yogurting ヨーグルティング

2012年12月26日

監視してる銘柄

個別銘柄でちょっと気になったのは輸出関連株の動きです。
円安でよりが高かっただけでただの陰線だらけがやたら目立ちました
まともに上がってるのといえば、銀行・証券・不動産とかその他金融あたり。
日経がやたら上がってたのはユニクロ、ソフトバンク、ファナックの影響じゃないのかと。
TOPIXでみるとそこまで上げたような印象はありませんでしたφ(.. )

ジャフコ(8595) +108 (+4.45%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=8595
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8595.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
最近は東証ががんばってIPOが増えてるってのもあるんでしょう。
イグジット(EXIT)がし易くなった事で抱えた出資案件が続々と上場&換金に成功してるようです
上がる時も下がる時もとにかくボラティリティが激しい銘柄です。
5月の暴落みたいな時はこれとかマネックスなんかが例年通り面白いです。

日産自動車(7201) +3 (+0.39%)
高値更新したその日にレーティング引き下げられてボロ下げという悲惨な動き(´・ω・`)
見てて笑えるくらいに最高に嵌め込みみたいな動きでした。

楽天(4755) +1 (+0.15%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4755.Q&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
アマゾンとの競争が激しさを増している楽天です。
本来なら足元の業績はいいはずなんですが、先行き懸念が株価を押さえてるのでしょうか
週足チャートでは完全にトレンドが崩れてるので手出しは難しいところでしょう。
月足チャートの支持ラインは600−630円とでてますが、
すでに月足ですらデッドクロスしてるので安易に手を出すべき銘柄とはいえないでしょう

ライフネット生命(7157) −28 (−3.60%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=7157
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7157.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
なんだかロックアップが解除されて大口が叩き売りを浴びせてるような悲惨な動きですにょ(σ´∀`)σ
契約数をこなしてるので将来的にはきちんと黒字化して安定するとは思いますが、
それにしてもただの赤字会社でこの時価総額はちょっと狂ってるかなと思いますΣ(´д`;)
マネックスの時価総額が587億で、ライフネットが315億ってのはおかしいでしょう。
少なくとも今の業績を前提にした時価総額ってのはこの半分1/3で十分なんじゃないのかと

スタートトゥデイ(3092) −31 (−3.71%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=3092
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3092.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
経営者の浅はかな行為で株価を急落させてしまったスタートトゥデイですにょ(σ´∀`)σ
まあそれは冗談においといて、下げ加速の主原因はアマゾンの大攻勢でしょう
楽天もそうですが、強力なライバルが出てきてパイの奪い合いになると
株価的には「マイナス効果」を大きく騒がれて下げやすくなることが多いです。

リブセンス(6054) −65  (−1.90%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6054
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6054.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
大体いつものことですが、新興企業ってのはアンバランスな会社が多いです。
だからリブセンスみたいに大手のYahoo!みたいなのが競合してくると悲惨です
Yahoo!は収益源がいくつもあって一事業でこけても潰れはしませんが、
小さい新興企業は主力事業に大手が参入してくると一気に潰される懸念が出ます
(ブログ事業を競合大手に潰されて破綻寸前までいったドリコムがいい例でしょう)
株価は下げトレンドに入ったばかりでこれから先の競争激化が株価の重石になるでそう。
最悪の場合、スタートトゥデイみたいなことにならないともいえません(((( ;゚д゚)))
ぼくちんだったらYahoo!が参入してきた時点で絶対に手は出さないです

ここに挙げてる新興企業はどこもそういう「大手との競合に直面してる」会社です。
楽天とスタートトゥデイはアマゾンと正面衝突して株価もものすごく弱いです
(どうも楽天koboにかなりの金を突っ込んでるらしく、そこでもアマゾン・キンドルと正面衝突です)
ライフネット生命は楽天系のネット生保やオリックスのネット生保と正面衝突中です(´・ω・`)
一番この先で厳しそうなのはリブセンスかもしれないとぼくちん考えています。
前にも少し書きましたが、リブセンスは求人事業に極めて片寄ってるアンバランスな会社です
Yahoo!だけでなくリクルートの子会社あたりが参入してきてもおかしくないでしょう
あんなにテレビや雑誌で持ち上げまくったら大手に狙われて潰されるのは時間の問題でそ
ここで挙げてる楽天以下の会社は、「買ってはならない銘柄」の研究として監視しています
大手との競合「株価」の関係をしっかり確認しておきたかったからですφ(.. )

〓1〓  信用残速報
           信用残(億円)   評価損益率(%)
           ----------------------------
売り残     338.36             -16.742     ※倍率    3.877倍
買い残   1,311.76              -2.912
※権利落ち日の評価損益率はみなし数値を使用しております。

いよいよ信用評価損益率が佳境に差し迫ってきているようです
このまま一気に戻してに転じてくれると判断しやすくなるのでありがたい。
先週の金曜あたりから妙に高値圏で信用の買い残が増えてきてるなと感じます。
年明けに円高調整が入って、阿鼻叫喚の暴落きぼんぬ。


ss2286234570 at 02:46│Comments(0)TrackBack(0)株式市況 | 日本株

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔