オンマは辛いよ(改)

昨日、会派大会が行われました。

部活引退後、少しは体も楽にはなっているでしょうが、続けるかどうかでかれこれ中学入学直後からうやむやにしながらなんとかかんとか引っ張ってきた問題でございまして。

「会派大会まで」というのが母子の合致した譲歩点だったのでございます。

大会前やからと言って別段練習に励む訳でもなく、あくまでも自分のペースを貫きながら(笑)迎えた当日。

巷では神戸マラソンで盛り上がる中、逆行して西へと走り会場入り(笑)

会員は息子入会当時に比べると大分減ってしまい、中学生も当然ひとくくり。

形は、1回戦で本部道場の1年生の子に2-3で負けてしまいました。

団体形は、去年のSenkoちゃんとこのぼん達と組む予定だったのですが、ぼんその1(中1)がなんと授業参観の為棄権!
急きょMちゃん先生とこのお嬢その1とともににわか団体戦に挑むこととなりました。

ぼんその2、お譲その1…揃って小4。
息子はまるで保育士のようでした(しかし実質的なリーダーはもちろん、口の達者なお譲w)

短期間の練習だったにもかかわらず、なんと団体形で準優勝しちゃいました!

BlogPaint


組手は、やはり今年も例年のとおり、本部道場のT君と決勝戦。

何とかかんとかでしたが、2-0で優勝しました。

BlogPaint

いい笑顔、いい形で空手少年時代をしめくくることができました。

10年間、本当に楽しませてくれて、ありがとう。

そして、息子をここまで育ててくださった師範はじめ指導員の先生、見守ってくれたかーちゃんズ、素敵なライバル君達、優しい兄ちゃん姉ちゃん、かわいい妹弟ら道場生達。
みんなみんな、本当にありがとうございました。


今まで「やめたい」と言われる度に、無理やりやらせているのだろうか、と悩んできましたが、
「よし、じゃぁもうこれで終わり」となる度に「やっぱり続ける。こんなんで終わられへん」と言ってきたのもやはり息子本人で。
それがやっぱり何よりも母としては嬉しかったです。

高校でも続けるか迷っていたのですが志望校に空手部がないので、会にそのまま籍を置いといてもらうことにしました。

空手道には終わりがないもんね。

とりあえず、空手で培った力で受験に打ち勝って、道場に合格報告しに行けたらいいね(笑)




うわー、ひっさびさのブログ更新!まだ生きてるかな(笑)




「子どもは3歳までに一生分の親孝行をする」という言葉がありますが




まっっっったく本当によく言ったもんだよなぁ~、と思います。


息子は中3、地球は自分が回しているとでも思ってんじゃなかろうか

娘りんこ中1、オタク街道まっしぐらで部屋にこもりっきり


たまに口を利いたと思ったらくっそ生意気な受け答えばっかりしやがって

育児なんてなーにがおもろいんやろう…とふてくされている毎日の中




先週の土曜日、中学校の文化祭に行って参りました。

1414241508061

娘りんこのクラスー課題曲「大切なもの」 自由曲「変わらないもの」

学年優勝を果たしました

1414241576945

息子のクラスー課題曲「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ」 自由曲「HEIWAの鐘」

優勝は惜しくも逃しました。

1414241607466

3年生全員合唱ーFUNKY MONKEY BABYSの「ありがとう」

ここで涙腺崩壊

展示室で見つけた息子のカード

BlogPaint

あぁ、これやな。

育児なんて、9割しんどくて辛くてムカついてる毎日やけど

この1割で帳消しになる。

不思議やなぁ。



そしてまた、普段のしんどくて辛くてムカついてる毎日に戻っていくのだけど。

明日は息子は公立そっくり模試。娘りんこは駅前で募金活動。

私も頑張ろうっと。







いよいよ総体シーズンの到来

息子にとっては引退目前の総体、中学3年間の部活動の集大成とも言える大会です。



そんな区総体を2日後に控えた先週の金曜日の朝練の時に、悲劇は起こりました…


1402837734886

学校からの電話で慌てて駆け付けた病院で下された診断は、左足靱帯損傷

区総体参加は絶望的、安静にして全治2週間、市総体にはギリギリ間に合うか…

意気消沈する間もなく、学校へとんぼ帰りで実力テスト



その日の夜、バスケ部の顧問の先生が家に来られました。

区総体に出られなくなった息子に、それ以上にショックだった先生のお願い。

「この区総体に限り、お前のユニフォームを貸してやってほしい」

この3年間、1度もユニフォームを着ることができなかった子が、1人だけいるそうです。

息子ももちろん頑張ってきたが、その子もその子なりに3年間頑張ってきた、最後の思い出に1度だけ着て試合に出させてあげてほしいのだと。

試合に出られなくても、別の形でチームに貢献してほしい。

その代わり、お前はちゃんとベンチに入れるし、市総体でももちろん5番は確定だ。


息子は涙をボロボロ流し、なかなか首を縦に振ることができずにいました。

先生が帰ったあとも、家じゅう暴れ回り、泣き叫びました。

正直、内心

「出られへん試合やのに、ちょっと位貸したったらええやんか」

と、母親の片隅にも置けないこと思ってしまいましたそれ位、理解の範疇を超える行動でした。


一晩たって翌朝も

「やっぱり嫌って言う」と、パンパンに腫れた目でぶーたれていた息子でしたが


あんたが信頼してきた仲間に託して、一緒に戦ってる気持ちで着てもらいなさい。
その代わり、中途半端なプレーしとったら容赦せーへんぞって。
あんたは5番の役割はできひんかも知らんけど、副キャプテンの仕事はできるやろ。
勝手に落としてもおかしくないのに、わざわざ「お願い」に来はった先生にも誠意を感じるよ。



などなど、ありとあらゆる説得を試みて、ようやく息子も気持ちの整理がついたようでした。


ベンチには座れる人数は決まっているので先生が考えてくれた苦肉の策は

BlogPaint
オフィシャル(スコア係)。実際には隣の後輩に全て任せてふてぶてしく座ってます(笑)

大事な大事な5番は、チームのエース君に。その他もずんずんと繰り上がり、3年生部員17人全員がユニフォームを着て、全員が1回ずつ試合に出させてもらうことができました。

結果、準決勝M中にはなんとか勝ち、決勝戦では王者K中に惨敗。区のランキングは全く変わらず準優勝でした。

試合に出たくてうずうずしていた息子でしたが、いつもと違う場所で見たら、いろんなことが見えて来たかな?

ガマンガマン、市総体では活躍してるところを見せてほしいからね。








先週の水曜日から2泊3日で息子が修学旅行にいってきました。

1日目は東京ディズニーランド、2日目は班別で都内観光、そして3日目は静岡県でラフティング…と、何とも羨ましいスケジュール

そんな修学旅行の実行委員長という大役を仰せつかった息子

毎日のように開かれる実行委員会を取り仕切り、旅行会社の人の話を聞きながら予定を立て、しおりに載せる言葉や出発式での挨拶の言葉を考え…忙しくも有意義な毎日を過ごしていたと思っていたのですが…

同時に顧問の異動で動揺し、バラバラになった部員を立て直さなきゃ…

それにそれに、数学旅行よりも先にある中間テストどーすんの…

それにそれにそれに、3か月を迎えた彼女さんと少しギクシャクしてはったようで…


メンタル弱いのは母親譲り、もう最高潮の情緒不安定っぷりを発揮してくれてましたよ、はい。

クラスの友達や担任、学年主任まで巻き込んでの別れるやへっちゃくれの大騒ぎで、この期間、担任の先生からは家庭訪問1回、電話は2~3回…いやはや、お恥ずかしい限りでございます


まぁ、でも何とか中間テスト直前ギリギリで立ち直り、気分良く出発していきましたぁ
心配していたお天気も何とかもってくれて、思い出いっぱい作ってご機嫌さんで帰ってきました。

image


…まだまだ夢の国から戻ってきてないようですが

ほら、実力テスト→区総体→期末テスト→市総体とまだまだ忙しい日々は続くんやでー!

はよこっちゃ戻ってこーい

お久しぶりですv( ̄∇ ̄)v

先日の日曜日は、ご存じ母の日でしたね。

ネットでは家族にもらったプレゼントで溢れている中、私は例年どおり、何もなーく1日が過ぎました・゚・(ノД`;)・゚・


ところが、翌朝、スマホをチェックしたら…

BlogPaint



息子からの長文LINEがっっ!!

お世辞にも上手とは言えません。B判定です。

とても世間さまにお披露目できるものではございませんので、全文は控えさせていただきます(笑)



でも、私の子育て、失敗ばかりではなかったなぁ、さしずめ、B判定はもらえるかなぁ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

先週火曜日のこと。

所長に呼ばれ、何事かと2階の事務所へ行った私とSenkoちゃん。

入ると、何とそこには、本社の社長さんが; ̄ロ ̄)!!

そして、社長の用件は…私の本社異動のお話しでした。


加古川で勤務するようになってもう3年半。

その間、Senkoちゃんには何度か本社異動が社長より打診されていました。

でも、その時、私はアッパ君の手術でバッタバタだった頃。

「今はあの子の傍におってやりたいんです」

Senkoちゃんは、いともあっさりとこのオファーを蹴り飛ばしました。

それからしばらくして、この話がまだ死んでないことを知った時

「次この話が来たら、私は笑ってSenkoちゃんを見送ってあげなあかん」と思ってたけど

「私はあんたを置いて1人では絶対行かへん」と言ってくれたSenkoちゃん。

「あんたがおってくれるだけでええねん」と言ってくれたSenkoちゃん。

だから、私はすっかりsenkoちゃんに甘え、頼りきっていたのです。


今回の異動も、本当はsenkoちゃんを呼び戻したかった社長に、今Senkoちゃんを連れて行かれると困る、と加古川の社員さん達が手放さなかった為、お鉢が回ってきただけの事。

でも、絶対1人では行かないと言ってくれたSenkoちゃんを、私は置いて行けるのか?

「あたしのことはいいから、自分の事だけ考え」

「…」

「じゃぁ、替わる?あんたが残って、あたしが本社行こうか?」

「…それも嫌」

「じゃぁ、どうする?」

「…やめよっかな」

「あんた!今こんなときに辞めてどうすんのよ!」


丸三日、悩みに悩んだ挙句、それでも往生際悪く、社長に

「もし断ったら加古川に残れますか?」とだだっ子のような態度だった私ですが

それでもあたしが自分で結論を出すまで、我慢強く待ってくれたsenkoちゃん。

「行く」と言った時「まぁ、それしかないやろな」と笑ってくれました。


社長がこのままSenkoちゃんをほっとく訳がなく、きっとSenkoちゃんを呼び戻すと言ってました。

それまで寂しいけど、本社で頑張ります。

Senkoちゃん、今まであたしを陰から日向から守ってくれて、本当にありがとう。

BlogPaint

この坂を登りきったところにある小学校。

初めてランドセルを背負って一緒にのぼった日。

あの日は満開の桜が出迎えてくれたね。

18033bf1

あの日から6年間

あなたがこの坂を登るのを見送り
やがてオンマの方が早く家を出るようになり
この後ろ姿を見ることもなくなっていったね。

久しぶりに見る後ろ姿
こんなにランドセルが小さくなっていたんだね。



学校へ行きたいのに
どうしても行く時間になるとお腹が痛くなって行けなくなってしまった6年生の秋
仕事から帰ってきてから手をつないで一緒にこの道をのぼったね。
「オンマ、私の事『心の病気』と思ってるやろ」
あなたは傷ついたのかな。
それでもこの坂をのぼりきることができて、よかった、よかったって喜んだよね。

オンマはこの期間、いっぱいいっぱい泣きました。
私はこの子の何を見てたんだろう。
母親失格やなぁと自分を責めました。

仕事に行く時間を遅らせて
またあなたの背中を見送ってから出かけるようにしました。
「オンマ、もう行っていいよ」
そう言ってくれてから1週間、とうとう卒業の日を迎えました。


今日、この日を無事に迎えることができて、本当によかった。

BlogPaint

娘りんこ、卒業おめでとう。


中学校は小学校よりもっと長い坂道だけど
いつも笑ってのぼれればいいね。

でも、もしまたのぼれない日が来たとしても
オンマはまたいつでも手をつないで一緒にのぼるからね。







今日は、息子のひっさびさの空手の試合、区大会がありました。

CIMG1005

実は、ぶっちゃけ、息子と何度も話し合いをした結果、この大会をもって空手は辞める、という結論に至っていました

部活との両立は思っていた以上に難しく、中学生になってからというもの練習は最低限しかできず、試合もこの区大会と会派大会のみ。

だらけた態度は、一生懸命やっている他の道場生に失礼に値する程でした。

これ以上空手が嫌いになってしまう前に、
それでも10年間続けた空手が、キラキラしたいい思い出で残るように
また、これから生きて行く上での自信につながるように

私も断腸の思いでの、それでも息子の意思を尊重した上での苦渋の決断でした。

だからこの区大会は、息子の10年間の空手生活の集大成として臨んだのです!(ちょっと大げさ?)

私は、大会の帰り道で

「あんたの空手してるとこ見てるのが大好きやった。
10年間、楽しませてくれてありがとう」

と、息子にかける言葉まで考えていました。



午前中は、形の試合。

対戦相手は、1年生の男の子で、バッサイダイを打ち、息子は五十四歩。

結果は…ストレート負け

そらそうです。日ごろから練習している子と、付け焼刃で勝てるはずがありません。

息子は、「悔しい~!」
と言いながら観客席に戻ってきました。

「ほんでも、あんたの持ってる力全部出し尽くしたんやろ?」

「いいや。ぜーんぜん」

「; ̄ロ ̄)!!」

「続けようかな…」
ぼそっとつぶやく声が聞こえました。

「え?何て?」

「こんなんで終わられへん」

え~っっ何か消えかけとった火がまた燃えてる~っっ

「あかん、組手頑張ろう!」
再び飛び出して行った息子。

そして、午後からの組手は…見事優勝いたしました



ということで、まだもう少し、息子の空手するところを見ていられそうです。

とは言え、これから3年生になって、ますます忙しくなるのに、また心折れちゃうんじゃないのぉ?

と、半信半疑なオンマなのですが、進路も今までは全く考えていなかった空手でも考えてみようというところまで回復(笑)しました。

組手優勝の影には、試合を観に来ていたかわいい勝利の女神が一役買っているであろうことは、先生方には内緒にしておいてやろう。ひひひ

BlogPaint

BlogPaintおまけ:小学校の卒業式以来息子とのツーショットなんて撮ったことなかったんですが…Mちゃん先生、グッジョブ!ありがとうございました









中学校では、3年生の受験一色の雰囲気にのまれ、息子ら2年生も少しずつ進路について考え始めた様子

生徒会も引き継がれ、クラスで第1軍が生徒会執行部や専門委員に上がり、第2軍辺りにいる息子にお鉢が回ってきました…

BlogPaint今まで何度か誘われていた委員も「部活抜けたくないから」という理由で蹴り続けていた息子でしたが、担任、顧問、学年主任にすごまれ、しぶしぶ引き受けた学級委員長


毎日行事に追われ、忙しくも生き生きと過ごしておりましたが…


最近なんだかより一層楽しそう…


…ん?これはもしかしてもしかすると…


と思っていた矢先のある日のこと、夕飯の支度をしていたところに、息子帰宅。

弁当箱を出しながらおもむろに口を開きました。

「ただいま」「おかえり」

「もう気付いてると思うけど、俺、付き合ってる人がいます」

「; ̄ロ ̄)!!」

やっぱりそうだったか。通算2人目の彼女さんです(笑)


一足早めの春が来て、うかれまくりの息子。

でも、こうやって報告してくれるなんて、我が息子ながらカワイイとこあるなぁ~

と、えらい情緒不安定になった前回とは違い、2回目ともなると、ちょっぴり余裕も出てきたオンマなのでした(笑)









20日(木)から22日(土)まで、娘りんこは冬季野外活動(スキー)へ行ってました。

寂しいオンマをよそに、一人っ子気分を満喫した息子。

初日の夕食は、娘りんこのみ食べられないキムチ鍋を堪能

そして、帰って来る日の朝、1本の電話が…

「朝ごはん食べてから38度の熱があります」

「; ̄ロ ̄)!!」

その後、嫌な予感は的中、現地の病院にて検査した結果、見事にインフルエンザB型発症しておりました

最終日だったのがせめてもの救い…帰ってきた娘りんこはベッドへ直行

いらんおみやげもらってきたなぁ~

おみやげ話は、治ってからのお楽しみやね、とほほ。

このページのトップヘ