yogurting ヨーグルティング

2017年04月20日

日本郵政、豪トールの買収失敗で最大数千億円の損失計上も

日本郵政、巨額損失の恐れ 海外買収で最大数千億円 政府の株式売却に影響も
2017.4.20 19:39 産経ニュース
日本郵政が、傘下のオーストラリアの物流大手「トール・ホールディングス」の不振に伴い、2017年3月期決算で巨額損失の計上を検討していることが20日、分かった。損失額は数千億円に上る可能性がある。資源価格の下落によって取扱量が減るなどし、トール社の収益が悪化したのが原因。損失を計上すれば、政府が準備を進める日本郵政株の追加売却に影響が出る。
日本郵政が検討しているのは、トール社の買収時に発生した「のれん代」の評価引き下げだ。買収額が会計上の純資産額を上回っていた部分で、将来的な収益力やブランド力を表すとされる。通常は段階的に償却するが、価値が失われた場合には見直す必要がある。16年末は3860億円が残っている。このうち数千億円を損失処理する可能性がある。
0422








日本郵政、当初から「高値づかみ」の見方 巨額損失見通し
毎日新聞2017年4月20日 20時04分
「事業を補完できる最高のパートナー」。西室泰三社長(当時)は15年2月の買収発表時に自画自賛した。日本郵政が巨額買収に踏み切った背景には、15年11月の東京証券取引所への株式上場を控え、成長シナリオを迫られていたことがある。中核の郵便事業は少子高齢化などで将来的な成長が見込めない中、「海外進出を加速させ、収益力を上げるシナリオを示して株価の上昇につなげる」(幹部)ことを狙った。
だが、当時から市場や政府関係者の間では、買収額の妥当性や日本郵政との相乗効果を疑問視する声が出ていた。オーストラリア経済は資源価格動向に大きく左右されるため、トールの業績の先行きを懸念する声もあった。買収を主導した西室氏は「うまくいかない場合は潔く対応する」と話したが、体調不良で16年3月に社長を退任。「負のレガシー(遺産)が残された」

東芝を破壊した西室が今度は日本郵政を木っ端微塵破壊したにょ(σ´∀`)σ
まあこれはいつものことですがいわゆる公家(NTT、NTTドコモ、日本郵政)が
買収した大型案件って不思議なことに100%の確率で失敗するんだおね

やっぱり大型買収に強いのはオーナー企業の豪腕経営者だけだおね
ソフトバンクなんて過去に何千件もM&Aこなしてきてるんで経験値がハンパない。
その他では日本電産も信じられないくらいに買収や建て直しが上手い。
逆に、買収のノウハウも買収した企業を活用するノウハウもまったくもたない
リーマン経営者のやった買収ってのはほとんど失敗します
どうせ任期終わったら退職金もらってトンズラしようと計画してるんで
すべての経営判断が自分の任期ないしか考えてないからこんなことになるんでそ

NTTドコモも買収ノウハウなんてないもない超無能経営者が
インドかどこかの携帯会社みたいなのを買収して特損出してたはず(((( ;゚д゚)))
あれも買収して数年後に8000億円くらい特別損失計上したんじゃないかな
公家系企業のリーマン経営者の大型買収案件の失敗率はすごいんだお
ぼくちんの知ってる限りではほぼ100%失敗してると記憶しています。
今回の日本郵政のトール買収もご多分に漏れず想定どおりの結果でした(゚д゚)、ペッ

特に今回の日本郵政の場合は焦って買収したのがさらに悪かったんでそ
日本郵政なんて収益率が低いので有名な会社ですおね(*´∀`*)ムフー
子会社だけが稼いでるだけのどうしようもない箱会社みたいなもんだから
上場を期になんとか業績底上げのためにテコ入れしようとして
無闇な買収拡大策に走って、見事に騙されたってことですにょ(σ´∀`)σ
 
これまでこのブログで何十回も同じことを書いてますが
政府が上場に絡んでるIPOには絶対に近づくなってことだおね(´;ω;`)
ケツの毛まで毟られて大損するのが不可避なんであまりにも危険だおね
時間が経てば経つほど政府がどんどん売り出してきて需給が悪化するんだし
上場後のセカンダリで政府系IPOを買うなんて自殺するのと大差ないと思うお


ss2286234570 at 20:49│Comments(3)TrackBack(0)詐欺上場 | 痛いニュース

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by っっdけいえfj   2017年04月22日 19:56
ほんと、日本の会社って、海外の買収へたくそだな。
怒りすら覚えるレベル。

特にサラリーマン社長の会社の買収は、相当な確率で失敗すると思っていいね。
どアホだね。

ま、なんで、失敗するかは、日本のサラリーマンの生態をみてりゃわかるんだけどさ。

従業員かわいそうだよねえ。これじゃ。
2. Posted by っっdけいえfj   2017年04月22日 20:08
でさ、買収ってさ、大体、普通、その会社のなかでも出世コースが集まってる部署が扱うんだよね。
彼らってさ、別に仕事ができるのは当然なんだけど、それと同じくらい、保身を第一に考えるんだよね。

で、買収案件って、ふつー、社長やら取締役やら、そういう偉い系の人がトップダウンで話を持ってきてさ、んで、「儲かるかどうか、しらべといて」って部下にやるわけよ。
そうなると、その役員やらに嫌われるのは、出世に響くわけだから、当然のことながら、出世しか目がない連中は、「さすがお目が高い」とかやって、どんなクズ案件でも、それらしい資料をつくって、立派なアドバイザー頼んで、ようするに社内的にも社外的にも、その上司の決断を後押しするんだよね。絶対。っていうか、それしないと自分の出世コースが閉じるから。
会社全体の利益より、自分の出世。自分の給料!
ま、こういう人、上場企業だと、役員止まりですな。
3. Posted by (´・ω・`)   2017年04月23日 18:35
今のところJTはグッド
まあそれだけだが(´・ω・`)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔