yogurting ヨーグルティング

2016年08月27日

PTSの信用取引やりそうなネット証券はどこ?

金融庁がカブドットコム証券に業務改善命令 「障害管理、極めて不適切」
2015/05/26
金融庁は2015年5月26日、インターネット証券のカブドットコム証券に業務改善命令を出した。証券取引等監視委員会は、5月15日に金融庁に行政処分を下すよう勧告していた。証券取引等監視委員会は、カブドットコム証券のシステム障害の管理は「極めて不適切な状況にある」としている。例えば、発生日時や事象の異なる複数のシステム障害を1件にまとめて報告するなどしており、執行役も容認していた。

楽天証券とクリック証券は過去にやってたのすでにPTSのシステムを把握してるはず。
開発して作ってたものがあるので参加へのハードルはかなり低いでそ
新規で作る必要があるのは信用取引に関わる部分だけで済むので工期も短い
絶対に参加したくないという理由がない限りは参加してあたり前だおね
0827










マネックスはその昔、自社だけで夜間取引やってたけど今は廃止しています
あれけっこう便利だったけどコスト削減とかいう名目であっさりなくなりました(´;ω;`)
今さら自前でPTSを作る余裕はないのでSBIジャパンネクストに参加するしかありません。
ただしマネックスは自社システムの大幅な入れ替え&バージョンアップだけでなく
開発が遅延しまくりのダメリカ製取引ツールの開発を優先してる時期なので
今すぐにPTSに参加できるかっていわれたら可能性はとても低いでそ
なんとか2〜3年以内に参加できるかもってくらいでそか(´・ω・`)

カブドットコムはかつて完全に自前で構築したPTSのシステムをもっていました。
でも現在は全て除去して除去損まで計上して完全に廃棄していますΣ(・ω・ノ)ノ
運用コスト・開発費・開発期間などを考えたら自前で再参入ってことは考えにくいおね
おそらくSBIジャパンネクストに参加って流れになるんじゃないでそか
ただしカブコムは去年金融庁に処分されて業務改善命令が出たばかりΣ(゚д゚;)
取締役も責任とって詰め腹切らされて2人も降格になってたのですごく厳しい処分
たしか同じような名目で処分された楽天証券も新規開発が3年くらい停止していました。
そう考えるとカブコムがPTSに参加できそうなのは2年以上先の話になりそうだお
カブドットコムは隠ぺい工作がばれての処分だったので内容が重いおね
最短でのPTS参入はかなり難しいと考えるべきでそ。

松井証券の松井社長はSBI証券の北尾さんと犬猿の仲で有名だおね
お互いいっつも罵り合って批判しあってる関係なので人間関係が破綻してそう
(決算説明会でもほぼ毎回のように、北尾さんは松井の悪口か批難をしてるお)
SBIがPTS立ち上げたときもわざわざ参加するのを見送って
SBIと徹底した対立関係になって自社だけでPTS開発したくらいの仲の悪さ
その自前で作ったPTSも毎日売買代金が200万円にも及ばなかったので結局廃止
すでに除去損まで計上したのに再度同じものを作るとは考えにくいでそφ(.. )
そうなると北尾さんに頭下げてSBIジャパンネクストに参加させてもらうしかないのだけど
あそこまでの破綻した人間関係が来年修復されるなんてのはちょっと考えにくいおね
SBIと関係改善してPTSに参加する可能性なんて0.1%もない気がするお(´・ω・`)
松井証券は失敗覚悟で自前でまたPTSのシステムを作り直すしか方法がないんでは


ss2286234570 at 05:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ネット証券 | PTS

2016年08月26日

2017年から私設取引所でも信用取引が可能に!

株の信用取引、夜間も 17年にも証取外で解禁 金融庁検討
2016/8/26 1:12 日経電子版
金融庁はお金を借りて株を買うなどする信用取引について、東京証券取引所が閉まっている早朝や夜間もできるようにする規制緩和に乗り出す。いまは取引所にしか認めていない信用取引を、証券会社などが独自に運営する「私設取引所」にも解禁する方向だ。個人投資家の株売買で半分以上を占める信用取引の利便性を高め、株式市場の活性化につなげる。 取引所以外での取引や市場間競争のあり方については、金融審議会(首相の諮問機関)が議論している。年内をメドに結論を出し、早ければ来年から解禁する。 私設取引所は独自に営業時間を設定し、東証が閉まっている夜間や早朝も取引できるなど柔軟に運営できる。現在は信用取引ができないこともあり、SBIジャパンネクスト証券と米ファンド系のチャイエックス・ジャパンの2社にとどまる。株取引全体に占める割合も5%程度で9割は東証に集中している。 PTSでの信用取引が解禁されれば、投資家からみて使い勝手の面で取引所とPTSの差は小さくなる。市場間の競争が活発になり、証券会社が取引所やPTSに支払う手数料の引き下げにつながる可能性もある。
0826















金融庁がいきなり「私設取引所(PTS)」の信用取引をOKにすると発表したようです。
昔、松井証券がPTSの信用取引を規制緩和するようにと必死に説得してたころは
けんもほろろに全面拒否して突きかえしてたくせにどういった風の吹き回しなんでそか

記事を見てるかぎりでは金融庁主導での規制緩和ではないみたいですねφ(.. )
どうやら官邸直属の金融審議会という会議体がどんどん規制緩和しようということで
勝手に議論をすすめて、金融庁の頭ごなしでそのまま解禁させちゃうという流れのようです
それにしても年内に議論して2017年からいきなり解禁するってすごいスピードだおね。
あれだけ金融庁が頑なに反対してた信用差金決済もあっというまに解禁させちゃったし
こういう面での政治主導での規制緩和ってのは個人投資家としてもすごくありがたい話
もっとどんどん規制緩和して自由な株取引を実現してほしいものです(*´∀`*)ムフー

さて規制緩和でPTSでの信用取引が可能になったからってOKってわけでもなく
実際には「私設取引所(PTS)」が信用取引を開始しないと意味がありません
チャイエックス・ジャパンはもとは野村系だったけど外資ファンドに売られたばかりΣ(゚д゚;)
個人向けサービスとしては実績がないのでなにも期待できません
SBIジャパンネクストは業績も黒字化してるのでかなり期待できそうだにょ(σ´∀`)σ
決算説明会でも北尾社長が「PTSでの信用取引について関係各局に働きかけたい」
って何度も発言してるので、2017年にもサービス開始するとみていいでそ

SBIジャパンネクストがPTSで信用取引を開始したらSBI証券は参加確定
とはいえ流動性を厚くしないといけないので参加者を募るしかありませんφ(.. )
投資家目線で考えたら、信用取引の取引チャンスが増えるだけなんで悪くない
どの市場で建てた建玉でも東証だろうがPTSだろうが投資家が自由に選んで返済できる
っていう部分だけ担保しておけば流動性や市場リスクはほぼ回避できます(`・ω・´)
証券会社からしたらPTSが現物取引だけだと手数料しか収入がないけど
信用取引もやるとなれば金利収入も入ってくるので商売として考えたら美味しい
建玉から安定した金利収入をえたい証券会社からしたら参加しない方がおかしい。
ジャパンネクストにその昔参加してた楽天証券クリック証券あたりもおそらくやるでそ


ss2286234570 at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)規制緩和 | 信用取引

2016年08月21日

グリー(3632) 16年4〜6月期は減収減益、来期も業績悪化見込み

【グリー決算説明会】16年4〜6月期は減収減益
新作『ソウルアームズ』不調が響く 来期は得意の『RPG』中心に開発・配信へ
グリー<3632>は、8月4日、2016年6月期の連結決算を発表するとともに、東京都内のグリー本社でメディア・機関投資家向けの決算説明会を開催した。
2016年6月期の連結は、売上高698億円(前期比24.4%減)、営業利益142億円(同29.6%減)、経常利益105億円(同57.9%減)、最終利益84億円(前年同期103億円の赤字)となり、減収・経常減益となった。コイン消費が落ち込んだことが原因とみられる。前期は巨額の減損により赤字だったが、今期は減損があったものの最終損益は黒字転換した。
2017年6月通期の業績予想については、算定が困難として開示せず、第1四半期(7〜9月期)のみ開示とした。売上高135億円(前年同期比30.0%減)、営業利益10億円(同77.1%減)、経常利益10億円(同74.9%減)、四半期純利益0億円(前年同期23億円の黒字)と減収減益を見込む。減収減益の要因として、売上高に関しては、既存タイトルの減衰を織り込んでおり、かつ新規タイトルの貢献は織り込んでいないためで保守的に考えている。費用に関しては、ゲーム運営事業に対する先行投資費用を含んでいるとのこと。

0822


















グリー(3632) 481円 −1円 (−0.21%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=3632
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3632.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 1161億円

DeNAのライバルのグリーは業績も株価下落もまったく止まりません(´・ω・`) 
決定的に違うのは時価総額だおね
DeNAの時価総額が4385億円なのでグリーは1/4しかないってことか
かつてはライバルでも今じゃ相手にもされてないってことでそか。

決算期が違うので簡単には比較できない部分もありますが
DeNAの第1Q(2016年4〜6月)を前4半期比(2016年1〜3月)で比べると
売上高が383億円(+9%)、営業利益が74億円(+43%)と右肩上がり
前年同期比(2015年4〜6月)でも、前4半期比でも大きく伸びて成長してるようです

一方のグリーは広告事業で少しだけ光明があるものの全体的には悪化傾向
グリーの第4Q(2016年4〜6月)を前4半期比で(2016年1〜3月)で比べると
売上高が156億円(−11.8%)、営業利益が22億円(−14.2%)とボロボロだお
ここまで差がひらいてしまうともはやライバルと呼べませんね(((( ;゚д゚)))

グリーの株価を決定的に左右したのは来期の第1Q(2016年7〜9月)の業績予測でそう。
記事にもある通り、前年同期比で売上高−30%で営業利益が−77%ともうメチャクチャ
いくら先行投資費用が嵩んでるか保守的な数字とか述べたって悲惨すぎでそ(´;ω;`)
1100億円という今の時価総額がかなり不釣合いになってきてる印象だおね


ss2286234570 at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)業績悪化 | ソーシャルゲーム

2016年08月20日

DeNA(2432) スポーツ事業で18億円利益稼ぐ

DeNA、第1四半期は営業利益が83.5%増の73億円に大幅増益…
前期計上された欧米のゲーム事業のリストラ費用が計上されなかったため
ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、8月10日、第1四半期(16年4〜6月)の連結決算(IFRS)を発表し、売上収益382億円(前年同期比1.5%増)、営業利益73億円(同83.5%増)、最終利益51億円(同152.2%増)だった。同社では、ゲーム事業は前年同期比で減収となったが、新規事業・その他及びスポーツ事業が増収となった。営業利益が大きく伸びたが、前年同期に計上した、欧米における体制及びゲームポートフォリオ見直しに関する一時費用が今期は発生しなかったため。円高の進行により、為替差損を含む金融費用も増加した。
セグメント別の状況は以下のとおり。
.押璽犹業
売上収益261億円(前年同期比7.7%減)、セグメント利益66億円(同2.3%減)だった。主力の国内のゲーム内仮想通貨(コイン)消費は前年同期比7.0%増の370億円となった。利益率の高いブラウザのコイン消費は減少したが、アプリのコイン消費が引き続き堅調に推移した。アプリのコイン消費は、国内では162億円(同71.9%増)、海外では46億円(同21.8%減)だった。
スポーツ事業
売上収益54億円(同46.1%増)、セグメント利益17億円(同109.1%増)だった。横浜DeNAベイスターズが主催試合の入場者数が増加し、好調に推移した。横浜スタジアムは、2017年3月期より通期で業績貢献するという。

0822
 


















ディーエヌエの4〜6月、純利益2.5倍 スポーツ事業伸びる
2016/8/10 23:26 日経電子版
1月に横浜スタジアムを連結子会社化。横浜DeNAベイスターズ主催の試合の入場者数が増え、スポーツ事業の部門売上高が54億円と46%増加した。部門営業利益は18億円弱とほぼ倍増。ゲーム事業の同利益は2%減の66億円にとどまったが、スポーツ事業の伸びで補った。全体の営業利益は73億円と83%増えた。

DeNAの決算説明会の動画はこっちですにょ(σ´∀`)σ

DeNA(2432) 2,890円 −23円 (−0.79%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=2432
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2432.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 4358億円

もうご存知の人も多いですがDeNAの1Q(2016年4−6月)決算が発表されました
ゲーム事業単体では今回も減収減益というあまりよくない決算でしたが(´・ω・`)
野球を中心としたスポーツ事業の業績が改善して売上高55億円経常利益18億円という
途方もないすごい数字を叩きだしたことで全体の数字をいっきに押し上げたようです
野球で儲かったというより横浜スタジアムを今年の年初に買収してるので
ここの売上げを合算できるようになったことでDeNAの業績が大きく底上げされたようです
その昔、横浜ベイスターズの株をもっていたのはTBSですが
こういう地道な努力や集客を疎かにしてたからずっと赤字だったんでそうφ(.. )

DeNAの本業であるゲーム事業は減収減益だったとはいえ
足元では任天堂と組んでリリースした「ポケモンGO」が世界中で大ヒットしてるおね
実際に開発したのは任天堂の出資先で版権なんかもその会社がもってるっぽいので
直接的にDeNAの業績を押し上げてくれるのかどうかはまだわかりませんが
ゲームの運用周りはDeNAが担ってるのでまったく儲かってないとは思いません

春先4月ごろは横浜ベイスターズは強くなくて負けまくってた時期なので
その環境下でもここまでの数字を積み上げたってのはかなり評価されるべきでそ
2Q(2016年7−9月)はフルに横浜ベイスターズの数字が乗ってくるので
スポーツ事業の数字やポケモンの数字でかなり期待されそうな予想ですにょ(σ´∀`)σ
ただしプロ野球というのは毎年10月〜3月というのは数字を生まない季節です
野球の試合がないので球場からの収益はほとんど期待できません(´;ω;`)
ドーム球場じゃないのでコンサートなどでの利用もあまり期待できないでそ
(真冬に屋外でコンサートなんてやってもなかなか厳しいでそ・・・)
さらに選手が活躍して年俸交渉で契約金が積みあがればDeNAのコストは右肩上がりだお
そう考えると2Qは期待できても3Qと4Qはかなり厳しく予想すべきだおね(´・ω・`)

その他ではチームがAクラス入りできるかも業績にかなり影響しそうだお
うまくCSで勝ち上がって優勝でもしたら株価が反応して爆上げする可能性はあるだろけど
Bクラス陥落なんてなればおもいっきり業績に響いてくるのは不可避でそφ(.. )
今のDeNAの業績はスポーツ事業への依存度がちょっと高すぎるようなので
良くも悪くもその部分にスポットが当てられて株化が乱高下しそうな印象だおね


球場も戦う時代に DeNAが横浜スタジアム買収
プロ野球横浜DeNAベイスターズが、本拠地「横浜スタジアム」の運営会社を74億円で買収する。球団と球場運営の連携を進め、収支の改善をめざす。
0823


ss2286234570 at 05:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)決算 | プロ野球

2016年08月19日

あの「串カツ田中」が9/14に上場

「串カツ田中」創業7年で上場する酒場の正体
創業7年――。風変わりな外食チェーンが来月9月14日に東証マザーズへ上場する。
資本金は2000万円。そして従業員は110人にすぎず、本社部門には20数人しかいない。その名も「串カツ田中」。肉や野菜、魚、加工食品などを串に刺して衣を付けて揚げる。文字どおりあの、串カツを軸にした居酒屋だ。串カツ田中は、「ソースの二度漬け禁止」をうたい文句にした串カツを看板メニューとして、かすうどん、牛スジ土手、ちりとり鍋など大阪名物のグルメを中心にさまざまな一品料理をそろえ、もちろんアルコールを中心に各種ドリンクも提供する。一目でわかる白いテントに「串カツ田中」と書かれた看板。間口を広くしてガラス越しに店内の様子がわかり、誰もが入りやすい大衆食堂(酒場)の雰囲気を醸し出しており、接客面でも老若男女、子どもも含めて来店できるような商品・サービスを提供している。
串カツはもともと大阪名物ながら、この串カツ田中は特に関西圏や九州地方に住む読者にとってなじみがないに違いない。本社は品川にあり、今の店舗ネットワークは首都圏中心。ただ、この店舗数の伸びがすごい。5年前にたった6店舗だったところ、今年(7月末時点)ではフランチャイズを含めて約120店舗にまで拡大している。また、これ以降も毎年30店を超える出店を予定している。
0824







あの串カツ田中が上場するって知ってびっくりしたにょ(σ´∀`)σ
大阪名物のB級グルメをメニューにそろえた店でいわゆるジャンクフード系
店内もかなり貧相といえば貧相でイスとかもしょぼいし味もそんなに(´・ω・`)
(名物の串カツは普通だけどサイドメニューは美味しいなってのがありました)
ただ「流行ってる感」というか店員さんに元気があってかなり乗りのいい飲み屋
店内に活気があるのでお客が次々と注文してそれが途切れてないなという印象でしたお

低価格帯でお店に入りやすいのでお客は途切れてないφ(.. )
こういうベタベタの大阪系のB級グルメって他にあまり見あたらないので競合がいない。
一言でいうなら「商売上手」という印象が強いですにょ(σ´∀`)σ
大阪っぽいわりに本社は品川にあって店舗網はほとんど首都圏中心にあるようです
たしかに都内を歩いてるとどこの駅で降りてもかなり目にすることが多いですもんね。
逆に本場の大阪、関西圏ではたった7店舗しかないので無名に近いかもしれません

主幹事は大和証券なので野村ではないってだけでも安心だおね(*´∀`*)ムフー
上場日は9/14で、申し込み抽選が開始するのが8/30、上場市場はマザーズのようです。
今期の売上高、経常利益ともにまだ第2四半期なのに進捗率が非常に高い
業績的には右肩上がりでかなり絶好調といえるでそう

08220823










店舗数はまだ120くらいだけど目標は1000店舗らしいので成長性はありそうだお
IPOした資金の使い道は人材確保と出店費用にあてるようです。
調達した資金の用途が明確で目的があるIPOってところは高評価でそう。
株主構成もかなりまともでよくありがちなベンチャーキャピタルもいません
絶対安全とはいいませんが、上場ゴール臭がまったくしないというのは評価できます。
上場が目的ではなくほんと素直に事業拡大のための資金調達(IPO)って印象
その他の細かい部分は他のIPO系の株サイトにいくらでも載っていますφ(.. )
色んなサイトや色んな証券会社での評価を見ながら自分で判断してみてください。

串カツ田中(3547)
0821












串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた

http://ascii.jp/elem/000/001/109/1109153/

「串カツ田中」でたこ焼き食べ放題やっとるでーーッ!
 飲み放題付きで2780円 / セルフ焼きスタイルだから関西人を連れていくべし!!

http://rocketnews24.com/2016/08/15/785351/
0825




ss2286234570 at 13:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)IPO | マザーズ

2016年08月18日

ゆうちょ銀、送金有料に 月4回目から123円

ゆうちょ銀行 ATMの送金手数料の有料化を検討
ゆうちょ銀行は郵政民営化した9年前の平成19年10月に、ATMを使ってゆうちょ銀行の口座どうしで行う送金の手数料を無料にし、原則、手数料がかかる大手銀行との差別化をアピールしてきました。しかし、日銀のマイナス金利政策の影響で運用する国債の利回りが低下し、資産運用による利益が減っていることなどから、来年3月期の最終利益が前の年と比べて、およそ8%減少する見通しです。このため、ゆうちょ銀行は送金の手数料を見直す方向で検討を進めているということです。
具体的には、ことし10月から、月3回の利用まではこれまでどおり無料としますが、4回目以降は1回につき123円の手数料を取るとしています。手数料が有料となれば9年ぶりとなりますが、ゆうちょ銀行は月3回までは無料とするため、一般の利用者への影響は限定的だとしています。
0818



  ※動画あり





ゆうちょ銀、送金有料に 月4回目から123円
2016/8/16 2:00 日本経済新聞 電子版
ゆうちょ銀は郵政民営化の際に、同行に口座をもつ人どうしのATMを使った送金手数料を1回120円から無料にした。現在、大手銀行では原則108円以上の手数料がかかっている。ゆうちょ銀はより有利な条件をアピールして、利用者を獲得してきた。ただ、日銀のマイナス金利政策で国債の利回りが大幅に低下した。ゆうちょ銀の収益源だった有価証券の運用益が減っており、2017年3月期の純利益は3000億円と前期に比べて8%減る見通しだ。こうした事情を背景に、ゆうちょ銀は投資信託の販売や送金などのサービスにかかる手数料を新たな収益の柱に育てる必要に迫られている。今回の見直しによる損益の改善効果は年間で数億円程度とみられる。
9年前の無料化をきっかけにネットオークション業者などの利用が増えたことも、再び有料化に踏み切る背景にある。こうした利用者のなかには月1000回以上の送金を無料でするケースもあるといい、一定の負担を求めることにした。月3回までの利用は無料のままとするので、ゆうちょ銀は送金サービス利用者の9割程度が影響を受けずにすむとみている。  

ゆうちょ銀行が民営化した9年前から無料化していた
ゆうちょ銀行の口座間のATM送金手数料を有料化することを発表したようです
ま、そうはいっても完全有料ではなく月3回までは無料で4回目から123円課金されるみたい。

こういう無料サービスが有料化される一番の原因って悪質なヘビーユーザーなんだおね。
全体からいえば1%もいない、いやむしろ0.2〜0.5%もいるかどうかもわからない
少数の超ヘビーユーザーがほとんど意味もなく無料サービスを使いまくって
コストをかけまくるから改悪されて有料化されるというのが一般的な流れだお(`・ω・´)
ソフトバンクのデータ利用料金がやたら値上げされた事件もそう
三菱東京UFJのATM利用料金が改悪されたのもぶっちゃけまったく同じような理由。
最近だと住信SBIネット銀行がATM利用料や振り込み手数料を改悪したけど
あれも無料をいいことにメチャクチャな使い方をしたほんの一部のお客のせいでそ
おそらく今回のゆうちょ銀行の送金手数料の値上げもまったく同じ理由でそφ(.. )

そもそもゆうちょ銀行が稼いでる利益の額に比べたら
今回の条件引き上げによる収益改善効果なんて年間数億円とかなりはした金レベル
前から値上げしたいと思っていたのその口実として日銀のマイナス金利導入をこじつけて
一気にやってしまおうという裏の考えが透けて見えるにょ(σ´∀`)σ
だからといってゆうちょ銀行のサービス改悪を悪くいうつもりはありません
そもそも企業が利用者に提供してるサービスで本当に無料のものなんてこの世にありません
それは企業側が身を削るなり、費用を丸抱えしてわざと無料にしてるだけでそ
あくまで企業側がよかれと思ってわざと無料で提供しているサービスなのに
無料をいいことにメチャクチャな使い方をしていれば改悪されるのはあたり前でそ
そこにはやっぱり利用者の節度マナー意識が大切だと思います(`・ω・´)
対面だとできないことでも、ネット上では相手の顔(企業側の人間)が見えないから
いつの間にか自分で自分を制御できなくなって暴走するなんてのはよくあること
こういう値上げ事件って、けっきょく自分の暴走で自分の首を絞めてるだけなんで
やっぱり利用者側がもうちょっと物事を考えながら使うように意識しないといけないおね

ss2286234570 at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)銀行 | 手数料値上げ

2016年08月15日

新生銀行、楽天証券と連携してFX事業に参入

新生銀がFXに参入 大手銀初、楽天証券と連携
2016/8/7 2:00  日本経済新聞 電子版
新生銀行は楽天証券と連携して外国為替証拠金取引(FX)サービスに参入する。大手銀のFX参入は初で、22日からサービスを始める。楽天証券のFXの運用システムを利用し、収益を両社で分け合う。日銀のマイナス金利政策を背景に預金などの利回りは低迷している。高リスクでも多額の利回りが期待できるFXの需要が高まるとみて、顧客開拓に乗り出す。FXは、業者に預けた証拠金の数倍から数十倍の外貨を売買できる取引。外貨預金よりリスクが高い反面、相場によっては多額の利益を得られる。新生銀はスマホなどの利用頻度が高い若い顧客らに対し、運用手段の一つとして売り込む。
新生銀は今夏から米ドルやユーロ、英ポンドと円などの主要通貨を含む23のペアを対象にサービスを開始。取引数量は1000通貨単位からで、実質的な手数料にあたる売値と買値の差(スプレッド)は米ドル・円取引で0.5銭前後とする。
取引を始める際には、新生銀の普通預金などの総合口座を開設した上で、FX向けの専用口座をつくる。総合口座と専門口座は同じIDとパスワードで取引でき、ネットを通じて24時間、専用口座に資金を移せるようにする。近年、FXにはネット専業銀行が相次ぎ参入している。大手銀行では傘下の証券会社が手掛ける例はあるが、銀行本体では初という。新生銀は外貨預金や外貨送金など外貨関連のサービスでノウハウを蓄積しており、参入に踏み切った。
0815












 
 

新生銀行が楽天証券のシステムを仲介してFX事業に参入するようですΣ(・ω・ノ)ノ
今回一番驚いたのが新生銀行と組んだのがマネックスではなく楽天証券だったってこと
マネックスは新生銀行とかなり以前から深い付き合いをしていたので
てっきりマネックスを選ぶのかと思っていたら楽天証券のシステムを導入したようです

マネックスといえば10年くらい前から社長の松本さんが新生銀行の社外取締役をやっていました。
すでに松本さんは交代したみたいだけど、今でもマネックス出身の人がいるようだおね
http://www.shinseibank.com/corporate/about/officers/
マネックスの社長自身が10年近く前から新生銀行の社外取締役を務めてて
しかも証券取引サービスの仲介もすべてマネックスが独占していました
(新生銀行の客にマネックスの口座を作らせてマネックス経由で株取引をさせていた)
http://www.shinseibank.com/powerflex/stock_bond/
でもいま見たらいつのまにかマネックスという社名は一切削除されていて
すべて楽天証券の社名とロゴに書き換えられていましたΣ(゚д゚;)
いつのまにか後からやってきた楽天証券に案件をすべて奪われたってことです

今回の新生銀行のFX事業だってうまく行けば年間数十億円利益をもたらすわけで
本来なら新生銀行と仲のよい親藩大名だったマネックスが手がけるべきはずだおね
それがトンビに油揚げを奪われるがごとく、外様大名の楽天証券に奪ってかれたってこと
この一例からしても、マネックスはもうどうしようもないダメ会社だなっておもいます
冗談抜きでホンモノのオワコン会社に成り下がってるお(´・ω・`)

0814










マネックスはアメリカの証券会社を買収した頃からやることなすことすべて裏目だおね
わざわざ市場価格より1.5倍以上の400億円という高額で買収したアメリカ子会社が
毎年のように何十億円もの赤字を垂れ流して足を引っぱり続けています(((( ;゚д゚)))
さすがに今では止血くらいはできてるみたいだけどお荷物以外の何ものでもありません。
アメリカ事業で失敗し、ネット銀行買収(イーバンク銀行買収)の案件も楽天証券に奪われ
そして今回の新生銀行とのFX事業連携まで楽天証券に奪われるという大失態
しかも証券仲介サービスまで奪われたのでマネックスへの入金や口座開設も当然減ります

逆転チャンスが何度も会ったのにすべで見逃し三振でスルーしてるから救いようがない
さすがにここまでの失態をくり返すと「失敗」という言葉ではすまないおね
ここ5〜6年くらいのマネックスの失態は競争に負けたのではなくただの自殺点だおね
マネックスについて一言でいうなら「救いようのないバカ」って言葉が適切でそ。

ss2286234570 at 04:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)FX業者 | 新規参入

2016年08月14日

楽天証券 対面販売のIFAと連携を強化

楽天証券が対面販売 投信助言大手と提携
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD27HAE_Y6A720C1NN7000/
2016/7/31 23:43 日本経済新聞 電子版
インターネット専業の楽天証券が対面型の新サービスを始める。独立系金融アドバイザー(IFA)大手のガイア(東京・新宿)と提携し、9月末にも個人の資産運用を一任で請け負う「ラップ口座」を提供する。楽天証券が顧客ごとに資産配分を算出しガイアの店舗で営業する。ネット証券の顧客は若い世代に偏りがちなため、対面販売で高齢者層を取り込む。預かり資産の残高に応じた手数料を受け取る。年間の手数料は資産残高の1%後半になる見通しだ。500億円程度の預かり資産を目標とする。楽天証券は今後も複数のIFAと提携して対面型の販売網を広げていく方針だ。
0814










楽天証券 対面で存在感 アドバイザー経由で顧客4割増
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO03011630R30C16A5000000/
2016/6/3 5:30 日本経済新聞 電子版
インターネット専業の楽天証券が対面販売でも存在感を高めている。背景にあるのは独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)の活用だ。同社のIFA経由の実績は2016年3月末で、顧客数が1万4661人と前年同月比で4割増えた。投資信託など金融商品の預かり資産残高も1923億円と同23%強の増加となった。IFAチャネルはその後も資金流入が続き、預かり残高は4月末に2000億円を突破した。これは大手の地方銀行が抱える投信の預かり残高に匹敵する水準で、伝統的な銀行や証券会社など対面販売が主流の金融機関にとっても無視できない規模になってきている。
IFA自身による新規顧客の開拓も盛んだ。ミニコミ誌などを使って資産運用に関心のありそうな層を対象にセミナーを開き、新規顧客を獲得するIFAも多い。楽天証券もIFAが開くセミナーに自社のストラテジストなどを講師として派遣したり、顧客獲得などでの成功事例を他のIFAに情報提供したりするなどのサポートに取り組んでいる。
IFAビジネスは着実な預かり資産の増加が期待できるのも特徴だ。IFAと顧客の間に一度、信頼関係ができれば長い取引となる上、資金の流入は続く一方、流出がほとんどなく、「資金流入の勢いは中国ショック後も変わらなかった」(同)ほどだ。実際、16年3月末の投信の預かり残高は、同社全体では前年同月比6%の減少だったが、IFAチャネルは32.4%の増加だった。
同社は今後、IFAには自社開発した投資一任サービス「楽ラップ」の提案に力を入れてもらう方針だ。投資一任サービスは顧客の属性やリスク許容度、投資に対する考え方などを聞き取った上で、金融機関が顧客に代わって実際の資産運用を手掛けるもの。対面での取り扱いならば、顧客の状況をよく理解しての提案が可能で、相場急変時のフォローも丁寧にできるとみているからだ。

楽天証券がIFA (独立系ファイナンシャルアドバイザー)との連携を強めてるようだおね
どうやら2016年4月末時点でIFA経由で2000億円の預かり資産を獲得してるらしい。
楽天証券の顧客預かり資産が3兆5000億円ほどあるので
IFA経由で獲得した預かり資産は約5.7%といったところ。それほど多くはないかも。
楽天証券は預かりがかなり多いので5.7%ほどでしかないけど
松井証券やカブドットコムで考えたら10%を超える預かり資産をIFA経由で獲得してるってこと。
そう考えてみるとけっこうな金額をIFA経由で獲得してるといえるかもしれません


0815















最近の楽天証券は収益をしっかり分散させて証券事業に依存しない体質に変わっています
5年位前までは株式市場の動向で業績がほぼ左右される不安定な経営だったけど
その後、株以外の投資信託やFX事業に力をそそいで大きく伸ばしてきてるおね
FXの収益はSBI証券の2倍あってすでに大手ネット証券5社の中ではダントツの1位だお
数年前までは楽天証券の投信販売残高なんて700〜800億円しかなかったのに
最近は4900〜5200億円まで投信販売代金を積み上げてますにょ(σ´∀`)σ
もし投信の販売残高が年間平均で5000億円あったら
一般的に投資信託の報酬手数料率が0.8%くらいなので40億円の収益だおΣ(・ω・ノ)ノ
SBI証券なら投信販売残高が1兆2000億円あるので年間96億円の収益だおね
(もちろんその半分は投信運営会社に払い戻すので全額が収益にはなりません)

10年くらい前は投資信託といえばマネックスがネット証券で1位だったけど
いまじゃSBI証券が3〜3.5倍くらいの差つけて1位になってるんだおね(´・ω・`)
このあたりの数字を見比べてみると、なぜマネックスがダメックスと言われるのかよくわかります
マネックスは大赤字のアメリカ事業にカネや時間やコストをかけ過ぎて
(相対的に見て)国内事業がいつの間にか壊滅状態になりかけてんだおね(´;ω;`)

0816









ss2286234570 at 05:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラップ口座 | 投資信託

2016年08月13日

ネット銀行 比較 2016年6月末 楽天銀行がぶっちぎりのトップ

銀行5グループ4〜6月期決算 マイナス金利の逆風で貸し出し業務厳しく
http://www.sankei.com/economy/news/160801/ecn1608010015-n1.html
貸出金利から預金金利を差し引いた「利ざや」は軒並み縮小し、資金利益の低下が鮮明となった。このうち、三菱UFJフィナンシャル・グループの預貸の利ざやは1〜3月期に比べ0・05%縮小し、0・92%と過去最低を更新した。本業のもうけを示す実質業務純益は三菱UFJが前年同期比20・7%減の2580億円、三井住友フィナンシャルグループが31・2%減の1648億円となるなど、4グループが減収となった。みずほは3・9%増の1616億円。6月末時点の国債保有残高を3月末から3分の2に圧縮するなど、債券売却益を積み上げたことが支えとなり、唯一増収を確保した。
0814

















楽天銀行
 平成29年3月期 第1四半期決算(2016/4/1〜2016/6/30)
http://www.rakuten-bank.co.jp/company/disclosure/pdf/situation-160804-1.pdf
http://www.rakuten-bank.co.jp/company/disclosure/situation.html

経常収益   171億8000万円(+  10.3%)
経常利益   45億4800万円(+   18.4%)
最終利益   31億4500万円(+   25.9%)

預かり残高  1兆4,908億円(−0.6%)
累計口座数 546万0,000口座(+2.0%)
預かり増加金額 −103億円
口座増加数  110,000口座
一口座あたりの預かり残高 27万3,040円
従業員数 不明

住信SBIネット銀行 平成29年3月期 第1四半期決算(2016/4/1〜2016/6/30)
https://contents.netbk.co.jp/pc/pdf/pr/20160729_fs.pdf
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_gyoseki
経常収益 138億7300万円
(−    7.5%)
経常利益   32億9100万円(−  36.6%)
最終利益   21億6500万円(−  35.7%)

預かり残高  3兆5,734億円(+3.6%)
累計口座数 263万9,000口座(+2.0%)
預かり増加金額 +1,265億円
口座増加数  +5万4,000口座
一口座あたりの預かり残高 135万4,079円
従業員数 不明

経常収益   174億1500万円(−  10.9%)
経常利益     9億0700万円(−  76.4%)
最終利益     6億3000万円(−  73.2%)

預かり残高 3兆0,690億円(−  1.6%)
累計口座数 115万5,000口座(+1.9%)
預かり増加金額 −525億円
口座増加数  2万2,000口座
一口座あたりの預かり残高 265万7,142円
従業員数 99名(±0人)

ソニー銀行 平成29年3月期 第1四半期決算(2016/4/1〜2016/6/30)
http://sonybank.net/pdf/SB_FY2016_1Q.pdf
http://sonybank.net/disclosure/report.html
経常収益   92億3400万円(−    1.3%)
経常利益   7億7200万円(−  58.6%)
最終利益   5億0100万円(−  59.1%)

預かり残高 1兆9,081億円(−  0.8%)
累計口座数 不明
預かり増加金額 154億円
口座増加数  不明
一口座あたりの預かり残高 不明
従業員数 不明

ジャパンネット銀行 平成29年3月期 第1四半期決算(2016/4/1〜2016/6/30)
http://www.japannetbank.co.jp/company/financial/pdf/2017_quarter1.pdf
http://www.japannetbank.co.jp/company/financial/financial_highlight.html
経常収益     62億1200万円
(−    7.6%)
経常利益     8億8300万円
(−  54.3%)
最終利益     4億7900万円(−  52.5%)

預かり残高  6,351億円
(+3.8%)
累計口座数 327万0000口座(+2.1%)
預かり増加金額   +233億円
口座増加数   7万0,000口座
一口座あたりの預かり残高 19万4,220円
従業員数 314名
(+11人)

じぶん銀行 平成29年3月期 第1四半期決算(2016/4/1〜2016/6/30)
http://www.jibunbank.co.jp/corporate/financial_information/pdf/statement_20160727.pdf
http://www.jibunbank.co.jp/corporate/financial_information/
経常収益   65億1000万円(+    4.8%)
経常利益   4億1000万円(+    5.3%)
最終利益   3億4700万円(+    6.4%)

預かり残高  不明
累計口座数 219万7,000口座(+3.3%)
預かり増加金額 不明
口座増加数  7万1,000口座
一口座あたりの預かり残高 不明
従業員数 不明

※業績は前年同期比、つまり1年前との比較です。
※口座数や預かりの増減は2016月3末の3ヶ月前との比較です。
※従業員数の増減は前年度との比較です。


2016年第1Q(4−6月)のネット銀行の決算が出そろったので比較してみたにょ(σ´∀`)σ
内容としては日銀のマイナス金利の影響の爪あとが大きい決算でした
高い金利で預金を増やしてその預金を国債・社債などで積極的に運営して利益を稼ぐという
手法を使っていた預金銀行は猛烈に業績が悪化してることがわかります(((( ;゚д゚)))
特に資金運用に特化したビジネスの一歩足打法やってた大和ネクスト銀行は悲惨すぎ

大和証券はお客からの預かり資産が何十兆円もあるそうです
営業マンがこの資金を大和ネクスト銀行に移すようにと営業をかけて預金を集めて
その資金を国債・社債でガンガン積極的に運用するというビジネスモデルだおね
でもその資金運用がマイナス金利という逆風で完全に大失敗
ニュースリリースで20〜30億円くらい特損計上してたような・・・記憶があります
大和ネクスト銀行はリスクの大きい運用で短期的に業績を伸ばしてきた銀行ですが
今回はそれがすべて裏目に出てしまったっていうことなんでそう(´;ω;`)

じぶん銀行はまだ預金額も少ないし資金運用は本格的にやっていませんでした。
結果的にそれがラッキーになってマイナス金利の影響がなかったってことでそう
業績的にみてぶっちぎり1位になったのが楽天銀行ですにょ(σ´∀`)σ
旧イーバンクの頃に積極的な資金運用をして倒産しかけたという黒歴史があるので
いまでも楽天銀行はリスクのある資金運用はかなり控えめな商売をしています
結果的にマイナス金利の影響がほとんどなにもなかったってことなんでそう。

住信SBIネット銀行は個人向けローンや住宅ローンもかなりしっかり手がけています。
幅広いビジネスを手がけてるので収益の柱が何本かあるってことだおね
資金運用事業が大失敗してこけてもなんとか他の事業で補ったってことですにょ(σ´∀`)σ
楽天銀行は楽天カード関連の事業がおおいに貢献して業績がさらに伸びています
教育ローン、住宅ローン、個人向けローン事業もかなり積極的に投資して伸びてるみたい
今期もこのままいけば過去最高収益を達成する可能性がものすごく高いでそ(*´∀`*)ムフー
これからもネット銀行首位の座を着々と固めていくんじゃないかと予想しています


2016年07月14日
あおぞら銀行とGMOが2017年度内にもネット銀行を設立へ

2015年07月16日
(ネット銀行の)決済銀行と預金銀行の違いについて その2

2015年07月06日
(ネット銀行の)決済銀行と預金銀行の違いについて その1
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2015-07-06.html 

ss2286234570 at 04:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ネット銀行 | ネット銀行比較

2016年08月12日

JR九州 10月25日に上場へ

JR九州 10月25日に上場へ ことし2番目の大型上場に
8月10日 21時15分
東京証券取引所はJR九州の株式の上場を来月承認し、上場日をことし10月25日とする方針を固めました。ことしに入ってから国内では無料通信アプリのLINEに次ぐ大型の上場となる見込みです。JR九州は昭和62年の旧国鉄の分割・民営化に伴って発足し、株式のすべてを独立行政法人の鉄道・運輸機構が保有していますが、駅ビルやマンションの開発などで収益力が向上したことから、上場することなどを通じて、機構が株式をすべて売却し、完全民営化を目指しています。時価総額は5000億円程度になると見られ、ことしに入って、無料通信アプリのLINEに次ぐ大型の上場となる見込みです。
0812



 ※動画あり






2016年中に上場すると予想されていながら
こないだの熊本地震で上場を危ぶまれていたJR九州が10/25に上場するようです
LINEの時価総額が当初1兆円を越えていたので
今回のJR九州の時価総額5000億円というのは2016年で2番目の規模ってことですねφ(.. )

大株主が独立行政法人の鉄道・運輸機構ってことはほぼ国営企業みたいなもんですにょ(σ´∀`)σ
民営化するのが夢だったJR九州からすれば国からのクビキが外れるので嬉しいイベントだけど
投資家目線で考えたら正直なところ手出し無用のクソIPOと考えるべきでそう
もちろん最初の数日は話題性もあっていい値段がつく可能性はあるので
初値で売りぬけるという手法自体は否定するつもりはありませんが
上場後の市場価格で購入して長期投資するなんて自殺行為かもしれません(´・ω・`)

鉄道会社の業績がいきなり前年比で2倍に改善するなんてことはまずないので
需給のみで考えたら国の売り抜けで株価が軟調になる可能性はすごく高いでそう
JR九州に対してどうこういうつもりはさらさらありませんが
国が主体になったIPOに手を出すのはお金をドブに投げ捨てるようなアホな行為です
よっぽどなに頭の確信や、強い読みがない限りは手を出してはいけません(((( ;゚д゚)))
どうしてもJR九州を買いたいという人は国が売り出した銘柄の株価を今一度よく見て
どれほど悲惨な結果になる可能性があるのかよきょく再考することをおぬぬめするお


ゆうちょ銀行(7182) 1283円 −11円 (−0.85%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=7182
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7182.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額5773億円
上場近辺の1700円から考えたら−25%といったところでそか
時価総額的に考えたら1900億円の資産価値がなくなったって意味だおね。

かんぽ生命(7181) 2262円 +9円 (+0.4%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=7181
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7181.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額は1兆3572億円
上場当初は4000円なんていうバカげた価格がついていたので−43%ってところ
その時点から比較したら時価総額が1兆400億円ふっ飛んだってことだおね(´;ω;`)

日本郵政(6178) 1366円 −2円 (0.15%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6178
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6178.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額は6兆1470億円
高値1900円から考えたら−28%ってところでそか
失われた時価総額は2兆4000億円と結構な金額だおね(((( ;゚д゚)))
安定利回り投資だの、長期投資だのといわれて購入した人は悲惨だおね

ジャパンディスプレイ(6740) 154円 −10円 (−6.1%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6740
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6740.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
聞かれてもないのに決算説明会で「当社の資金繰りは大丈夫ですなんていう
余計な言葉をいったもんだから今日も順調に下げまくりですにょ(σ´∀`)σ
上場したのは2014年春なのでまだたった2年4ヶ月しかたってないにもかかわらず
株価が800円から154円(時価総額は4822億円から926億円に減少)
上場時の大株主が政府でしかも主幹事が野村證券という考えられるかぎりで最悪の船出
しかもあまりに不人気すぎて公募価格を割りこんで上場してしまったクソ株の王様
なんとなく産業再生機構に安値で買い取られて3年後に再上場するんじゃないか
とかんぐってしまうようなふんいきのある銘柄だおね(((( ;゚д゚)))
 

運転資金は確保も、試練が続くジャパンディスプレイ
ジャパンディスプレイ(JDI)の業績悪化が鮮明になっている。売上高の8割以上を占めるスマートフォン向け液晶ディスプレー事業で、米アップルや中国スマホメーカー向けの販売が減少。資金繰りが悪化し、筆頭株主の産業革新機構に成長投資に使う資金を要請した。2016年4―6月期の業績悪化は売上高の5割を占める「iPhone(アイフォーン)」向けの販売不振や、中国市場での価格競争の激化が主因。
業績不振に伴い資金繰りも悪化しており、成長資金を確保できない恐れが出てきた。現在、市場では有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)競争に突入している。先行する韓国サムスンディスプレーなど韓国・中国勢が国を挙げて大規模な投資を仕掛けており、成長資金の不足は競争から脱落することを意味する。


ss2286234570 at 04:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)日本株 | IPO