昨日の記事でハリルを無策、無能と辛口コメントしてしまったが、ボクが釈然としない理由の一端の話を…

ハリルの記者会見でのコメントと行動に非常に矛盾を感じている。
アジア最終予選に向けての選手発表の席上ハリルは「川崎の35歳の選手にも注目している」と暗に中村憲剛のコトを言っていた。
初戦UAE戦に敗戦し、2戦目のタイでは、何とか勝った状況。
イラク、オーストラリアと負けられない重要な試合に臨むにあたって間違いなく中村憲剛を招集すると思っていた。
フタを開けてみれば、初招集の永木をボランチとして招集。
最近、Jリーグの試合を見てないので、永木がどんな選手かは知らないが、あれだけ名前こそ出さないが中村憲剛に注目していたのにだ。
永木については「オーストラリア戦で必ず必要な選手だ」とコメントしていたのに、スタメンでもなく、交代出場さえしていない。必要な選手やなかったのん?

オーストラリア戦後のインタビューで「選手交代が遅かったのでは?」の質問に「齋藤、浅野は少し経験が浅く、プレッシャーに負ける不安があった」とコメント。
高校生がピッチに立つワケやない、曲がりなりにもプロや、プロ‼️
プレッシャーに負ける様ならプロではやっていけんやろ?
やし、プレッシャーに負ける様な選手を代表に呼ぶなよ‼️
やったら経験のある中村憲剛を何で呼ばないや‼️(怒ってます、ボク)

ボクの中での最大の矛盾点。
ハリルの目指す(?)戦術と選手起用。
今の代表のメンバーってザックJAPANの時とほぼ同じやん?
ザックの時ってゴール前で細かいパスを回して3人、4人と流動的に人が動いて得点を奪うパターン。
4-2-3-1の3に香川、本田、岡崎が並び(当時は選手として全盛の時やね)1トップと絡みながらよくボールが動いていた。

ハリルも4-2-3-1を採用しとるけど、ハリルの目指す(?)タテに早いサッカーが選手に上手く浸透していれば、機能するかもしれんけどタテに早いサッカー=タテに蹴り出すサッカーになっている現状ではムリだね。
でも最終予選4試合を見る限り、タテに蹴り出すサッカーを修正する感じもないから、ハリルの目指すのはタテに蹴り出すサッカーなのかもしれん。
コレってサッカーをちょっとでも知ってる人なら最悪の戦術だぜ〜

100歩譲ってタテに蹴り出すサッカーを目指すのであれば、4-2-3-1ではないよね?
FWは間違いなく2人、高さのある1人と裏に飛び出すタイプ。
トップ下1人、ボランチは3人、守備的な2人と攻撃的な1人。
ルーズに蹴り出したボールを高さのあるFWが納めてトップ下に落とす。
そこから裏のスペースにスルーパス、もしくはトップ下から攻撃的なボランチに落としてタメを作りSBにスルーパスからセンタリング。

今の4-2-3-1の1トップには高さはない、ルーズにハイボールを入れても競り勝ててないやん?
その上2列目の両サイド、オーストラリア戦で言えば、原口と小林がバックラインにまで守備に帰っている様では、前線の人数が少なすぎる。
オーストラリア戦では1トップの本田に以前の様なフィジカルの強さ、テクニックがないからタメも作れんかった。
特に原口は攻め上がっては守りに帰り、攻め上がっては守りに帰りの繰り返し…疲れた〜だろぅね。

SHO-TA JAPANがタテに早いサッカーをさせるなら…
さっきの通り2トップ、ハーフナーor豊田と原口or浅野or岡崎。
トップ下、清武。
攻撃的なボランチに柏木or大島、守備的な位置に山口螢と…はっはっ長谷部?誰かおらんか?
SBはW酒井と長友しかおらんのか〜
CBは森重と槙野or植田。
リオオリンピックは怪我で出れなかったが、CBに奈良ってファイターもいてるな〜。
メンバーはいいや。

タテに早い=少ないタッチ数で前線に運ぶ。と定義する。
ボランチでプレスをかけCBがボールを奪った→CBからボランチを飛ばしてFW(A)にボールを送る(CB→ボランチの延長線上にFW(A)は位置取りし、グラウンダーのパスをボランチが スルーするカタチがベスト)
トップ下はFW(A)からボールがもらえる(少し下がった)位置に
FW(A)はトップ下の位置でボールを受け、ダイレクトでトップ下に。
FW(A)に引き出された相手CBのスペースにFW(B)が飛び出す。
トップ下はそこへダイレクトでスルーパス。
FW(B)がシュート‼️ゴール‼️
ほとんど漫画やな、出来過ぎ?(笑)

このパターンを基本にすればFW(A)がパスを受けてターンしてシュートに持っていくのもアリやし、
FW(A)とFW(B)が壁パスを使ってシュートにってのもアリやし、
トップ下から駆け上がったSBにパス出すのもアリやし、
トップ下がミドルシュートもアリやし…
FW(A)に高さがあるので多少ルーズなハイボールでも攻撃できる。
バリエーション増えると思うんやけどな〜

なんせ今のハリルJAPANはゴール前の迫力ないし、バリエーションもない、相手を崩せてない。
ゴールの匂いがしてこない。
たまたま…ええパスが…たまたま2.3本繋がって…たまたまゴールになった…唄ってまいそうや〜

サッカー協会のお偉いさん達も、多分サッカー経験者なんやからコレくらいのコトわかるんちゃうのん?
巷のサッカー好きオヤジでもわかるコトをさ



2018ロシアW杯アジア最終予選、vs.イラクは後半アディショナルタイムに山口螢の劇的なゴールで勝利を収めチームとしても良い流れで迎えられると思っていたvs.オーストラリア。
スターティングメンバーを見た途端、ボクは失望してしまった。

ネット上のスタメン予想で本田の1トップではないか?なんてのもあったんやけど、フタを開けてみれば予想通り本田の1トップ。
50%いや、20%譲ってそれは良しとしても、イラク戦で調子の良かった清武をベンチに座らせて香川のトップ下はないぢゃね?
ど〜しても香川を使いたいのかね?
結局その香川はほぼ決定的な仕事もしていないのに90分間ピッチに立ち続けた。ありえへん‼️

試合展開は前半早々に原口のゴールで先制したんやけど…
思わず「点取るのが早すぎる…」と呟いてしまった。
最近の日本代表の試合でよく見るパターン。
開始早々に先制するのだが、その後動きが極端に悪くなる。
チャンスがあるのだが追加点が奪えない。
前半はリードして終わるのだが、後半開始早々…
ああ〜やっぱりか…
PKを取られて失点‼️何回見せるねん
このパターン。
ゴールに迫るもキーパーのファインセーブに阻まれる‼️同じや…何試合も見てる、コレ。

そしてこの試合でも、ハリルの無策、無能さを露呈したよね。
試合後のインタビューで「本田の出来が良ければ勝ち点2を失う事は無かった」だと‼️
その本田をスタメンに起用して、後半38分までプレーさせたの誰よ?
オメ〜だろハリル‼️
前半の途中から本田はもうアップアップやったやん?動けてないやん

攻撃的な選手を次々と投入して勝ちにこだわるオーストラリア。
動きの悪い本田、香川を使い続けメンバー交代をしないハリル。
後半36分にやっと最初の交代、それも負傷の小林に代えて清武やと、遅いわい‼️
後半の頭から香川に代えて清武やろ
本田に代えて浅野やろ
挙句3枚目のカードは原口に代えてCB登録の丸山やて
勝っている試合でもないのに守備固め?引き分けでOKってことか?
確かにアウェーで勝ち点1ってもアリだろうて…攻めにかかって負けてしまえば元も子もないのもわかるけどな。なんか釈然としない。

ベンチにはドリブラーの斎藤がいてるやん?使ってみたら面白いと思うんやけどな。

も〜さ〜…オーストラリアに逆転負けしてハリル更迭の方が良かったって思ってしまうよ。
アイツに監督続けさせてもアカンよ
能力がない。
試合中にフォーメーション変えるコトもないしね、引き出しないんやろね。
試合の流れを読むチカラもない。
相手の戦術、やり方を分析して試合中に指示するコトすら出来ん。
自分の考えた戦術を相手無視でやってる感じや。
試合終われば「選手のコンディションが…練習の時間が無くて…審判が…」言い訳ばっか

ええ加減、最良の決断をせんとアカン時期に来てるんやないやろか?

なんてコトでしょう‼️4日連続のブログ更新です‼️
3日間批判ばかりしていたので、そろそろ前向きで建設的な話を…

まだ2018ロシアW杯の最終予選中だが、次の代表監督の話を…
ま、ボクの中ではSHO-TA JAPANがベストチョイスやけど…w

歴代の監督の中でボクの考えるNo.1は「白い呪術師」トルシエである。
トルシエの手腕がベストってワケではなく、日本人にはフィットしたって意味である。
トルシエの代名詞であるフラット3。
フラット3がベストではなく、キチッとした決め事を作るコトが日本人向きって意味。
決められたコトを忠実に献身的に遂行するのは日本人は得意なんやと思ってる。

監督の手腕がなければ最悪の結果になるリスクもあるけどね。

ジーコJAPANの時の様に、選手の自由な発想でプレーしろってなると、日本人にはまだ厳しい。
小さい頃からそんな状況でプレーしてないもん。

ウチの息子が小学生の頃、戦術のパターンを作っていたチームが結構あった。
確かに「勝つ」為には戦術、パターンを作るのが早いのかもしれんけど、その戦術、パターンしかできない選手にしかなれない。
自分で考えて、相手の1番嫌なプレー、ポジションをとる選手は出てきにくいのだと思う。

もう一つトルシエ時代に成功したコトがあると思ってる。
トルシエが監督当時、彼は3つのカテゴリーの監督を兼任していた。
U-19、U-23(いわゆるオリンピック代表)そしてフル代表である。
以前にもブログに書いた様に思うんやけど、これのメリットはどの世代の選手も同じ戦術でプレーしているコト。
実際にU-20ワールドユースで準優勝したメンバーの稲本、高原、本山、中田浩二は2000年のシドニー五輪代表に選ばれてるし、2002日韓共催W杯には稲本、小笠原、中田浩二、小野、曽ヶ端が選ばれている。

トルシエは代表合宿に常に4〜50(多分あってると思う)名を招集していた。戦術を浸透させるという意味もあっただろうが、チーム内競争をさせながらも常にバックアップメンバーを確保していたのでは無いか?

実際、3つのカテゴリーを見るってのは大変だろうと思うんやけど、コーチの人数を増やして対応すればなんとかなりそうなんやけど。
事実、トルシエはやってたんやから

そろそろサッカー協会も本気で日本人監督を育てるコトを考えてもえんやない?
毎回外国人監督を招聘するけど、正直世界的に一流って云われる監督は日本にはこんよ、悲しいけど…

サッカー協会が日本人指導者をコーチ留学させればえんちゃうのん?
本気で代表強化をしたいのならば、トータルで物事考えんと…
やっぱり日本人の特性とか、国民性が理解できるのは日本人やない?

そしてできるならば8年くらいのスパンで指導させるのがええと思う。
4年毎に監督が変わり、4年毎に戦術が変わり…もっとじっくりチーム作りすればええのに…
時にはW杯出場を逃すコトもあるかもしれん、でもW杯でベスト4だの優勝って目標を掲げるのであれば、連続出場するけど毎回予選リーグ敗退よりも、1回出れなくても次にいい結果残す方がえんやないん?
あのイングランド代表でさえ、'94アメリカW杯のヨーロッパ予選で敗退してるんやから
多分、W杯出場を逃してサッカー人気が下がるのが怖いんやろね。

そもそも選手時代にW杯に出たコトがない(悪く言えば弱い日本代表時代の)世界と戦ったコトない人達がサッカー協会の上に居座ってる現状では難しいのかね〜

ボク、代表監督よりもサッカー協会の会長の椅子に座る方が先かな〜?

4日間、なんやマニアック的なサッカーネタをだらだらと書いてしまいましたが、全てサッカー好きオヤジの個人的、偏見に満ちた戯言やとサラっと流してもらえると幸いでございます。



↑このページのトップヘ