万円以下の若年層なら悪くはないのかも
言い方はよくないかもしれないけど学生とか金のない社会人向けかなあ
本気で投資をやろうと思ってる投資家層にとっては限りなく無価値に近いおね。

じゃあなんでSBIがスマホ証券をやるのかというとそれは前回にも書いた通り
―錨┐量鄲朱券をしばき倒すため
▲好泪枉攘瑤成長する前に苗ごと抜いて叩き潰すための鉄砲玉として


SBIの北尾さんは1974年入社の野村証券出身で、SBIの幹部も元野村証券だらけです。
先代の野村證券の社長(現会長)はたしか北尾さんと同期入社のライバルでしたφ(.. )
北尾さんは主流派の秘蔵っ子で社長レースのエースランナーでしたが
主流派の暴力団・総会屋・利益供与事件をきっかけに主流派が一掃されてしまい
反主流派は実権を握ったころに野村證券を出てソフトバンク(SBI)に転職してます。
1974年4月入社の同期の古賀氏が野村證券の現会長になってるし時系列も合ってそう
主流派と反主流派の権力闘争があって、北尾派がSBIになって今でも争ってるわけで
おそらく表には出てこない骨肉の憎しみとか感情的な諍いもたぶんあるんでしょう
SBIの決算説明資料を読むとこれでもかってくらいに野村證券の悪口が書いてあります。

もう一つの理由は、最近どんどん増えてるスマホ証券への先制攻撃でしょう
設立して間もないスマホ証券(One Tap BUYFolioスマートプラス)らは
出資者から資本を集めまわってる最中でまだ戦力もないし、当然まだ赤字経営です
つまり、3社ともまだ本気で戦争するだけの準備ができていないってことです
SBI証券は年間で600億円くらい稼げそうなので10〜20億の特損は屁でもありません。
SBIネオモバイル証券は利益は度外視して徹底的に安値攻勢をかけていくでしょう。
5〜6年くらい赤字覚悟の特攻攻撃をかけておけばスマホ証券の出資者が困ります
One Tap BUYFolioスマートプラスの出資者にSBIネオモバイル証券で脅しをかけて
5年後くらいまでに出資者が手を引けば自然に市場から駆逐できるってことです。
赤字のベンチャー企業ってのはVCが引くともう戦えなくなりますからねΣ(゚д゚;)

2018年11月29日
LINEの金融部門は戦線拡大しすぎのせいで失敗するでそ

2018年03月29日
LINE、野村HDと「LINE証券」設立へ

2018年10月29日
【スマホ証券】第二次仁義なき戦い勃発 野村證券 vs SBI証券
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-10-29.html

2018年10月31日
昨年度赤字15億円のOne Tap BUYがまた増資お代わり

2018年08月22日
泥船「One Tap BUY」、ガチでヤバいことになってた

2017年11月11日
大和証券が支援する新しいスマホ証券「スマートプラス」が誕生?


ss2286234570 at 04:51|PermalinkComments(0) スマホ証券 | 新規参入

2019年04月12日

西武信金さん、うっかりして暴力団のフロント企業に融資しちゃう

西武信金、組関連企業に融資か 週明け金融庁検査へ
4/6(土) 5:00配信 毎日新聞
信金大手の西武信用金庫(東京都中野区)が、指定暴力団の関連企業に融資していた疑いがあることが関係者への取材で明らかになった。ペーパーカンパニーを含む複数の企業に数年間にわたって融資を繰り返していたとみられ、暴力団の活動資金として使われた可能性がある。金融庁もこうした事実を把握している模様で、週明けにも集中的な立ち入り検査に着手する。内部管理態勢の不備などが明らかになり次第、信用金庫法に基づく行政処分を検討する。
関係者によると、西武信金が融資を行っていたのは、都内に拠点を持つ指定暴力団の関係者が経営に携わっている企業で、事業に実体がないとみられるケースもあった。西武信金は、これらの企業を「反社会的勢力に該当する」として内部のデータベースなどで管理しており、不適切な融資と認識していたという。融資金の一部は暴力団に回り、活動資金に使われた可能性が高い。
【西武信用金庫】1969年に2信金が合併して発足した。東京都と埼玉県、神奈川県で計74店舗を展開し、2018年9月末の預金額は、全国261信用金庫で14位の2兆643億円。18年3月期の本業のもうけを示す業務純益は144億円。西武鉄道などの西武グループとは資本関係がない。
0413










信金大手の西武信金さんがうっかり暴力団のフロント企業に融資しちゃったようです。
まあうっかりなら仕方がないですにょ(σ´∀`)σ

と言いたいところですが、反社会勢力(暴力団などの関係会社)に該当するって
内部データベースに該当するって自社で登録してたようなので
これはもううっかりでもなんでもないし、意図的に融資したことは明らかでしょう
しかしこんなご時世なのにいまだに暴力団に融資する銀行なんてあるんですね。
わざわざ地元の暴力団に融資して活動資金に使ってもらうとかすごい地元愛ですね。
地元ってことは落合金町連合とか、松山連合会(極東会)あたりですかね

.
利益が欲しくて暴力団のフロント企業に融資しちゃったのか
それともなにか付け込む隙を与えてしまって融資を引き出されてしまったのか。
どちらかといえば後者の可能性が高いですが、まずは続報を待つしかありません。
しかし全国261ある中で上位14位の西武信用金庫クラスの金融機関が
あたり前のように暴力団のフロント企業に融資しちゃうってかなりが深いですね
それこそ下位の中小金融機関ならもっとたくさんやってそうな気がしますけど

そもそも今回一番驚いたのが西武信用金庫が西武グループと関係ないことですね。
東京埼玉一円に支店があっておまけに西武ってついてるから西武系列だと思ってたお
あと思ったのがこの西武信金の預かり残高って2兆643億円だから
前回記事に書いた楽天銀行より4000億円少ないくらいの規模なんですね(´・ω・`)
そう考えると楽天銀行って信用金庫や地銀と比べてみてもかなりの規模なんですね
預かり残高が4.5兆円ある住信SBIネット銀行はさらにすごいってことだから
地銀の大手クラスとほぼ遜色ないくらいの規模ってことなんですねΣ(・ω・ノ)ノ


ss2286234570 at 05:09|PermalinkComments(1) 犯罪・事件 | 不祥事

2019年04月11日

ネット銀行 3Q(2018年4月〜2018年12月) 四半期業績比較

KDDI、じぶん銀行を子会社化 金融事業を強化
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/384125
2019年2月12日 16:14 沖縄タイムス
KDDI(au)は12日、三菱UFJ銀行との共同出資会社「じぶん銀行」(東京)を子会社化すると発表した。同時にインターネット証券大手カブドットコム証券に株式公開買い付け(TOB)を実施し、出資比率を49%まで引き上げる。中間金融持ち株会社「auフィナンシャルホールディングス」を設立し、銀行や決済サービスなどの金融事業を傘下に置く。携帯電話など通信関連の収入が頭打ちになる中、携帯契約者の顧客基盤を活用して収益源を多様化する。
0412











KDDI、金融事業を拡充=じぶん銀子会社化、カブコム出資も
https://www.nippon.com/ja/news/yjj2019021201253/
KDDIは12日、三菱UFJ銀行と共同出資しているインターネット銀行「じぶん銀行」を連結子会社化すると発表した。4月1日付で中間持ち株会社を設立し、他の金融関連子会社4社とともに傘下に置く。auブランドで展開する国内通信事業の成長が鈍化する中、金融を中心とする非通信部門で収益拡大を狙う。

楽天銀行 平成31年第3四半期決算(2018/4/1〜2018/12/31)
経常収益 651億1800万円(+  9.9%)
経常利益 204億6000万円(+17.4%)
最終利益 141億8000万円(+18.5%)

預かり残高 2兆4,806億円(+11.3%)
累計口座数 702万0,000口座(+3.5%) 
預かり増加金額 +2,528億円
口座増加数  +240,000口座
一口座あたりの預かり残高 33万3,361円
従業員数 不明

住信SBIネット銀行 平成31年第3四半期決算(2018/4/1〜2018/12/31)
経常収益 492億1700万円(+12.1%)
経常利益 119億6400万円(+15.2%)
最終利益   81億3000万円(+17.3%)

預かり残高 4兆7,439億円(−0.3%)
累計口座数 345万4,000口座(+2.3%)
預かり増加金額 −146億円
口座増加数  +8万0,000口座
一口座あたりの預かり残高 137万3,451円 
従業員数 不明

ソニー銀行 平成31年第3四半期決算(2018/4/1〜2018/12/31)
経常収益 337億6700万円(+13.9%)
経常利益   70億4100万円(+37.9%)
最終利益   46億7000万円(+40.3%)

預かり残高 2兆3,366億円(+1.2%)
累計口座数 不明
預かり増加金額 +277億円
口座増加数  不明
一口座あたりの預かり残高 不明
従業員数 不明

大和ネクスト銀行 平成31年第3四半期決算(2018/4/1〜2018/12/31)
経常収益 396億3400万円(−24.0%)
経常利益   57億0300万円(+83.0%)
最終利益   39億3200万円(+84.1%)

預かり残高 3兆6,411億円(−0.1%)
累計口座数 135万3,000口座(+1.7%)
預かり増加金額 −63億円
口座増加数  +2万5,000口座
一口座あたりの預かり残高 269万1,130円
従業員数 100名(−2人)

ジャパンネット銀行 平成31年第3四半期決算(2018/4/1〜2018/12/31)
経常収益 217億5000万円  0.9%)
経常利益   15億8500万円30.1%)
最終利益   10億9700万円31.7%)

預かり残高 8,465億円10.4%)
累計口座数 397万0000口座(+2.0%)
預かり増加金額   +799億円
口座増加数  +8万0,000口座
一口座あたりの預かり残高 21万3,224円
従業員数 377名(+33人)

じぶん銀行 平成31年第3四半期決算(2018/4/1〜2018/12/31)
経常収益 284億9500万円+18.3%)
経常利益   14億0800万円(−  9.6%)
最終利益   11億4700万円(−12.3%)

預かり残高 1兆0,062億円(+4.8%)
累計口座数 338万0,000口座(+3.2%)
預かり増加金額 +465億円
口座増加数 10万7,000口座
一口座あたりの預かり残高 29万7,692円
従業員数 不明

※業績は前年同期比、つまり1年前との比較です。
※口座数や預かりの増減は2018月9末の3ヶ月前との比較です。
※従業員数の増減は前年同期との比較です。

少し遅いけどネット銀行各社の第3四半期決算が出そろったんで比較してみたにょ(σ´∀`)σ
今回も楽天銀行の業績が圧倒的にぶっちぎりでが1位だったようです
楽天銀行のすごいとこは業績が大きいのに伸び率も高いことですよね
2位の住信SBIネット銀行より楽天銀行の伸び率の方が高い状態のままってことは
どれだけ住信SBIネット銀行が頑張ったとしてもは引き離される一方にしかならないし
このまま何年たっても永久に楽天銀行に追いつけないことになりますΣ(・ω・ノ)ノ

理由はわからないけど、今回は預かり資産の伸び率に各社で大きな差がありました。
減少したところもあれば、10%以上増加した楽天銀行やジャパンネットのようなところも。
最近になって楽天経済圏ってやつの拡大スピードがやたら速いですよねΣ(・ω・ノ)ノ
楽天証券の口座開設数も以前知ってた数字よりかなり増えてた感じだし
楽天銀行なんてたった3ヶ月(2018年10月〜2018年12月)で預かり残高が+10%
金額でいうと+2500億円というちょっとびっくりな数字でした
ジャパンネット銀行も今まで見たこともないような預かり残高の増加でした。

実は最近になって住信SBIネット銀行の預かり残高の伸び率がかなり低下してて
年単位で見てみるとかなり頭打ちになってるんですよね(´・ω・`)
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_koza_zandaka
まあ金額が大きいからそう簡単に増えないってのは確かにそうなんだけど
経済規模でいうとSBIの経済圏より楽天経済圏の方が圧倒的に大きいんですよね
その前提で考えると楽天銀行の成長余力は実はまだまだ潜在力が膨大にあるわけで
3〜4年後には預かり残高でも楽天銀行が住信SBIネット銀行を抜いてる可能性は高いでそ

実はイーバンク銀行って預金残高が伸び悩んでてほとんど増えてなかったんですよね。
楽天が買収した直後の2009年末の楽天銀行の預かり残高はたった7000億円でした
その時点から9年目の2018年末の楽天銀行の預かり残高は2兆4806億円です
9年かかったとはいえすでに3.54倍驚異的に伸びてるってことです

2年前にも少し書いたけどもしネット銀行の株が買えるなら楽天銀行が絶対欲しい
ってこのブログでも書きましたが、今でもそう思っています(●´ω`●)
楽天カードの成長率が驚異的に高いおかげともいえるんですが
ネット銀行の中で楽天銀行ってもうぶっちぎり1位成長率なんだおねφ(.. )
楽天経済圏の潜在的な大きさが2千万人以上だと仮定して考えてみると
楽天銀行の潜在成長可能性ってまだ3〜4倍は余裕であると思います
だから数年後には預かり残高でも楽天銀行が住信SBIネット銀行を抜く可能性は
かなり高いと思うし、業績と規模でもW1位になってると予想しています(´∀`)

一般的なネット銀行は資本金・準備金合わせてせいぜい250〜350億円なんですが
じぶん銀行だけは三菱UFJ銀行とKDDIはこのじぶん銀行に800億円もの資本注入してます
開業当初に目論見が外れて3年間ほどで450〜500億円もの巨額の損失を計上したので
黒字化確保と運転資金の不足を追加増資でしのいできたということですφ(.. )
増資800億円累損500億円=残った資本・準備金が300億円なんで
ちょうど残った資本の残額が他のネット銀行の一般的な資本額と一致しています

今回、じぶん銀行は第三者割当増資してあらたに250億円もの資本を受けた様です
いままで三菱UFJ銀行とKDDIはこのじぶん銀行に800億円もの資本を注入してますが
KDDIがさらに250億円も資本をぶっこんで63.8%の持ち分を確保して子会社しました
ちなみにKDDIはこれまで累積で約670億円という巨額の資本投下をしています。
じぶん銀行の最終利益がだいたい12億円と仮定して計算すると
670億円 ÷ (12億円×63.8%)=87.5年で投下資本を回収というアホ計算だおね
まあ利益が倍々ゲームで増えたら話は別だけど回収期間80年はアホすぎ、来世紀じゃん。
22世紀になったら元手を回収できる投資って企業がやることなんかよ・・

じぶん銀行 第三者割当による増資の実施について(2019年2月19日)

KDDIはよっぽど余って仕方がないくらいお金の処分に困ってるようですね(´・ω・`)
公家商売っていうか大名商売っていうかもはや利益を目的にしてないでしょこれ
お金をもらってるだけのじぶん銀行からしたらラッキーこの上ないことですが
このKDDIの銀行部門へのバカげた投資は頭がどうかしてるのかというレベルだおね
まあスマホ決済とかやってるからネット銀行が欲しいって気持ちはわかるけど
そんなバカげた投資するくらいなら割安なFX会社買収すりゃいいだけじゃないの

ちなみに同じ金融部門でもマネパの時価総額は100億円で最終利益は平均8億円ほど
つまりKDDIがマネパをTOBで仮に130億円で少し高めに買収したとしても
130億円 ÷ 8億円=16年で投下資本をすべて回収できる計算になります

もっと利益率の高いヒロセ通商になると時価総額106億円で最終利益は11億円ほど
つまりKDDIがヒロセ通商をTOBで140億円で少し高めに買収したとしても
140億円 ÷ 11億円=12.7年という驚異の速さで投下資本を回収できる計算になるお
まあ為替のボラティリティが低下してるから今年は減収減益っぽいけど
それでも最終利益の11億円は確保できそうだし超割安銘柄だと思うんだおね(´∀`*)

2018年11月23日
ネット銀行 2Q(2018年4月〜2018年9月) 四半期業績比較

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-11-23.html

2018年09月16日
ネット銀行 1Q(2018年4月〜2018年6月) 四半期業績比較

2018年08月07日
ネット銀行 4Q(2017年4月〜2018年3月) 通期業績比較


ss2286234570 at 03:57|PermalinkComments(0) ネット銀行 | ネット銀行比較

2019年04月09日

ライブスター証券と外為オンライン



最近では国内の大手FX会社といえばGMOクリック証券やDMMFXが有名ですが
10年以上前までは外為オンラインが圧倒的な取引シェアを独占していました
当時は外為オンラインのCMがあふれていたので誰でもまだ覚えているでしょうφ(.. )
0407







しかし昨年度(2017年4月〜2018年3月)の決算を見てみると
なんとすでに大幅な赤字に転落していました。これはちょっと驚きましたΣ(゚д゚;)
たしかに外為オンラインのCMなんてこの2年くらいまったく見てないですもんね。
かつて外為オンラインは毎年50〜100億円近くの営業利益を稼いでましたが
スプレッド縮小競争に加わらなかったことで年々シェアを失い続けていました
すでにマネーパートナーズより取引高が少ないし、ヒロセ通商の半分以下しかないんで
おそらく国内のFX業者の中ではとっくに10位以下に転落してるんじゃないでそか
(まるでAKBの人気が転がり落ちたのと同じような軌跡で転がり落ちました

外為オンラインの昨年度(2017年4月〜2018年3月)の決算の中身はかなり驚愕です
黒字が赤字に転落したことは大した問題じゃないんです('A`)
なんと前年度の売上高76.2億円36.9億円半分に減ってるからです(((( ;゚д゚)))
売上高が横ばいでコストが増えて赤字化しただけならコスト削減すればすぐ改善しますが
企業の決算において売上高が半分に減るってのはかなりヤバい内容でそ

何かの事業に失敗したか先行投資が嵩んで赤字化するってことはありえる話です。
しかし売上高がたった1年で半分の2兆円に減ったら連日ストップ安になるのは確実です
コスト増加とか損失ってのは努力すれば意外と早く改善できるんですが
半分に減った売上高をまた2兆円増やすというのはおそろしく困難だからですΣ(・ω・ノ)ノ

家庭の家計で考えたらもっと身近でわかりやすいでしょう。
年収500万円の家庭で旅行費とか子供の学費が嵩んで年間100万円赤字はよくある話です。
過去の蓄えがあれば切り崩せま済むし、年収が同じなら翌年すぐに黒字転換は可能です
でも父親が失業して家計の年収がいきなり250万円に減ったらメチャ悲惨だおね
どんなに生活を切りつめても、子供が大学を辞めても家計の赤字は改善しないでしょう。
まあ家庭なら大学生の子供が大学辞めて働けば250万円の減収を補填は可能ですが、
これと同じ状況の外為オンラインが1年で収入半減を回復させるのはまず無理な話
リーマンショック級の不況が来て為替が30円ほど動かない限り可能性は1%もありません。

0412





















ちなみに外為オンラインを設立したのがISホールディングスという持ち株会社です
この会社は外為オンラインで稼いだ資金であちこちの会社を買収しまくってます。
東北大震災前後におきた先物暴落とオプション事件で倒産しそうになった
ひまわり証券も買収してるし、赤字であえいでた元IDO証券を2009年に買収して
現在のライブスター証券に社名変更させたのもこのISホールディングスという会社です

ISホールディングス
 
問題はこのISホールディングスの中核会社が外為オンラインということです(´・ω・`)
ひまわり証券を買収した資金もライブスター証券を買収した資金もすべて
元はといえばすべて外為オンラインが1社で稼いだ利益ってこと
じゃあその外為オンラインが赤字に転落したら何が起きるかはもう言うまでもないでそ

すぐにでも外為オンラインが赤字を脱出して業績が好転できたらいいですが
もしこのまま赤字が続くようならISグループすべてが傾くってことです
このまま外為オンラインの業績が傾いたままならグループ離散の危機ですからね。
ライブスター証券も身売りされる可能性も今後出てくるだろうし、まずその前に
今の安い手数料を大きく値上げしちゃう可能性が絶対的にあるってことだおね


ss2286234570 at 05:23|PermalinkComments(0) FX業者 | 競争激化

2019年04月08日

楽天が出資先のLyftがついに上場、時価総額は2.6兆円超え

Lyftの上場初日株価は9%アップで引ける、時価総額は2.6兆円超え
2019年3月30日 Techcrunch
米国時間3月29日に有力配車サービスのLyftがNASDAQに上場した。これを祝って天井からピンクの紙吹雪が共同ファウンダー、Logan Green氏とJohn Zimmer氏の上に舞い落ちた。公募売出価格設定は上出来だったようで、Lyftが設定した1株72ドルを21%も上回る87.24ドルで初値がついた。初終値は若干下げて78.29ドルとなった。Lyftは上場の直前、木曜日に23億ドルの資金を調達していた。今回の上場でLyftの時価総額は240億ドル前後となった。公開前の会社評価額は151億ドルだったので上場で約1.6倍にアップしたことになる。株価売上高倍率は11倍だ。
0408











リフト大型IPO、筆頭株主楽天・三木谷氏に軍資金
2019.4.2 ダイヤモンドオンライン
楽天の三木谷浩史会長兼社長は米配車サービス大手リフトの上場によって、シリコンバレーのベンチャーキャピタル界の重鎮に名を連ねることになる。リフトは3月29日に上場し、初日の取引終了時点で時価総額は約265億ドル(約2兆9000億円、完全希薄化ベース)となった。三木谷氏が率いる楽天は2015年に3億ドルを出資したのを皮切りに、リフトへの出資額を着実に伸ばしてきた。楽天の持ち株比率は13%に達し、リフトの筆頭株主に浮上した。ダウ・ジョーンズ・ベンチャーソースのデータに基づく推計によると、リフトの新規株式公開(IPO)で楽天には約15億ドルの含み益が発生する。

楽天・三木谷氏は3000億円近く? リフトの大型IPOで大金を手にした人物
https://www.businessinsider.jp/post-187619

ソフトバンクはライドシェア大手の米ウーバーに出資してるのは有名ですが
楽天もその次の大手らしいリフト(Lyft)に多額の投資をしていましたφ(.. )
とはいえリフト(Lyft)って売上げは大きいけどものすごい大赤字会社ですからね
ただのタクシー配車サービス会社ごときが時価総額240億ドル(2兆6000億円)って
常識的に考えたらちょっとどうかしてるっていうか、ぶっちゃけキチガイ沙汰ですよね
バイオ銘柄と同じでPERが狂ったような値になってるんじゃないでそか(´・ω・`)

楽天はこれから携帯事業に参入していくのでかなり大きな投資資金が必要です
そういう意味でも今回ののようなIPOで資金を稼げたのは大きいでしょう。
さらに最近はスマホ決済分野でもかなり競争が激しくなってきています。
ドコモやソフトバンク(PayPay)やLINEだけでなくauも新たに参入してきたので
集客のために大手キャリアがとんでもない広告費を投下してくるでしょう
100億〜200億円なんていう金額は小銭みたいなもので、ドコモやソフトバンクになると
それこそ年間で1000億円くらいは余裕で投下してくることが予想されますφ(.. )
楽天も楽天Payがあるし決済事業の強化のためにプロモーション費用を投下するので、
今回のようなリフト(Lyft)でその費用を稼げたのはかなり大きいし有利にに働くでそう
リフト(Lyft)上場直後にいったんは下落に転じていた楽天の株価ですが
すぐに戻して直近の高値を更新してさらに年内高値を更新しました(´∀`*)
やはり政府が携帯事業への新参入企業にはかなり有利な条件を容認するって提示したので
この材料が株価を刺激して大きく上げるようになったんじゃないかなって考えています

2018年12月14日
米IPO申請のウーバーとリフト、筆頭株主は共に日本企業


ss2286234570 at 16:25|PermalinkComments(0) 自動車配車サービス | IPO

2019年04月05日

3月 ネット証券比較

野村証券、国内店舗2割減へ 欧州事業も縮小
2019.4.4 23:33 産経biz
野村ホールディングス(HD)は4日、傘下の野村証券の国内店舗を約2割減らすことを明らかにした。金利の低下やITの進展などの構造的変化に直面する中、ビジネスモデルを見直し、収益力の回復を図る。全国156店舗のうち、数年かけて首都圏を中心に30店舗以上を減らすほか、人員の配置や業務を見直す。野村HDの永井浩二グループCEO(最高経営責任者)は同日の機関投資家向け説明会で「構造的変化ともいえるメガトレンドが顕在化し、(債券売買など)伝統的な投資銀行ビジネスモデルが事実上崩壊した」などと述べた。


3月株式口座増加数
クリック証券   4056口座(+ 255+  6.7
松井証券        4037口座(
 688)−14.5
マネックス    3094口座(− 399−11.4
岡三オンライン  2960口座( 473−13.7
カブコム        2354口座( 252)9.6%
※SBI証券、楽天証券は口座増加数を非開示にしてます。

月信用口座増加数

マネックス      1606口座(+1096)
松井証券       671口座(−30)

月 月間株式売買代金(増減率)

楽天証券         4兆4835億円(前月比+  144億円)  0.3
松井証券         2兆1344億円(前月比−1243億円)−  5.5%
カブコム      2兆0371億円(前月比+  689億円)  3.5
マネックス        1兆0868億円(前月比+    24億円)  0.2
クリック証券             9970億円(前月比−  360億円)−  3.4%
岡三オンライン      2542億円(前月比    75億円)  3.0

一日あたり株式売買代金(増減率)

楽天証券          2241億円(前月比−111億円)  4.7%
松井証券          1067億円(前月比−121億円)10.1
カブコム          1018億円(前月比  17億円)  1.6%
マネックス           543億円(前月比  27億円)  4.7
クリック証券          498億円(前月比−  45億円)−  8.2%
岡三オンライン      127億円(前月比
   2億円)  1.5%

信用残高
 
楽天証券      4053億円(前月比244億円)+ 6.4%
カブコム      2993億円(前月比
504億円)+20.2%
松井証券      2353億円(前月比  25億円)− 1.0%
マネックス     1566億円(前月比   3億円) 0.2
クリック証券    1032億円(前月比+  89億円)+ 9.4%

各社の証券口座数
マネックス     181万7926口座(+3094)
松井証券      118万4102口座(+4037)
カブコム      111万8041口座(+2354)
クリック証券    38万5558口座(+4056)
岡三オンライン      21万0800口座(+2960)

各社の信用口座数
松井証券       19万0961口座(+671)
マネックス   12万7444口座(+1606)

各社のFX口座数
クリック証券  59万8758口座(+6586)
マネックス   25万1105口座(+277)
松井証券        8万1332口座(+36)

3月のネット証券各社の各社の開示情報が出そろってたので並べてみたにょ(σ´∀`)σ
3月は2月より1日多い20営業日ですがあんまり地合いがよくなかったのか売買は減退
前月のように個人投資家が好きなバイオ銘柄が動かなかった影響でしょうか
個人的にはソニーなんかも陥落してくれて抜きやすい相場だったんですけどね。

営業日の日数が増えたことで月間売買代金はまあそこそこって感じだったようですが
1日あたりの株式売買代金はかなりの落ち込みがあったようです
配当取りの影響なのか信用残高はかなり大きく増えてるところが目につきます(´∀`*)
全体的にかなり厳しい数字になってるのが松井証券だおねΣ(・ω・ノ)ノ
株式手数料と金利収入への依存度が高いだけに株式売買の減少と建玉残高の減少は痛い
松井証券の過去の株式売買代金を見てみると見事なまでの下り坂ですね
第1Q(2018年4〜6月)の3か月間の株式売買代金合計額が7,834億円
第2Q(2018年7〜9月)の3か月間の株式売買代金合計額が6,730億円
第3Q(2018年10〜12月)の3か月間の株式売買代金合計額が7,209億円
第4Q(2019年1〜3月)の3か月間の株式売買代金合計額が6,512億円と最低の数字です

前年度の第4Q(2018年1〜3月)の3か月間の株式売買代金合計額が9,360億円なので
前年同期比で比べると1年前より株式売買代金が30%近く減少してるってこと
図にしてみると見事なまでの下り坂ってことですぬ。
ただでさえ株式手数料と金利収入への依存度が高いのにこれはさすがにいかんでそ
おまけに最近は信用残高ですらもカブドットコムに負けてるからかなり痛い。
株式以外の主要な収益源がなにもないので株で負けるとすべてで負けてしまいます(´・ω・`)
あと5年もしたらGMOクリックとカブコムにも負けてる可能性が十分あり得るでそ・・
0405











ネット証券の決算を比較するとわかるのが松井証券の利益率の高さですφ(.. )
でもそれってただたんに事業拡大や先行投資をサボってきた証拠でしかないんですよね
投資を抑制して、おまけにアベノミクスで地合いがよければ一時的に業績はよくても
今みたいにズルズルと地合いが悪化してくと業績に歯止めが利かなくなります
なにより株式手数料と金利収入以外の収益源がほぼない状態をずっと放置してたから
もう完全に手遅れになりつつあるってことですね(´・ω・`)
0408
















かつてライブドアショックより前の頃に決算会見の動画で松井証券の社長が
「会社と屏風は広げるほど倒れやすくなる」とSBIを批判してました
(批判っていうと優しい言い方ですが、ようは決算の場で扱き下ろしてたんですよね)
もっとはっきり言うといずれSBIは破綻するみたいな過激な言い方してたんですね
当時の松井はSBIにシェアで抜かれて、業績でも追いつかれてたんで焦ってたんでそね。
ちょうど当時はSBIが住信SBIネット銀行を設立の準備してる頃だったかなと記憶してます。
そのころのSBIは「証券だけではいずれ喰えなくなるから先行投資を急ぐ」と言ってて
ファンド事業や海外投資、銀行業や保険業への参入を本格化させてたそんな時期です

その時点から11〜12年ほど経って今ではSBIと松井の立場は完全に逆転しました
決算の場で北尾社長が「松井証券に完全勝利した宣言したのもかなり前の話で
最近では楽天やGMOクリックのことは口にしても松井には一言も触れなくなりました。
証券だけでなく銀行とか仮想通貨でも争ってるとこにはまだ意識してるようだけど
証券単独に引きこもってなんの成長もできなかった松井は完全に見下してるんでしょう

今のまま動かなければ5〜10年後、松井はGMOとカブコムに完全にすら負けるでそ。
もはや覚えてすらいない個人投資家の人も多いですが楽天証券は買収でできた会社です
当時のDLJディレクト証券は松井証券の相手にもならないような弱小証券でした。
その後、楽天は2004年にプロ野球に参入し、あおぞらカードを買収して楽天カードにして
2009年に大本命のイーバンク銀行を買収してドル箱の楽天銀行に成長させました
その少し前からネット証券の成長性に限りが出たのでFX事業を大いに強化しました。
楽天が本格的に金融事業を強化しはじめてからちょうど今年で16年目ってことですね。

もし仮に松井証券がホールディングス化して今から本気を出したとしても
SBIや楽天に追いつくことができる可能性は残念ながらもはや1%もないでそ(´・ω・`)
これまでの15〜16年という差はそれくらい大きいし、圧倒的に不利だからです
もし楽天と争ってイーバンクを奪ってたらもっと違った結果になったんでしょうけどね。
前からいってるようにネット証券でぶっちぎり負け組になるのはほぼ松井で確定しました
もし2年以内にネット銀行を設立して連携させて、なおかつFX会社を複数社買収して
さらに1年以内にどこかの仮想通貨会社を買収すれば生き残りくらいは可能でしょうけど
それよりも1年でも遅いようなら完全に詰みでお終いになると予想していますΣ(゚д゚;)
10年後にはSBIと楽天のどちらかが買収して傘下に入ってる可能性が十分ありえるでそ


2019年03月15日
2月 ネット証券比較

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2019-03-15.html

2019年02月10日
1月 ネット証券比較

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2019-02-10.html

2019年02月01日
サンバイオ4592(死後、苦痛)の被害はどこのネット証券か?

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2019-02-01.html


ss2286234570 at 05:32|PermalinkComments(0) ネット証券 | ネット証券比較

2019年04月02日

仮想通貨バブル再燃!なつさん54万円で利食いに成功する(*´∀`*)ムフー

ビットコイン、一時5000ドル迫る 約4カ月半ぶり
2019/4/2 19:35 日本経済新聞 電子版
仮想通貨ビットコインのドル建て価格が2日、急上昇し、昨年11月中旬以来、約4カ月半ぶりに5000ドル近くまで上昇した。一部の短期筋の買いを受け、下落を見込んで空売りしていた投資家の買い戻しが入った。情報サイトのコインデスクによると、ビットコイン価格はこの日の午後2時半ごろに4961ドルまで上昇した。午後1時半ごろまでは4100ドル台後半だったので、1時間で2割近く上昇した。
急騰のきっかけははっきりしないものの、通貨が不安定化している一部の新興国経由の買いが膨らんだとの見方が出ている。ここ数カ月の上値だった4200ドルを突破し、空売りしていた他の投資家の買い戻しを誘った結果、短時間で急騰したとの指摘もある。
その後は利益確定の売りが出た。午後9時時点では4800ドル程度で推移している。

ビットコインが突然の急騰−5000ドル突破
2019年4月2日 14:03 ブルームバーグ
仮想通貨ビットコインは2日に突然急騰し、昨年11月以来の高値に達した。3カ月にわたる市場の平穏が崩れた。ブルームバーグがまとめた価格によると、香港時間午後1時25分(日本時間同2時25分)現在は23%高の5078.52ドル。イーサ、リップル、ライトコインなど他の仮想通貨も急上昇している。
0403













前回2/18にビットコインへの投資を再開したなつさんですが
ビットコインがきっちり予測通りの54万円を達成して利食いすることに成功しました
日足チャートにそって着実に上がってたんでそのうち上がるだろうと見込んでましたが
最後の最後のたった1時間10万円も上がるとはさすがに予想してませんでしたけど。

ちなみに予想外だったのは上値と思ってた週足の上値抵抗線をあっさり抜いたことです
本来ならもっと細かく指値を訂正したりするのがあたり前なんですが
bitFlyerのサイトがやたら重くて指値変更とかするのがめんどくさかったんで
ログインすらせずにそのまま放置してなにもしなかったことが結果的に幸運でした
もしbitFlyerのサイトがもっと軽くて簡単に指値変更が手軽にできる状況だったら
おそらく週足の上値抵抗線に合わせて50〜51万円あたりに引き下げたと思うんですよね。

ただ個人的には売ってしまって失敗したかなとか考えています(´・ω・`)
週足でトレンドを上に抜いたので、年内さらに上げる可能性が高まったからです
ただし短期的には48万円まで急落する可能性も十分あり得るだろうし
逆に1〜2週間以内にさらに10万円上がる可能性もありえるので予想はかなり困難です

これは個人的な予想ですが、ビットコインはチャートにそって綺麗に動いているので
もし週足トレンドをきちんと維持して動いていればさらに年内上値を狙うでそうφ(.. )
もし週足トレンドを割れたらまったく違うことになる可能性が高いのも事実ですが、
年内に78〜82万円あたりを達成する動きになるんじゃないかと考えています

ちなみに最近5000円だったライトコインが週足チャートで上に抜けたせいで
綺麗にチャートにそって買い上げられてすでに8000円手前まで上がっています(*´∀`*)ムフー 
もちろん知ってたんですがライトコインのチャートの信ぴょう性を疑ってたんで
とりあえず監視だけして売買するのは中止して様子見しました。
(結論から言えばあの時買ってればすでに1.6倍になってるんですけどね・・・)

ちなみになつさんはイーサリアムの週足チャートが非常にきれいに動いてて
ちょうど今週足の上値を抜いたので買いはじめたところです(*´∀`*)ムフー 
ライトコインよりは信用できそうなんでまあいいかなって思ったので
14,000〜17,000円の範囲内でさらに押し目で買い集めようと考えています。
目標価格は目先で25,000〜30,000円で、うまく乗れば40,000円狙えそうかなとφ(.. )
月足チャートの上値抵抗線がちょうど4万円にあるからその前後かなあ。
年内に4万円くらい言ってくれたらいいなっていう予測ですにょ(σ´∀`)σ

リミックスポイント(2825) 386円 +80円 (26.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3825
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3825.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

マネックス(8698) 413円 +29円 (7.55%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8698
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8698.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

GMOフィナンシャルFD(7177) 670円 +17円 (2.60%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7177
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7177.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2019年02月18日
仮想通貨に再投資!(*´∀`*)ムフー


ss2286234570 at 21:09|PermalinkComments(0) 仮想通貨 | ビットコイン

2019年04月01日

改元銘柄さん、発表と同時に地獄行き

2018/12/11 7:30 日本経済新聞 電子版
――上場によって調達する資金をどう使いますか。
「印鑑を作る機械などへの投資や、広告費用、人材採用のための資金にあてる。テレビCMやウェブ広告などでプロモーションを強化して知名度を上げたい。マーケティングの担当者やシステムエンジニアを増やし、事業規模を広げる体制を整えたい」


改元銘柄といえば最近の筆頭はAmidAホールディングスでしょう
出来高伴って上がる日は1日で15%以上上がる日も多い銘柄でしたしね。
しかし改元を控えた前週金曜に売りを浴びて陰線つけて大きく下落
そして本日は改元発表と同時に材料出尽くしってことで午後から特売りだったようです
旬のネタで動く銘柄に一番よくありがちなパターンの値動きでした(((( ;゚д゚)))

似たような銘柄としてはメルカリの大株主のユナイテッドでしょうφ(.. )
こいつもメルカリ上場のネタで株価がずっと上がりっぱなしだったけど
上場が実際に決まったあたりで天井になり、売り出し価格が決まったところから暴落
MAXで5,000円以上あった株価は1,500円以下まであっという間に下がりました。
ユナイテッドはメルカリネタで猛烈に上がった半楽天証券があっての暴落なので
AmidAホールディングスがこれと同じパターンになるかどうかはわかりませんが
とはいえ材料出尽くしで上がる手がかりもないので先行きはなかなか厳しそうですね。

AmidAホールディングス(7671) 3,010円 −490円 (−14.0%)
改元需要があるというネタで最近買い上げられていたのがこの銘柄ですにょ(σ´∀`)σ
一番最初はcisスレのとある名無しの先輩が教えてくれたのがきっかけでした
「改元ネタでくるぞって言われたしチャートもよかったので買ってみました。
当時はまだ2200〜2300円だったんですぐにインして細かく鞘抜いてみたいな感じ。
チャートにそって素直に動いてたのでけっこう売買しやすい銘柄だったんですよね(・∀・)

ユナイテッドの時もメルカリの上場前からすでに天井付けて軟調だったんですが
AmidAホールディングスも金曜からすでに軟調に転換して天井を打っていました(´・ω・`)
材料のネタはそれぞれ違いますが、値動きはかなり似通ってるんですよね。やっぱり


ss2286234570 at 16:57|PermalinkComments(0) 悪材料 | IPO

2019年03月29日

ネット証券 3Q(2018年4月〜2018年12月) 四半期業績比較

野村HD、法人部門戦略曲がり角 4〜12月赤字1012億円
2019/1/31 20:00 日本経済新聞 電子版
国内証券最大手の野村ホールディングス(HD)が苦境に立たされている。31日発表した2018年4〜12月期の連結決算(米国会計基準)は過去に買収した米リーマン・ブラザーズなどで減損損失を計上し、10年ぶりの赤字幅を記録した。金利市場などで不安定な動きが続き、法人部門の収益が当面回復しないと判断した。稼ぎ頭が見当たらず、構造改革が急務になっている。野村は08年のリーマン買収で、アジアに軸足を置くグローバルな投資銀行への脱皮を目指した。17年3月期には海外部門が7年ぶり黒字を確保し、経営陣に安堵の声も出た。だが欧米での人員削減が効いた側面が強く、海外の収益基盤は強化されたわけではなかった。
さらに頼みの国内個人部門も苦戦している。昨年来の株価の乱高下により、個人が投資に慎重になっているからだ。18年10〜12月期の個人営業部門の税引き前利益は前年同期より55%減った。昨年12月に上場したソフトバンク(SB)株では主幹事を務め、個人へのSB株の販売では成果があった。その半面、投資信託など通常の営業に十分な人手をさけず、昨年10月からの株安も追い打ちをかけた。
野村は相続などの個人の悩みを聞きながら、株式や投信の預かり資産を積み上げる営業を強化してきた。ただその息の長い取り組みでは十分な利益を稼げず、個人営業の収益性は低下している。
0221















個人部門が不振、証券19社中17社が減益・赤字 2018年4〜12月期 
2019/1/31 19:30 日本経済新聞 電子版
31日までに2018年4〜12月期の決算を発表した主要19社のうち、17社が減益または赤字となり個人営業部門の不振が鮮明になった。18年10〜12月の世界株安で個人マネーが動かない。個人の異変が長引けば、各社の営業や店舗戦略の見直しにもつながりかねない。
31日に決算を発表した三菱UFJ証券ホールディングスとみずほ証券は主に投資信託の販売で受け取る「募集・売り出し手数料」がそれぞれ前年同期比42%減、9%減となった。インターネット証券のマネックスグループは主力の国内事業で株式売買の仲介などに伴う手数料収入が17%減少。いずれも18年4〜12月期は最終減益となった。

SBI証券 2019年3月期 第3四半期(2018/4〜2018/12)決算
https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/irpress/tanshin_190131.pdf
営業収益 936億5,800万円(+11.1%)
営業利益 428億4,600万円(+13.6%)
経常利益 428億4,500万円(+13.5%)
当期利益 293億4,400万円(+12.3%)

楽天証券 2019年3月期 第3四半期(2018/4〜2018/12)決算
営業収益 451億0,600万円(+11.5%)
営業利益 154億7,400万円(+  3.6%)
経常利益 149億3,400万円(+  2.8%)
当期利益 101億5,700万円(+  2.2%)

松井証券 2019年3月期 第3四半期(2018/4〜2018/12)決算
営業収益 215億0,500万円(−  7.8%)
営業利益 112億4,500万円(−14.2%)
経常利益 113億8,000万円(−13.8%)
当期利益   78億8,200万円(−13.7%)

GMOフィナンシャルHD 2019年3月期 第3四半期(2018/4〜2018/12)決算
https://www.gmofh.com/ir/library/earnings.html
営業収益 264億4,100万円(+22.0%)
営業利益   92億2,600万円(+23.6%)
経常利益   92億7,600万円(+26.2%)
当期利益   59億3,800万円(+15.5%)

カブドットコム 2019年3月期 第3四半期(2018/4〜2018/12)決算
営業収益 167億8,000万円(−  7.0%)
営業利益   56億3,200万円(+  1.9%)
経常利益   57億0,200万円(+  1.8%)
当期利益   39億8,100万円(−13.8%)

マネックス証券 2019年3月期 第3四半期(2018/4〜2018/12)決算
営業収益 264億0,000万円(+  7.3%)
営業利益   16億5,200万円(−46.7%)
経常利益   18億3,000万円(−39.2%)
当期利益   17億4,500万円(−13.4%)

ネット証券の2019年度3Q決算がすべて出そろってたんで比べてみたにょ(σ´∀`)σ
マネックスはコインチェックを買収して会社の形が大きく変動したので
今回からマネックス証券単体ではなくマネックスグループの決算で比較しています
またマネックスはIFRS対応なので楽天証券の資料から数字を抜粋しましたφ(.. )
同様に、クリック証券は単体決算を開示してないので
金融部門だけのGMOフィナンシャルホールディングスの連結決算で比べています。
また3月決算から12月決算に変更されてたので2018年4〜6月部分のみ抜粋しています
(文字数喰うし長くてめんどくさいので以下GMOFHDに省略)

全体としてみると大手ネット証券というよりSBI証券の1強って印象ですね
営業利益で見るとSBIは2位の2.8倍と完全に独走状態になっているので
さらに言うと、楽天・松井・GMOFHD・カブコムの上から4社を足した営業利益が
ちょうどSBI証券1社の営業利益と一致するってのはとんでもないことでそΣ(゚д゚;)
大手ネット証券5社という表現がほとんど無意味に近いくらい格差が開いてきました
例えて言うなら一強のトヨタみたいな存在ってことですね
SBI証券は1年くらい前にSBIグループのFX会社を2社ほど所属を付け替えたので
(SBIFXトレードとSBIリクイディティマーケットをSBI証券傘下に付け替えた)
このFX部門が大きく伸びたことで証券部門の落ち込みを補えたようですφ(.. )
あとは地方銀行と連携して顧客を集めて投信の売上高を積み上げたあたりでそか。
0330












楽天証券もFX部門が安定して投信信用残高も増えたのが好調の理由のようです
投信部門の伸びはSBIに負けてるけど全体的に安定して伸びてるのがわかります。
下位の3社が不安定な一方で、上位2社が安定して伸びてることが明確に示されているおね
新生銀行にFXシステムをASPで提供し始めた影響なのかFX部門の伸びが非常に高いです。
例えていうならホンダみたいなポジションですねφ(.. )

0329










一方で業績の伸び率が一番高かったのは4位のGMOフィナンシャルHDでした。
ここは資金力がSBIや楽天に比べるとかなり劣るけど戦略がシンプルで一貫してるおね。
ありとあらゆる面で弱者の戦略を教科書通りに徹底してるところ強みでそ(´∀`*)
大手証券が証券事業で争ってる時に他社に先駆けてFX部門を強化してのし上がりました
最近はSBIや楽天がそろってFX部門を強化してレッドオーシャンが激しくなったとみるや
今度はまた他社に先駆けてCFD仮想通貨に先行投資してここで稼ぐようになってます
仮想通貨の売上高が全体の20%あるし、CFDの売上高がやたら増えてるのが目立ちます。
大手のトヨタやホンダとは直接ぶつからない戦略で一貫したビジネスに徹してるので
例えていうならスズキみたいなポジションでそねφ(.. )

0401


 










松井証券はもろにSBI証券や楽天証券に喰われているのがわかりますね(´・ω・`)
楽天証券の資料みるとSBIと楽天の売買代金が増えて松井のみ二ケタの減少だお
一日信用をマネされてSBIと楽天にお客を奪われてきてるのがはっきりわかりますね
信用残高も他社に比べると伸びてないし稼ぎ頭の証券部門が揺らいできている印象です。
あと何年かしたら4位に転落する可能性が非常に高くなってきていますΣ(゚д゚;)
FXやネット銀行や仮想通貨なんでもいいですが先行投資してこなかったのが響いてるおね


ss2286234570 at 05:49|PermalinkComments(0) ネット証券 | ネット証券比較

2019年03月28日

魑魅魍魎、百鬼夜行。大塚家具に集うのは人間のクズだらけ

大塚家具“救世主”の新取締役 中国人社長が助成金1.3億円を不正受給
3/27(水) 16:00配信 文春オンライン
3月11日に発表された大塚家具の新役員人事で社外取締役に指名された陳海波氏(46)が、国からの助成金1.3億円を不正受給していたことが「週刊文春」の取材で分かった。今年2月、大塚家具は、この陳氏が経営するネット通販会社ハイラインズとの資本業務提携を発表している。3月4日に行われた記者会見で、久美子社長は、ハイラインズ社の陳社長を同席させ、中国市場への進出を高らかに宣言。また、3月11日には、陳氏を大塚家具の社外取締役に迎えることも発表した。だが、ハイラインズの親会社であり、陳氏が代表を務めるユー・シー・エルが助成金を不正受給していたのだ。
0329











大塚家具の増資引受先、直後に株式を大量売却=保有割合半分以下に
2019年03月26日13時55分 時事ドットコムニュース
大塚家具が今月4日に実施した増資引受先の一つで、米系ファンドのイーストモア・グローバル(ケイマン諸島)が直後に株式を大量売却していることがこれまで関東財務局に提出された大量保有報告書で判明した。増資引受時点では発行済み株式の27.12%だった保有割合は25日報告時点(取引日は12日)で12.77%と半分以下に低下している。

今さら言うまでもないけど、大塚家具ってまるで呪われてるとしか言いようがないくらい
会社としても組織としても人間としてもクズの集まりですよね(((( ;゚д゚)))
ホワイトナイトのような格好でさっそうと登場してきた中国企業のハイランズも
なんのことはない国の助成金1.3億円を不正受給していたただのクズ企業でした

大塚家具を救済すると称して増資引受先に名乗りを上げた米系ファンドも
なんのことはない安く株を大量に仕込んで売り逃げるだけのクズファンドでした
おそらく最初っから大塚家具なんてなんの興味もなくて金だけが目的だったんでしょう
そして経営者の大塚家具の久美子社長も父親を陥れて会社を奪ったまさに簒奪者(´・ω・`)
まあたとえ簒奪者でも有能なら他の株主もなにも文句言う筋合いはないんだけど、
会社を奪い取ることだけが目的でおよそ経営には興味も才能もないただの無能経営者

これらの登場人物はすべて大塚家具を利用したいがために出てきただけの人物で
誰一人として本気で大塚家具の将来を憂いたり、心配してる風はありません
金や名誉のために大塚家具を利用したい願望を持つクズしかいないってことですφ(.. )
もうちょっと本気で大塚家具の未来を心配してくれる人材を集めないといかんでそ
登場人物や関係者がここまで腐ってる会社ってなかなかお目にかけれないおね

大塚家具(8186) 295円 −14円 (−4.5%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8186
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8186.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss


ss2286234570 at 04:54|PermalinkComments(1) 悪材料 | 痛いニュース