リンク、RSSともにフリーです。お問い合せしてくだされば相互リンク、RSS致します。

    遊佐こずえ

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 22:27:31.09 ID:yIALBH110
    シンデレラジオのもしものお話です
    例によって、今回だけでも見れるのでよければどうぞ

    ※とても読みにくい

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400333241

    【杏「シンデレラ幼稚園」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 00:51:09.56 ID:SBYvJ4MO0
     私は人を見る目だけはある。しかし、それを育てる腕を持たなかった。だから彼女たちを、手放さざるをえなかった。

     先日、とうとうアイドルの所属人数が一を切った。みんな別の事務所に、移籍してしまったのである。そのおかげもあって、金だけは貯えに余裕があった。移籍のさいに積まれたそれは、彼女たちへの評価ともとれて、自分の目に狂いがなかったことだけ、確認できた。

     事務所は静まりかえっている。事務員はずいぶん前に出ていった。アイドルはもういないのだから、私が口を開かなければ、静かなのは当然だ。思考へ耽ることに最適な場と思い、私は事務所のこれからを案じ始めた。いくつか考えて、どれも現実的ではないことに気づき、最後に事務所をたたむよう、結論づける。夢を持って始めたことであるので、そういう結末を迎えるのは、とても悲しかった。

     沈んだ気持ちを吊り上げようと、私はコーヒーを求めて棚に寄り、粉も豆もないことに気づいた。仕方なく外套を羽織って、コーヒーを買いに外へ出る。外は曇り空で、身震いするほどに寒い。私は猫背で歩きながら、道中の公園を、なんの気なしに覗き込んだ。これはスカウトをしていた頃の名残りで、あまり行っていると、どうにも見てくれが悪いので、最近は意識的に避けていた行為だ。

     公園には、人っ子一人いない。遊具も風の子が遊ぶばかりで、活気とは無縁だ。私は視線を前に戻し、足早に公園を後にした。



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400255459

    【遊佐こずえ「つれてってくれるから」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 18:52:14.66 ID:Uhm4h2qT0
    注意
    ・モバマス
    ・ガッツリエロ
    ・一人一話独立型

    OK?

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400061124

    【【R-18】モバP「性欲が溢れ出て」】の続きを読む

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/23(水) 23:48:51.41 ID:yDaM4tepo
    ちひろ「あら、それはこの前のライブの衣装ね。うん、可愛いわよこずえちゃん」

    こずえ「ふわぁ…えっと…ちがうのぉ…」

    ちひろ「もしかして新しい衣装だったの? ごめんね」

    こずえ「ちがうのぉ…こずえは…まほうつかいなのー」

    ちひろ「? ああ! へー、こずえちゃんはどんな魔法が使えるんですか?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398264531

    【遊佐こずえ「こずえ…まほうつかいに…なったのー…」】の続きを読む

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/20(木) 01:11:17.86 ID:tcH8VmjV0
    肇「どうやら、桜祭り以来私にはそういうイメージが付いているようで……」

    モバP「あぁ……まぁ確かに肇と薫の熱いセッションを望む声は少なくないけど……
    まさかそういうことだったとは……んー……俺としては面白そうだとは思うけど……
    まぁ、美嘉みたいなことになったら面倒だからな……解かった、なんとかしてみよう」

    肇「ありがとうございます」ペコッ

    モバP「いやいや、つっても、ロリコンイメージ払しょくってどうすりゃいいのかね?
    礼子さんと志乃さんの中にぶちこめばいいのかしら?」

    肇「い、いえ……流石に私にはそのお二人とは畏れ多いというかなんというか……
    その……まだ未成年ですし……」

    モバP「だよにゃぁ。じゃぁまぁ、今まで通り同世代と組ませて、別のイメージで上書きするか?」

    肇「……そんな悠長なこと、していられないんです……」ギュッ

    モバP「……どうした? ……――ッ! まさか、お爺さんが……!?」

    肇「……はい。私にそんなイメージを付いていると……祖父が、知ってしまって……」

    モバP「まさか、アイドルを辞めろって……!?」

    肇「いいえ……もしそうだったら無視出来たんですけど……これを、見てください……」パカッ

    モバP「うわ!? 肇のお爺ちゃんめっちゃ死にそうな顔してる!!? しかも下の所に『儂危篤直結納爺』
    ってデコ文字が!! ……? あれ、でもこれ右下のところでピースしてない……?」

    肇「それは後二日で結納を果たせという意味です。でなければ、お爺ちゃんは……」ポロポロ

    モバP「二日で……!? これが送られてきたのが二時間前……明後日までに結納しないと肇のお爺さんは
    ……」

    肇「……」コクッ

    モバP「……」ゴクッ

    肇「なのでPさん……藤原肇、一世一代のお願いです……私と――結婚してください」キリッ

    モバP「えっ///」


    薫「!!!!!!!!!!!!!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395245477

    【モバP「ロリコンのイメージを払拭したい?」肇「はい」】の続きを読む

    このページのトップヘ