鈴木写真(ブログ用)こんにちは。
今日のブログは、エスエス会計スタッフSuzukiが担当いたします。

今年は、月曜日から仕事始めという方も多かったのではないでしょうか?
エスエス会計も月曜日が仕事始めでしたが、源泉所得税の納付書作成など年始から大忙しでした

エスエス会計のブログは「年末調整特集2019」として、年末調整に役立つアレコレについてお伝えしています。
今回は、源泉徴収票と支払調書についてお話しします。


あなたが働いてもらったお金は、給与としてもらっていますか?
それとも報酬としてもらっていますか?

手元にもらった書類が源泉徴収票と思っていたら、支払調書だったと勘違いしていた話も聞きます。
また副業をしていた会社から支払調書をもらった、と聞くこともあります。

それでは自分がどういう名目でお金をもらっているのでしょうか。
給与の場合は年末調整を行い源泉徴収票が発行されます。
報酬の場合は年間の金額と源泉徴収税額が記載された支払調書が発行されます。

源泉徴収票と支払調書は、どのように違うのでしょうか。


<TOPIC1 源泉徴収票とは?

源泉徴収票雇用主から給与等を受け取っている労働者(従業員)に対して発行される、正式な書類のことを源泉徴収票といいます。

源泉徴収票は、「給与所得の源泉所得税」、「退職所得の源泉徴収票」、「公的年金等の源泉徴収票」の3種類あります。

一年間の給与の金額、天引きした社会保険料、扶養控除等(異動)申告書や配偶者控除等申告書、保険料控除申告書に記載された情報、それをもとに計算した所得税などが源泉徴収票にまとめられています。

源泉徴収票は、勤務先が従業員に必ず発行する必要があります。

<TOPIC2 支払調書とは?>

支払調書特定の支払いをした事業者が、その明細について記載して、税務署に提出する書類のことをいいます。
そのため、税務署は報酬を受け取る個人に対して、正しく申告をしているかどうかを確認するために使用します。

支払調書には、「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」、「不動産使用料等の支払調書」などがあります。
※その他の支払調書については、国税庁HPをご参照ください。

報酬等の明細、金額(税込)、源泉徴収税額が支払調書に記載されています。
そして報酬を受け取る個人に対して、支払調書を交付する義務はありません。



<TOPIC3 お手元にはどちらがある?
源泉徴収票も支払調書も所得税額を示す大切な書類といえます。

年末調整を行うことにより、一年間の支払額と所得税額が証明されている源泉徴収票は確定申告は必要ありません。(給与等の金額が2,000万円を超える場合は、年末調整の対象にはならないため、確定申告が必要となります。)

しかし他の所得がある場合や医療費控除などを受けるために確定申告する際には、必ず添付する必要があります。(e-taxを利用して確定申告を行う場合は、提出を省略することが出来ますが、原則として納税者が申告期限から5年間保管する必要があります。)

一方支払調書は、確定申告の参考資料として利用し、正しく確定申告をする必要があります。


ご自身のお手元には、源泉徴収票又は支払調書のどちらがありますか。
源泉徴収票はA5サイズ、支払調書はそれよりも小さいサイズとなります。
タイトルを確認して、どちらがお手元にあるか確認してみましょう。

分からない場合は、会社の人事部や税務署の確定申告相談センターでも教えてくれます。


※実際の表現とは違う、なるべく分かりやすい表現に変えている場合があります。

------
【エスエス会計の年末調整特集2019】

エスエス会計のブログでは、10月から1月まで「年末調整特集2019」として、年末調整で必要な知識、テクニックのあれこれについて解説して行きます。

従業員の皆さんが一人で書類作成ができるよう、「従業員の皆様へ!年末調整書類作成お助けページ」を掲載しております!スライドショーを使って、ステップバイステップで書類の書き方を解説しています。是非ご覧ください。

エスエス会計ホームページでも「年末調整特集2019」を開設しました!皆さんの年末調整をシンプルにできるノウハウを余すところなく提供します。

ご期待ください!!
------
エスエス会計では、経理・簿記初心者の方や起業を目指す皆様、また、会社経営者の皆様の役に立つ情報を満載したホームページを開設しています。毎日の経理業務にお役立てください。



エスエス会計公式ホームページ

SSAロゴ キャラ付エスエス会計代表・坂上信一郎公認会計士のコラムを始め、年末調整、確定申告など、経営に関する情報を提供いたします。毎日の経営についてお困りのこと、エスエス会計のホームページで解消しませんか。






仕訳お役立ちサイト「The仕訳」

The仕訳バナー3エスエス会計スタッフブログで、ご好評いただいた「The仕訳」がホームページになりました。
毎日の仕訳は「コツ」をつかむことでスムーズに行えます。「The仕訳」では、「はじめ君」「りさ子先輩」の会話を元に取引の考え方から仕訳を切るための「コツ」がわかります。
簿記を勉強中の受験生から、経理担当者まで、「The仕訳」で仕訳マスターになりましょう!




----------
エスエス会計はサイボウズLIVEやLINEを利用し、経営者の皆様といつでもつながる東京都中野区の会計事務所です。詳しくは
ホームページをご覧ください。