yogurting ヨーグルティング

2012年12月31日

2013年夏にも、サントリーがついに上場へ

非上場を貫いていたサントリーがついに上場へと動いた。上場するのはホールディングス(HD)の主要子会社で飲料・食品事業を手掛けるサントリー食品インターナショナル。現在、主幹事の証券会社を選定しており、2013年夏にも東京証券取引所に上場する見込みだ。
サントリーは酒類、飲料業界最大手の一角でありながら、1899年の創業以来、非上場のオーナー企業だ。現在も株式の9割以上を創業家が保有しているだけに、利益の大半を稼ぎ出すサントリー食品の上場は、サントリーにとって大きな節目となるのは間違いない。
サントリーが飲料・食品事業の上場に踏み切る背景にあるのは国内飲料市場の飽和感だ。同社のシェアは19・8%と最大手の日本コカ・コーラ(28・4%)に次ぐが、少子高齢化で市場拡大は見込みにくいうえ、量販店を中心に価格競争も激化している。
そこでサントリーが力を入れたいのが海外事業だ。同社の11年海外売上高比率は22%。目標の30%の早期達成を急いでおり、飲料・食品事業では立て続けに大型M&Aを実施。09年には仏飲料大手オランジーナ・シュウェップス・グループを3500億円で、ニュージーランドの飲料大手フルコアグループを750億円で買収した。酒類事業では米ウイスキー大手ビームの買収を数千億円規模で検討している。
かねて「3000億〜4000億円規模のM&Aが必要」(佐治信忠社長)としてきたが、11年末サントリーが保有する現金および現金同等物は2881億円。「良い海外案件は資本力のある海外飲料大手や外資系ファンドとの競争になり、莫大な資金が必要になる」(ビール大手幹部)。今後M&Aを続けていくにはさらなる資金の確保が必須だ。
11121111

「やってみなはれ」で有名なサントリーが2013年夏にも上場されるようです。
このところ国内企業による海外企業の買収を見てると食品業がすごく多いですφ(.. )
生保とか損保も件数・金額ともに非常に多いですが、あれはすべて出資です
やはり金融関連はどこの新興国でも出資規制があるのか買収はできないみたいです
一方、サントリー・アサヒ・キリンによる海外事業の買収はむちゃくちゃ多いです。
Googleニュース検索で「海外 買収」で探すと山のように出てきます。
ニュース記事を読んでると「国内市場の飽和感」というのを強く感じられますにょ(σ´∀`)σ

サントリーの上場で注意しないといけないのは「どこが上場したか」です
今回上場したのは「サントリーHD」ではなく、「サントリーの食品・飲料事業」の上場です。
リンク先の記事の中にも注意点や問題点を指摘して書いてありますが、
この上場スキームは、厳しい言い方をすると「子会社で市場から金を毟るため」の上場です
サントリーHD全体での資金調達をより円滑にするために仕組まれた上場なので、
サントリーの株を購入した株主は「犠牲になりやすい」ということを覚えておくべきでしょう
あくまで可能性ですが、次のような可能性が考えられます。
‐緇豸紊盡募増資をくり返して株式の希薄化に晒される可能性
⊂緇譴砲茲觧餠眥潅が目的なので、終わった後は株価下落後にMBOになる可能性
親会社のサントリーHDの犠牲になって汚れ役をやらされる可能性


ちなみにぼくちんだったまずは様子見でしょう
サントリーHDが株主を食いものにしやすいのは事実なのでまずは買いたくはありません。
その後は上場株のホルダーに対してどのような態度を示してくるか次第です(`・ω・´)
上場して5年もしたらあっさりMBOされる可能性だって十分ありえるタイプでそう。
こんなの買ったら肥やしにされるだけだと(現段階では)思います

ss2286234570 at 19:29│Comments(1)TrackBack(0)東証 | IPO

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 中村   2013年06月19日 14:38
5 同感です。
大変見識のあるかつ的を射たコメントと思います。
どんなキャリアの方が書かれたのでしょうか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔