支払調書は確定申告のための大事な資料

スタッフアイコン(中村)こんにちは。
今日のブログは、エスエス会計スタッフNakamuraが担当致します。
白熊(そり)

年末調整をした際に各従業員に発行されてる源泉徴収票。これは給与所得者に対して会社が発行する資料で、所得税法上の「法定調書」と呼ばれる資料の一部です。
これには、1~12月までの給与所得に関する情報が記載されており、1年間の給与所得に関する証明書となります。

従業員を雇用する企業は、給与の支払者として、従業員に源泉徴収票を発行する義務があります。
そして、この源泉徴収票については、金額などの基準により所得税法で提出義務があるとされたものについては、税務署に提出しなければなりません。
(税務署へ提出する源泉徴収票の範囲については、国税庁HPを参照して下さい。)

支払調書一方で、企業として1~12月に所得税法で源泉徴収義務があると定められている弁護士・税理士などの報酬等を支払った際には、支払調書(正式には「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」と言います。)を作成し、弁護士・税理士などに交付しなければいけません。
また、この支払調書についても、源泉徴収票と同様に 所得税法で提出義務があるとされたものについては、税務署に提出しなければなりません。 
(税務署へ提出する支払調書の範囲は、国税庁HPを参照して下さい。)

では、なぜ支払調書が必要なのでしょうか。

支払調書を交付しなければならない人たちは、主には「個人事業主」と呼ばれる人です。個人事業主はサラリーマンとは異なり、自らの事業で得た稼ぎを毎年3月に確定申告をすることにより、前年1~12月の所得を確定させます。

個人事業主が確定申告をする際には、当然1~12月までの全ての所得について申告を行うわけですが、その際には既に企業側で源泉徴収された分の税額については、減額した上で納付をします。つまり、源泉徴収された税額が1万円ある個人事業主が、年間の所得を計算した結果100万円の税額が発生した場合であれば、納付するのは100万円-1万円=99万円となります。 この仕組みについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

源泉の流れ例えば10万円の報酬の場合、10%分が源泉徴収されて個人事業主には9万円が企業から支払われます。この時に源泉された10%分(1万円)は、企業側が納税義務者として納付をします。お金の流れは右図・上のようになります。 


源泉がなかった場合の流れでは、もしこの源泉徴収がなかった場合について考えてみましょう。源泉徴収されずに報酬が支払われるわけですから、企業から個人事業主にはそのまま10万円が支払われます。そして、個人事業主は税額(話を分かりやすくするために、この場合も10%の税率と仮定します。)を納付しなければいけません。この場合は、右図・下のようになると考えられます。

いずれの場合であっても、個人事業主の手元に残るのは9万円であることには変わりありません。こうやって考えると、源泉徴収された税額については、企業が個人事業主の代わりに納付しているに過ぎないということがよく分かると思います。

白熊(雪かき)つまり、あくまでも税金を負担しているのは個人事業主ですから、企業から納付したものであっても、それは個人事業主が「事前に支払った税金」であるというわけです。個人事業主の立場でいえば、税金の前払いということです。

その税金の前払いを証明する資料が、支払調書です。支払調書がなければ、源泉徴収されたということを証明することが出来なくなってしまいますので、支払調書は確定申告の際の大事な資料であるということを覚えておきましょう。

<エスエス会計のホームページは年末調整特集!>

年末調整特集2012エスエス会計ホームページは、11月1日より「年末調整特集2012をオープンしました。

年末調整作業の肝となる資料取集のコツなど、担当者向けの便利ファイルを準備しています。

また、従業員の皆様向けに書類の記載方法を分かりやすく説明したスライドショーなども準備しています。



エスエス会計「年末調整特集」コンテンツ


 年末調整担当者様向けコンテンツ・・・年末調整担当者の便利ファイル
 従業員の皆様向けコンテンツ・・・ここは押さえたい!年末調整のコツ!
 難しい申告書の書き方はスライドショーでマスター!・・・年末調整スライドショー集
 プロはこうやっている!マインドマップで整理!・・・年末調整マインドマップ

また、ホームページと併せて11月からはブログでも「年末調整特集」として、分かりずらい年末調整のハテナを解消できるような記事をアップおります。どうぞお楽しみに!

---------- 
エスエス会計では、経理・簿記初心者の方や起業を目指す皆様、また、会社経営者の皆様の役に立つ情報を満載したホームページを開設しています。毎日の経理業務にお役立てください。

エスエス会計公式ホームページ

SSAロゴ キャラ付エスエス会計代表・坂上信一郎公認会計士のコラムを始め、年末調整、確定申告など、経営に関する情報を提供いたします。毎日の経営についてお困りのこと、エスエス会計のホームページで解消しませんか。






仕訳お役立ちサイト「The仕訳」

The仕訳バナー3エスエス会計スタッフブログで、ご好評いただいた「The仕訳」がホームページになりました。
毎日の仕訳は「コツ」をつかむことでスムーズに行えます。「The仕訳」では、「はじめ君」「りさ子先輩」の会話を元に取引の考え方から仕訳を切るための「コツ」がわかります。
簿記を勉強中の受験生から、経理担当者まで、「The仕訳」で仕訳マスターになりましょう!




----------
エスエス会計はサイボウズLIVEやSkypeを利用し、経営者の皆様といつでもつながる東京都中野区の会計事務所です。詳しくは
ホームページをご覧ください。

トラックバックURL

支払調書は確定申告のための大事な資料 へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

支払調書は確定申告のための大事な資料 へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

支払調書は確定申告のための大事な資料 にコメントする
絵文字
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
無断転載禁止
本ブログの著作権は全てエスエス会計に帰属します。ご利用を希望の方はエスエス会計までご連絡ください。
SSA Staff紹介
【Sakagami】
エスエス会計代表
【Nakamura】
社会保険労務士。
30代女性。シニアスタッフ
【Sawada】
税務を中心に執筆。二児あり。
40代女性。シニアスタッフ
【Suzuki】
平成23年2月より育児休業より復職。30代女性。シニアスタッフ
  • ライブドアブログ
  • トップに戻る